ワイモバイル 機種変更 損。 Y!mobile(ワイモバイル)の解約方法・損をしない為の注意事項ガイド

ワイモバイルで機種変更を検討している人必見!損せず変更する方法|やさしくねっと.

ワイモバイル 機種変更 損

タイムセール• アウトレット タイムセールは一括1000円未満の機種が出ていることも。 (最近は一括100円も見つけました) 安く機種変更したいなら、こまめにチェックするとお値打ち機種に出会えます。 実はあまり知られていないけど、アウトレットの機種も結構お得。 こちらもワイモバイルの店舗にはおいていないオンライン限定キャンペーン。 全くの新品という訳ではないのですが、タイムセールの機種とは違う機種が選べるのでこちらもチェックしてみるのがおすすめ。 オンラインで機種変更するなんて難しそう…という方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と簡単です。 新しい機種を使えるようになるまでの手順を画像付きでまとめましたのでよろしければどうぞ 【機種変更の方法はこちら】 機種によっては機種変更は対象外の場合も ワイモバイルの下取りプログラムも併用するとさらにお得 ワイモバイルの機種変更するときにチェックしておきたいのが「下取りプラグラム」。 古い機種を高めで下取りしてくれるワイモバイルのサービスです。 下取り対象はワイモバイルで購入したスマホに限られます(機種変更の場合)が、使わない機種があるなら下取りしてもらった方がお得。 特に Androidスマホは中古ショップで買い取ってもらうより、高めの値段で下取りしてくれます。 下取りプログラムはオンラインショップで機種変更と同時に申込可能。 新しい機種がきてデータ移行とか全部やってからから返却キットで今のスマホをワイモバイルに送れます。 」という人もいるのではないでしょうか? ワイモバイルではiPhone7などのiPhoneに機種変更できます。 が、結論から言うと、ワイモバイルでの iPhoneの機種変更はあまりお得感がありません。 MNP転出手数料や事務手数料無料 乗り換えにはなりますが、 キャンペーンを使えば乗り換えのコストはかかりません。 ソフトバンクならiPhoneの割引キャンペーンも多いので、うまく適用すれば 実質負担抑えめでiPhoneを入手できます。 ワイモバイルのショップの機種変更は割引が期待できません ワイモバイルの店舗で機種変更したい人も多いと思うのですが、あまりおすすめできません。 ワイモバイルに限らないのですが、 機種変更ではほとんど割引はありません。 (乗り換えや新規に比べてショップが儲からないから) もちろん、古い機種だと多少割引がありますが、価格はオンラインストアと同じかオンラインストアの方が安いと思っておくと良いでしょう。 すでにワイモバイルを使っているなら放っておいても機種変更してくれるので、価格設定も強気。 価格交渉しても「家族がワイモバイルに乗り換えするなら」とかなり厳しい感じでした。

次の

【ワイモバイル】機種変更をオンラインでする4つのメリットとデメリット

ワイモバイル 機種変更 損

ワイモバイル Ymobile を ヤマダ電機で契約するのは正直、あまりオススメできないです! たしかにヤマダ電機は、キャシュバックが沢山貰えたり、ヤマダポイントが付いたりして、ネットや直営ショップで購入するよりも、おトクにワイモバイルに契約できるような気もします。 でも、ヤマダ電機でワイモバイルに契約してみると、全くお得ではないことが分かりました。 契約後に、 オンラインストアとヤマダ電機の支払い総額を比較してみると、なんと約3万円も損をしていました。 特に端末代については、ワイモバイル Ymobile は、ヤマダ電機よりもオンラインストアの方が圧倒的にお得です! ワイモバイル Ymobile のオンラインストアでは、毎日21:00からタイムセールを行っており、一括1円端末がいつでも買えるんです。 ヤマダ電機の お店についたのが11:30だったのですが、すべての手続が終わったのが、なんと18時でした・・・。 休みの日に行ったのが行けなかったのかもしれませんが、待ち時間に2時間半、説明に1時間半、審査でトラブルがあって2時間、データ移行について質問して1時間と、後で数えてみたら 全部で6時間半もお店に居たことになります。 元々、1時間くらいで手続きは終わると聞いていたのですが、実際やってみると、とんでもなく時間がかかってしまい、昼ご飯も食べれませんでした。 一方、 オンラインストアだと手続きの時間は15分程度で済みます。 ヤマダ電機のような家電量販店と違って、オンラインストアは24時間やっているので、平日の夜に仕事帰りに申し込みをして、土日にスマホを使い始めるということも可能です。 時間を無駄にしないという観点でも、ワイモバイル Ymobile の契約はヤマダ電機よりもオンラインストアの方が、断然オススメです!• ワイモバイルはヤマダ電機で契約するのは損• キャッシュバックが多めに見えるが、実は、キャッシュバックを受けるために、オプションに加入したり、料金プランの高いプランに契約しないといけない• そのため、支払いの総額としては高くなる ヤマダ電機でできるワイモバイルの手続きは? ヤマダ電機でできるワイモバイル Ymobile の手続きは、 契約に関する業務です。 ヤマダ電機は、ワイモバイル Ymobile の店舗の取扱店という区分のお店で、対応している業務が以下のように限られています。 つまり、 ヤマダ電機は販売専門の店舗ということになります。 ワイモバイル Ymobile の取り扱いがあるヤマダ電機を見てみると、上記のように、アフターサポートが可能な店舗は2店舗のみで、その他の店舗はすべて販売専門の取扱店です。 ワイモバイルのヤマダ電機でできる手続きは、新規契約やMNP、機種変更などの契約業務のみ• ワイモバイルのほとんどの店舗は、取扱店舗という店舗なので、サポートは受けられないので注意 ワイモバイルをヤマダ電機で手続きをする流れは? 続いて、ワイモバイル Ymobile をヤマダ電機で契約をする手続きの流れを見ていきます。 ヤマダ電機は、基本的に年中無休でやっていますが、特に土日や祝日はめちゃめちゃ混み合っているので、事前に手続きの流れについて確認しておくと、少しでも手続きがスムーズに済みます! 事前に営業時間を確認する ヤマダ電機に行く前に、 事前に行く店舗の営業時間を確認しておくようにしましょう。 特に閉店間際に行くという場合には、注意です。 ヤマダ電機は、MNPの手続きについては、閉店の1時間前に受付を終了してしまいます。 つまり、20時閉店だと、19時に受付終了になります。 また、営業終了時刻には、MNP回線切替のセンターが閉まってしまうので、19時前に契約手続きに入れたとしても、当日中に回線切替が終わらず、後日店舗に取りに来ないといけないということもあります。 ということで、ヤマダ電機に行く前には、事前に営業時間を確認して、時間に余裕を持って店舗に行くようにしましょう。 MNP予約番号を取得する 元々利用していた電話番号をそのままにしてワイモバイル Ymobile に乗り換える方は、 MNP予約番号が必要です。 MNP予約番号は、ヤマダ電機に到着してからでも、する前でもいいですが、手続きに入る前に事前に取得しておくと、手続きの時間を短くすることができます。 ヤマダ電機は、受付をしてから、しばらく待ち時間があるので、待ち時間の間に、MNP予約番号を取るというのでも良いと思います。 MNP予約番号は以下から取得することが出来ます。 au 電話番号:0077-75470 WEBサイト:• なお、MNPをする場合に名義を変更したい場合は、現在利用している携帯電話会社で名義を変更した後で、ワイモバイル Ymobile に乗り換えする、もしくはワイモバイル Ymobile に乗り換えた後に名義変更をするのどちらかになります。 MNPで乗り換えと同時に、名義を変えることはできないので注意しましょう。 ヤマダ電機は全店舗即日開通が可能 ヤマダ電機では、 全店舗、即日開通に対応しています。 ワイモバイル Ymobile のオンラインストアは、すぐに郵送してくれて、申し込みから到着までの時間が短いのが特徴ですが、それでも1〜2日程度は待たなくてはいけません。 ヤマダ電機での待ち時間はあるものの、店舗の近くに立ち寄った際に、ふらっと訪れて店頭でその日の間に手続きを終えられるのはメリットです。 データ移行は店員さんによる ヤマダ電機では、 親切な店員さんに当たるとデータ移行をやってくれる場合があります。 こればっかりは、当日の運としか言いようがないので、データ移行を確実にしてくれるかどうかの保証はありません。 当日の店舗の混み具合によって、普段データ移行をやってくれる人でも、対応してくれない場合もあります。 携帯電話会社の契約は、コンビニでお菓子を買ったりするのと違い、どうしても一人あたりの接客が長引きます。 なので、データ移行などのアフターサポートは、店員さんの親切心でやってくれるレベルです。 なお、電話帳・写真・動画・音楽のバックアップは、以下のように一人でもすることができます。 ヤマダ電機でデータ移行をやってくれる場合でも、移してくれるデータは、電話帳だけということが多いので、他のデータを自力で移す際の参考にしてみてください。 これでバックアップは完了です。 ヤマダ電機で機種変更を終えたら、SDカードを挿せば、新しい機種で電話帳データを読み込むことができます。 そして、ヤマダ電機で機種変更を行います。 その後、センターサーバに移した情報を、新たに購入した機種のおサイフケータイ内に取り込みます。 ワイモバイルをヤマダ電機で手続きをする流れは、受付後、即時開通し、データ移行という流れ• データ移行は店員さんによってしてくれたり、してくれなかったりする• MNPによる乗り換えの場合は、閉店時間1時間前に、受付が終了することが多いので、注意 ワイモバイルの申込み先別に端末代金を比較 続いて、ワイモバイル Ymobile を申し込む場合、ヤマダ電機・直営ショップ・オンラインストア別に、端末代金を比較していきます。 というのも、店舗やオンラインストアでは、独自の端末割引をやっている場合が多く、一括1円や一括0円といったお得な端末が存在します。 一括1円や一括0円と聞くと、とてもお得なように聞こえますが、実際には、購入場所によって、その他の条件が異なるため、一概にどこでもお得というわけではありません。 目安としては、ワイモバイル Ymobile の月額基本料が、以下になり、• スマホプランS 3GB :1,980円 2年目以降は2,980円• スマホプランM 9GB :2,980円 2年目以降は3,980円• スマホプランL 21GB :3,980円 2年目以降は4,980円 上記の月額基本料をベースとして、端末代金がいくらになるかを確認していく必要があります。 ヤマダ電機 ヤマダ電機に実際にいって、端末代金を調査してみたところ、端末代金は以下のようでした。 店舗で一押ししているDIGNO Eの端末代金は以下です。 540円でスマホが手に入るのはとても安いです! ただ、ヤマダ電機で実際に、スマホを購入した方で、以下のようなトラブルに会った方がいるので、注意してください。 ヤマダ電機などの家電量販店では、安い端末は在庫処分的なものが多く、古くて故障しやすい端末が売られていることがあります。 消費者センターに相談します。 携帯のDIGNO Eの売買契約時に虚偽発言を受けました。 購入して半年でバッテリーが故障しました。 トラブルになりたくなかったので、バッテリーの持ちは問題ないかを入念に確認したのだか、全く心配はない。 といいきりました。 しかし、買って半年足らずでバッテリーに問題がある。 とメーカーで正式に診断されました。 無償保証は自分で保険加入してるんだから当たり前の話であり、大事なアプリもあるので新しい機種にバッテリー交換で変える事のリスクを考慮したり、慰謝料とは言わないが誠意をみせろ、とワイモバイルにいいたいです。 家電量販店の担当からの発端なのですが、半年前の担当者がわからない。 履歴もすべてないとのことで、消費者センターに相談しようと考えています。 他にも、手続き上のミスで、かなり面倒なことになっている方もいらっしゃいます。 手続き中よくわからないからということで、聞き流していると、後々面倒な目に合うこともあるので注意しましょう。 2カ月前にヤマダ電機で、iPhone5から6に変更しました。 問い合わせ所ワイモバイル側のミスだったのですが、Appleの保証なのでワイモバイルではどうにもできないとのこと。 1度解約して契約しなおすかという提案があったのですが、3時間ほどかかると言われ仕事の休みもとれなかった為今は保留になっています。 その更に1カ月後にYJカードからの請求がきました。 YJカードは勝手に作られたようなのですが、ワイモバイルまとめて支払いや、利用料金が全てワイジェイカードから請求がきていて、支払い催促の電話も毎日きます。 ワイモバイルテクニカルサポートに電話するも購入した所に問い合わせるようたらい回し。 ワイジェイカードが信用できない旨、できれば現金ワイモバイルに直接払いたい旨を消費者センターに相談。 しかし、携帯会社のそもそもの流れ等があまり分かっておらず自分で対応した方が早いと判断し、もう1度ワイモバイルテクニカルサポートに電話、料金の詳細は分かるが支払い方法の変更は自分でネットでやってくれとのこと。 クレームを入れる窓口等知っていれば教えてほしいです。 ヤマダ電機などの家電量販店で契約すると、面倒なのがトラブルがあった時の問い合わせ方法です。 特に、店舗独自のキャッシュバックや、それに伴う細かな条件については、公式サポートに問い合わせても対応してくれません。 なので、何か問題があったりすると、店舗に直接行って担当者と話す必要が出てくるんです。 ヤマダ電機は店員さんがあまりに忙しく、説明が適当な場合もある点には注意したいです。 直営ショップ 続いて直営ショップです。 端末代金を調査してみたところ、端末代金は以下のようでした。 直営ショップは、ヤマダ電機などの家電量販店よりもセールがやや控えめのようです。 オンラインストア 最後に、オンラインストアでの端末代金です。 ヤマダ電機や直営ショップと同じDIGNO Eの端末代金を調査してみたところ、端末代金は以下のようでした。 タイムセールはオンラインストアで毎日21:00から開催されているものなのですが、時期によって機種は変わるものの、いつでも一括1円端末が販売されています。 しかもこの一括1円端末、オプションの加入などの条件は一切なく、追加で支払う金額は、• スマホプランS 3GB :1,980円 2年目以降は2,980円• スマホプランM 9GB :2,980円 2年目以降は3,980円• スマホプランL 21GB :3,980円 2年目以降は4,980円 だけになります。 店舗のように手続きの時間でごたごたと時間が取られることもなく、店員さんの話に気を使って、余計なものを契約する必要もありません。 さらに、オンラインストアからの契約なら、間違った端末を購入しても返品がOKになっているので、正直言って、条件面では圧倒的にオンラインストアがオススメです!• たしかにワイモバイルは、ヤマダ電機に行くと、端末代金が一括0円や一括1円という端末がある• しかし、0円や1円端末を購入するには条件があり、総支払額でいうとオンラインストアよりも実は高くなる• 一方、オンラインストアは、端末代金が毎日21:00から0円になるタイムセールというものをやっており、こちらは条件なく適用でき、断然お得 ワイモバイルの申込み先別にキャッシュバックを比較 続いて、ワイモバイルの申込み先別にキャッシュバックを比較です。 特にヤマダ電機では、キャッシュバックの他に、さらにヤマダポイントも貰えるので、特典についてはかなり期待ができます。 ここでも、ヤマダ電機、直営ショップ、オンラインストアでそれぞれ比較していきましょう。 ヤマダ電機 ヤマダ電機では以下のようにキャッシュバックセールをやっている店舗が結構あります。 mobileお得情報】 本日ヤマダ電機でお買い物をしてY! mobileのポケットワイファイを新規契約して頂いたお客様に キャッシュバック10,000円プレゼント(指定機種・条件あり) 更に今なら+3,000円増額中!詳しくはY! mobileスタッフまでお問い合わせください。 しかし、キャッシュバック12,000円、ヤマダポイントが10,000ポイントの代わりに、月額基本料が1,000円、オプション代金が1,200円分それぞれ上乗せされています。 たしかにキャッシュバック12,000円、ヤマダポイントが10,000ポイント貰えるものの、それ以上に余計な費用を取られているので、 支払いの総額で見ると、全くお得ではありませんでした。 直営ショップ 続いて、ワイモバイル Ymobile の直営ショップで、契約した場合の支払い総額です。 なので、本当に最安値で契約したいという方は、やはりオンラインストアからの契約がオススメということになります。 ワイモバイルを一番お得に申し込みをする方法は、オンラインストアで申し込むというもの• タイムセールを利用すると、何の条件もなく、Androidスマホが1円で購入できる• 申込画面で、料金明細が常に見えているため、余計なオプションを契約してしまうリスクがない• 手続き時間が短いというメリットもある ワイモバイルはヤマダ電機では解約不可なので注意 ワイモバイル Ymobile はヤマダ電機では契約はできても、 解約は不可です。 というのも、ヤマダ電機は、ワイモバイル Ymobile の取扱店というお店に当たり、取扱店は販売専門のお店だからです。 取り扱い業務でできることは以下の通りです。 解約すると決まっているのなら、わざわざ直営ショップに行く必要はなく、時間も手間もかからないので、電話で行うのがオススメです。 他社の携帯電話、固定電話などから 0570-039-151• 受付時間 9:00~20:00(年中無休)• ヤマダ電機は、ワイモバイルの取扱店• 取扱店は、解約業務は不可で契約専門のお店• ワイモバイルの解約は、電話か直営ショップで行える そもそもワイモバイルって格安SIMなの? ヤマダ電機でワイモバイル Ymobile に契約しようとされている方の中には、そもそもワイモバイルが格安SIMなのかなんなのかを知りたいという方もいらっしゃると思います。 しかし、他の格安SIMに比べて、• 通信速度が速い• 留守電が無料• LINEのID検索ができる• WiFiスポットが無料 といったようにサービスが非常に充実しています。 これは、ワイモバイル Ymobile がソフトバンクのグループ会社であり、ワイモバイルが、ソフトバンクが直接提供している電話会社であるためです。 そのため、ワイモバイルは他の格安SIMのように、通信帯域を絞られたりすることがなく、びゅんびゅん速度がでます。 キャリアメールが使える、直営ショップがある、通信速度が速いという点で、他の格安SIMよりも少しランクが上• UQモバイルも同じようなポジションの事業者だが、LINEのID検索ができる、留守電が無料といった点でワイモバイルの方がオススメ まとめ ワイモバイル Ymobile を申し込むなら、ポイントも付くし、キャッシュバックも多そうということで、ヤマダ電機で契約するのがお得ではという方も多いと思います。 たしかに、ヤマダ電機は、派手にキャンペーンをやっています。 しかも、実は店舗はすべて即時開通対応なので、ふらっとよってその日に、乗り換えを済ませることもできることはできます。 しかし、私が実際に、ヤマダ電機で契約してみたのですが、たしかに即時開通と書いてあり、その場で開通手続きはしてくれます。 でも、 お店についたのが11:30だったのですが、すべての手続が終わったのが、なんと18時・・・。 休みの日に行ったのが行けなかったのかもしれませんが、待ち時間に2時間半、説明に1時間半、審査でトラブルがあって2時間、データ移行について質問して1時間と、後で数えてみたら 全部で6時間半もお店に居たことになります。 元々、1時間くらいで手続きは終わるよということだったのですが、実際やってみると、とんでもなく時間がかかってしまい、昼ご飯も食べれませんでした。 全員が全員、ここまで時間がかかるわけではないと思いますが、私の感想としては、次は ヤマダ電機では携帯電話の契約は絶対しないと強く決心しました。 しかも、金額的に安ければまだ許せたのですが、支払いの総額を見てみると、オンラインストアで買った方が断然安いんです。 私が契約したプランは、以下なのですが、• たしかにキャッシュバック12,000円、ヤマダポイントが10,000ポイント貰えるものの、それ以上に余計な費用を取られているので、 支払いの総額で見ると、全くお得ではありませんでした。 一方、オンラインストアを見てみると、タイムセールというものが毎日21:00から実施されていて、ヤマダ電機のように、月額基本料が上乗せされたり、余計なオプションに加入せずに、一括1円の端末が購入できるんです! こんなことなら、最初からオンラインストアから契約すれば、余計な待ち時間もなく、お金も節約できたのにと思うのですが、後悔先に立たずです。 これからワイモバイル Ymobile を契約されるという方は、手間や時間の面からも、金銭的な面からも、オンラインストアから申し込みをされることを心からオススメします!.

次の

Yモバイルで機種変更!手順に注意点~スマホをお得にゲットする方法まで全解説!

ワイモバイル 機種変更 損

ワイ吉 オンライン限定タイムセールなども活用すると、本体が安く手に入る! YモバイルやYahoo! モバイルのオンラインストアでは、オンライン限定タイムセールなど、お得な割引が行われることが多々あります。 タイムセール時は、スマホを「一括500円 税抜 」などの安価な価格で買えるので、スマホ代を徹底的に抑えたい人に最適なんです。 例えば、で2018年1月27日の21時から行われていたタイムセールでは、「Android One X2」という機種が一括500円 税抜 で販売されていました。 Yモバイルオンラインストアでは、同じ機種が10,000円 税抜 で販売されていたので、9,500円程度割安ですね。 なるほど。 オプションと割引は継続っと。 口座振替で料金を支払っている場合だと「新しい機種を分割購入をする時は購入から6ヶ月後+1日以降」、「一括購入をするなら1ヶ月後+1日以降」です。 クレジットカード払いなら、前回の機種変更から1ヶ月後以降となります。 いつでも自由に機種変更ができるわけではないので、ご注意ください。 分割購入の場合、審査には落ちてしまう可能性もありますが、 一括払いなら基本的に問題なく機種変更ができます。 審査に通らなかったら、一括払いを選んで再度申し込んでみてください。 ちなみに、一括払いでも分割払いでも同じ月額割引を受けられるので、総支払額は変わりません。 契約解除料がかかるのは、解約時に限られるのでご安心ください。 ただし、Yモバイルで機種変更をすると、 機種変更手数料が3,000円 税抜 かかります。 Yモバイルでは、機種変更もできる• 機種変更は、Yモバイルオンラインストアや、Yahoo! モバイルオンラインストアで行える• オンラインストアは手続きに手間がかからず、限定タイムセールなども行われている• Yahoo! モバイルオンラインストアでは、5のつく日にスマホを契約すればPayPayボーナスライトがもらえる• ウェブ申し込みでも、最短翌日には新しいスマホを受け取れる• 機種変更時は、契約解除料はかからないが、機種変更手数料3,000円 税抜 は発生する• 残債がある場合は、月額割引が適用されていない価格で残債を支払う ご紹介してきたように、Yモバイルではウェブで機種変更が行えます。 「ウェブでの機種変更は不安」とお考えの方も多いかとは思いますが、ウェブの方がタイムセールがあってお得度も高いですし、わざわざ店舗に足を運ぶ手間もありませんから、当記事を参考にぜひ一度検討してみてくださいね。

次の