アフィリエイト収入 目安。 アフィリエイトブログのアクセス(PV)数による収入の目安!

アフィリエイトサイトの閲覧数を徹底解説!平均PVと収入のあれこれ

アフィリエイト収入 目安

アクセス数:76,628pv• 収益:36,000円ぐらい• 記事数:135 振り返り PVが伸びていき非常に楽しい時期でした。 しかし、『ある事実』に気付いた時期でもあるので、放置を始めた月でもあります。 『ある事実』は、下記で解説しています。 アフィリエイトのアクセス数による収入の目安は、サイトのジャンルによって異なる アフィリエイトのアクセス数による収入の目安は、サイトのジャンルによって大きく異なります。 金額で表すと、余裕で10万円以上は変わっくる威力。 アフィリエイトのジャンル選びは非常に重要なのです。 上記サイトを放置したのはジャンル選びに失敗したから とは、ジャンル選びに失敗している現実を知ったからです。 具体的なジャンルは非公開となりますが、ジャンル選びを失敗してしまうと大きく稼ぐことはできません。 ジャンル選びに失敗したけど、ノウハウは入手 とはいえ、約70,000PVを達成したノウハウやSEOは身に付きました。 その知識を活かしつつ、アクセスを増やす方法を解説します。 アフィリエイトのアクセス数による収入の目安:アクセスを増やす方法 アフィリエイトのアクセス数を増やす方法は、『読者に満足してもらえるコンテンツ』を作成すること。 1度は目にした内容と思いますが、やはりこれ1点です。

次の

アフィリエイトのアクセス数・PV数ごとに収入報酬目安を公開!

アフィリエイト収入 目安

スタート(3,000PV未満) 最初は誰もが立つ位置であるのが「スタート」。 ゼロからブログを始めるわけで、初めはPVなんてほとんどないに等しい。 3,000PV未満がここに入る。 またコンテンツを構築する途中でもある。 アクセス数が上がっていくのはその後の話になる。 鉄道でいえば、まだ開業前の段階に走るだろう。 アフィリエイトをしようとしても収入はまったくない。 ビギナー(3,000~10,000PV) 1か月に3千PV以上のアクセスが集められると、ビギナーのレベルになるといえる。 アフィリエイトをして得られる収入も1,000円前後かそれ未満である。 ちょっとした小遣いにもならないが、一応はお金が入ってくる。 鉄道でいえば、まだ路面電車のような存在ではないか。 辛うじて動くという姿にたとえ、物理的に収益がわずかに出る程度。 ブログを書き始めていつまでもここへ立ち止まっているわけにはいかない。 次のステップへ移りたい。 ミドル(10,000~30,000PV) ここまでくると、いよいよブログ運営によってお小遣いが稼げるようになる。 アフィリエイトで獲得できる金額は2,000~10,000円ほどになる。 中学生や高校生が親からもらえるお小遣いの平均的な金額と考えてよい。 ブログで副業とまではまだ行かないものの、収入が入ってくる喜びが徐々に感じられるようになる。 鉄道でいえば各駅停車に例えられる。 しっかりとした電車だが、停車駅が多くて所要時間がかかる。 そんなレベルがこのPV数の範囲ではないか。 初心者のレベルを脱出するくらいのPV数だが、まだまだ小規模のブログであるのは否定できない。 準アマチュア(30,000~100,000PV) 準アマチュアのレベルになるとブログでは3万PV以上の領域に入ってくる。 本格的にまとまった数の訪問者数が獲得できるようになる。 収入は月5,000~30,000円ほどになる。 学生のお小遣いとしてはかなり高い。 家族のいる会社員が自由に使える予算の目安がこの準アマチュアのレベルだろう。 1日当たりに換算すると300PV以上ということになる。 アフィリエイト広告をクリックする人も着実に多くなってくる。 「区間快速」に例えられる。 徐々にスピードアップした形になるように、ブログでも次第にお小遣いではなく安定した収入へとつながってくる領域になる。 アマチュア(100,000~300,000PV) 10万以上30万PV以下のレベルとは「アマチュア」といえる。 ブログの投稿に取り組む中では高い実力を持つ。 専業となって生計を立てるのは困難だが、副業としては十分な成果だろう。 収入は1か月に20,000~100,000円ほどになる。 本業のある会社員によっては完全に余裕のある生活ができるようになるだろう。 学生でもアルバイトの1か月の給料かそれ以上になる。 普通の人よりも贅沢な暮らしができるようになるのではないか。 電車だと「快速」をイメージするといい。 気軽に乗れる速達列車というように、ブログアフィリエイトからの収入で気軽にお金が使えるようになる。 そんなレベルがアマチュア。 エキスパート(300,000~1,000,000PV) 30万PV以上になると「エキスパート」というレベルに突入する。 獲得できる収入は100,000~300,000円ほどになる人が多い。 このレベルまで達すると会社員の月給分くらいの収入を稼げるようになってくる。 ブログだけで生計を立てるのはちょっとまだ不安なのは確かだが、まとまった儲けがある。 個人でブログを投稿している人にとっては1つの目標ともなるだろう。 中級者の中でも上位に入る。 鉄道でいえば特急だろう。 限られた人だけが到達できるレベルであり、普通の人だとなかなか難しい。 個人で運営しているブログの場合は、このレベルが限界だという意見もある。 月間30万から50万PVあたりが限界で、これ以上多くのアクセス数を稼ぐのは困難かもしれない。 「継続は力なり」ということわざの通り、日々執筆を続けていくしかない。 このレベルまで来たからには上級者になりたい。 準プロ(1,000,000~3,000,000PV) 月間100万PVに到達すればついに念願の上級者のレベルと入る。 個人ブログを運営する人だとここが1つのゴールとなるのではないか。 収入は1か月当たり200,000~900,000円ほどになる。 100万円ほど稼いでいる人も中にはいるようだ。 サラリーマンの1か月分の給料を超えるくらいの収入がブログの運営によって入ってくる。 アフィリエイトに取り組む人たちの中でも勝ち組なのは確か。 専業アフィリエイター・ブロガーとしても十分やっていけるレベル。 副業で取り組む分にも問題ないが、効率の良さを徹底的に追及するのであれば会社を辞めるのもよいだろう。 ここまでくると新幹線レベルになる。 こだまレベルということで、上級者の中ではまだPVが多いとは言えないが、トップクラスの仲間には完全に入る。 プロ(3,000,000~10,000,000PV) もしブログで月間300万PV以上になったのであれば、あなたは完全な成功者である。 失敗の要素はまったく存在しない。 一度は目標の目安としたいレベルでもある。 しかし、実際にここまでアクセス数を伸ばせる人は全体の1%もいない。 ほとんどは無名ブロガーのまま終わりをとげる。 上級者の中でも完全にそのステータスを獲得したことは間違いない。 収入は月100万円を超える金額にものぼる。 年収で換算すると1,000万円が最低ラインとなり、会社役員と同額のお金を稼げる。 副業としてブログ運営に取り組んでいるのであれば、もうこれ以上は会社員生活を送る必要はない。 ブログ=本業、会社=副業という構図になる。 1か月で300万PVのアクセスがあるのなら、あなたは新幹線(のぞみ)レベル。 勝ち組の中の勝ち組という位置づけではないか。 みんなから憧れる存在でもある。 スター選手(10,000,000PV~) 1,000万PVを超えたらもはやスター選手のような存在である。 スポーツ選手に例えると、だれもが知っている人のようなランクだろう。 羽生結弦・イチローなどのような存在になる。 収入は単月で300万円を超えてくる。 経営状態が良い社長クラスの稼ぎになってくる。 ブログを運営するだけで贅沢な暮らしができ、高所得者の仲間に入る。 さすがに1か月で1,000万PVというアクセスを集めるのはかなり難しい。 難易度MAXで、普通の人にはできない。 ブログというカテゴリーでは同じでも何か特別なセンスが必要になる。 コツコツ毎日書いていても膨大なPV数を集めるのはスターだけである。 もちろん当ブログ「たくみっく」もこのレベルに到達するのは99%不可能だと思う。

次の

【アフィリエイト収入】ブログアクセス数の目安とコツを公開!

アフィリエイト収入 目安

アフィリエイトブログの記事数と収入額の目安! 初心者が月2万円を稼ぐには?を見ていこう。 100記事なら月収1万円ですね。 クリック型広告では、成果報酬型の広告と違い、商品やサービスを紹介したり、買ってもらう必要がないので、初心者の方でも、取り組みやすいですよね。 ただ、月収100万円など、高収入をアフィリエイトで稼ごうと思えば、成果報酬型広告で稼げるようになる必要があります。 なお、成果報酬型広告を使い、ブラックと呼ばれる自演リンクを使えば、100記事でも月収100万円以上は十分に可能でしょう。 アフィリエイトで稼いでいる人には、そういう人も多いです。 ただし、seo対策のために自演リンクを使うと、グーグルからペナルティーを受けて、検索結果の圏外に記事やブログが飛ばされるリスクもあります。 ちなみに、「200記事を書いて月収2万円」や「100記事書いて月収1万円」の目安の大前提には、以下の事柄があります。 ただ、こう書くのが1番、わかりやすいですよね。 ・(おすすめテーマ) 要は、(人間や現実の正体)などのレベルの記事が、きちんとしたテンプレートを使ったブログで200記事あれば、月2万円くらいは、いくんじゃないかな〜という話です。 私の経験則的に、ですね。 もちろん個人差があるので、「200記事書けば、月収2万円が保証される」という話ではありません。 200記事書いても、収入は0円の可能性は十分にあるし、200記事書いて、月収3万円の人も出てくるでしょう。 アフィリエイトは「結果が全ての事業(全てが自己責任)」であり、アフィリエイターは事業者です。 私含め、誰も責任取ってくれません。 自分でとるしかありません。 特に、記事内容に独自性がなく、また面白味もなく、深さもない記事の場合、100記事で月収1000円以下になる可能性も普通にありえます。 なお、seo対策済テンプレートでは、賢威がおすすめですね。 賢威について、まだ調べたことがない人は、調べてみるのが、おすすめです。 賢威については、以下の記事が詳しいです。 ただ、広告単価が高いので、少ないアクセス数でも、それなりの収入額になりやすい特徴もあります。 一方、広告収入の低いジャンルは、ライバルサイトがいない分、検索結果で上位表示されやすく、アクセス数は、集まりやすいのですが、広告単価が低いので、収入額は思ったほど伸びません。 ただ、クレジットカードやキャッシング、FX、美容、ダイエット、脱毛、引っ越し、青汁、不動産など、アフィリエイトの広告単価の高いジャンルで上位表示されると、収入額が桁違いに増えることになるので月収100万円、200万円と、高収入を稼ぎたい場合は、広告単価の高いジャンルでも・・ライバルサイトが強いジャンルでも、高品質なブログやサイトを作り、保持する必要があるようです。 ただし、アフィリエイト初心者が、広告単価の高いジャンルに、いきなり参戦すると、「アクセス数が、まったく集まらない。 月1000円も稼げない」となる可能性も高く・・ 最初は、雑記ブログから始めて、2つ目以降のブログやサイトで、アフィリエイト広告の単価が高いジャンルに参戦するのも、おすすめですね。 ネットでアフィリエイトに関する情報を調べていると「500記事書けば、最低でも月収5万円はいく」と書いているアフィリエイト初心者向けの解説サイトがありました。 私はアフィリエイトに取り組み始めた当初、それだけが心の支えでした。 「本当に稼げるようになるのか?」という不安や疑念の中、「500記事書けば、最低でも月収5万円はいく」を信じて、記事を毎日、書いていましたね。 こういった{記事数と収入額の目安}に関する記事を書くと「100記事書いたけど、月収1万円どころか、まったく稼げない。 責任とれ!」と言われてしまうリスクがあるので、本当は書きたくないのですが・・ 私が、アフィリエイト初心者の頃に、こういった目安記事に助けられたので、恩返しの気持ちで書きました。 200記事で月収2万円は、あくまで目安なので、保証ではありませんので、その点は、気をつけて頂ければと思います。 これらは、ネットで検索し、調べてみると、情報が出てくるので、調べてみましょう。

次の