マツダ 6 2020。 【2020】新型マツダ6のフルモデルチェンジ発売日はいつ?サイズやスペックと価格予想も!

2020年 マツダ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

マツダ 6 2020

新型 MAZDA6(アテンザ)について 新型「」新型「」同様、エクステリアは「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観となりキープコンセプトであり、より成熟させ、車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。 ボディー剛性やデザインに拘ったモデルとなる。 全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。 エクステリアは「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観となりキープコンセプトであり、より成熟させ、ボディー剛性やデザインに拘ったモデルとなる。 つまり、現行モデルの元になったコンセプトモデル、2010年11月17日から開催されたロスアンゼルスショー2010で公開した「Mazda Shinari Concept」をより現実化させてたモデルとなりシャープな印象のモデルとなる。 マツダはSKYACTIV GEN2を搭載し格段に燃費向上をする。 それに合わせて、新型CX-5に次いで2車種目となる「SKYACTIV GEN2」全面採用する。 マツダは既に2015年3月期の決算説明会資料にSKYACTIVを進化させた次期SKYACTIVといえる「SKYACTIV GEN2」を、次期中期計画「構造改革ステージ2」の期間中である2016~2018年度に発売する車両に搭載する方針を示した。 SKYACTIV GEN2では、「究極の燃焼技術と電動化技術を組み合わせ、劇的に燃費を性能を改善」し、2008年比で約50%の向上を目指す。 SKYACTIV GEN1との比較であれば、約15%の燃費向上を果たすことになる。 つまり、現行モデルはSKYACTIV-G 2. 0の燃費は、JC08モード燃費17. 更にした場にてこの 独自ハイブリッドシステムを新型アテンザにも搭載する可能性が高そうだ。 新型 MAZDA6(アテンザ)インテリアについて 新型「」と同様にインテリアは最新のデザインを採用する。 メーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8. 8インチのインフォテインメントシステムが搭載「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。 「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」はタッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。 USB12V接続を装備。 スペック 新型MAZDA6 ガソリン車 エンジン名 SKYACTIV-X SKYACTIV-G 2. 0 SKYACTIV-G 2. 5 エンジン 2. 0L 直4気筒 エンジン 2. 0L 直列4気筒 エンジン 2. 8kW(6. 2 エンジン 2. 2は、アクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトにする「DE精密過給制御」、 ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」、ノック音の発生そのものを極限まで 抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用。 走りの滑らかさと静かさが深化。 SKYACTIV-G 2. 5は、実用燃費性能を高めるため、ピストンのオイルリングに上下非対称形状を採用し、 ピストン周りの油膜の厚さを最適化。 機械抵抗を大幅に低減し、燃費性能の向上に貢献。 SKYACTIV-G 2. 0は、13. 0の高圧縮比やキャビティ付ピストン、4-2-1排気システムなどにより、 優れた燃費性能と力強い中低速トルクを実現。 オートマチックトランスミッションSKYACTIV-DRIVEは、車速やアクセル開度、 エンジン回転数などからドライバーの操作の意図を読みとってシフトする新しい変速制御を採用。 特にコーナリング中やコーナーを立ち上がるときの不要な変速を抑えることで、滑らかな挙動を実現。 ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、 横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術となる、新世代車両運動制御技術 「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾「G-Vectoring Control」を全車に標準装備。 新型 MAZDA6(アテンザ)G-ベクタリング コントロール プラスを搭載 日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール 以下GVC 」の進化技術。 GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を実現します。 GVC Plusは、マツダCX-5とCX-8の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載される。 G-ベクタリング コントロール マツダは、ハンドル操作に応じてエンジンを細かく自動制御し、カーブを滑らかに曲がれるようにする世界初の技術「G ベクタリング コントロール」を開発した。 車の操縦性が向上し、ハンドルのふらつきも半減して、運転による疲れを抑える効果がある。 マツダは、一時的に車の重心を前輪に移して、地面へのタイヤの押しつけを強めれば、より滑らかにカーブを曲がれると考えた。 ハンドル操作から車がカーブにさしかかったと車載コンピューターが認識すると、電子制御でエンジンの出力を瞬間的に弱め、車がわずかにつんのめるような形にして前方への重心移動を起こす仕組み。 逆にカーブの終わりでは、出力を強めて後輪側に重心を移し、直線走行に滑らかに移行できるという。 こうした出力の微妙な自動制御を、コンピューターがまばたき1回の間に20回やっている。 燃料噴射などを細かく調整できるマツダ独自のエンジン技術がこうした制御を可能にした。 新型 MAZDA6 スペック スペック 新型 MAZDA6 アテンザ 全長 4,870mm 全幅 1,840mm 全高 1,435mm ホイールベース 2,850mm エンジン SKYACTIV-GEN2 D 2. 2 2. 本代では新世代技術の「SKYACTIV TECHNOLOGY」と新デザインテーマの「魂動(こどう)- Soul of Motion」を採用したフラッグシップモデルとして開発された。 また、CX-5に次いで2車種目となる「SKYACTIV」全面採用車でもある。 そして4代目となる新型 MAZDA6 アテンザは丸9年でのフルモデルチェンジとなる。 今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

次の

【マツダ6・MAZDA6新型】フルモデルチェンジは2021年?それとも消滅か?その理由は

マツダ 6 2020

新型MAZDA6のエクステリア 新型MAZDA6のデザインは、2017年の東京モーターショー出展・ ビジョンクーペをベースとし、4ドアFRらしい長いボンネットを採用します。 ワゴンのコンセプトモデルは低全高でプレスラインが入らず、窓が小さめのデザインである可能性が高くなります。 新型MAZDA6のボディカラー MAZDA3が参考になります。 MAZDA3のボディカラー• スノーフレイクホワイトパールマイカ• ジェットブラックマイカ• ディープクリスタルブルーマイカ• チタニウムフラッシュマイカ• ソニックシルバーメタリック• マシーングレープレミアムメタリック• ソウルレッドクリスタルメタリック• ポリメタルグレーメタリック(ハッチバックのみ) 追加カラーの可能性は低く、ソウルレッドクリスタルメタリックのアップデートが行われると予想します。 シート シートデザインは10wayパワーシートから全面刷新されつつシフトレバー位置の変更はなく、劇的な変化はないと考えられます。 シートカラーは、2019年の年次改良で追加された25T S Packageのものが参考となりそうです。 専用ナッパレザー&スムースレザー・ブラック&レッドステッチ仕様で、オーナーの方の意見では少し違和感のあるデザインとの意見。 しかし、この時期の変化球は新型への伏線となる可能性もあります。 現行を継続することはなく、マツダ3に採用されたパーフォレーションレザーレッドが採用されるかに注目です。 各種機能 USB充電コネクタなどが充実する方向性が考えられます。 新型MAZDA6のパワートレイン ガソリン[SKYACTIV-X].

次の

【2020】新型マツダ6のフルモデルチェンジ発売日はいつ?サイズやスペックと価格予想も!

マツダ 6 2020

新型 MAZDA6(アテンザ)について 新型「」新型「」同様、エクステリアは「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観となりキープコンセプトであり、より成熟させ、車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。 ボディー剛性やデザインに拘ったモデルとなる。 全方位で洗練されたダイナミック性能を実現。 エクステリアは「魂動デザイン」のもと艶やかさと精悍さを融合させた外観となりキープコンセプトであり、より成熟させ、ボディー剛性やデザインに拘ったモデルとなる。 つまり、現行モデルの元になったコンセプトモデル、2010年11月17日から開催されたロスアンゼルスショー2010で公開した「Mazda Shinari Concept」をより現実化させてたモデルとなりシャープな印象のモデルとなる。 マツダはSKYACTIV GEN2を搭載し格段に燃費向上をする。 それに合わせて、新型CX-5に次いで2車種目となる「SKYACTIV GEN2」全面採用する。 マツダは既に2015年3月期の決算説明会資料にSKYACTIVを進化させた次期SKYACTIVといえる「SKYACTIV GEN2」を、次期中期計画「構造改革ステージ2」の期間中である2016~2018年度に発売する車両に搭載する方針を示した。 SKYACTIV GEN2では、「究極の燃焼技術と電動化技術を組み合わせ、劇的に燃費を性能を改善」し、2008年比で約50%の向上を目指す。 SKYACTIV GEN1との比較であれば、約15%の燃費向上を果たすことになる。 つまり、現行モデルはSKYACTIV-G 2. 0の燃費は、JC08モード燃費17. 更にした場にてこの 独自ハイブリッドシステムを新型アテンザにも搭載する可能性が高そうだ。 新型 MAZDA6(アテンザ)インテリアについて 新型「」と同様にインテリアは最新のデザインを採用する。 メーターパネルを液晶化し、マツダコネクトは最新の「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」TFT 8. 8インチのインフォテインメントシステムが搭載「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応となる。 「NEW MAZDA CONNECT(ニューマツダコネクト)」はタッチパネルは非搭載で全てはコマンダーコントロールで操作で行う。 USB12V接続を装備。 スペック 新型MAZDA6 ガソリン車 エンジン名 SKYACTIV-X SKYACTIV-G 2. 0 SKYACTIV-G 2. 5 エンジン 2. 0L 直4気筒 エンジン 2. 0L 直列4気筒 エンジン 2. 8kW(6. 2 エンジン 2. 2は、アクセル操作に対するクルマの反応をよりダイレクトにする「DE精密過給制御」、 ノック音を低減する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」、ノック音の発生そのものを極限まで 抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を採用。 走りの滑らかさと静かさが深化。 SKYACTIV-G 2. 5は、実用燃費性能を高めるため、ピストンのオイルリングに上下非対称形状を採用し、 ピストン周りの油膜の厚さを最適化。 機械抵抗を大幅に低減し、燃費性能の向上に貢献。 SKYACTIV-G 2. 0は、13. 0の高圧縮比やキャビティ付ピストン、4-2-1排気システムなどにより、 優れた燃費性能と力強い中低速トルクを実現。 オートマチックトランスミッションSKYACTIV-DRIVEは、車速やアクセル開度、 エンジン回転数などからドライバーの操作の意図を読みとってシフトする新しい変速制御を採用。 特にコーナリング中やコーナーを立ち上がるときの不要な変速を抑えることで、滑らかな挙動を実現。 ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、 横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術となる、新世代車両運動制御技術 「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾「G-Vectoring Control」を全車に標準装備。 新型 MAZDA6(アテンザ)G-ベクタリング コントロール プラスを搭載 日立オートモティブシステムズが有する車両運動制御アルゴリズムを基にマツダが応用開発し、2016年に発表した「G-ベクタリング コントロール 以下GVC 」の進化技術。 GVCによる車両の横方向と前後方向の連係運動に加えて、ブレーキによる直接ヨーモーメント制御によって更なる車両挙動の安定化を実現します。 GVC Plusは、マツダCX-5とCX-8の商品改良モデルから順次、マツダの各モデルへ搭載される。 G-ベクタリング コントロール マツダは、ハンドル操作に応じてエンジンを細かく自動制御し、カーブを滑らかに曲がれるようにする世界初の技術「G ベクタリング コントロール」を開発した。 車の操縦性が向上し、ハンドルのふらつきも半減して、運転による疲れを抑える効果がある。 マツダは、一時的に車の重心を前輪に移して、地面へのタイヤの押しつけを強めれば、より滑らかにカーブを曲がれると考えた。 ハンドル操作から車がカーブにさしかかったと車載コンピューターが認識すると、電子制御でエンジンの出力を瞬間的に弱め、車がわずかにつんのめるような形にして前方への重心移動を起こす仕組み。 逆にカーブの終わりでは、出力を強めて後輪側に重心を移し、直線走行に滑らかに移行できるという。 こうした出力の微妙な自動制御を、コンピューターがまばたき1回の間に20回やっている。 燃料噴射などを細かく調整できるマツダ独自のエンジン技術がこうした制御を可能にした。 新型 MAZDA6 スペック スペック 新型 MAZDA6 アテンザ 全長 4,870mm 全幅 1,840mm 全高 1,435mm ホイールベース 2,850mm エンジン SKYACTIV-GEN2 D 2. 2 2. 本代では新世代技術の「SKYACTIV TECHNOLOGY」と新デザインテーマの「魂動(こどう)- Soul of Motion」を採用したフラッグシップモデルとして開発された。 また、CX-5に次いで2車種目となる「SKYACTIV」全面採用車でもある。 そして4代目となる新型 MAZDA6 アテンザは丸9年でのフルモデルチェンジとなる。 今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

次の