鶏 胸 肉 玉ねぎ。 鶏むね肉のトマト煮込み 作り方・レシピ

簡単レシピ。重曹で鶏ムネ肉をしっとり柔らかくする方法

鶏 胸 肉 玉ねぎ

鳥ムネ肉を柔らかくする方法を試してみたい!と思っている方におすすめのレシピです。 ジップロック袋に水50ccと重曹、砂糖、塩を入れ左右にふってとかし、ムネ肉1枚を切らずにそのまま入れるだけです。 つけ時間は冷蔵の場合6時間~2日ほど、冷凍の場合は1晩~1カ月くらいが目安です。 時間がある場合は冷凍すると細胞内の水分が膨張して細胞壁が壊れることで、ますますやわらかくなるのでおすすめです。 調理時間:5分(つけ時間は除く) 鶏ムネ肉 1枚(300~330g)• 水 50cc• ジップロック袋に水50ccと重曹、砂糖、塩を入れ左右に振ってとかし、ムネ肉1枚を切らずに入れてつける。 (つけ時間は冷蔵の場合6時間~2日、冷凍の場合は1晩~1カ月を目安にしてください。 冷蔵の場合、6時間以上つけた後、ザルにあけキッチンペーパーでよく水気をふきとる。 冷凍の場合、使う前日に冷蔵庫にうつして解凍する。 または使う当日にボウルにぬるま湯を入れジップロックごと入れて解凍する。 ザルにあけキッチンペーパーで水気をよくふきとる。 水気をふき取った後は、自由に味つけ可能です。 ムネ肉を柔らかくする方法は、 (みじん切りのまいたけ使用) (すりおろし玉ねぎ使用) 上記の2バージョンを紹介していますが、つけて柔らかくした後の味付けが自由という点が重曹づけの最大のメリットです。 重曹水溶液を捨て、水気をふき取ったあとは何にでも調理可能です。 もも肉と同じように様々なレシピに使えます。 現在公開中のレシピは以下になります。 (レンジだけで10分で調理可能です) 切らずにジップロックに入れるだけでいいので、特売日にまとめ買いして冷凍保存しておくと使いたい時に使えて便利です。 アクセスしていただきありがとうございます。 簡単・時短レシピサイト「」です。 かんたん常備菜と1週間の献立アイデアを紹介しています。 レンジだけで作れる時短レシピと朝すぐに作れるお弁当おかず中心なので作り置きしない方にもおすすめです。 ホーム画面へはこちらからどうぞ。 毎週更新している作り置きレポートはこちらです。 1週間の献立アイデアとしてご活用ください。 人気レシピTOP35はこちらです。 ぜひご覧ください。

次の

鶏むね肉のトマト煮込み 作り方・レシピ

鶏 胸 肉 玉ねぎ

鶏胸肉を柔らかくする方法 ヘルシーでお値段も手頃な鶏胸肉を、簡単にしっとりおいしく料理できたら嬉しいですよね。 マヨネーズを揉み込む、塩麴に漬けるなど巷にはいろいろな方法が出回っていますが、果たしてどの方法がベストなのでしょうか? 今回は料理の前のちょっとした下処理で、どのくらい鶏胸肉を柔らかくすることができるか、6つの方法で試してみました。 柔らかくするための材料 肉を柔らかくする効果があるといわれている、以下の6種類の食材に鶏胸肉をそれぞれ漬け込み、同じように照り焼きを作ります。 試したもの• マヨネーズ• 砂糖水• ヨーグルト• 塩麹 比較方法 肉の切り方や焼き方など、できるだけ条件を同じにして比較をします。 鶏胸肉を同じ大きさ(ひとくち大)に切る• ポリ袋に入れ、1〜6の材料をそれぞれ揉み込む• 1時間程度、冷蔵庫におく• 肉のまわりに付いた液などを軽くぬぐって片栗粉をまぶす• フライパンで焼き、最後に味付けする(100gの鶏胸肉に対し、醤油小さじ1、みりん小さじ1、酒小さじ1) 方法:鶏胸肉100gに、砂糖1g、塩1g、水大さじ1を揉み込む 判定!• 鶏胸肉のパサつきが苦手という場合はこの方法もおすすめ。 砂糖は常温で保存でき、日持ちもしてあまり切らすことのない調味料なので、覚えておくと便利ですね。 しっとりとした食感になったのは、砂糖水に漬け込むことで、肉が水分を吸い水分量が上がったためと考えられます。 砂糖には水分を保つ効果があること、またたんぱく質が固まるのを遅らせる効果があることから、パサつきやすい鶏胸肉もしっとり調理できるのでしょう。 「ファストフード店のチキンナゲットみたい!」とみんなが納得した、そんな柔らかさです。 あまり身近でない重曹を使うため、お手軽度は少し低くつけました。 重曹の炭酸水素ナトリウムという成分は、水に溶けるとアルカリ性を示します。 このアルカリ性の液体が繊維を柔らかくする効果を発揮することで、柔らかく調理ができたのだと考えられます。 ただし、重曹の量が多過ぎると味が悪くなるので加え過ぎには注意が必要です。 方法:鶏胸肉100gに、舞茸みじん切り10g、塩1gを揉み込む 判定!• 舞茸の香りが肉に移って、うま味も増している印象です。 刻む手間がかかることが少しお手軽度の低い理由ですが、単純に柔らかさという面ではこの方法が一番人気でした。 柔らかい食感になったのは、舞茸に多く含まれる「プロアテーゼ」といわれる酵素が肉を柔らかくするのに働いたからだと思われます。 今回は漬け込んだ時に使用した舞茸は拭き取りましたが、漬け込んだ舞茸を加熱してソースなどにするのもおすすめです。

次の

簡単レシピ。重曹で鶏ムネ肉をしっとり柔らかくする方法

鶏 胸 肉 玉ねぎ

鶏むね肉に急激に火を通すと、固くパサパサになりやすいです。 そこでおすすめなのが、 だんだんと温めて火を通す方法です。 色々な方法がありますが、ここでは一番簡単なものをご紹介します。 お鍋を火にかけ、沸騰するまで放置し、沸騰したらすぐに火を止めてください。 それからお湯が冷めるまで放置! これだけです。 是非お試しくださいね。 意外かもしれませんが、牛乳にもお肉を柔らかくする成分が含まれています。 今回ご紹介したお助け食材の中では、個人的にはこちらが一番おすすめ。 冷蔵庫に必ずあると言っても良い食材ですし、すりおろしたりする手間がいらないのも魅力です。 以上が、鶏むね肉を柔らかくするお助け食材です。 どれも漬け込むだけで、驚くほど柔らかくジューシーになりますよ。 ポイントは、漬け込む前に、鶏むね肉に フォークなどで穴を空けることと、漬け込む時間です。 漬け込み時間は、どれも 30分以上が理想です。 一晩寝かせるとかなり効果がありますので、 前日の夜に仕込んでおくのがおすすめです。 どれも身近な食材ですので、試してみてくださいね。

次の