も こう 創価 学。 創価学会仏壇・SGI仏壇・仏具の専門店

創価学会員の祈りと功徳

も こう 創価 学

右翼でも左翼でもありません。 ただの反日カルトです。 池田大作は、太平洋戦争中に広島、長崎の二都市がアメリカから原爆投下を受けたことについて、日本が日蓮正宗・創価学会を弾圧し、正法を誹謗(謗法)した「報い」であるとしている。 (1958年5月18日、福岡県久留米市で開かれた創価学会の第一回男子部九州総会の講演にて) 豊臣秀吉の朝鮮出兵を、朝鮮から仏教を初め、様々な文化的恩恵を受けたことを踏みにじる侵略だとして強く非難している。 (Ikeda SGI会長スピーチ 「来光 」より 和光新聞 2005. 20 637号) 創価学会名誉会長、池田大作が韓国に建立した反日の碑には、以下の言葉が刻まれている。 日本を「東海の小島」「小国」と表現。 韓国を「あまたの文化文物をもたらし尊き仏法を伝え来た師恩の国」「隣邦を掠略せず天地を守り抜く誉の獅子の勇たぎる不屈の国」と表現。 日本の朝鮮出兵と日韓併合を「小国(日本)の倨傲、大恩人の貴国(韓国)を荒らし」と表現。 創価学会の売国政策と日本侮蔑発言の連発は有名ですが、教祖の池田大作氏は両親が在日朝鮮人だと報道されていました。 東京新聞の前身「国民新聞」には、「池田大作の父親は朝鮮人」と掲載した。 元は池田が「大白蓮華」2000年3月号の中で 「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」 「私の少年・青年時代には多くの 在日韓国朝鮮人の方々との出会いがあった」 と発言したことや池田自身の反日発言などが波紋を呼び下記複数の説を生み出した。 イオンド大学に籍をおく、永田町ウォッチャー 冨士谷紹憲氏は池田の発言を受け2001年6月13日國民新聞に「池田大作の父親は朝鮮人」などと掲載した。 冨士谷氏によると、創価学会の池田大作名誉会長は「帰化した在日朝鮮人」と暴露した。 池田大作の別名は、成太作(성대작、ソン・テチャク)であるという。 父方の本名は成田作(ソンジョンチャク)で母方は池(チ)姓。 また、池田は昔から 「日本に先祖の墓がない」 「大田区大森海岸の朝鮮部落の海苔の漁師出身」 「日本語がうまく喋れず、寡黙な男」 と言われているが、学会機関紙「大白蓮華」(2000年3月号)に掲載された池田の人生記録の中で 「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」 「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との出会いがあった」 「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、 父母が戦前に帰化した朝鮮人であれば納得できる記述が散りばめられている。 学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起になっているのも、このためだという。 インターネットジャーナリストのリチャード・コシミズ氏も自身の講演会で「池田大作は朝鮮人」と主張。 池田大作の在日と創価三色のルーツ 韓国のテレビ局が報じた 「池田大作とは何者か」(週刊新潮) 冒頭から、今年5月15日にソウルの蚕室総合運動場(オリンピック・スタジアム)で開かれた韓国SGIの「愛国大祝祭」 の模様が大映しにされる。 10万人の信者を飲み込んだ大イベントである。 熱狂的な信者たちが、人文字や舞踏を演じ、 「池田先生!」 と絶叫するサマは、金正日万歳を叫ぶ北朝鮮のマスゲームと瓜二つだ。 そして、番組は、信者たちが語る創価学会礼賛の言葉を紹介していく。 「生命から歓喜が爆発するんです」 「南無妙法蓮華経を4時間も5時間も唱えれば、生命が清らかになります」 「癌も、普通の病気も治ります。 南無妙法蓮華経で、宇宙のリズムにあわせていくからです」 中には、こんな奇跡を語る信者も登場する。 「私は乳癌の3期だったんですよ。 病院では死ぬか生きるか、と言われました。 でも、(お経を唱えることで)これが治ったんです」 テレビ局のスタッフがすかさず問う。 「これを信じて治ったんですか?」 「そうです。 だから、今でもこうして生きているんじゃないですか」 また、テレビ局のスタッフに対して、 「この宗教は必ず信じられるようになりますよ。 私は確信しています。 なぜなら、(この世に)こんな宗教があればよい、 ということをみんなが願っているからです」 と語りかける信者も出てくる。 言論妨害、盗聴、不正投票… しかし、番組は、その熱心な信仰の中で、家族関係に亀裂が生じている例も紹介する。 「(創価学会は)狂信的で、家族をなおざりにしてしまうんです。 妻は、毎日午前中の11時頃出ていって、午後5時頃まで帰ってきません。 何をしているのか探ってみたら、和光新聞(注=韓国版の「聖教新聞」のこと)を配っているんです……」 前夜もこの問題で夫婦は大喧嘩をしたという。 そして、場面は日本に。 ここで、番組は、創価学会を脱会した日本人元信者の経験談を紹介する。 選挙の時に朝早くから、公明党への票を獲得するために信者を奔走させたり、選挙運動に有無を言わせずウグイス嬢として駆り出す、政治集団としての創価学会の姿を浮き彫りにし、公明党を創設した時の池田氏の姿と、その前で跪いて指示を仰ぐ候補者たちの写真を番組は映し出す。 そして、創価学会が引き起こした1968年の「不正投票事件」、69年の言論出版妨害事件、さらには、70年の共産党・宮本顕治委員長宅盗聴事件などを、当時の日本の新聞報道と、ジャーナリスト・乙骨正生氏、あるいは元創価学会顧問弁護士の山崎正友氏らの証言をもとにこう振り返っている。 「新宿という、若者が沢山住んでいる町で、送られてきた投票入場券を創価学会の活動家が抜いて、年格好が似た人間をダミーとして行かせて、公明党に投票させたのです」 「創価学会を批判する本に圧力をかけて出版できないようにするという言論出版妨害事件は、70年の国会で大問題になりました。 これは、日本では言論・出版の自由を侵害する、憲法に違反する重大事件でした。 池田創価学会会長は、この一件で、公式に謝罪文まで発表しなければなりませんでした」 「創価学会を激しく攻撃する共産党の情報を集めるべく、創価学会は共産党委員長宅に盗聴器を仕掛けました。 もちろん池田氏も承知の上でのことで、(その実行者たちを池田氏は)激励したのです」 今や日本のマスコミではタブー視され、公に議論することもできない創価学会の特異な体質と歴史。 SBSは、これを果敢に報じたのである。 (中略) 長く学会員としての生活を送った小川頼宣・元創価学会広報部副部長は、こう感想を語る。 「この番組は、非常に公平な立場から、学会の歴史、発展の経過、現状、問題点を検証していると思います。 信者の特殊な心情や、政治との関係が強すぎる創価学会の特徴がよく描かれています。 10万人が集まったという『愛国大祝祭」の部分などは、昭和39年に国立競技場に10万人を集めておこなわれた創価学会の『東京文化祭』に重なって見えました。 日本ではこれを契機に拡大路線と、政治との結びつきが強固になっていったわけですが、番組はそこを捉えています。 日本では創価学会の圧力のために、このような番組を見ることはできませんが、日本のマスコミにも、権力の暴走を許さないために、真実をぜひ伝えて欲しいと思います」 SBSの金プロデューサーがいう。 「この番組の取材は驚きの連続でした。 創価学会がかつておこなった言論出版妨害事件や選挙違反、盗聴事件……等々、SGIの信者は誰も知らないのです。 ほぼ全員が知らないといってもいいでしょう。 そんな馬鹿な、と思い、SGIの幹部に聞いても、やはり知りませんでした。 つまり創価学会がどんな団体で、過去にどんなことをやってきたか、その肝心なことを信者は何も知らないのです」 ちなみに、創価学会にこの番組への感想を問うと、 「番組は重大な事実誤認や悪意に基づく意図的な編集が施されており、法的措置を含む対応を検討しております。 従って、現時点では、コメントを差し控えさせていただきます」(広報室) という答えが返ってきた 報道に対して即座に、「法的措置を検討する」 という反応は、この団体が持つ特徴である。 ちなみに、フランスでメディアヘの訴訟を連発したフランス創価学会が、これを理由の一つとして、「カルト(セクト)」と国会で報告されたのは、あまりに有名だ。 時は移っても、そして洋の東西を問わず、この団体が持つ特異な体質は、変わることはないのである。 【公明党の政策】 ・過去に外国人参政権法案を何度も国会に提出 自民党・・・ 0回 共産党・・・11回 民主党・・・15回 公明党・・・29回 民主党以上に外国人参政権や人権侵害救済法案や移民1000千万人受け入れを強力に推進しています。 ・従軍慰安婦肯定 ・南京大虐殺肯定 ・靖国神社参拝反対 ・副作用の強い、子宮頸がんワクチンの導入 ・闇金のような違法な金利を復活させる ・国籍法改悪推進 ・人権擁護法案推進 ・外国人参政権推進 ・日朝国交正常化推進 ・児童ポルノ規制法改悪推.

次の

創価学会の芸能人や有名人一覧【2019最新版】

も こう 創価 学

略歴 [ ] 、を経て、(20年)、を卒業()。 のに師事。 教授を務めたのち政治評論家となり、 きわめて攻撃的な独自の右翼的政治論評で一世を風靡した [ ]。 1957年、が創設した「ノンフィクションクラブ」に参加する。 人物 [ ] テレビ界での活動 [ ] の『』でとホストを務めた他、同局のニュースショー『』で金曜日と土曜日 のメインを務めた。 また、企業のトップをゲストに招いてゴルフを交えた対談番組『』()の司会もしていた。 晩年は、の『』に放映開始時から数回出演。 「たけし落とし」を最初に獲得した「生徒」であり、同番組の第1回の最優秀優等生でもある。 またラジオでは、で平日午前7時から放送されていた「」のニュース・パーソナリティーを長く務め、番組冒頭では「おはよう!! サラリーマン諸君!! 今朝のニュースパーソナリティーは藤原弘達です」と言うのが定番だった。 創価学会・公明党に対する批判 [ ] 藤原弘達は(昭和37年)から創価学会を非難する論評をしており 、(昭和44年)、2か月後にとのなどを批判する『創価学会を斬る』を出版するという広告が出ると間もなく、公明党の中央幹部のや『』主幹(当時)のなどから出版の中止や、書き直しなどを要請された。 藤原は2回目の1969年(昭和44年)の約1時間40分に及ぶ藤原行正・秋谷栄之助との会話を隠しマイクで録音した。 同年直後に藤原のインタビューがマスコミによって報道された。 藤原はこれを出版阻止を目的とした創価学会による言論弾圧の脅しであり、金銭授受による買収工作であったと表明した。 年明けの6か月後、テープの内容が誌上で公開された(『週刊朝日』、昭和45年3月20日号)(藤原行正 『池田大作の素顔』 講談社)。 今度は公明党委員長(当時)のの依頼を受けた(当時)のから2度に渡り出版の中止や書き直しを求められたが、これも断り出版に踏み切った。 出版された該当著作の書き出しは「日本の極貧層は約五百万人である。 創価学会の公称会員は一千万以上であるが実際には五百万人くらいであろう。 両者は五百万人でありこの数は一致する。 創価学会員全員が日本の極貧層とはいわないが、日本の底辺層の民衆である」という内容で、続いて創価学会の文化活動を、現在のに相当するような軽蔑的な表現をもちいて批判している。 藤原の主張を最初に公にしたのは、機関紙『』(当時)の記事およびそれに続く同党活動員による街頭でのビラ配りであった [ ]。 日本共産党系の書店の店頭にはいち早く藤原の著書が陳列された [ ]。 これは事件の直前に起こったNHKテレビでの共産党対公明党の政治討論会の内容の影響、および直後の総選挙の影響が考えられる [ ]。 藤原はそれまで日本共産党に対する痛烈な批判評論、非難評論を行ってきたので、政敵であったはずのが行った予想せざる動きは、創価学会のみならず一般世間をも驚かせた [ ]。 これに続きや、、の議員によるので政府への追求が起こった。 マスコミは後にこれを言論・出版の自由の侵害の問題(「」)と呼んだ。 この件の数年後に起こった宗門との問題について、創価学会の会長(当時)であったが公式に「猛省」表明を行い、創価学会と公明党を制度的に分離することなどを約束した。 声明の中には公明党の議員が創価学会の役職に就かないことが含まれており、これは即座に実行された。 この件は創価学会と宗門との問題であり、藤原弘達とは直接関係がない [ ]。 藤原の1969年の著書『創価学会を斬る』および他の創価学会批判本にまつわる「」についての世論の批判を受け、創価学会会長のが1970年に謝罪した。 (2年)以降は主だった活動がなかったが、(平成6年)に藤原は創価学会に反対する保守派の政治家、宗教団体などが設立した「四月会」 (発音は「死学会」の意味) [ ]に顧問として参加。 実質的な活動はなかった [ ]。 (平成11年)死去。 藤原の自宅に不特定多数の者から匿名で「おめでとうございます」などという藤原の死亡を祝う電報が届いたり電話が頻繁にかかっていたとの遺族の証言が『』(平成12年)3月30日号に掲載された。 著作 [ ] 単著 [ ]• 『近代日本政治思想史序説』三和書房、1952年。 『政治学以前』文雅堂書店、1957年。 『保守独裁論』中央公論社、1958年。 『現代日本の政治意識』創文社、1958年。 『国会議員選挙要覧』弘文堂、1959年。 『教養としての政治』文雅堂書店、1960年。 『日本の椅子』文芸春秋新社、1962年。 『サブ・リーダーの政治意識』民主主義研究会、1963年。 - 藤原弘達執筆。 『おしゃべり自叙伝』展望社、1964年。 『官僚 日本の政治を動かすもの』講談社〈講談社現代新書〉、1964年。 『実力者 政治力とその背景』実業之日本社〈実日新書カルチュア〉、1964年。 『吉田茂 その人その政治 怪奇な"ワンマン"のすべて』読売新聞社、1965年。 『犬猿の仲 政党における離合集散の論理』光文社〈カッパ・ブックス〉、1965年。 『ガラッ八教授世界考察 見た歩いた考えた』ダイヤモンド社、1967年。 『日本教育改造案』日新報道〈この日本をどうする 1〉、1969年。 『創価学会を斬る』日新報道〈この日本をどうする 2〉、1969年10月。 『体験的マスコミ批判』日新報道〈この日本をどうする 3〉、1970年。 『続・創価学会を斬る』日新報道、1971年。 『近代日本の国家原理』日新報道、1971年。 『人材総点検』日新報道〈この日本をどうする 4〉、1971年。 『新・創価学会を斬る 傷つけられた大衆の怒声』日新報道、1972年。 『田中内閣の動向と新聞販売店』東京新聞販売同業組合〈東京組合文献シリーズ 6〉、1972年11月。 『悪童のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その1〉、1973年。 『失恋のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その2〉、1973年。 『官僚の構造』講談社〈講談社現代新書〉、1974年。 『屈辱のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その3〉、1975年。 『不安の時代に処す』日本書籍、1978年10月。 『弘達侃侃諤諤』読売新聞社、1978年11月。 『弘達喧喧囂囂』読売新聞社、1979年4月。 『藤原弘達の生きざまと思索』6、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』7、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』8、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。 - 発売:学習研究社。 『弘達戦戦兢兢』読売新聞社、1980年2月。 『藤原弘達の生きざまと思索』1、藤原弘達著作刊行会、1980年2月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』2、藤原弘達著作刊行会、1980年3月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』4、藤原弘達著作刊行会、1980年6月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』3、藤原弘達著作刊行会、1980年7月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』5、藤原弘達著作刊行会、1980年10月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』9、藤原弘達著作刊行会、1980年11月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』10、藤原弘達著作刊行会、1980年12月。 - 発売:学習研究社。 『男にとって闘いとは何か 弘達流「生きざま」の研究』PHP研究所〈PHP business library〉、1982年5月。 『弘達激談 ホンネ・内幕・裏の裏』講談社、1982年5月。 『どくぜつ登板 弘達横談270』報知新聞社、1982年8月。 『おもしろ大物図鑑 弘達の言いたい放題 大物の泣き所はここだ! 』え、日本文芸社、1982年10月。 『遺恨十年筆誅三昧』学習研究社、1983年3月。 『弘達大激突』講談社、1983年4月。 『弘達エッセンス』1、講談社〈講談社文庫〉、1984年4月。 『弘達エッセンス』2、講談社〈講談社文庫〉、1984年4月。 『弘達エッセンス』3、講談社〈講談社文庫〉、1984年5月。 『弘達エッセンス』4、講談社〈講談社文庫〉、1984年5月。 『弘達エッセンス』5、講談社〈講談社文庫〉、1984年6月。 『弘達エッセンス』6、講談社〈講談社文庫〉、1984年6月。 『弘達エッセンス』7、講談社〈講談社文庫〉、1984年7月。 『弘達エッセンス』8、講談社〈講談社文庫〉、1984年7月。 - 藤原弘達年譜:pp. 396-419。 『角栄、もういいかげんにせんかい』講談社、1984年9月。 『創価学会・公明党をブッタ斬る いま、なぜこの悪質な組織の欺瞞性を問題にするのか』日新報道、1985年10月。 『独断の戦後史 この四十年をいかに斬るか』PHP研究所、1985年12月。 『中曽根政治の功と罪 いまだから話せる こんな中曽根を踏み越えろ』日新報道、1987年12月。 『虫ケラどもをひねり潰せ 「21世紀は日本の世紀」の大ウソ』光文社〈カッパ・ブックス〉、1988年5月。 『創価学会池田大作をブッた斬る』日新報道、1988年11月。 『わが父ヒロヒト天皇 Never ending century the 20th』ファラオ企画、1990年11月。 論文 [ ]• 「西園寺公望論」『五十周年記念論文集』明治大学政治経済研究所、1954年。 - 明治大学政経論叢第23巻第3・4号(政経学部五十周年記念号)。 「いわゆる「昭和維新」」『近代日本断面史』・編、青木書店〈青木新書〉、1955年。 「日本人の社会意識」『日本の社会』編、毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1957年。 「自由民主党の政治感覚」『現代教養全集』第21、、筑摩書房、1960年。 「アフリカ旅日記」『世界の旅』第3、・・編、中央公論社、1962年。 「時事放談」『特別研修叢書』昭和44年度、編、日本弁護士連合会、1970年7月。 共著 [ ]• 「国民政治意識の基調と変化の態様」『弓家七郎博士古稀記念論文集』第31巻、明治大学政治経済研究所〈明治大学政経論叢〉、1964年。 富田信男『政治悪への挑戦』ダイヤモンド社、1967年。 富田信男『保守独裁の底辺』文雅堂銀行研究社、1968年。 - 現代日本の政治意識(藤原弘達)の続編。 富田信男『現代政治と議会制民主主義』有信堂〈Yushindo sosyo〉、1969年。 、『いかに国を守るか』日新報道、1970年。 、『裸のデヴィ夫人 波瀾の半生における実像』八雲井書院、1970年。 『創価学会に未来はあるか 「興」から「亡」へ動き出した巨大集団の実相』日新報道、1979年9月。 『隆元・弘達の実録「時事放談」うらおもて』山手書房、1979年4月。 『激動を射る』プレジデント社、1982年10月。 長谷川慶太郎『転換期の処方箋 「激動を射る」第二弾』プレジデント社、1983年6月。 『この日本をどうするか 中東・日米関係・コメと人・教育・不公正是正・政治改革を語る』日新報道、1990年12月。 編著 [ ]• 『藤原弘達のグリーン放談』1、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』2、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』3、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』4、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年10月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』5、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年10月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』6、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年2月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』7、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年2月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』8、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年4月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』9、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年9月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』10、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1988年7月。 - 発売:学習研究社。 翻訳 [ ]• 『角栄、もういいかげんにせんかい』 [ ]訳、藤原弘達著作刊行会、1985年11月。 - 英語書名: Tanaka Kakuei: godfather of Japan、英文併記。 脚注 [ ] []• 「大宅壮一を読む」(時事通信社)プロローグ• (昭和40年)からスタートされた日曜版も含む• 『時』(1962年)4月号 参議院の目〃創価学会〃-第三勢力をねらうその実力と組織に(『』38年()7月号• 藤原弘達 『』( 9月)藤原によると、その都度創価学会信者から激しい抗議の手紙が相次いだという。 その一方で、創価学会系の出版社が発行している雑誌(『』)への寄稿、講演会への出席などを誘う懐柔策も採られていたという。 その後、元学会会員だった、(ペンネームは)などが書いた創価学会批判の本が創価学会側の妨害に会い、出版できなかったと主張。 藤原によると、彼をマスコミに出られなくし、教授としての地位を奪おうとするためと思われる中傷やいやがらせが、エスカレートするようになったと主張している。 藤原は『新評』(新評社)紙上で「公明党七つの大罪」という論評を書いたが、これに対しても、掲載前から圧力があり、同雑誌の発売後も、などに手を回して、圧力をかけてきたと主張。 さらに、記者・の公明党批判の本も各方面から圧力を受けたとし、創価学会・公明党の問題を指摘すること以上に、言論に対する圧力に対して人間の権利を確保するための闘いとしての認識が強まったというと後に主張している。 懇意にしていた書店、出版社主から本の出版を断られたので、「日新報道」という小出版社を選んだと表明した。 『創価学会』 岩波書店、2004年6月20日。。 95-96• 平成16年3月25日• 「藤原弘達「創価学会を斬る」は今も生きている」『週刊新潮』第45巻13号(通号 2245号)、新潮社、2000年3月30日、 pp. 55-56、。 関連文献 [ ]• ほか座談会及び執筆協力『藤原弘達『創価学会を斬る』41年目の検証 人権侵害・政権簒奪・歴史改竄 創価学会・公明党による言論出版妨害事件を風化させてはならない』言論出版の自由を守る会編、、2012年2月。 関連項目 [ ]• :明大時代の教え子 外部リンク [ ]• 10 1964. 3 () 1964. 4 1965. 3 1965. 4 1968. 9 1968. 10 1969. 9 1969. 10 1975. 3 1975. 4 1981. 3 1981. 4 1983. 9 1983. 10 1984. 9 期間 平日 週末 メイン お天気 スポーツ メイン スポーツ 1984. 10 1987. 9 (シフト) 1 (シフト) 1 1987. 10 1988. 9 2・3・4 5 1988. 10 1989. 9 4 1989. 10 1990. 3 3 3• 「シフト」は「シフト勤務」の略。 1 、ほか日替わりで担当。 2 『』お天気コーナーを兼務。 3 『』も続投。 4 『』も続投。 5 1988年10月から『』を兼務。

次の

創価学会の芸能人や有名人一覧【2019最新版】

も こう 創価 学

略歴 [ ] 、を経て、(20年)、を卒業()。 のに師事。 教授を務めたのち政治評論家となり、 きわめて攻撃的な独自の右翼的政治論評で一世を風靡した [ ]。 1957年、が創設した「ノンフィクションクラブ」に参加する。 人物 [ ] テレビ界での活動 [ ] の『』でとホストを務めた他、同局のニュースショー『』で金曜日と土曜日 のメインを務めた。 また、企業のトップをゲストに招いてゴルフを交えた対談番組『』()の司会もしていた。 晩年は、の『』に放映開始時から数回出演。 「たけし落とし」を最初に獲得した「生徒」であり、同番組の第1回の最優秀優等生でもある。 またラジオでは、で平日午前7時から放送されていた「」のニュース・パーソナリティーを長く務め、番組冒頭では「おはよう!! サラリーマン諸君!! 今朝のニュースパーソナリティーは藤原弘達です」と言うのが定番だった。 創価学会・公明党に対する批判 [ ] 藤原弘達は(昭和37年)から創価学会を非難する論評をしており 、(昭和44年)、2か月後にとのなどを批判する『創価学会を斬る』を出版するという広告が出ると間もなく、公明党の中央幹部のや『』主幹(当時)のなどから出版の中止や、書き直しなどを要請された。 藤原は2回目の1969年(昭和44年)の約1時間40分に及ぶ藤原行正・秋谷栄之助との会話を隠しマイクで録音した。 同年直後に藤原のインタビューがマスコミによって報道された。 藤原はこれを出版阻止を目的とした創価学会による言論弾圧の脅しであり、金銭授受による買収工作であったと表明した。 年明けの6か月後、テープの内容が誌上で公開された(『週刊朝日』、昭和45年3月20日号)(藤原行正 『池田大作の素顔』 講談社)。 今度は公明党委員長(当時)のの依頼を受けた(当時)のから2度に渡り出版の中止や書き直しを求められたが、これも断り出版に踏み切った。 出版された該当著作の書き出しは「日本の極貧層は約五百万人である。 創価学会の公称会員は一千万以上であるが実際には五百万人くらいであろう。 両者は五百万人でありこの数は一致する。 創価学会員全員が日本の極貧層とはいわないが、日本の底辺層の民衆である」という内容で、続いて創価学会の文化活動を、現在のに相当するような軽蔑的な表現をもちいて批判している。 藤原の主張を最初に公にしたのは、機関紙『』(当時)の記事およびそれに続く同党活動員による街頭でのビラ配りであった [ ]。 日本共産党系の書店の店頭にはいち早く藤原の著書が陳列された [ ]。 これは事件の直前に起こったNHKテレビでの共産党対公明党の政治討論会の内容の影響、および直後の総選挙の影響が考えられる [ ]。 藤原はそれまで日本共産党に対する痛烈な批判評論、非難評論を行ってきたので、政敵であったはずのが行った予想せざる動きは、創価学会のみならず一般世間をも驚かせた [ ]。 これに続きや、、の議員によるので政府への追求が起こった。 マスコミは後にこれを言論・出版の自由の侵害の問題(「」)と呼んだ。 この件の数年後に起こった宗門との問題について、創価学会の会長(当時)であったが公式に「猛省」表明を行い、創価学会と公明党を制度的に分離することなどを約束した。 声明の中には公明党の議員が創価学会の役職に就かないことが含まれており、これは即座に実行された。 この件は創価学会と宗門との問題であり、藤原弘達とは直接関係がない [ ]。 藤原の1969年の著書『創価学会を斬る』および他の創価学会批判本にまつわる「」についての世論の批判を受け、創価学会会長のが1970年に謝罪した。 (2年)以降は主だった活動がなかったが、(平成6年)に藤原は創価学会に反対する保守派の政治家、宗教団体などが設立した「四月会」 (発音は「死学会」の意味) [ ]に顧問として参加。 実質的な活動はなかった [ ]。 (平成11年)死去。 藤原の自宅に不特定多数の者から匿名で「おめでとうございます」などという藤原の死亡を祝う電報が届いたり電話が頻繁にかかっていたとの遺族の証言が『』(平成12年)3月30日号に掲載された。 著作 [ ] 単著 [ ]• 『近代日本政治思想史序説』三和書房、1952年。 『政治学以前』文雅堂書店、1957年。 『保守独裁論』中央公論社、1958年。 『現代日本の政治意識』創文社、1958年。 『国会議員選挙要覧』弘文堂、1959年。 『教養としての政治』文雅堂書店、1960年。 『日本の椅子』文芸春秋新社、1962年。 『サブ・リーダーの政治意識』民主主義研究会、1963年。 - 藤原弘達執筆。 『おしゃべり自叙伝』展望社、1964年。 『官僚 日本の政治を動かすもの』講談社〈講談社現代新書〉、1964年。 『実力者 政治力とその背景』実業之日本社〈実日新書カルチュア〉、1964年。 『吉田茂 その人その政治 怪奇な"ワンマン"のすべて』読売新聞社、1965年。 『犬猿の仲 政党における離合集散の論理』光文社〈カッパ・ブックス〉、1965年。 『ガラッ八教授世界考察 見た歩いた考えた』ダイヤモンド社、1967年。 『日本教育改造案』日新報道〈この日本をどうする 1〉、1969年。 『創価学会を斬る』日新報道〈この日本をどうする 2〉、1969年10月。 『体験的マスコミ批判』日新報道〈この日本をどうする 3〉、1970年。 『続・創価学会を斬る』日新報道、1971年。 『近代日本の国家原理』日新報道、1971年。 『人材総点検』日新報道〈この日本をどうする 4〉、1971年。 『新・創価学会を斬る 傷つけられた大衆の怒声』日新報道、1972年。 『田中内閣の動向と新聞販売店』東京新聞販売同業組合〈東京組合文献シリーズ 6〉、1972年11月。 『悪童のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その1〉、1973年。 『失恋のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その2〉、1973年。 『官僚の構造』講談社〈講談社現代新書〉、1974年。 『屈辱のすすめ』日新報道〈藤原弘達人生ルポ その3〉、1975年。 『不安の時代に処す』日本書籍、1978年10月。 『弘達侃侃諤諤』読売新聞社、1978年11月。 『弘達喧喧囂囂』読売新聞社、1979年4月。 『藤原弘達の生きざまと思索』6、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』7、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』8、藤原弘達著作刊行会、1979年12月。 - 発売:学習研究社。 『弘達戦戦兢兢』読売新聞社、1980年2月。 『藤原弘達の生きざまと思索』1、藤原弘達著作刊行会、1980年2月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』2、藤原弘達著作刊行会、1980年3月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』4、藤原弘達著作刊行会、1980年6月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』3、藤原弘達著作刊行会、1980年7月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』5、藤原弘達著作刊行会、1980年10月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』9、藤原弘達著作刊行会、1980年11月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達の生きざまと思索』10、藤原弘達著作刊行会、1980年12月。 - 発売:学習研究社。 『男にとって闘いとは何か 弘達流「生きざま」の研究』PHP研究所〈PHP business library〉、1982年5月。 『弘達激談 ホンネ・内幕・裏の裏』講談社、1982年5月。 『どくぜつ登板 弘達横談270』報知新聞社、1982年8月。 『おもしろ大物図鑑 弘達の言いたい放題 大物の泣き所はここだ! 』え、日本文芸社、1982年10月。 『遺恨十年筆誅三昧』学習研究社、1983年3月。 『弘達大激突』講談社、1983年4月。 『弘達エッセンス』1、講談社〈講談社文庫〉、1984年4月。 『弘達エッセンス』2、講談社〈講談社文庫〉、1984年4月。 『弘達エッセンス』3、講談社〈講談社文庫〉、1984年5月。 『弘達エッセンス』4、講談社〈講談社文庫〉、1984年5月。 『弘達エッセンス』5、講談社〈講談社文庫〉、1984年6月。 『弘達エッセンス』6、講談社〈講談社文庫〉、1984年6月。 『弘達エッセンス』7、講談社〈講談社文庫〉、1984年7月。 『弘達エッセンス』8、講談社〈講談社文庫〉、1984年7月。 - 藤原弘達年譜:pp. 396-419。 『角栄、もういいかげんにせんかい』講談社、1984年9月。 『創価学会・公明党をブッタ斬る いま、なぜこの悪質な組織の欺瞞性を問題にするのか』日新報道、1985年10月。 『独断の戦後史 この四十年をいかに斬るか』PHP研究所、1985年12月。 『中曽根政治の功と罪 いまだから話せる こんな中曽根を踏み越えろ』日新報道、1987年12月。 『虫ケラどもをひねり潰せ 「21世紀は日本の世紀」の大ウソ』光文社〈カッパ・ブックス〉、1988年5月。 『創価学会池田大作をブッた斬る』日新報道、1988年11月。 『わが父ヒロヒト天皇 Never ending century the 20th』ファラオ企画、1990年11月。 論文 [ ]• 「西園寺公望論」『五十周年記念論文集』明治大学政治経済研究所、1954年。 - 明治大学政経論叢第23巻第3・4号(政経学部五十周年記念号)。 「いわゆる「昭和維新」」『近代日本断面史』・編、青木書店〈青木新書〉、1955年。 「日本人の社会意識」『日本の社会』編、毎日新聞社〈毎日ライブラリー〉、1957年。 「自由民主党の政治感覚」『現代教養全集』第21、、筑摩書房、1960年。 「アフリカ旅日記」『世界の旅』第3、・・編、中央公論社、1962年。 「時事放談」『特別研修叢書』昭和44年度、編、日本弁護士連合会、1970年7月。 共著 [ ]• 「国民政治意識の基調と変化の態様」『弓家七郎博士古稀記念論文集』第31巻、明治大学政治経済研究所〈明治大学政経論叢〉、1964年。 富田信男『政治悪への挑戦』ダイヤモンド社、1967年。 富田信男『保守独裁の底辺』文雅堂銀行研究社、1968年。 - 現代日本の政治意識(藤原弘達)の続編。 富田信男『現代政治と議会制民主主義』有信堂〈Yushindo sosyo〉、1969年。 、『いかに国を守るか』日新報道、1970年。 、『裸のデヴィ夫人 波瀾の半生における実像』八雲井書院、1970年。 『創価学会に未来はあるか 「興」から「亡」へ動き出した巨大集団の実相』日新報道、1979年9月。 『隆元・弘達の実録「時事放談」うらおもて』山手書房、1979年4月。 『激動を射る』プレジデント社、1982年10月。 長谷川慶太郎『転換期の処方箋 「激動を射る」第二弾』プレジデント社、1983年6月。 『この日本をどうするか 中東・日米関係・コメと人・教育・不公正是正・政治改革を語る』日新報道、1990年12月。 編著 [ ]• 『藤原弘達のグリーン放談』1、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』2、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』3、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年8月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』4、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年10月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』5、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1986年10月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』6、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年2月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』7、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年2月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』8、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年4月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』9、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1987年9月。 - 発売:学習研究社。 『藤原弘達のグリーン放談』10、藤原弘達編、藤原弘達著作刊行会、1988年7月。 - 発売:学習研究社。 翻訳 [ ]• 『角栄、もういいかげんにせんかい』 [ ]訳、藤原弘達著作刊行会、1985年11月。 - 英語書名: Tanaka Kakuei: godfather of Japan、英文併記。 脚注 [ ] []• 「大宅壮一を読む」(時事通信社)プロローグ• (昭和40年)からスタートされた日曜版も含む• 『時』(1962年)4月号 参議院の目〃創価学会〃-第三勢力をねらうその実力と組織に(『』38年()7月号• 藤原弘達 『』( 9月)藤原によると、その都度創価学会信者から激しい抗議の手紙が相次いだという。 その一方で、創価学会系の出版社が発行している雑誌(『』)への寄稿、講演会への出席などを誘う懐柔策も採られていたという。 その後、元学会会員だった、(ペンネームは)などが書いた創価学会批判の本が創価学会側の妨害に会い、出版できなかったと主張。 藤原によると、彼をマスコミに出られなくし、教授としての地位を奪おうとするためと思われる中傷やいやがらせが、エスカレートするようになったと主張している。 藤原は『新評』(新評社)紙上で「公明党七つの大罪」という論評を書いたが、これに対しても、掲載前から圧力があり、同雑誌の発売後も、などに手を回して、圧力をかけてきたと主張。 さらに、記者・の公明党批判の本も各方面から圧力を受けたとし、創価学会・公明党の問題を指摘すること以上に、言論に対する圧力に対して人間の権利を確保するための闘いとしての認識が強まったというと後に主張している。 懇意にしていた書店、出版社主から本の出版を断られたので、「日新報道」という小出版社を選んだと表明した。 『創価学会』 岩波書店、2004年6月20日。。 95-96• 平成16年3月25日• 「藤原弘達「創価学会を斬る」は今も生きている」『週刊新潮』第45巻13号(通号 2245号)、新潮社、2000年3月30日、 pp. 55-56、。 関連文献 [ ]• ほか座談会及び執筆協力『藤原弘達『創価学会を斬る』41年目の検証 人権侵害・政権簒奪・歴史改竄 創価学会・公明党による言論出版妨害事件を風化させてはならない』言論出版の自由を守る会編、、2012年2月。 関連項目 [ ]• :明大時代の教え子 外部リンク [ ]• 10 1964. 3 () 1964. 4 1965. 3 1965. 4 1968. 9 1968. 10 1969. 9 1969. 10 1975. 3 1975. 4 1981. 3 1981. 4 1983. 9 1983. 10 1984. 9 期間 平日 週末 メイン お天気 スポーツ メイン スポーツ 1984. 10 1987. 9 (シフト) 1 (シフト) 1 1987. 10 1988. 9 2・3・4 5 1988. 10 1989. 9 4 1989. 10 1990. 3 3 3• 「シフト」は「シフト勤務」の略。 1 、ほか日替わりで担当。 2 『』お天気コーナーを兼務。 3 『』も続投。 4 『』も続投。 5 1988年10月から『』を兼務。

次の