パナソニック インダストリアル マーケティング & セールス 株式 会社。 パナソニック インダストリアル マーケティング&セールス株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

パナソニック インダストリアル マーケティング&セールス株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

パナソニック インダストリアル マーケティング & セールス 株式 会社

経営指標 また、パナソニック 代表取締役社長の津賀一宏氏は、新中期戦略のポイントとして、「ポートフォリオマネジメントの実行」、「経営体質の徹底強化」「目指す姿であるくらしアップデートを実現する会社」を目指すことをあげ、メガトレンドや社会変革を捉えながら、事業の選択と集中も行う考えを示したほか、1000億円の利益貢献に向けて、固定費を削減。 赤字事業の抜本的対策と間接業務の効率化も行う考えも示した。 パナソニックは、これまでに、高成長事業、安定成長事業、収益改善事業という3つの事業区分で経営を進めてきた。 津賀社長は、「過去3カ年は、車載事業を中心に増収増益の定着を目指してきたが、2018年度には増収は達成したものの、事業から創出される利益が当初見通しを大きく下回った反省がある。 高成長事業では、売上げは成長したが、オートモーティブで開発費が大幅に増加し、円筒形車載電池では、生産の急激な拡大によって、さまざまなリスクへの対応力が不足し、利益が伸び悩んだ。 安定成長事業では、家電の収益性が中国以外で低迷。 住宅でも新築の戸建て請負が伸びず、想定よりも販売構成比が悪化し、利益が伸びなかった。 また、収益改善事業では、構造改革に対するスピード感が不十分であったと反省している。 2019年度業績も減益見通しとなるが、新中期戦略では、低収益から脱却し、利益を成長軌道に戻すことが重要と考えている」と述べた。 新中期ポートフォリオ事業区分 「今後、EBITDAを指標として重視していく考えであり、現在、EBITDAの約7割を基幹事業が占めている。 2020年度までに、基幹事業において、約1000億円の増益を図る」とした。 空間ソリューションでは、独自のBIM(Building Information Modeling)と、キー商材との組み合わせで、カスタマイズされたソリューションビジネスを拡大。 B2Bおよびエンジニアリング事業の比率、海外事業や営業利益構成比を重視する。 現場プロセスでは、コンサルティングやソリューションサービスを提供することで、現場の困りごとを解決。 サービスをロールモデル化して、水平展開し、リカーリング販売の構成比を重視するという。 さらに、インダストリアルソリューションでは、強いデバイスのさらなる商品力強化やシステム/モジュール商品の拡充、顧客に沿った最適ソリューションを提供し、業界トップシェアの商品比率やシステム商品比率を高めるという。 空間ソリューションでは快適性を人々の生活空間に提供。 現場プロセスでは、モノを作る、運ぶ、売るといった観点からの革新をソリューションとして提案。 それぞれに都市人口の急増や、労働現場の生産性の課題を解決することができるという。 また、インダストリアルソリューションでは、強いデバイスを核としたシステムにより、競争優位性と事業立地の強化を図る考えを示した。 また、ソフトウェア分野など、組織能力強化のために非連続の投資も検討していくとした。 一方、再挑戦事業については、収益性改善を重視する事業と位置づけ、オートモーティブおよび車載電池を区分。 ここでは、「強みのある領域に集中する」とした。 さらに共創事業では、家電事業と住宅事業を区分。 地域や他社連携を通じて、競争力の強化を図るという。 ブランドイメージが高くても、競争力がないと長持ちしない 家電事業については、「パナソニックはもともと家電の会社である。 ブランドイメージを高めるという点でも家電事業の意味合いは大きい。 この姿勢は将来も変えるべきではないといえる」としながらも、「だが、家電の競争力をどう高めていくのかという話は別である。 いくら家電のブランドイメージが高くても、競争力がないと長持ちしない。 家電の競争力を高めるために、やるべきことをしっかりやらなくてはならない。 そのためには、地域、事業の絞り込みを行う」と今後の方針を示した。 さらに「いまは、手広く、分散しすぎているのではないか、多くの商品をやりすぎていないか、すべての地域でやろうとしていないかという点を検証しているところだ。 AVは、グローバル商品であったが、これを白物家電でもやろうとしている。 これは相当厳しいものがある。 どこに強い地域があるのかということや、パナソニックがすべての製品で強いとはいうわけではないということを認識する必要がある。 強みに集中し、弱みがあるところはうまくやる必要がある。 こうした取り組みによって、家電の競争力を維持、発展させていくことが、パナソニックの家電事業において重要な取り組みになる」とした。 また、「そのなかで、着目しているのが中国である。 中国の家電市場は、日本の家電事業が持っていないものを持つことができるようになると考えている。 IoTはその一例である。 中国では、日本とは違うやり方が求められ、コスト競争力も重要である。 そして、将来、日本の市場に中国の家電メーカーが来たときに負けないようにしておく必要がある。 家電の競争力を高めるためには、中国でしっかりと家電事業ができることが条件のひとつになる。 日本での強みと、中国で培う強みをかけ算することで、家電の競争力をあげることができる。 だが、それは自前ですべてはやりきれないため、共創をしていくことを、もっと柔軟に考える必要がある。 だからこそ、家電を共創事業に位置づけた」と説明した。 パソナニックでは、4カンバニー制から、7カンパニー制へと変更したが、「4カンパニーでは安定指向が強い。 7つに割ることで、会社を変革させることを優先させた」と語った。 さらに、「撤退すべき事業についても、迅速に対策を打っていく。 役員体制についてもグループ経営責任の明確化とフレキシブルな事業執行体制を確立するために、役員体制の最適化を、10月に行う」とした。 なお、説明のなかでは、同社が打ち出す「くらしアップデート業」にも触れ、「くらしアップデート業は、B2Cだけでなく、くらしを支えるB2B事業を通じてお役立ちを図るものである。 ここでのアップデートとは、個人や法人のそれぞれのお客様に対して、最適なモノやサービスを提供することである。 今後3年間は、B2Bを中心とした基幹事業において、ソリューション型ビジネスモデルを進化させることに注力する。 こうした取り組みを積み重ねることにより、将来的には、B2Cを含めて、くらしアップデートが実現できる企業になりたい」と発言。 新たに「みんなの最高ではなく、あなたの最適を。 」というメッセージを発信することを明らかにした。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

パナソニック インダストリアル マーケティング&セールス株式会社の採用情報(初任給/従業員/福利厚生)|リクナビ2021

パナソニック インダストリアル マーケティング & セールス 株式 会社

回答者 3. 4 パナソニックAIS系の国内販売会社。 扱う製品は半導体からデバイスまでかなり幅広い。 基本的には自分の担当する製品を中心に担当エリアに拡販していくスタイル。 とは言え、社内の風通しは大変良く先輩や上司からのサポートもある。 製品マターになるとメーカサイドの意向を聞く事も多いが、自らで客先に足を運び対応していくので営業力は自然と身についていく。 一方で納期管理や見積もり処理などの事務処理も多くあるので、自ずと業務時間が長くなる傾向にある。 しかしながら、最近の働き方改革で残業時間は厳しく管理されており、サービス残業はない。 納得性のある働き方が出来る。 有休もたいへん取りやすく、むしろ取得することを推奨されている。 古い会社であるので全てにおいて上司にお伺いを立てる必要があり、無駄が多い。 したがって、一つのことを決めるのに時間がかかる。 そういった背景から顧客を逃してしまうコトあり、良くも悪くも日本企業であるとかんじ、また今後改善が必要なポイントであるとも考えている。 製品の性質上国内市況の影響をモロに受けてしまうのが弱点ではあるが、パナソニック本体自体が揺るがない限りは大きな問題にはならないと思われる。 長く勤めやす会社ではある。

次の

パナソニックが7カンパニー体制へ、AIS社が車載と産業に分割

パナソニック インダストリアル マーケティング & セールス 株式 会社

回答者 3. 4 パナソニックAIS系の国内販売会社。 扱う製品は半導体からデバイスまでかなり幅広い。 基本的には自分の担当する製品を中心に担当エリアに拡販していくスタイル。 とは言え、社内の風通しは大変良く先輩や上司からのサポートもある。 製品マターになるとメーカサイドの意向を聞く事も多いが、自らで客先に足を運び対応していくので営業力は自然と身についていく。 一方で納期管理や見積もり処理などの事務処理も多くあるので、自ずと業務時間が長くなる傾向にある。 しかしながら、最近の働き方改革で残業時間は厳しく管理されており、サービス残業はない。 納得性のある働き方が出来る。 有休もたいへん取りやすく、むしろ取得することを推奨されている。 古い会社であるので全てにおいて上司にお伺いを立てる必要があり、無駄が多い。 したがって、一つのことを決めるのに時間がかかる。 そういった背景から顧客を逃してしまうコトあり、良くも悪くも日本企業であるとかんじ、また今後改善が必要なポイントであるとも考えている。 製品の性質上国内市況の影響をモロに受けてしまうのが弱点ではあるが、パナソニック本体自体が揺るがない限りは大きな問題にはならないと思われる。 長く勤めやす会社ではある。

次の