アレキサンダー ベネット。 アレキサンダー・ベネット

川崎希と旦那・アレクサンダーが離婚しない理由ヤバすぎw年収は?

アレキサンダー ベネット

* * * * * * * * 「残心」という言葉は、武道をやっている人はよく知っているが、一般にはあまり知られていない用語だと思う。 たとえば弓道の場合、矢を放った後もずっとその矢を見る。 終わった後も油断せず、ずっと集中している。 これは武道にとっては非常に重要なことで、今でも武道の世界では、柔道にしろ、剣道にしろ、弓道にしろ、「残心」という言葉は使っている。 武道とほかのスポーツは、どう違うか。 武道家はよく、武道がほかのスポーツより優れているのは勝ち負けではなく、一つの人間形成の道だからというふうに説明する。 私は、どんな武道でも一応、スポーツの傘の下に入るものだと思っているが、やはり独特な特徴がある。 まず、普通の競技スポーツ(サッカーでも野球でも)はルールぎりぎりのところでプレーする。 そこが面白くてエキサイティングなのだ。 そのルールから少し外れれば反則、審判が気づかなかったらラッキー、ということになる。 だから見ていて面白い。 しかし、武道は「正々堂々」が理想とされている。 ルールぎりぎりのところで、相手をだまして勝つのは評価されない。 正直に技を出して打たれた、負けたというのであれば、それで「参りました! これからの稽古に一つの課題ができました!」という謙虚な気持ちになる。 そこが重要だとされる。 武道的な考え方はこういうことだ。 「残心」という言葉の由来はなかなか分からないが、剣道連盟の定義では「打突した後に油断せず、相手のどんな反撃にも直ちに対応できるような身構えと気構え」。 剣道試合審判規則及び細則では、「残心」のあることが有効打突(一本)の条件になっている。 どんなにすばらしい面打ちが決まっても「残心」がなければ、一本とは認められないのだ。 (ビデオを上映しながら)ご覧の通り、オリンピックで金メダルが決まった瞬間に、柔道選手はガッツポーズを取る。 柔道界では、オリンピックの金メダルより上がない。 オリンピック種目ではない剣道はどうか。 2005年の全日本選手権大会の決勝戦。 世界大会はあるが、やはり全日本チャンピオンになるということが剣道界では一番すごい。 技が非常に早いから、どっちが勝ったか分からないかもしれないが、勝った人はうれしくて仕方がないだろうし、負けた方は涙が出るほど悔しいはずだ。 が、どちらも、その気持ちを全く見せない。 その場では絶対にそういう感情を見せずに、抑える。 ガッツポーズなどせず、一緒に礼をして「はい、ありがとうございました」。 これが「残心」なのだ。 高校生の試合でチームのインターハイ出場を決めた主将が、ちょっとガッツポーズをしたという理由で一本を取り消された場面も見てもらおう。 「残心」がないから、という非常に厳しい判定だが、剣道の厳しさはそこにある。 オリンピックの柔道のように、決まった瞬間「俺が一番じゃ〜」「俺がチャンピオンだぜ〜」と喜ぶのは、もはや武道ではないと思う。 あれでは、ほかの競技スポーツと全く変わらない。 いいか悪いかは別として「残心」がない武道というのは武道といえないということ。 何があっても興奮せずに平常心でいる、感情を抑えるという「残心」。 それが、昔の武士文化で生まれた生き残るための教訓ということではないだろうか。 武道の世界ではなくても、「残心」というものはある。 たとえば山登り。 聞いた話では登山家の事故の7割以上が、登っている時ではなく下りてくる時に起きるそうだ。 登山家は頂上まで行くことを目的とする。 登頂は「一本」と同じだが、問題は、一本取ってからどうするかだ。 そこで気が抜けてしまうと事故、死に至る。 昔の武士も、斬り合いで相手を倒してガッツポーズをしていたら、後ろから斬られてしまうかもしれない。 斬ってからこそ慎重に、慎重にという姿勢が求められる。 命懸けというのはそういうことだ。 その意味では、「残心」というものは一つの勝ち負けが決まってからの勝負。 一本取るまでは50%、一本取ってからも50%ということになる。 サッカーの試合でゴールを決めて、ガッツポーズをしすぎたからからといってゴールが取り消されるようなことは、ありえない。 しかし武道では逆で、何があっても興奮してはいけない、何があっても油断してはならない、何があっても、うれしい気持ち、悲しい気持ち、悔しい気持ち、憎む気持ち、そんな感情を一切、抑える。 感情を出すと「隙」が出て、それが大きな弱点になる。 だから、何があっても平常心でいられることが武道の理想。 ゆとりを持つ、何があっても常に節度ある態度を見せなければならない。 もう一つ、これは武道の「礼」というものだが、相手の気持ちを考えるということも大事だ。 さっきの剣道の試合、全日本チャンピオンになった選手は、勝っても「俺はお前より偉い、強い」という気持ちを絶対に持ってはいけない。 逆に「いや、今日は勝たしていただきました。 ありがとうございました。 明日は負けるかもしれません。 お互いに頑張りましょう」という気持ちを持たなければならない。 そしてもう一つ。 これは22年ぐらい剣道をやってきた私が、最近やっと分かってきたことだが、「人のせいにしない」という姿勢。 どういうことかというと、生活の中ではいろいろある。 失礼なことをしてしまうこともあるし、不景気で仕事をクビになることもあるかもしれない。 山あり谷ありというわけだが、何があっても人のせいにしない。 「残心」というのは自己責任ということでもある。 何か悪いことがあった時、「あいつのせいだ」と思うのは無責任。 「ああ、しもうた、財布をなくしてしまった。 だめだ、俺の心に隙があった。 もう少し気をつけないと」と反省する。 それも「残心」だ。 さっきの剣道の試合で、ガッツポーズをした高校生が一本を取り消されたのを見れば、普通の人は「かわいそう」と思うだろう。 けれども彼はたぶん、一生忘れないことを学んだと思う。 常に平常心を保って人を思いやり、相手に失礼なことはしないということを剣道では厳しく言われるが、年を取れば取るほど、それは身につく。 自分の行動に出てくる。 試合場だけでなく日常生活においても「残心」があれば、人間として成長はできる。 それこそ、人間形成の道といってもいいのではないか。 昔の武士は「残心」があるかないかで生きるか死ぬかが決まる世界に生きたが、今は「残心」があるかないかによって、武道が有効な人間形成の道であるかどうかが決まってくる時代だと思う。

次の

関西の剣豪はNZ出身 剣道7段、なぎなた世界2位 :日本経済新聞

アレキサンダー ベネット

なぎなたの世界選手権で2位になったアレキサンダー・ベネット関大准教授 大阪府吹田市 心がけるのは周囲への感謝を忘れず、日々をほどよい緊張感を持って生きること。 日本人が見習いたいほど真摯に武道を学び、海外への普及活動にも力を入れている。 大阪府吹田市にある関大の道場に穏やかな声が響く。 剣道の指導を受けるのは中国や韓国の留学生約20人。 「打つときには気合を出して、体勢を崩さないこと。 相手への礼儀も大切です」。 ぎこちなく木刀を構える留学生への指南は、丁寧でやさしい。 ベネット准教授が武道と出合ったのは1987年、17歳のときだった。 千葉市内の高校に1年間、交換留学生として派遣され剣道部に所属。 剣道は「初めて見た」というが、日本文化理解の一助になればと軽い気持ちで門をくぐった。 剣道部の顧問は国体で活躍した経験を持つつわもの。 その剣士相手の練習で竹刀を握る手や、足の裏はマメだらけとなったが、休みは許されなかった。 嫌々続けた道場通い。 しかし、そんな気持ちが一変する出来事が訪れた。 夏の暑い盛り、顧問を相手に面や小手などの技を息も切らさず繰り出すかかり稽古は40分間にもわたり、実に3度も意識が薄れたという。

次の

アレキサンダー・ベネット

アレキサンダー ベネット

川崎希のプロフィール 【名前】:川崎希 【読み方】:かわさきのぞみ 【ニックネーム】:のんちゃん、のぞフィス 【出身】:神奈川県 【誕生日】:1987年8月23日 【年齢】:27歳(2014年現在) 【身長】:157cm 【体重】:49kg 【スリーサイズ】:B87-W57-H83cm 【カップサイズ】:Bカップ(推定) 【血液型】:O型 【デビュー】:2005年 【所属】:ワタナベエンターテインメント 【趣味】:映画鑑賞、薬局巡り、宇宙研究 【特技】:英語、スペイン語、料理、テニス、水泳、スキー 【資格】:スキューバダイビング、英検準1級、世界遺産検定3級、JAXAクラブ名誉会員 【学歴】:品川女子学院高等部 スポンサーリンク 川崎希の経歴 神奈川県で生まれ育った川崎希は、幼少時代から勉強に強く高校は 県内でも屈指の進学校である「品川女子学院高等部」に通っていた。 もともと「 貿易会社の社長」を目指していたという川崎希だが、18歳の時に原宿の美容院でもらったAKB48の募集チラシがきっかけで、 母親に勧められるままオーディションにいくとまさかの合格をしてしまう。 この時の オーディションの倍率は400倍とも言われている。 その後AKB48の初期メンバーとして活躍した川崎希は、大学進学を目指していたものの、仕事の多忙さもあり勉強が進まず、もともと模試ではA判定だった 早稲田大学や青山大学に不合格となってしまう。 AKB48が人気アイドルグループとして注目され始め、川崎希も単独でグラビア活動も行うようになり人気を集めている。 またアパレル関係のイメージキャラクターになった関係で、モデルとしてファッションショーにも出演している。 AKB48に在籍して4年が経った2009年2月に卒業を発表した川崎希は、アイドル時代の給料から貯めた40万円を資本金にし アパレルブランド「ANTIMINSS」(アンティミンス)を起ち上げた。 このブランドは流行の移り変わりの激しいレディース物は避け、メンズ服に絞ったほか当初は ネットショップのみで活動を開始している。 だが 商品制作を委託していた工場が倒産してしまい、商品が入らない状況に追い込まれた川崎希は「閃いた」というネイルショップを開業させ、見事に会社の窮地を救っている。 2013年2月には モデルのアレクサンダーと結婚していた事を発表している。 2014年には旦那アレクサンダーと共に、現在も所属するワタナベエンターテインメントに移籍し、バラエティ番組を中心にタレントとしても活躍中である。 スポンサーリンク 川崎希の年収は? アイドルから会社社長へと転身を遂げた川崎希。 さの外見や おっとりした話し方からは想像ができないほどの行動力が彼女にはあるようだ。 そこで気になるのが川崎希の年収ではないだろうか。 このことについて調べてみると、 川崎希の会社は現在年商1億円ほどだという。 ということは最終的に 川崎希に入る金額は年収2000万円前後だと思われる。 また川崎希はタレント活動も積極的に行っているため、それらを足す と年収は2500万円前後であると推測できる。 ただ川崎希はまだまだ目標が遠くにあると語っている。 現在川崎希はアメリカに自社ブランドのショップを出店したいそうだ。 彼女の活躍にははまだまだ続きがありそうだ。 スポンサーリンク 旦那のアレクサンダーについて 2013年2月にモデルのアレクサンダーと結婚している川崎希。 アレクサンダーは日本人の父親とペルー人の母親を持つハーフである。 本業はモデルであり、高級ブランド 「 PRADA」で専属モデルを務めていた経歴があり、 多い時では年収が2000万円だった時もあるそうだ。 現在はバンド活動も行っているが、全く売れる気配がないという。 また役者としても「仮面ライダーディケイド」に出演している。 今でも月に一回は浮気しているというアレクサンダー。 彼の浮気について川崎希は 「男は浮気するのは当然。 でもリピーターはダメです。 同じ女性と何度も浮気するのはNG」 と語っているという。 なぜここまで川崎希が寛大なのかというと、彼女の 父親もアレクサンダーと同じく浮気を繰り返していたのだという。 さらにアレクサンダーの家系も代々浮気をしてきた家系だというのだ。 バンドの練習のスタジオ代や、 自分の服などの買い物は全て川崎希がお金を出しているそうだ。 また彼女のクレジットカードを買ってに持ち出し、自分の好きな服をたんまり買ってくるときもあるそうだ。 川崎希とアレクサンダーが離婚? 旦那のアレクサンダーのヒモ男と浮気男がわかったところで、川崎希は離婚する意志はないのだろうか。 実は2014年に入ってから 2人は別居状態になっている。 また「私の何がイケないの?」に夫婦揃って出演した際には、川崎希の 「つぎに浮気したら離婚します」 の言葉に号泣し謝罪するアレクサンダー。 このことから本当に次がないのかは疑問だが、アレクサンダーの浮気症は病気的で簡単に直るものではないだろう。 本人は川崎希を愛しているというが、以前彼女が株で失敗しお金がほとんどなくなってしまった時には、 アレクサンダーの態度があからさまに冷たくなったという。 現在は仲直りし同居しているという2人。 いっそうのこと川崎希はアレクサンダーを捨ててしまい、その後彼がどうやって生活するのか見てみたい気もするが、彼女にはそういう非常な選択はまだできないのであろう。 こういったことを考えると、川崎希とアレクサンダーの離婚のニュースは案外早く流れるかもしれない。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 では最後にアレクサンダーの浮気症を検証するため、彼にハニートラップを仕掛けた動画をご覧いただこう。 アレクサンダーの浮気性はキャラなのか本当なのか?この動画で明らかになる。 youtube.

次の