善光寺 食べ 歩き。 【善光寺グルメ】美味しいもの食べ歩き。晴れたので善光寺お散歩してきました!善光寺近くランチおすすめ。

善光寺表参道・仲見世通り商店街で満喫長野グルメ食べ歩き

善光寺 食べ 歩き

別名 善光寺西街道、善光寺道、北国西街道 正式名 北国西脇往還 善光寺街道の歴史 信仰の道 「遠くとも一生に一度は詣れ」とうたわれた名刹・善光寺。 その創建は7c. 後半と推定されている。 麻績の住人、本田善光が本尊 秘仏とされる を難波から、もたらしたとされ、これが寺名の由来とか。 たびたび善光寺は炎上したが、その都度再建された。 源頼朝は所領を寄進すると共に再建を助成。 その後武田信玄が本尊を持ち去り甲府に新善光寺を建ててからは全くさびれたが豊臣秀吉の頃に本尊が返還され門前に活気が戻る。 江戸期にも火災に見舞われたが、4年の歳月を費やし現在の本堂が18c. 初に再建された。 これ以降、善光寺信仰が広く民衆の世界に浸透した。 「牛にひかれて善光寺参り」。 極楽往生を願って全国各地から多くの善男善女が参拝する 現在は年間約700万人。 江戸時代 伊勢を参拝し西国札所をまわった後、善光寺に寄り江戸に戻るというのが当時のお決まりコース 芭蕉像 伊賀上野 [松尾芭蕉] 京都から中山道を発ち、洗馬から歌枕の地、姨捨へ向かい更級の月見を楽しむ。 あと善光寺に詣で江戸に戻る。 「更級紀行」1688。 [菅江真澄] 真澄も道中記を残している。 洗馬に一年余滞在したあと善光寺に向かい 1784 戸隠にも参詣。 その後、郷里 三河 には戻らず北国街道、北陸を経て奥州各地を遊覧した。 [十返舎一九] 健脚の人気作家・一九は取材旅行のため木曽路から松本に入り善光寺に参詣した 1814。 その後は北陸・奥州を回り江戸に帰った。 明治時代 [明治天皇の巡幸] 北国街道の矢代の渡しを経て丹波島、善光寺に入る。 高田からは北陸道を北上 1878。 あと松本、村井、郷原と南下、洗馬から中山道に入り大井より名古屋に向かう 1880。 正岡子規 [正岡子規] 東大哲学科の学生だった子規は郷里 松山 への帰省の途次 1891、夏 上野から軽井沢に出て長野 善光寺 に入った。 その後、この歩き旅とは逆順で稲荷山、麻績、乱橋、松本などを訪れている 「かけはしの記」。 [鉄道の開通」 長野駅の開設 1888 後、塩尻~篠ノ井間の篠ノ井線が開業 1902。 これにより参詣は歩き旅から鉄道利用の団体旅行の時代に入った。 今回の歩き旅 厳密に言えば善光寺街道は篠ノ井追分までであるが「仏作って魂入れず」のたとえの如く善光寺を外すことは出来ない。 と共に篠ノ井追分宿との関連で矢代の渡し跡周辺も追加した。 善光寺街道歩き旅アドバイス コース3、5、7 急坂が多い。 山辺の道で変化に富んだ景観が楽しめる。 これぞ歩き旅の醍醐味だ。 しかし冬~春は雪深く避けた方が無難である。 問題はアクセスが悪く会田、麻績には宿泊所がないこと。 コース3 バス 松本電鉄の四賀線 で松本に戻るか、高速バス 長野道四賀から乗車。 そこまでは地域バスを利用し大木戸で下車 で長野へ行くのも一案。 コース5 西条での宿泊は可能。 コース7 前日に篠ノ井で泊まり翌朝JRで移動。 聖高原駅から歩き、多少距離は長いが 約13km 稲荷山温泉で泊まることは可能。

次の

善光寺表参道・仲見世通り商店街で満喫長野グルメ食べ歩き

善光寺 食べ 歩き

長野駅から善光寺までは歩いて20分~30分程度で行くことができます。 日本でも有数の門前町と言われる長野の町を歩きながら善光寺へ行くのもおすすめです。 長野駅から善光寺へ徒歩で行くためのルートですが、実に単純です。 写真は長野駅に設置されている周辺案内板です。 (赤い線はこちらで引きました) JR長野駅前広場(長野電鉄の場合は、JR長野駅前広場に出た方が分かりやすいでしょう)を、長野駅を背に向けて真っ直ぐに進み、200メートルほど進んだら右に折れます。 後は、そのまま道をひたすら真っ直ぐに直進すること20分程度で善光寺へ到着します。 ゆっくり歩いて30分、早足で15分程度です。 実際に長野駅から善光寺へ向かう道順を写真で紹介しておきますので参考にしてみてください。 (写真撮影日は2016年5月19日) まず、善光寺は長野駅の「善光寺口」方面にありますので、新幹線で長野駅に来た場合には善光寺口を目指してください。 長野駅には、MIDORIというショッピングビルが直結しています。 MIDORIには複数のテナントが入っており、お土産店や飲食ができるお店も揃っています。 お土産を買うならば、長野駅に地元で有名なお店がたくさん入っていますので最もおすすめします。 長野駅の1階には大規模なコインロッカーがあります。 大きいスペースのものは、大型スーツケースも収納可能です。 たくさんの荷物がある場合には、長野駅のコインロッカーに預けて善光寺に向かうというのも良いでしょう。 (コインロッカーはスイカやパスモでの支払いもOKです) これが長野駅の全体光景になります。 それでは、実際に長野駅から徒歩で善光寺へ向かうためのルートを写真で紹介します。 まず、長野駅前に設置されているを探しましょう。 この如是姫象を背にしてまっすぐ道を進むところからスタートです。 長野駅(善光寺口)を背にして前に進みます。 長野駅を背にして大通りの右側を直進していくと、案内板が見えます。 善光寺まで1. 8キロと表示されています。 このまま、100メートルほど直進します。 直進すると「善光寺参道 右へ」という杭が歩道に見えますので、ここを右折します。 そう、後はひたすら真っ直ぐに進むだけです。 ここの交差点を右折します。 信号にも案内板(標識)があり、右折するようになっています。 似た景色が続きますが、しばらく直進します。 ローソンが右手に見えますが、ここが「かるかやさん」の前あたりになります。 しばらく進むと、TOiGO(SBC放送ビル)が見えてきます。 ここから先は、グッと門前町へと街並みが変貌していきます。 TOiGOは善光寺へ訪問する際、長時間駐車するための駐車場として便利です。 TOiGOを過ぎると、石田畳風の道路へと変わっていきます。 しばらく歩くと、右手にセントラルスクエアが見えてきます。 長野オリンピックの際に盛り上がった場所なのですが、現在は駐車場へと変わり、金額的も十分オススメできます。 いつの間にか、セントラルスクエアには聖火台のモニュメントが設置されていました。 セントラルスクエアを過ぎて直進すると、長野一の繁華街であった権堂アーケードが右手に見えてきます。 権堂アーケードの中には、飲食店などが点在しています。 特に、夜の街のイメージが強いのは、今も昔も同じなのかもしれません。 最近は少々寂しい状況になっているのが実態です。 権堂を通り過ぎて直進すると、いろいろなお店が見えてきます。 右手に「酒饅頭」で有名なつるやがあります。 出来立ての酒まんじゅうが販売されています。 1つだけでも購入することができますので、食べながら善光寺に向かうというのも良いでしょう。 大門の交差点です。 この先に善光寺があるのですが、奥にもう見えていますね。 なお、この交差点には、ぱてぃお大門があります。 お土産を購入したり、飲食をすることもできます。 ここが善光寺の入り口です。 この先にはすぐ仁王門があります。 善光寺の中は広大な敷地がありますので、ゆっくりと拝観されてください。 2014年4月27日の善光寺の様子。 連休の最初ということもあり、混みあっています。 善光寺の山門です。 国宝の本堂です。 いかがでしたでしょうか。 長野駅から善光寺までは、歩いてもそれほど遠い距離でありません。 門前町にはさまざまなお店もあって、ちょっと珍しいお土産を購入したり、食べ歩きというのも楽しいです。 せっかくの門前町、歩きながら善光寺界隈を堪能してみてください。 国宝善光寺の参拝ガイドを紹介•

次の

長野「善光寺」周辺おすすめ1日観光プラン 食べ歩き・アクセス・見どころ・時間をまとめ

善光寺 食べ 歩き

別名 善光寺西街道、善光寺道、北国西街道 正式名 北国西脇往還 善光寺街道の歴史 信仰の道 「遠くとも一生に一度は詣れ」とうたわれた名刹・善光寺。 その創建は7c. 後半と推定されている。 麻績の住人、本田善光が本尊 秘仏とされる を難波から、もたらしたとされ、これが寺名の由来とか。 たびたび善光寺は炎上したが、その都度再建された。 源頼朝は所領を寄進すると共に再建を助成。 その後武田信玄が本尊を持ち去り甲府に新善光寺を建ててからは全くさびれたが豊臣秀吉の頃に本尊が返還され門前に活気が戻る。 江戸期にも火災に見舞われたが、4年の歳月を費やし現在の本堂が18c. 初に再建された。 これ以降、善光寺信仰が広く民衆の世界に浸透した。 「牛にひかれて善光寺参り」。 極楽往生を願って全国各地から多くの善男善女が参拝する 現在は年間約700万人。 江戸時代 伊勢を参拝し西国札所をまわった後、善光寺に寄り江戸に戻るというのが当時のお決まりコース 芭蕉像 伊賀上野 [松尾芭蕉] 京都から中山道を発ち、洗馬から歌枕の地、姨捨へ向かい更級の月見を楽しむ。 あと善光寺に詣で江戸に戻る。 「更級紀行」1688。 [菅江真澄] 真澄も道中記を残している。 洗馬に一年余滞在したあと善光寺に向かい 1784 戸隠にも参詣。 その後、郷里 三河 には戻らず北国街道、北陸を経て奥州各地を遊覧した。 [十返舎一九] 健脚の人気作家・一九は取材旅行のため木曽路から松本に入り善光寺に参詣した 1814。 その後は北陸・奥州を回り江戸に帰った。 明治時代 [明治天皇の巡幸] 北国街道の矢代の渡しを経て丹波島、善光寺に入る。 高田からは北陸道を北上 1878。 あと松本、村井、郷原と南下、洗馬から中山道に入り大井より名古屋に向かう 1880。 正岡子規 [正岡子規] 東大哲学科の学生だった子規は郷里 松山 への帰省の途次 1891、夏 上野から軽井沢に出て長野 善光寺 に入った。 その後、この歩き旅とは逆順で稲荷山、麻績、乱橋、松本などを訪れている 「かけはしの記」。 [鉄道の開通」 長野駅の開設 1888 後、塩尻~篠ノ井間の篠ノ井線が開業 1902。 これにより参詣は歩き旅から鉄道利用の団体旅行の時代に入った。 今回の歩き旅 厳密に言えば善光寺街道は篠ノ井追分までであるが「仏作って魂入れず」のたとえの如く善光寺を外すことは出来ない。 と共に篠ノ井追分宿との関連で矢代の渡し跡周辺も追加した。 善光寺街道歩き旅アドバイス コース3、5、7 急坂が多い。 山辺の道で変化に富んだ景観が楽しめる。 これぞ歩き旅の醍醐味だ。 しかし冬~春は雪深く避けた方が無難である。 問題はアクセスが悪く会田、麻績には宿泊所がないこと。 コース3 バス 松本電鉄の四賀線 で松本に戻るか、高速バス 長野道四賀から乗車。 そこまでは地域バスを利用し大木戸で下車 で長野へ行くのも一案。 コース5 西条での宿泊は可能。 コース7 前日に篠ノ井で泊まり翌朝JRで移動。 聖高原駅から歩き、多少距離は長いが 約13km 稲荷山温泉で泊まることは可能。

次の