福井 県 コロナ 感染 者 最新 情報。 【 関係者相関図 】福井県の新型コロナウイルス速報・情報【 随時更新 】

新型コロナ「感染率」ワースト1位は東京ではなく、福井だった 10万人当たり感染者数で見えた真実

福井 県 コロナ 感染 者 最新 情報

当社は、福井本社(福井市)で勤務する役員1名(男性)が新型コロナウイルスに感染していることを確認しました。 当該者は2020年3月12日に発熱し、その後一旦発熱は治まりましたが、3月18日に再度発熱したため、同日福井市内の医療機関を受診しPCR検査を受けた結果、COVID-19の陽性であることが同日夜に判明したものです。 当該者は現在、所管保健所の指導のもと福井市内の医療機関にて療養中です。 現在、保健所からの連絡を受け、当該者の行動歴や濃厚接触者の詳しい調査を進めると同時に、当該者が勤務する建屋において勤務する社員全員に対して、本日より4月1日(水)までの最長14日間、在宅勤務等をするよう指示を行ったところです。 福井本社では、研究開発、営業、生産、事務等の業務を行っており、約470人が就業しておりますが、そのうち研究開発、営業、事務等の一部の約250名が自宅待機となります。 なお、同建屋につきましては、速やかに消毒作業を実施いたします。 また、当社の商品を介し、感染することはございません。 当社では、これまでも出張制限や手指の消毒、マスク着用等、新型コロナウイルス感染予防策を実施してまいりましたが、今般新型コロナウイルス対策本部を設置し、お客様、取引先様、従業員および家族への感染拡大を最小限に防ぐよう全力で対応してまいります。 今後につきましては、社内外への感染被害抑止及び社員の安全確保を最優先に行動するとともに、引き続き、社員及びご関係の皆さまの健康状態の把握をはじめとする情報収集に努めてまいります。 なお、当件に関しての今後の業績への影響等につきましては、詳細が判明次第追って公表させていただく予定です。 前スレ [ 匿名さん].

次の

北陸の感染者、なぜ多い? 大家族、共働き要因か―新型コロナ:時事ドットコム

福井 県 コロナ 感染 者 最新 情報

よくある質問 問1 国内での累計感染者数や死亡者数が厚生労働省の集計より多いのはなぜですか? 当サイトの更新は、各自治体の公式発表を元にリアルタイムで行っています。 自治体が開く記者会見や、Webサイトに掲載された発表資料を確認でき次第、迅速に更新しています。 一方、厚労省でも各自治体からの報告を元に集計作業を行っていますが、当社が同省に確認したところ、自治体からの報告が数日遅れとなる場合もあるということです。 このため、リアルタイムに更新を続けている当社のデータとは数字に差が生じます。 問2 国内での累計感染者数の下に表示されている「前日比」とはどういう意味ですか? 国内での累計感染者数が、前日に比べて何人増えたかを表しています。 累計回復者数や死亡者数要入院・療養者数、の下に表示された数字も同様です。 問3 東京都で新たに感染者が増えたというニュースを見ましたが、このサイトでは増加分がまだ反映されていないことがあります。 それはなぜですか。 東京都を含め、一部の自治体では正式な発表前におおよその感染者数の報道が先行する場合がありますが、当サイトでは原則、自治体の正式な発表や厚労省の集計を確認した後に更新しています。 問4 国内での累計感染者数や死亡者数にダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 の乗員・乗客を含めないのはなぜですか? 当初は便宜置籍船の存在などの理由からダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 を含めた値で表示していましたが、ダイヤモンド・プリンセス号以外での感染拡大ペースが上がっている状況を踏まえ、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客を除いた値をわかりやすく示すために表記と計算を変更しました。 問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 同省は検疫法第5条「外国から来航した船舶などは、検疫済証の交付を受けた後でなければ上陸してはならない(概略)」を元に、入国時の検疫の有無を集計基準としています。 入国時に乗船者全員の検疫を終えていなかった横浜港のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染者については、入国前の事例として扱い、国内累計には含めていません。 一方、コスタ・アトランチカ号の乗船者については、入国時に全員の検疫が済んでいたため、同号の感染者は入国後の事例として、国内累計に含めています。 当サイトもこれに合わせています。 問6 一度感染し、回復後に再び陽性となった感染者は集計に含めていますか? 当サイトでは、再陽性は集計に含めず、感染者の「実数」で公表しています。 一部自治体では、再陽性も含めた「延べ人数」として公表しているところがあります。 当サイトと一部自治体の集計に差が見られるのは、こうした集計基準の違いによるものです。 一方、回復者の集計には再陽性の事例も含めています。 回復者については人数のみ発表する自治体が多く、年代・性別などの詳細が不明で、突き合わせ作業が難しいためです。

次の

【 関係者相関図 】福井県の新型コロナウイルス速報・情報【 随時更新 】

福井 県 コロナ 感染 者 最新 情報

クラスター(感染者集団)が発生した二ツ屋病院=14日、石川県かほく市 富山、石川、福井の北陸3県では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたが解除されたものの、人口比での感染者数は依然、高水準で推移している。 人口10万人当たりの累計感染者数は、特定警戒都道府県に指定された石川が全国2位で、富山3位、福井6位といずれも上位を占める。 なぜ北陸で感染者が多いのか。 背景を探った。 14日現在の3県の累計感染者は630人で、より人口の多い東北6県や中国5県を大きく上回る。 3県の感染拡大の発端は、接客などを伴う飲食店や病院、介護施設などでそれぞれ発生したクラスター(感染者集団)だったとみられている。 石川県では特に、二ツ屋病院(かほく市)で72人(同日現在)の感染者が出るなど、六つのクラスターが発生した。 福井大の岩崎博道教授は、そこから感染が家庭内へ連鎖したことには、共働き率の高さも関係しているとみる。 総務省の2017年の就業構造基本調査によると、福井は全世帯中60%とトップで、富山が3位、石川は4位だった。 在宅勤務でなければ、夫婦の一方が職場から家庭にウイルスを持ち込むリスクは倍増する。 北陸3県特有の「大家族」が影響したとの見方もある。 15年の国勢調査によると、1世帯当たりの人数は福井が全国2位、富山が3位で、石川も21位と上位に入る。 福井県の幹部は「北陸は家族の構成単位が大きく、家庭内での感染が広がりやすいのでは」と話す。 一方、石川県の感染症対策本部でアドバイザーを務める金沢大の市村宏教授は、PCR検査が滞りなく行われていることを理由として挙げ、「検査数が多ければ感染者数も増える。 富山、福井では特に検査が頻繁に行われている」と指摘している。 政府は14日、3県へのを解除。 クラスター以外の感染拡大が抑えられていると評価したとみられる。 富山県衛生研究所の大石和徳所長は、今後の3県の連携した対策が重要と指摘し、「大事なのは、(隣り合う県知事同士が)同じメッセージで粛々とやっていくこと。 休業要請の解除も足並みがそろえばいい」と訴えた。

次の