豚 の 生姜 焼き。 生姜焼きは小麦粉や片栗粉を振った方がいいの?

【みんなが作ってる】 豚の生姜焼きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

豚 の 生姜 焼き

業務スーパー|豚生姜焼きの原産国や原材料 原材料を見てみると、 「豚タンルート」という見慣れない言葉がありました。 調べてみると、 豚タンルートは豚舌の根本裏側部分を細切れに切り落とした部位ということです。 つまり、豚舌を使用した生姜焼きとのこと。 味付けは生姜・醤油・砂糖と通常の生姜焼きと変わりません。 他に気になる原材料には ポリリン酸ナトリウムといった見慣れない食品添加物が。 危険性はないのかと調べてみたら、 肉組織の結着力、伸縮性、保水率を高める食品添加物で毒性は低いそうです。 ただし、腎石、腎臓の負荷増大、骨の形成異常をもたらすとも言われているので、持病を持っている方は医師に確認したほうがいいかもしれません。 栄養成分 100g カロリー 173kcal たんぱく質 10. 1g 脂質 9. 8g 炭水化物 10. 7g 食塩 1. 6g 食塩が 1. 6gということなので、全て食べると食塩が8gと非常に高くなります。 ただし、生姜焼きの汁を飲まなければ、摂取食塩量はかなり抑えられるはずなので、塩分が気になる人は生姜の汁をご飯に全部かけないようにしましょう。 業務スーパー|豚生姜焼きの調理方法 調理方法は超簡単。 加熱したフライパンに解凍済みの豚生姜焼きを炒めるだけ。 時間がない時でも炒めるだけならば、楽に調理ができますね。 500gはフライパンに入れてみると意外と多く、家族4人前でも十分間に合いそうです。 具材が肉と生姜のみしかないので、刻んだ玉ねぎを入れて炒めてもおいしいかもしれません。 炒めた時間はたった 5分。 あっという間に完成しました。 業務スーパー|豚生姜焼きを食べた感想 出来上がりをみてみると、焼く前に比べて色がかなり茶色いです。 肉に醤油などのたれが染みこんでいることがわかります。 食べる前から生姜の香りが漂ってきます。 肉は豚の舌ですが、見た目はバラ肉のようにみえます。 予想以上に味が濃くて驚きました。 生姜焼きだけ食べるのは非常にきついので、キャベツと一緒に口に放り込みましたが、それでも味が濃いですね。 油大好きな人であればいいですが、最近胃の弱ってきた30代にはしんどい…。 生姜焼きのたれを一気飲みしている印象でした。 味は濃いですが、味はいたって普通の生姜焼きです。 しょうがの香りが鼻を抜けますが、ちょうどいい塩梅です。 豚舌もバラ肉といわれても違和感ない位、生姜焼きに馴染んでいます。 500gで399円とコスパは悪くないですが、いかんせん味が濃すぎます。 もったいない気がしました。 若干濃い気がしました。 ・B級なパンチのある味付け。 悪くはない。 ・生姜のピリピリ感が結構きつく、野菜をたくさん加えたほうが良かったかも… 味が濃くて、しょうががきついというコメントを多く見つけました。 味は悪くないですが、味が濃いという結果に。 もう少し薄ければ、満足する人が増えると思います。 濃い味が好きな人には嬉しいかもしれないですけどね。 ネットで見つけた業務スーパー豚生姜焼きのアレンジ方法 味が濃い豚生姜焼きなので 「もやし」「にら」「卵」を加えた 「ニラもやし炒め」にすると、濃い味付けが中和されておいしくなります。 どうやら私と同様、そのまま食べると濃すぎると感じる人が多いようで、他の方も野菜や卵を入れて味を薄くしている印象を受けました。 味の濃さはアレンジ次第でどうとでもなるので、試してみて下さい。 業務スーパー|豚生姜焼きは味が濃い!濃い目の味付けが好きな人におすすめ 豚生姜焼きは味が濃いですが、決してまずくはありません。 そのため、濃い味付けを野菜や卵で薄めることによって、おいしく食べることができます。 また、野菜でかさましできるのでコスパが非常に高いです。 濃い味付けが好きな人はそのまま食べても結構ですが、私は野菜炒めなどにして食べることをおすすめします。

次の

生姜焼きに合うおかずの献立26選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も!

豚 の 生姜 焼き

美味しい生姜焼きのアレンジで代表的なのがタマネギを加えたレシピです。 これが定番という家庭も多いのではないでしょうか。 テレビでタモリさんが紹介して話題にもなりました。 ここではタモリさんの生姜焼きアレンジレシピをご紹介します。 タマネギを加えた生姜焼きの材料• 豚肉(こま切れ・ロース)・・・ 200g• タマネギ・・・適量• 天ぷら粉(小麦粉)・・・適量• 豚肉に天ぷら粉(小麦粉)をまぶしておきます。 タマネギをお好みの厚さにカットします。 油はひきません。 タマネギは焦げる寸前くらいが美味しく仕上がります。 口の中が生姜焼きで油っぽくなったらポテトサラダをいただくとスッキリとした箸休めになります。 下の記事ではポテトサラダのリメイクをご紹介していますので余った時の参考にしてみてください。 じゃがいも・・・中2個• ハム・・・2枚• マヨネーズ・・・大さじ5• 塩・・・少々• こしょう・・・少々 ポテトサラダの作り方• じゃがいもをゆでてマッシュポテトにしておきます。 たまねぎ・にんじん・きゅうり・ハムをカットしておきます。 マヨネーズ・塩・こしょうで味を調えたら出来上がりです。 きんぴらごぼうは生姜焼きの献立の付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのおかずです。 常備菜として常に冷蔵庫にストックしているという人も多いのではないでしょうか。 ささっと作れて歯ごたえも楽しめるのでいいですね。 ごぼう・・・200g• にんじん・・・50g• 赤唐辛子・・・1本• ごま油・・・大さじ1• 白ごま・・・適量• ごぼうとにんじんを細切りにしごぼうは水につけてあくを抜きます。 水分がなくなったら盛り付けて白ごまをふったら出来上がりです。 お好みの野菜を生姜焼きを作ったあとのフライパンで炒めれば簡単で美味しい生姜焼きの味を生かした野菜炒めが出来上がります。 豚肉(もも薄切り肉・ロース肉・バラ肉のいずれか)・・・150g• 塩・・・少々• こしょう・・・少々• ピーマン・・・2個• しめじ・・・1パック• 鶏がらスープ・・・小さじ2• オイスターソース・・・大さじ1• サラダ油・・・大さじ2 野菜炒めの作り方• 豚肉3~4㎝幅にカットし塩・こしょうで下味をつける。 キャベツはひと口大・にんじんとピーマンは短冊切り・しめじは小房に分ける。 火が通ったら丸鶏がらスープとオイスターソースの順に加え炒めます。 生姜焼きがしょう油ベースの味付けなので味噌味のナス味噌炒めは口の中の気分転換になってとてもよい副菜です。 生姜焼きとはまた違うナスやピーマンの歯ごたえもまた楽しい一品です。 なす・・・3本• ピーマン・・・2個• 豚肉(豚バラ・切り落としなど)・・・150g• サラダ油・・・適量• ごま油・・・少々 なす味噌炒めの作り方• 一口大に切った豚肉・なす・ピーマンの順番で炒めます。 ごま油を回し入れてできあがりです。 さっぱりとしているので油の多い生姜焼きによく合います。 生姜焼きで口の中が油っこくなった時に酢の物を食べると口の中が落ち着いてまた生姜焼きを美味しくいただけます。 酢の物の作り方• たこ 刺身用 ・・・100g• きゅうり・・・1本• うすくちしょう油・・・小さじ1• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• 塩・・・少々 酢の物の作り方• きゅうりを小口切りにして塩をまぶししんなりしたら水気をしぼります。 たこをそぎ切りにします。 すべてを合わせて2~3分なじませたら出来上がりです。 ふわふわの卵が優しい口当たりで生姜焼きとのバランスがとてもよい汁ものです。 卵を溶いたときに片栗粉を少々加えておくとふわふわの柔らかいかきたまになりますよ。 卵・・・2個• 青ねぎ・・・適宜• だし汁・・・700ml• 塩・・・小さじ1• 片栗粉・・・小さじ2• 水・・・小さじ2 かきたま汁の作り方• 卵は溶きほぐし青ねぎは小口切りにしておきます。 だし汁を煮立て淡口しょう油と塩を加えたら水溶き片栗粉でとろみをつけます。 再び煮立ったら溶き卵を回し入れふんわりと固まりかけたら火を止めます。 器に入れてお好みで青ねぎを散らしたら出来上がりです。 焼肉屋さんなどで定番のわかめスープは生姜焼きにもよく合います。 手軽に作ることができるのでおすすめです。 わかめ 塩蔵 ・・・20g• ねぎ・・・6㎝• ごま油・・・小さじ2• しょう油・・・小さじ1• こしょう・・・少々• いりごま 白 ・・・適量 わかめスープの作り方• わかめは塩抜きをしてざく切りにねぎは細切りにします。 鍋にごま油を熱したらわかめとねぎを軽く炒めて鶏ガラスープを注ぎます。 ひと煮立ちしたらしょう油を加えこしょうで味を調えます。 器によそったらごまをふって出来上がりです。 千切りにした大根にドレッシングを合わせればあっという間に出来上がるのでおすすめです。 ニンジンなど他の野菜をミックスするのもいいですね。 大根にはダイエット効果もあるので下の記事を参考にして日頃から摂るようにするといいですね。 大根・・・400g• かいわれ菜・・・1パック• 油あげ・・・1枚• かつお削り節・・・2パック• 醤油・・・大さじ2. 酢・・・大さじ2• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• サラダ油・・・大さじ1• 塩・・・ひとつまみ• だし汁・・・大さじ2(あればでOK) 大根サラダの作り方• 野菜を下準備します。 大根は千切り・かいわれ菜は4~5㎝の長さ・油揚げはカリッと焼いて細めの短冊切りにします。 醤油・酢・みりん・砂糖・サラダ油・ごま油・塩・だし汁を合わせてドレッシングを作ります。 チョレギサラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 レタスなどの野菜を食べやすいようにカットしたらごま油や醤油・酢などで味付けをします。 鶏がらスープを味付けに加えるとワンランクアップのおいしさになります。 鶏がらスープがないという時は下の記事を参考にしてみて下さい。 ごま油・・・大さじ1• 醤油・・・小さじ2• 酢・・・小さじ2• 砂糖・・・小さじ1• 白炒りごま・・・大さじ1• お好みの野菜・・・適量 チョレギサラダの作り方• ボールに野菜以外の材料をすべて入れて混ぜておきます。 中華サラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 さっとゆでたもやしや千切りにしたハム・きゅうりを中華ドレッシングで合わせれば簡単で美味しい中華サラダの出来上がりです。 もやしは足がはやいので下の記事を参考に正しく保存しましょう。 もやし・・・1袋• きゅうり・・・1本• ハム・・・4枚• もやしをさっとゆでて水で洗い流し冷まします。 きゅうりとハムを千切りにします。 アサリの酒蒸しは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめの魚介メニューです。 アサリの砂抜きに多少時間がかかるので前もって下準備の時間を取る必要がありますが砂抜きがすでに済んでいるアサリを使えばその手間が省けます。 あさり(殻つき)・・・600g• 赤唐辛子・・・1本• 酒・・・大さじ2• 塩・・・少々• 小ねぎ(小口切り)・・・少々 アサリの酒蒸しの作り方• アサリの砂出しをします。 海水程度塩水にアサリを入れて冷暗所でしばらく置いておきます。 さっぱりとしているので箸休め代わりに付け合わせておくといいですね。 ホタテをマリネ液につけておくだけでできるので簡単にできますよ。 ホタテ 貝柱 ・・・5~6個• トマト・・・1個• 砂糖・・・小さじ1• サヤインゲン・・・2~4本• 塩・・・適量• ホタテを厚み2~3等分に削ぎ切りにして塩水で洗い水気をきります。 トマトを粗いみじん切りにしたら塩少々を振って5~6分置きさらに砂糖も加えて置いておきます。 茹でたサヤインゲンを縦半分にカットします。 メインの生姜焼きがお肉なので付け合わせはベーコンなど生姜焼きを邪魔しないものがいいですね。 生姜焼きを作ったフライパンで作ると旨味を吸収してより美味しくなりますよ。 ほうれん草・・・1束• ベーコン…1枚• バター・・・小さじ1• 塩・胡椒・・・適量• しょう油・・・ひとまわし ほうれん草とベーコンのソテーの作り方• ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさにカットします。 熱したフライパンにバターを溶かしほうれん草の茎の部分を炒めます。 塩・胡椒・しょう油で味を調えたら出来上がりです。 ほうれん草とベーコンのソテーよりもガッツリとお肉を使っているので付け合わせというよりも生姜焼きとダブルでメインメニューにしてもいいですね。 オイスターソースがない時には下の記事を参考にして下さい。 ピーマン・・・6個• 合いびき肉・・・300g• 小麦粉・・・大さじ1• 塩・胡椒・・・各少々• みじん切りにして500wで3分加熱したタマネギとパン粉・卵・牛乳を混ぜておきます。 半分にカットし種を取り除いたピーマンに小麦粉をまぶしておきます。 肉の面を下にして焼き目を付けます。

次の

【ソレダメ】生姜焼きの格上げレシピ。名店が教える厚切り&薄切りの豚のしょうが焼き(5月6日)

豚 の 生姜 焼き

オススメ献立をご紹介する前にお伝えしたいのが、豚の生姜焼き自体の栄養バランス。 疲労回復効果のあるビタミンB 1や良質なたんぱく質が豊富な豚肉と、体を芯からあたためる生姜を使った豚の生姜焼きは、栄養バランスにすぐれた優秀メニューなんです。 豚の生姜焼きに期待できる健康効果を、5つにわけてご紹介しましょう。 1.疲労回復効果 「なんだか体がだるい」といった倦怠感は、糖質(炭水化物)の代謝がうまくいかず、体内のエネルギー循環がうまくいっていないことが原因かもしれません。 糖質は脳のエネルギー源でもあるので「頭がぼーっとして考えごとができない」といった症状があらわれることもあります。 豚肉に多く含まれるビタミンB 1は、糖質の代謝を助けて糖質をエネルギーに変換。 心身の疲労を効果的に回復してくれるのです。 2.基礎代謝アップによるダイエット効果 豚肉には体内では生成できない必須アミノ酸も多く含まれています。 この必須アミノ酸には、筋肉の分解を抑制し、強化・修復するはたらきがあります。 特に運動後に豚肉を食べると、効率的に筋肉が形成され、その結果、基礎代謝が上がり、痩せやすい体になることが期待できます。 3.肌荒れを治りやすくする美容効果 豚肉に豊富なビタミンB 1には、皮膚や粘膜の調子を調える作用もあります。 「肌荒れが長引いて化粧のりがよくない」などというときには、積極的に取り入れてほしい食材なんです。 また、生姜には血行を促進し体をあたためるはたらきもあり、冷えで顔色がわるくなりがちな人にもオススメです。 4.胃の調子を整える効果 「生姜焼のたれ」にも多く含まれる生姜には、胃の調子を整えるはたらきがあります。 胃腸の調子がすぐれないときや、暴飲暴食などで胃を酷使していると感じるときには積極的に取り入れましょう。 5.気持ちが安定する効果 豚肉の赤身には、必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンが豊富です。 このトリプトファンは、精神の安定を助けるセロトニンという物質を増やし、メンタルヘルスの維持に役立つとされています。 また、豚肉の脂分に含まれるアラキドン酸は、記憶力や学習能力を高め、脳の老化を防ぐとも言われています。 心身に必要な栄養素をバランスよく含んだメニューである「豚の生姜焼き」。 この豚の生姜焼きの健康パワーをさらに引き出すには、どんな献立を選べばいいのでしょうか。 簡単に作れて味のバランスもよい副菜を10品、ご紹介しましょう。 1.ポテトサラダ 豚の生姜焼きと相性抜群の副菜といえば、やっぱりポテトサラダ。 コクのあるマヨネーズの風味が「生姜焼のたれ」とベストマッチなんです。 じゃがいもに多く含まれる食物繊維には、余分なコレステロールを体外に排出する効果も。 2.ほうれんそうのゴマ和え ほうれんそうに含まれるベータカロテンは、油と一緒に食べるとより吸収されやすくなります。 良質な脂を含んだ豚の生姜焼きと食べれば、一石二鳥。 さらにゴマには、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富。 肌がキレイになるなどの若返り効果も期待できます。 3.冷やしトマト 切って出すだけでOKの便利食材・トマト。 ベータカロテンやリコピンが豊富で、美容や健康をサポートしてくれます。 赤が食欲増進効果のある色なので、食卓の彩りアップにもオススメ。 4.もやしのナムル 低価格で手に入る家計の味方といえば「もやし」。 あっさり味とシャキシャキとした食感で、豚肉との相性も抜群。 かさ増し効果もあるので、ダイエット中の副菜にもピッタリです。 5.かぶのマリネ しっかり味の豚の生姜焼きには、酸味のきいたさっぱり味の副菜が合います。 マリネはしょうゆを使わずお酢で味付けをするので、塩分が抑えられるというメリットも。 お口直しの一品としても重宝しそうです。 6.大根サラダ お肉のメニューと一緒にぜひ食べてほしいのが「大根」。 ジアスターゼやアミラーゼといった酵素が消化を助け、胃腸への負担を軽減してくれるんです。 酵素は熱に弱いので、生のままで食べられるサラダでとり入れるのがベスト。 7.ブロッコリーとゆで卵のマヨネーズ和え 1のポテトサラダと同じく、マヨネーズの風味が生姜焼きとピッタリ。 ゆで卵で良質なたんぱく質も取れて、満腹感もあるおかずです。 さらに、ブロッコリーにはビタミンCが豊富。 豚肉のたんぱく質と一緒にとることで、コラーゲンがふえて美肌効果も期待できます。 8.キャロットラペ(細切り人参のサラダ) 5と同じくお酢を使ったさっぱり味で、生姜焼きとの相性抜群。 ニンジンにはベータカロテンも豊富で、油と一緒にとることでより効率よく吸収できます。 材料はニンジンだけなので、1品足りないときに気軽に作れて便利。 9.小松菜とさくらえびの和え物 小松菜には日本人に不足しがちなカルシウムが豊富。 骨や歯を健康に保ちたい人は、積極的に取り入れてほしい食材です。 独特の香りも豚肉とよく合います。 さくらえびの赤い色味も献立に華やかさを添えてくれます。 10.きゅうりとパクチーのサラダ パクチーには抗酸化作用や食欲増進、消化を助ける効果があります。 ぜひ生姜焼きと一緒に食べましょう。 きゅうりには体内の余分な水分を排出してくれるカリウムが豊富で、むくみ解消も期待できます。 どちらも安価で使いやすく、カロリーも控えめな優秀食材です。 献立には欠かせない「汁物」。 メインのおかずと副菜を見ながら、塩分や味・栄養のバランスを考えて選ぶのがポイントです。 ここでは豚の生姜焼きにピッタリの5種をご紹介しましょう。 1.きのこのお吸い物 きのこのうまみ成分で、塩分控えめでもおいしく召し上がれます。 えのきやしめじ、なめこなど冷蔵庫にあるもので大丈夫。 食物繊維が余分なコレステロールも排出してくれて、低カロリー。 2.たまねぎの味噌汁 たまねぎは生姜焼きとの味の相性抜群。 たまねぎに含まれる硫化アリルには血液サラサラ効果もあります。 3.豆腐とザーサイの中華スープ 生姜焼きの豚肉は動物性たんぱく質なので、豆腐で植物性たんぱく質を補って、バランスをとりましょう。 大豆製品にはコレステロールを下げる効果もありますし、ザーサイのコリッとした食感と香りで味に変化がついて、飽きずに食べられます。 4.ねぎとわかめのスープ 手軽に作れて味のバランスもいいスープ。 血液サラサラ効果のある硫化アリル・硫化プロピルが豊富なねぎと、食物繊維が豊富で余分なコレステロールを排出してくれるわかめは、ぜひたっぷりと入れましょう。 5.ニラと卵のスープ 良質なたんぱく質がとれる卵と、硫化アリルやベータカロテンが豊富なニラを組み合わせたスープです。 ニラははさみでチョキチョキ切れる野菜なので、忙しいときにも包丁いらずで作れて便利。 4人分に卵1個程度なら、コレステロールのとりすぎにもならず安心です。 栄養バランス抜群の優秀おかずである「豚の生姜焼き」。 健康効果をより引き出しつつおいしくいただくには、献立の組み合わせにも工夫が必要です。 味や見た目のバランスはもちろん、それぞれの食材に含まれる成分にも目を向けてみましょう。

次の