ドコモ 光 プロバイダ 変更。 プロバイダ一覧

ドコモ光のプロバイダ変更って違約金とかあるの!?

ドコモ 光 プロバイダ 変更

ドコモ光プロバイダの変更方法 プロバイダを変更する際の流れ、方法について紹介していきます。 ドコモ光プロバイダの変更の申し込み先は ドコモ光のプロバイダを変更するには「 ドコモショップ」「 ドコモインフォメーションセンター」のどちらかを利用することになります。 ドコモショップ利用 家の近くにあるドコモショップを来店するという方法です。 時期や時間帯によっては非常に混んでいるときがありますので、予約しておく方が無難です。 そのときに用意しておくものとしては、 「 電話番号」「 ネットワーク暗証番号」「 本人確認書類」などがあります。 事務手数料として3000円がかかるのですが、こちらは月額使用料と合算しての支払いということになりますので、その場で支払うというわけではありません。 ドコモインフォメーションセンター ドコモのインフォメーションセンターに連絡をして手続きをするということもできます。 ドコモのスマホからであれば:151• 一般の電話などからであれば:0120-800-000 受付時間:午前9時~午後8時(年中無休) となります。 電話をかけると自動音声ガイダンスが始まりますので、順番に 「7」「1」「4」とボタンを押すとオペレーターにつながります。 オペレーターにつながったらプロバイダを変更することを告げていきましょう。 ドコモのスマホ使っている場合はネットワーク暗証番号や本人確認のために生年月日などが確認されます。 ドコモのスマホユーザー以外であれば契約IDと本人確認が行われます。 ドコモ光プロバイダの変更の流れ プロバイダの変更の申し込みを行うと 数日~1週間ほどで書類が郵送されていきます。 その内容は、• ドコモから開通のご案内• 申込書の控え• 新規契約するプロバイダからの必要書類 といったものです。 送られてきた書類の内容を確認しておきましょう。 そしてプロバイダの切り替え日に設定をしていきます。 これは指定された日時になると自動的に切り替わりますので、新しいプロバイダへの接続設定、ルーターの設定を行っていくことになります。 基本的には送付されてきた書類、マニュアルを見ながら設定していけばできるようになっています。 ドコモ光プロバイダの変更を行う際の注意点 ドコモ光のプロバイダ変更に関してはいくつかの注意点があります。 知らないまま変更すると不便なことが起こったり、費用がかかったりすることもありますので注意が必要です。 違約金が発生することがある プロバイダと契約をする際に「最低期間使用する」ことを条件に契約をしている場合やキャンペーン適用をうけた場合などはその期間内に契約を解除することによって 違約金が発生することがあります。 そのためプロバイダを変更するタイミングとしては「契約期間が満了した」「契約更新月である」ときとなります。 こういったタイミングでの変更であれば違約金が発生することはありません。 プロバイダが自動解約されない場合がある 一般的にはドコモ光ではプロバイダを変更した場合は以前に利用していたプロバイダは自動解約されて切り替えが行われるのですが、 いくつかのプロバイダに関しては自分で解約手続きをしなければいけないことがあります。 解約手続きをしなければそちらにもプロバイダ使用料金を支払い続けることになりますので注意しましょう。 また、本契約だけでなくオプション契約だけが残ってしまうという場合もあります。 必ずオプション契約なども含めて何も残っていないかどうかを確認しておきましょう。 プロバイダ独自のサービスやメールアドレスは使用できなくなる 自然のプロバイダが独自で行っていたサービスや メールアドレスに関しては基本的に利用できなくなります。 切り替える前に対策を立てておかなければいけません。 メールアドレスに関しては月額使用料を別に支払うことで継続できるという場合もありますのでメールアドレスを変更したくないという場合には利用するのも良いかもしれません。 プロバイダを変更することで通信速度が変わってしまう ドコモ光自体の通信速度は一定ですが、プロバイダが変わるとそのプロバイダによって通信速度は変わってしまいます。 せっかく変更したのに通信速度が遅くなったということも起こりうるのです。 通信速度に不満があるという場合は「 v6プラス」を申し込むということをおすすめしたいのですが、これはすべてのプロバイダで利用できるわけではありません。 ドコモ光には24~25社のプロバイダがありますが、その中でもv6プラスに対応しているのは以下のプロバイダとなります。 GMOとくとくBB• nifty• DTI• So-net• ぷらら• OCN• Tigers-net• SIS• IC-NET• ちゃんぷるネット V6プラスを検討している方であれば、これらのプロバイダを選ぶのが良いでしょう。 V6プラスとは今まで主要だったIPv4の回線ではなくIPv6の回線も利用して通信を行うサービスで、IPv4は利用しているユーザーが多く、とても混雑している一方、IPv6は空いている回線なので、より快適にネットを利用できます! ルーターを返却しなければならない場合がある Wi-Fiルーターを自分で購入した場合や返却無用の状態でルーターの貸し出しを受けていた場合は別ですが、以前に利用していたプロバイダからルーターをレンタルしていた場合は返却しなければならない場合があります。 指定されている住所に郵送するようにしなければいけません。 「GMOとくとくBB」のように3年以上利用していれば返却不要という場合もありますのでこちらも確認しておきましょう。 どういったキャンペーンを受けることができるかはそれぞれである プロバイダによって行われているキャンペーンはさまざまですので、切り替えたときにどういったキャンペーンを受けることができるのかを確認しておかなければいけません。 プロバイダによっては新規では受けられる特典もプロバイダの変更の時には受けられないという場合もあります。 フレッツ光からドコモ光へと変更をする場合について フレッツ光からドコモ光に変更する場合は普通の乗り換えではなく「転用」という形になります。 ここではその場合について説明していきます。 フレッツ光からドコモ光へ変更する方法 まず住んでいる地域によってNTT西日本、NTT東日本から「転用承諾番号」を取得することになります。 NTT東日本:0120-140-202• NTT西日本:0120-553-104 こちらに連絡をして「お客様ID」「契約者名」「利用する住所」「支払い方法」などについて確認していきます。 この転用承諾番号に関しては有効期限が15日間とかなり短くなってしまうので注意しましょう。 そしてドコモ光に連絡をして変更申し込みをするという流れになります。 フレッツ光からドコモ光へ変更するメリット フレッツ光はフレッツ光の使用料とプロバイダ料金が別々にかかっていましたがドコモ光ではセット料金となるために月額使用料が安くなります。 また、ドコモ光に転用する場合でもキャッシュバックのキャンペーンなどが適用されますので、それらの特典も受けることができます。

次の

ドコモ光タイプAタイプBとは?違い2つと損しないためのおすすめプラン

ドコモ 光 プロバイダ 変更

手続きの方法は「ドコモショップに足を運ぶ」又は「ドコモインフォメーションセンターへ電話する」の全2パターンです。 ドコモショップに足を運ぶ お住まいの近くにあるドコモショップから、ドコモ光プロバイダ変更のお申込み手続きができます。 ドコモショップの検索はこちらのよりチェックしてみてください。 連絡する前に事前に用意するもの ・ドコモユーザーの場合…契約内容を確認するために、ネットワーク暗証番号、本人確認 名前・生年月日 をヒアリングされます。 原則本人確認書類は不要となっています。 ・ドコモユーザー以外の場合…契約ID お客さまID 等で本人確認をします。 こちらも原則本人確認書類は不要となっています。 設定マニュアルをはじめ、プロバイダ提供条件書など大切な書類が同封されていますので、保管しておくことをおすすめします。 指定されたプロバイダの切り替え日に、お手持ちのスマホ・パソコンから接続設定していきます。 送付されたマニュアルに沿って進んでいけば、10分程度でインターネット回線の設定が完了します。 もし分からない場合は、トクトクBBのから接続方法が掲載されてますので、こちらを参考にしてみて下さい。 またタイプAとタイプBでは月額料金が200円ほど違うので、申し込むならタイプAがおすすめで人気が高いです。 とはいえ、ドコモ光には全25社のプロバイダがあり、プロバイダ毎で自社サービスを提供しています。 そのサービスの規約に短期で「解約すると違約金が発生する」制約付きのものがあるので、契約前に事前に把握しておく必要があります。 申し込み済みのプロバイダや検討のプロバイダがあれば、違約金について訪ねておいてもよいと思います。 しかし以下2パターンのケースがあるので該当する方は注意が必要です。 有料プランに自動移行するプロバイダを複数選んでいた場合 プロバイダ名 プラン 月額料金 自動解約 1社目:hi-ho ちょこっとコース 200円 手動で解約 2社目:01光コアラ 通常プラン 1,900円 手動で解約 3社目:TikiTikiインターネット メールアドレスコース 350円 手動で解約 以上のように有料プランに自動移行するプロバイダを複数選んでいた場合は、各プロバイダに解約の申請をする必要があります。 もちろん解約手続きをしないと、毎月料金が発生するので新しいプロバイダが決まったら、なるはやで手続きするようにしましょう。 仮にメールアドレスを使いたい場合は、月額200円ほどで継続利用ができるので、新しいプロバイダの切り替えがはじまる前に、継続申請をしておきましょう。 なぜならば 住居形態・プロバイダ・ケールブル・パソコン機能・接続する時間帯の5つの利用環境などにより、最大通信速度を下回ってしまうためです。 詳しくはを参照いただけます。 プロバイダとは、ドコモ光のサービスを日本に広げる代理店です。 必ずどこかのプロバイダを選んでから契約しなければドコモ光を利用することはできません。 またタイプ別 A・B・単独 とマンション・戸建て別で料金は違いますが、 もっともおすすめなのはAタイプでBタイプより月額200円安くなります。 Aタイプの場合は全19社からプロバイダを選ぶことができますが、すべての会社がキャンペーン・特典を打ち出しているわけではないので、厳選して選ぶようにしましょう。 ドコモ光プロバイダ人気ランキングNo. 1に選ばれているGMOトクトクBBは、工事費最大18,000円の割引をはじめ、最大15,000円キャッシュバック・最大30,000ポイントの付与などの 特典・キャンペーンが充実しています。 では一体変更先のドコモ光のプロバイダでなぜGMOトクトクBBがいいのか?具体的にお伝えしていきます。 2社のスペックはほどんど遜色なく、一見なぜGMOとくとくBBがもっとも優れているか疑問に思う方も多いと思います。 結論からいうと、 無料レンタルできるWi-Fiルーターの速度期待度に差があるのです。 以下より細かく説明していきます。 GMOとくとくBBが他社と優れているわけ!高スペックなルーターを無料レンタルできる! プロバイダ名 無料で借りられるWiFiルーター 価格 最大通信速度 5GHz 最大通信速度 2. 4GHz Aランク WN-AX1167GR2 IODATA 8,300円 867Mbps 300Mbps 3種類から選べる ELECOM・NEC・BUFFALOのいずれか)…レンタルルーターは2種類のどちらかより選ぶことができる。 以上のように、GMOとくとくBBで無料レンタルできるルーターは、ソネット、DTI、ぷららの人気プロバイダ5社を比較したときに キャンペーン・特典内容や速度期待度に差があることが分かりました。 よってこの中でもっともおすすめなプロバイダは ハイスペックなルーターを借りれる「GMOとくとくBB」です。 【まとめ】ドコモ光のプロバイダ変更はとても簡単!まだ決めてない方はGMOとくとくBBがおすすめ! いかがだったでしょうか?今回こちらではプロバイダの変更方法から設定前に知らないと損する4つの注意点についてお伝えしました。 またプロバイダ変更先はどれがもっともおすすめか?こちらについては全26社から選んだ厳選5社のプロバイダを比較し「GMOとくとくBB」ということをお伝えしました。 以下ボタンよりドコモ光の人気プロバイダおすすめ5選について再度お伝えしておりますので、気にある方は覗いてみて下さいねっ!.

次の

ドコモ光タイプAタイプBとは?違い2つと損しないためのおすすめプラン

ドコモ 光 プロバイダ 変更

目次 この記事でわかること• プロバイダ選びのポイント プロバイダを選ぶポイントは4つあります。 月額基本料金• サービス内容• キャンペーン• キャッシュバック これらのポイントを踏まえてよりよいプロバイダの選び方を見ていきましょう。 月額基本料金 プロバイダ事業社によって月額の利用料金が大きく異なります。 月額料金をおさえたい方にとっては一番気になるところ。 大手と呼ばれるプロバイダ事業社ごとのプロバイダの月額利用料金は下記のとおりです。 フレッツ光回線のプロバイダ別月額利用料金比較表 プロバイダ名 NTT東日本エリア NTT西日本エリア ファミリータイプ マンションタイプ ファミリータイプ マンションタイプ OCN 1,100円 900円 1,100円 810円 BIGLOBE 1,000円 900円 1,000円 850円 Yahoo! BB 1,200円 950円 1,200円 950円 BB. excite 500円 500円 500円 500円 So-net 1,000円 900円 1,200円 900円 @nifty 1,000円 950円 1,000円 950円 plala 1,000円 800円 1,200円 950円 DTI 951円 680円 951円 680円 この表のようにOCNを利用する場合に他社と比較する事で、プロバイダの月額利用料金が高くなっている事がわかります。 月額利用料金を見ていくと、BB. exciteとOCNの月額利用料金の差が500円近くとなるため、1年間で6,000円近くもの料金差が発生する事がわかります。 特別こだわりがないのであれば、プロバイダ利用料金がお得なプロバイダを選択すると良いでしょう。 プロバイダごとの特徴 単純に月額料金を安くしたいのであれば、月額利用料金を見て選べばいいのですが、プロバイダには、サービス内容、キャンペーン、キャッシュバックなどの特徴があります。 下記の関連記事にて、各プロバイダごとの特徴をまとめてありますので、サービス内容を比べてご自身に合ったプロバイダ選びの参考にしてくださいね! 【関連記事】 光コラボレーションへの転用がお得 もちろんプロバイダごとに月額料金が安くなったり、キャンペーンでお得になることはありますが、さらにお得になる方法があります。 それが、への転用です。 光コラボレーションとは、フレッツ光の回線を利用して、 独自のサービスを提供している事業者のことを言います。 光コラボレーションの特徴 光コラボレーションの特徴としてこの独自サービスの豊富さにあります。 主な光コラボレーションの独自サービスは下記の3点です。 月額料金の割引き• 高額のキャッシュバック• スマホ料金の割引き 光コラボレーションの特徴について詳しく知りたい方は下記の関連記事を参照にしてみてください。 【関連記事】 光コラボレーションのオススメ 数ある光コラボレーションの中から、特徴を踏まえてオススメをご紹介します! ソフトバンク光 光コラボレーションのなかでもダントツの人気を誇るのは、ソフトバンクが提供するソフトバンク光です。 一番の特徴は、ソフトバンクのスマホとセットでの契約だと、 スマホの月額料金が500円~1,080円安くなることです。 【関連記事】 さらに、ここでオススメする販売代理店での契約だと、 月額料金が割引きになり、キャッシュバックももらえます。 このSo-netが提供している光コラボレーションがSo-net光です。 So-net光では、auのスマホとセットでの契約だと、 スマホの月額料金が最大2,000円も安くなります。 申し込むなら公式ページで行っている 割引キャンペーンを適用すると毎月の支払いを安く利用できますよ。 オプションの加入は不要ですが、auスマートバリューでセット割を適用させたいなら、So-net光電話に加入が必要な点は覚えておきましょう。 So-net光の詳細は下記公式ページからチェックしてみてください。 So-net光の申込・詳細チェック So-net光公式: プロバイダの変更方法 プロバイダの変更方法は簡単です。 手順1. プロバイダの解約と契約をする 現在契約しているプロバイダを解約して、新しいプロバイダとの契約を結びます。 プロバイダの解約と契約については各プロバイダのウェブサイトからの申し込み、フレッツ光を契約した代理店サイトへ電話で申し込みができます。 プロバイダの変更のみであれば、特別な回線工事をする必要はありません。 手順2. インターネットの接続設定をする プロバイダの変更手続きが完了したら、インターネットへの新たな接続設定が必要です。 接続設定方法としては、最近ではルーターを経由して接続する方法がほとんどで、この場合ルーターに接続ID ユーザーID や接続パスワードの設定を行います。 プロバイダからの接続ID ユーザーID と接続パスワードを利用して接続することを、PPPoE認証接続設定といいます。 PPPoE接続は、パソコン画面上で設定を行う場合と、ルーター側で行う場合があります。 接続設定の方法は下記の関連記事にて詳しく説明しています。 参考にしてくださいね! 【関連記事】 もし、接続方法が難しい場合は、フレッツ光のリモートサポートに相談もオススメします。 【関連記事】 ADSL回線のプロバイダの変更手続き方法 またADSL回線については、ADSLプロバイダを乗換える手続き方法として、まず新サービスとの契約前に、現在利用している他社プロバイダとのADSLサービスの解約日を決める必要があります。 その際、NTTの回線撤去工事日が決まりますので、忘れないように注意しましょう。 プロバイダ変更時の注意 プロバイダの変更方法は簡単ですが、変更時の注意点がありますので、把握しておきましょう。 プロバイダを解約するタイミングに注意 プロバイダの変更をする際に、変更後のプロバイダ契約を結ぶ前に利用しているプロバイダ契約を解除してしまうと、インターネットの利用できない期間が発生してしまいます。 プロバイダ事業社から配布されるメールアドレスやホームページサービスにこだわりがないのであれば無料で利用が可能なフリーメールアドレスやホームページサービスを利用する事をオススメします。 まとめ フレッツ光のプロバイダは、料金、サービス内容、キャンペーン、キャッシュバックなどが異なります。 プロバイダごとの特徴を見て、プロバイダの変更をしてもいいのですが、よりお得にインターネットを利用したいのであれば、光コラボレーションへの転用をオススメします。 光コラボレーションの大きな特徴として下記の3点があります。 月額料金の割引き• 高額のキャッシュバック• スマホ料金の割引き さらに光コラボレーションは、フレッツ光の回線を利用しているため回線工事が必要ありません。 プロバイダの変更を考えている方は、 お得な光コラボレーションへの転用も検討してみてはいかがでしょうか。

次の