レタス ちぎって保存。 リーフレタスの保存方法|冷凍・冷蔵・保存期間と保存食レシピ!乾燥させないのがコツ

レタスの保存 長持ちさせるのは、キッチンにある“アレ”だった

レタス ちぎって保存

レタスの選び方 玉レタスは、芯の切り口が10円玉大で白く、葉がみずみずしく、ツヤとハリがあるものが新鮮です。 また、芯の高さのあるものはのびすぎて、固く苦味があることもあるため、避けた方が無難です。 また、葉の巻きがふんわりとゆるく、持った時に軽めのものを選びましょう。 重いものは、葉が固くなり、苦味が出ている可能性があります。 サニーレタスやリーフレタスなど、結球(ケッキュウ)しないタイプは、葉先が色濃く爽やかな香りとバリッとしたみずみずしいものを選びましょう。 レタスの仲間たち レタスというと玉レタスが一般的ですが、レタスの仲間にはいろいろな種類があります。 サラダにするだけではなく、大きめの葉っぱは、巻いたり、包んだりといった調理にも適していますよ。 玉レタス(タマレタス) 一般的なレタスのこと。 生食のほか、炒め物や煮物などさまざまな使い方に対応できます。 サラダ菜(サラダナ) レタスと比べて、カルシウム・鉄分・各種ビタミンが豊富で、栄養価が高い野菜です。 サンドイッチなどに向いています。 サニーレタス 葉質がやわらかいのが特徴のレタスです。 サラダや生食の巻き物に最適です。 フリルレタス 苦味がなく、食感がシャキシャキとしているところが特徴です。 サンチュ 肉や野菜を巻いて食べる韓国料理やベトナム料理には欠かせない野菜です。 ロメインレタス シーザーサラダによく使われるレタスです。 葉が肉厚なので加熱料理にも適しています。 レタスの保存方法 日もちが悪く、鮮度が落ちると苦味が強くなるので、なるべく早く使い切りましょう。 余分な水分があると傷みやすいので、保存する場合は、水気をよく切り、ビニール袋に入れるか、ラップをして冷蔵庫に保管します。 芯に水を含ませたキッチンペーパーを当てるなど、芯だけ濡らした状態で保存すると長持ちします。 一度に使い切らない場合は、外側から葉をはがして使いましょう。 冷凍する場合は、洗って水気をよく切り、適当な大きさにちぎったものをポリ袋に入れ、保存します。 冷凍したレタスは生食には向きませんが、炒め物やスープなどの加熱料理にはそのまま使えて、便利です。 爪楊枝を芯に刺す方法もあります。 鮮度が落ち、葉がしなびてしまうのは、収穫後も成長をしようと葉から栄養を取り込み、エネルギーを消費しているからとのこと。 そこで、爪楊枝を芯にある成長点と呼ばれる部分に刺すことで、成長点を切断して、レタスの成長を止めることができる、つまり鮮度が落ちるスピードを遅くすることができるのです。 レタスの話 レタスの旬は、3〜4月・7〜8月です。 日本名を「チシャ」といい、「乳草」の略とされます。 茎を切ると断面から乳液が出ることによります。 10世紀には栽培されていたと記録がありますが、現在のようなレタスが入ってきたのは、明治の初めからで、一般的には1960年代から普及しました。 グリーンカール 最近では、品種改良によって、サラダ菜・サニーレタス・リーフレタス・グリーンカールなど、種類も豊富になりました。 レタスの栄養の話 シャキシャキとした食感がおいしいレタスは生食できるので、栄養分を損なうことなく摂取することができます。 葉は包丁で繊維を断ち切ると栄養が流出しやすくなるのと、包丁の鉄で酸化するので、手でちぎりましょう。 生食もおいしいのですが、それほど多く食べることができませんので、食物繊維をたくさん摂りたい時は、油でさっと炒めるとカサが減って、たくさん食べられますよ。

次の

レタスを長持ちさせる保存法、裏技テクはコレ!新鮮さの見極め方やおすすめ保存容器&レシピも紹介

レタス ちぎって保存

スポンサーリンク ちぎったレタスの保存方法 ちぎったレタスの保存方法は、冷蔵・冷凍の2パターンあります。 生食したい時(サラダなどに使いたい時)は冷蔵保存、加熱調理して食べたい時や、食べ方が未定で少しでも日持ちさせたい時は冷凍保存します。 冷蔵保存の手順 レタスを冷蔵保存する場合、• タッパーやジップロックなど密封できる容器に入れる• 水に浸す といった2種類の保存方法があります。 密封容器に入れて保存する手順 使い切れなかった分のちぎったレタス分を、そのまま密封容器に入れて保存します。 ジップロックなど袋に入れる場合は、中の空気を抜いてから保存してください。 密封容器に入れるだけの簡単な保存方法ですが、日持ちしないのがデメリットです。 水に浸して保存する手順• シナシナになっている• 切り口がピンクに変色している• 茶色に変色している• どろっとした液体が出ている このような状態が目立つ場合、傷んでいる可能性が高いです。 シナシナのレタスやピンクに変色したものは、味は劣化していますが調理しても問題ありません。 (加熱調理をおすすめします) ただ茶色に変色したり、どろっとした液体が出ているものは完全に腐っているので、調理せずに処分しましょう。 調理の段階で包丁など金属の調理器具を使わない• 可能な限り断面を作らない といったポイントに気をつければ、通常より長持ちします。 調理の段階で包丁など金属の調理器具を使わない レタスは時間の経過とともに酸化してピンクに変色しますが、切り口に金属が触れると酸化が促進されます。 酸化=傷みなのでレタスを調理する際・保存する際は包丁を使わず、手でちぎって分けましょう。 ちなみに、ちぎったレタスを水に浸けて保存するのも、ちぎった部分からの酸化を遅らせるためです。 可能な限り断面を作らない レタスはちぎった場所(カットした場所)から傷み始めるので、断面が少ないほど傷みにくくなります。 また葉をちぎる前のレタス(丸ごとの状態のレタス)は、保存が効きます。 より長持ちさせたければレタスは使う分だけ葉をちぎって使い、丸ごとの状態で保存するようにしましょう。 丸ごとの状態で保存する場合、芯の乾燥対策も忘れないでくださいね。 まとめ ちぎったレタスの保存方法は冷蔵・冷凍の2種類で、生食するなら冷蔵、生食より日持ちを優先するなら冷凍保存がおすすめ。 最大まで日持ちさせたいなら、調理で使う際は包丁を使わずに手でちぎり、丸ごとの状態を崩さず保存しましょう。 レタスは手軽に使える便利な野菜ですが、傷みやすいので調理方法・保存方法には気を遣いましょうね!.

次の

レタスを長持ちさせる保存法、裏技テクはコレ!新鮮さの見極め方やおすすめ保存容器&レシピも紹介

レタス ちぎって保存

Contents• レタスの賞味期限はどれくらい? レタスは葉物野菜で水分も多いので、痛みやすく 冷蔵保存が基本になります。 冷蔵庫の野菜の温度が、レタスの最適な温度になっています。 野菜室で冷蔵保存した場合の 「賞味期限」は1週間~2週間程です。 「消費期限」は約2週間になります。 丸ごと1個の目安なので、カットしてあるものやサラダ用のものは賞味期限が違います。 そもそも、レタスの等の野菜には「賞味期限」がありません。 どちらかと言うと「保存期間」「消費期限」といった感じです。 サラダ用のものは、すぐ痛むので消費期限が付いています。 また、流通過程によって保存期間は変わってきます。 1週間を目安にすると、あまり味落ちもしないので良いでしょう。 収穫からの賞味期限 収穫した時から劣化は始まり、 消費期限としては2週間しか持ちません。 賞味期限としては1週間~2週間を目安にして下さい。 購入後の賞味期限 保存方法にもよりますが、 1週間~2週間。 半分にカットしたものは、変色部分を取り除き1週間程度です。 切ったり、サラダ用のものは1日~2日程ですが、なるべくその日に食べきりましょう。 スポンサーリンク レタスの賞味期限の見分け方 レタスは生鮮食料品なので、「賞味期限」「消費期限」の表示が義務付けられていません。 流通過程での時間のかかり具合により、各家庭での保管できる期間が違ってきます。 消費者が自分で見て「食べられる」「食べられない」の判断をしなければなりません。 以下の様になっていたら腐っているサインです。 悪臭がする。 苦味が出てくる。 レタスの葉や茎が溶けてきます。 ちぎったり、切り口が赤くなっているのは、レタスのポリフェノールが酸化したためで食べる事は問題ありません。 赤い部分を取り除けば大丈夫ですが、味は落ちています。 また、レタスは古くなると重くなるので購入する時は 軽いものを選びましょう。 重いものは苦味が出てきます。 逆に軽いものは甘い傾向にあります。 味もだんだん落ちていきます。 レタスは傷みやすい野菜なので美味しく食べるためにも、 購入してからなるべく早めに使い切りましょう。 レタスの長持ちする保存方法 レタスは 乾燥に弱いので、霧吹きで水をかけてポリ袋に入れて野菜室に入れて下さい。 キッチンペーパーを湿らせて芯の部分にあてて巻いたり、芯をくり抜いて中にキッチンペーパー詰めておくと日持ちします。 この時にポンッと入れずに、葉先を上に向けて立てて入れると長持ちします。 レタスは包丁で切ったりするとそこから変色するので、葉を1枚ずつはがして使うようにして下さい。 カットしたものを購入した時や、半分にカットしたものを購入した時は、 ラップでしっかり包んで野菜室に入れましょう。 基本レタスは日持ちしない野菜なので、なるべく早めに食べきってしまいましょう。 長持ちさせるためにも、購入する時には下記のような新鮮な物を選びましょう。

次の