トイプードル退色。 トイプードルのレッドが退色してしまう原因と対策

栄養不足の可能性も!犬の毛が退色していく理由

トイプードル退色

そのおかげなのかどうかわかりませんが、レオくんはいつもと変わらず食欲もあって元気です。 それを裏付けている1つが体重記録です。 基準となる体重 ワンコの体調の変化については日ごろからの観察が一番ですが、客観的に判断できるものもあった方が良いに決まっています。 その1つとして、レオくんの場合は体重を計っています。 もともとはレオくんのダイエットが目的で体重を計るようになりました。 計り始めたのは今年の3月中旬からで、スタート時点で体重は6. 60kgぐらいありました。 それが6月以降は6. 20kg前後まで減り安定するようになりました。 こうなると面白いもので、自然に6. 20kgがレオくんの体重の基準と捉えるようになりました。 つまり、体重が6. 20kgより重ければ食べさせ過ぎということになるし、少なければ体調を疑うといった具合です。 標準体重には意味がないと思う 考えてみると、レオくんぐらいの体格の場合の標準体重がいくつになるのか、ボクは知りません。 レオくんの体重が何kgからが肥満になるのか、何kgより少ないと痩身なのか、それとも標準なのか? あるサイトでは、トイ・プードルは3. 20kg、ミニチュア・プードルなら7. 30kgとする記事を見つけました。 ですが、この数字には全く参考になりません。 体重は身体があっての体重なので、身体(体格)と体重は対でなければ無意味だからです。 それに加えて犬種や雄雌はもちろん、トイプードルの場合は3つの体型分類もあったりするので、それぞれに応じた標準体重を示す必要もでてくるでしょう。 (3つの体型に関する記事は) こうなると、トイプードルだけでも相当な数の標準体重をしめさなければならなくなるので、実用的な指標にはなりにくいといえそうです。 ボディ・コンディション・スコア BCS という基準 それならば、体重ではない別の基準が必要になってきます。 その1つにボディ・コンディション・スコア(BCS)があります。 このボディ・コンディション・スコアはワンコの体型を数字で判断する基準です。 ボディ・コンディション・スコアには5段階に分けるものと10段階に分けるものとがあるようですが、よく目にするのは5段階の方です。 覚えておきたいのは、標準の体型(=理想体型、理想体重)の基準です。 ボディ・コンディション・スコアについては様々ななサイトに掲載されていますが、ここではロイヤルカナンのサイトから理想体重(BCS3)だけを抜粋しました。 理想体重 BCS3 助骨:皮下脂肪を通してさわれる 腰部の骨格:皮下脂肪を通してさわれる 腹部(横から見た様子):わずかなへこみ 腹部(上から見た様子):適度なくびれ ROYAL CANIN ボディコンディションスコア(BCS)より ボディ・コンディション・スコア基準と体重 ただ、このボディ・コンディション・スコア基準は判定する人の主観に影響を受けてしまうので、観察する人によって違いがでるだろうし、同じ人でも昨日と今日では違ってしまうかもしれません。 そこで、ボディ・コンディション・スコア基準で判定した結果を体重に置き換えてしまえば判定がしやすくなります。 何よりも判定がぶれなくなります。 レオくんの場合でいえば、体重が6. 20kg前後で安定しています。 ですが、6. 20kgがレオくんの理想体重なのかどうかが、わかりません。 そこでボディ・コンディション・スコア基準に従ってレオくんの体型をたしかめれば良いのです。 仮にここでBCS3(理想体型)と判定したならば、レオくんの理想体重は6. 20kgということになります。 基準となる体重を6. 20kgと決めてしまうというわけです。 反対に、BCS4(太り気味)やBCS2(痩せ気味)と判定したならば、体重を増減させてBCS3になるようにすればよいのです。 ということで、あらためてレオくんの基準となる体重を6. 20kgと決めることにしました。 理想体重を見つける レオくんの基準となる体重を6. 20kgと決めたわけですが、実はこの体重は絶対ではありません。 例えば高齢になれば6. 15kgが理想体重になるかもしれませんし、病気を発症しても変わるかもしれません。 それに、そもそもボディ・コンディション・スコア基準の判定が個人の主観に影響を受けているのだから、途中で修正するケースもでてくると考えられます。 要するに理想体重は最初からあるものではなくて、それぞれのワンコごとに見つけ出さなければならない体重だということです。 カテゴリー• 308• 1 2020年7月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 アーカイブ• 4 スポンサードリンク.

次の

トイプードルの白髪、退色の原因、予防法とは?

トイプードル退色

本でも トイプードルの 退色という特集が組まれるほどです。 トイプードルのカラーは色が濃いほうが高値で取引されています。 つまり人気があるということです。 大きいサイズより小さいサイズのほうが人気があるのと同じことですね。 ただ 正直に言わせていただきますと トイプードルの退色は避けることができません。 絶対に! 犬も歳をとるにつれて(シニアといわれる歳になってからですが) だんだん色が薄くなっていきます。 人間が白髪になるように。 でもトイプードルの退色の場合は違います。 早い犬で生後4ヶ月位から退色をする子もいるようです。 つまり子犬をお迎えした直後から退色が始まるケースもあるのです。 1歳になる頃には少しずつ色は変わってきているでしょう。 2歳になる頃にはもっと薄くなります。 ある雑誌のアンケートによるとレッドやアプリ そしてブラウンに関して言えば 1歳から1歳半くらいで8割近くの飼主さんが色が変化したと 回答しているのです。 メスの場合は出産を機に退色するケースもあるようです。 2歳になると退色が落ち着くと言う人もいますが 我家の愛犬の場合は少しずつ ですが退色しているかな?と感じます。 2歳位までで一気に退色した場合は落ち着くのかもしれません。 なので2歳頃で色が濃い場合はこの限りではないのかと思います。 退色の仕方も 何処まで退色するかも個体差にはなりますが どんなに濃い色の 子犬を迎えても絶対に退色すること(しかも非常に近い未来に)を忘れないで下さい。 逆に薄いカラーの犬を迎えた場合の方が 退色は気にならないようです。 トイプードルのカラーは子犬の時に色が濃いからといって 一生濃いわけではないことを忘れないで下さい。 また色が濃いからといって退色の速度が遅いわけでもないようです。 退色するのが嫌であるならば 薄い色の子犬を迎えることをオススメします。 余談ですが ブラックも退色しますよ。 全体的に薄くなったり白髪が混じってきたり あごの下などが白くなってきたりします。 トイプードルが退色する原因は わかっていないそうです。 遺伝的な要因といわれています。 日光にあてると退色するとか 何かを食べると退色しないとかあるようですが 原因がわかってない以上未確定な情報です。 ちなみに退色した色は元に戻ることはありません。 自然のまま 色が変化していくのを楽しんではいかがでしょうか? 「子犬の頃はもっと濃かったのに・・・」と言う人がいますが 退色はしょうがないことですから・・・ トイプードルのカラーは必ず薄くなっていくことを 知っていれば濃い色に拘る事もないかと思います。 じゃあ一体どのくらい退色していくんだろう?と思う 場合 一番参考になるのはトイプードル関連の ブログを 読むことです。 市来生後5ヶ月 最近は日記をブログでUPしている人が多いので その人の記事で1年前の愛犬の写真、半年前の愛犬の写真と 今日現在の写真を見比べてみるのです。 個体差はありますがパソコンの画像でも十分に色の変化がわかるかと思います。 たった1年で!と驚く人もいるかと思いますが そのくらい退色が早い犬種なのです。 最近では子犬を購入したショップにくるクレームのうち「退色した」という内容が 上位になっているそうです。 退色する事をマイナスなイメージで考える人も多いですが 別に病気でもなんでもないので自然なこととして楽しむほうがいいと思いますよ。 ブラウンの退色について トイプードルの退色のうち 一番進行がはやく色の変化が激しいのは ブラウンカラーではないでしょうか? 退色が早い場合は生後4ヶ月頃から既に始まるケースもあるようですね。 我家の愛犬もブラウンの為ブラウンの退色についてはやはり非常に興味が あります。 いろんな方のHPやブログを参考にしてみると2歳前後で いっきに色がうすくなるようです。 それまでは少しずつ背中や首・シッポなどに白い毛がまじるようになりますが 退色の場合 人間の白髪のイメージとは少し違う気がします。 我家でも市来が2歳になるころ毛をとかした後の櫛についている抜け毛の塊の 色がワントーン薄くなっていることに気が付きました。 白髪がところどころ背中やしっぽにでることもありますが退色は 毛全体の色が 少しずつ脱色する感じです。 ブラックのコーヒーに牛乳を少しずつまぜていくみたいなイメージ。 なのでブラウンからカフェオレになったと言うんでしょう。 我家の場合 市来はどうやら退色の進行が遅いようです。 何か対策をしているのかと聞かれる時がありますが何もしていません。 ただ ただ退色の進行がスローなだけです。 両親の色が濃かったのか?とも聞かれますがそうゆう訳でもないと思います。 市来のお母さんは市来達を生んだ時1歳半くらいでしたが 金髪に近いカラーになっていました。 遠めで見たときはレッドかと思ったほどです。 なので退色が遅い理由はさっぱりわかりません。 市来も近い将来必ず退色していくでしょう。 また違うイメージの市来になるのも楽しみ半分 寂しさ半分といったところでしょうか。

次の

トイプードルの退色について

トイプードル退色

こちらの記事で書いたように、トイプードルには、グラデーションも加えると、数え切れないくらいいろんな色がある。 お利口さんかどうかは別として、わたしはブラックが好き! トイプードルだけじゃなくて、ラブラドールなどの黒い犬は全部好き。 なめらかなベルベットのような深い黒い毛に心惹かれる。 その「漆黒」に魅せられて、 我が家に迎えた黒のトイプードルに「NOIR(ノワール)」(のん)という名前をつけた。 トイプードルの色を決めるもの 犬も人間も、どの生物も遺伝子(DNA)を持ち合わせている。 この遺伝子の設計図をもとにしてわたしたちの身体ができあがっている。 その遺伝子の中には、毛色を決定する「毛色遺伝子」がある。 この遺伝子の優劣が、毛色を決めるのだ。 たとえば、ウマの場合を見てみよう。 ウマにもさまざまな毛色がある。 その中で一般的な毛色である「鹿毛(茶褐色)」や「芦毛(灰色)」などの4つのかけあわせだけでもこんなに様々な色が生まれてくる。 だから、 望みの色を求めて交配することはとても難しい。 トイプードルの交配に関しては、同色をかけ合わせることが基本。 こんなふうに退色が始まって、はじめはフードやサプリメントで食い止められないかな?と悩んだんだよね。 でも実は トイプードルの退色は遺伝子によるもので、しかもお産などのホルモンバランスの関係や、老化から、どうしても退色は避けられない。 そして、 グレーとブラックが微妙に混じり合った、繊細な色目が、逆にオシャレ。 飼い主のオカンも、犬より先に白髪が出始めて、同じように銀子の道をたどっている。 とりあえずは白髪染めでダークブラウンを死守しているけど、アラカン頃には、ワンコと共に見事なシルバーヘアに変身するのも悪くないかな。 最後に トイプードルのブリーダーも、素人に毛が生えた程度の人がたくさんいる。 色は一見して分かるところだから、ついこだわりがちだけど、 毛色遺伝や遺伝子関連の疾患など、ブリーフィング(交配)についてしっかりとした知識と経験を持ったブリーダーを選びたい。 でも、毛色の変化を楽しめるのもプードルの魅力の一つ。 逆に退色を楽しんでいきたいね。

次の