ファイナル ファンタジー 7 スイッチ 攻略。 スイッチ移植のFFシリーズ全8タイトルをまとめて紹介

【WOFF】攻略 ホーリードラゴンを入手しよう/氷柱の崖/ワールドオブファイナルファンタジー

ファイナル ファンタジー 7 スイッチ 攻略

ファイナルファンタジー7は1997年にスクウェア・エニックスから発売され、累計1100万本以上も売り上げた大人気RPGだ。 発売当初はPlayStation用ソフトであったが、現在ではスマホやPS4でのプレイも可能である。 フルリメイク版の発売も決定 ファイナルファンタジー7は、FFシリーズの中でも1,2を争うほど人気の高い作品で、リメイク版の発売が決定している。 リメイク版ではFF7の世界観をそのままに残しつつ、バトルシステムなど、全面的に作り変えられるようだ。 戦略性の高いバトル ファイナルファンタジー7では、最大3人のパーティで戦う。 通常攻撃、マテリアを使用した魔法攻撃、ゲージが貯まると使用できるリミットブレイクを駆使して敵を倒していく。 シリーズ初の3Dグラフィック ファイナルファンタジー7はFFシリーズで初めて3Dグラフィック化され、CGムービーが挿入されている。 当時では最新技術を用いて作成され、目新しく注目された。 スマホ版だけのステータスマックス機能 スマホ版ファイナルファンタジー7では、独自機能を搭載している。 モンスターとのエンカウントオフ機能や、ステータスマックス機能などを用いて、快適にFF7をプレイできる。

次の

FF7(ファイナルファンタジー7)攻略ガイド

ファイナル ファンタジー 7 スイッチ 攻略

注意事項• 個人や企業への、批判・誹謗中傷はご遠慮下さい。 悪質な投稿や削除があった場合は規制・通報などの対応を行います。 各情報にはネタバレを含む可能性があります。 また、情報が正確でない可能性もあります。 閲覧は自己責任で行ってください。 本サイトでは本タイトル以外にもたくさんのゲームを取り扱っております。 も募集中です。 , LTD. All Rights Reserved.

次の

FF7R リメイク ローチェ戦(バイク)の攻略方法・倒し方・戦い方!【ファイナルファンタジー7】

ファイナル ファンタジー 7 スイッチ 攻略

巨大な隕石のせいで猛毒の瘴気に覆われてしまった世界。 人々はクリスタルの力で瘴気の影響を受けずに暮らしていましたが、その力も永遠ではなく、1年に一度ミルラの木から取れる「ミルラの雫」で清めなければなりません。 主人公はミルラの雫を集める一団「クリスタル・キャラバン」の一員として、村を守るための冒険へ出発します。 出典: 本作はアクションRPG。 瘴気があふれるダンジョンを、クリスタルケージから離れないようにしながら進んでいきます。 バトルでは必殺技や連携魔法のマジックパイルを使って強力な攻撃も可能。 キャラクターによって得意な攻撃が異なります。 シングルモードではモーグリがバトルのサポートをしてくれます。 出典: リマスター版の新要素として、ダンジョンやボスモンスターを追加。 また、原作にはなかったキャラクターボイスや主人公のバリエーションも新たに収録しています。 オンラインマルチプレイで最大4人まで遊べて、異なるプラットフォーム間でも一緒にプレイできるクロスプレイにも対応しています。 物語の舞台はスピラと呼ばれる架空の世界。 主人公のティーダと召喚士のユウナ、そして召喚獣を中心に物語は展開されていきます。 ユウナはシンを倒すために「究極召喚」を習得すための修行に出ます。 テ ィーダはユウナの「ガード」として一緒に旅をし、スピラの世界やシンの秘密、そして自分自身のことを知ってきます。 ゲームはシリーズ初となるフルボイスとなっています。 出典: 戦闘はカウントタイムバトル。 ターン性のバトルに近く、キャラクターを操作しているときは全体の時間が停止します。 発動する技によって、その後のキャラクタノーの順番が前後したりするので、使う技をよく考えてコマンドを選択していく必要があります。 三人編成でパーティを組んで戦います。 召喚獣を召喚したときは、パーティメンバーの三人は後方に下がり召喚獣一体で戦闘を行います。 出典: キャラクターの成長はレベルアップではなくスフィア版で行われます。 バトルに勝利することで手に入る「APを使ってスフィア版を解放していきます。 スフィア版は全キャラ共通なので最終的には同じステータスになりますが、 メインストーリーを攻略するまではキャラクターの特性ごとによって解放されるステータス、魔法などが異なってきます。 出典: 本作の人気は高く、ニンテンドースイッチ以外にもPS4やPSvitaでもリマスター版が発売されています。 ゲームの舞台はイヴァリースと呼ばれる世界。 主人公のヴァンは空賊に憧れる青年です。 グラフィックが向上されたこともあり、広大な空と古代都市の景色を楽しむことができます。 ゲーム内では飛空艇シュトラールに乗って広大な世界を駆け巡ることもできます。 出典: ゲームの戦闘は本作独自のシステム「アクティブディメンジョンバトル」で行われます。 戦闘は3人一組のパーティで行われます。 戦闘に参加するメンバーにはガンビットで戦闘時のコマンドを設定しておきます。 ガンビットに味方のHPが30%以下になったときはケアル、火に弱い敵がいる場合はファイアなど、想定されるシーンをあらかじめ設定しておくことで戦闘は自動で行われます。 ガンビットを無視して個別にコマンドを入力することもできますが、それでは戦闘のスピード感に追いつくことが難しいです。 事前に適切なガンビットをセットすることがゲーム攻略の鍵となります。 出典: オリジナル版からの追加点としてゾディアックジョブシステムが追加されています。 ゾディアックジョブシステムでは、ナイトやモンク、白魔導士など12のジョブから2つをそれぞれのキャラクターに設定することが可能です。 ジョブによって装備できる武具や魔法や技が異なってきます。 PS2版ではキャラクターごとに決まった成長システムでしたが、 ゾディアックジョブシステムによってヴァンやパンネロなどのキャラクターを自分好みに成長させることができます。 また、ジョブはリセットすることができるので色々試してみるのもよいでしょう。 出典: その他細かな追加点として倍速機能やオートセーブも追加されており現代風に遊びやすい作品となっています。 オリジナル版とはグラフィックがかなり異なるポケットエディション版です。 ポケットエディション版ではキャラクターが可愛らしい感じにかなりデフォルメされています。 デフォルメされつつも、キャラクターの個性を損なわないようにデザインされています。 グラディオの異常な逆三角形にも注目です。 出典: PS4のオリジナル版と比べて細かい違いはありますが、メインのシナリオは同じです。 ルシス王国を旅だったノクト達一行は旅先で王都陥落を知り、ニフルハイム帝国からクリスタルの奪還を目指します。 ゲームはオープンワールド形式で、プレイヤーはノクトを操作し世界を自由に回ることができます。 徒歩以外にもレガリアという車で目的地を目指したり、チョコボに乗って世界を駆け巡ることもできます。 ゲームを進めるとレガリアは空を飛ぶこともできます。 出典: 戦闘はアクション形式になっており、今までのコマンド式のバトルとは大きく異なっています。 敵はフィールド上に事前に配置されており、近づくとシームレスに戦闘が開始。 プレイヤーはノクトを操作して連続攻撃や瞬間移動をするシフトなどを駆使して爽快感のあるバトルを楽しめます。 出典: ニンテンドースイッチで遊べるポケットエディション版はPS4のように高グラフィックは楽しめませんが、安価な価格で本格的RPGをサクッと楽しむことができます。 まだFFXVをプレイしたことがない人は、この機会に是非FFXVの物語に触れてみてください。 主人公は手足が長く尻尾が生えたジタン。 タンタラス団所属の盗賊でアレクサンドリアの王女ガーネットの誘拐を計画していました。 偶然にもアレクサンドリアを出ることを決意していたガーネットは、護衛のスタイナーと共にジタンと行動を共にするようになっていきます。 出典: ゲームの戦闘は4人一組のパーティでアクティブタイムバトルで行われます。 武器や防具のほかに事前にセットしたアビリティでキャラクターをカスタマイズできたり、戦闘を重ねるとトランスゲージが溜まりトランス状態になるとキャラクター専用の大技を使うことができます。 出典: 本作の特徴的なシステムとしてアクティブタイムイベントがあります。 町に入るとキャラクター達が別行動をすることが多いのですが、 自分が操作していたキャラとは別のキャラクターが同じ時間に何をしていたのかを垣間見ることができ物語を複数の視点から楽しむことができます。 また、なわとびやカードゲーム、カエルとりなど道中では様々なミニゲームも用意されています。 出典: プレイステーション版からの追加点として、ダメージ9999固定や高速モードなど細かな機能が追加されています。 レベルマックスやアビリティマックスもあるので、 「戦闘は苦手でストーリーだけを楽しみたい!」という人にはうれしいポイントですね。 ゲームの主人公、スコール・レオンハートは特殊部隊SeeDの候補生です。 SeeDは「優秀な傭兵を派遣する組織」という表向きの存在理由がありますが、実のところは「魔女を倒すため」に設立された組織でした。 ゲームを進めることで、魔女とは何のか、SeeDの果たす目的は何なのかといったことを解き明かしていくことになります。 戦闘は通常のコマンド式ですが、本作特有のジャンクションシステムというものが採用されています。 ジャンクションシステムではキャラクターに召喚獣や魔法をセットします。 装備する魔法の種類や個数によってキャラクターの能力も変化してきます。 そのため、単純にレベル上げをしているだけではゲームを進めることは難しく、ジャンクションシステムを理解してキャラクターをカスタマイズしていくのがゲーム攻略の鍵となります。 リマスター版の本作ではゲーム速度3倍速や、バトル強化などが用意されているので快適に遊べるようになっています。 これまでのスーパーファミコンのドット絵から進化して、初めて3Dで描かれた作品になります。 物語の主人公はクラウド。 歴代ファイナルファンタジーシリーズの中でも高い人気を誇るキャラクターですね。 出典: 戦闘はアクティブタイムバトルです。 プレイヤーが操作している間も周りの世界は止まってくれないので素早くコマンド入力をしていく必要があります。 敵からダメージを受けるとリミットが溜まっていき、リミットがマックスになるとリミットプレイクを使うことができ、敵に必殺技をお見舞いすることができます。 出典: マテリアシステムでは武器に開けられた穴に好みのマテリアを装備することができます。 マテリアをつけることでキャラクターは新たな魔法を使えたり、属性やステータスアップなどの効果を得ることが可能。 イフリートやシヴァ、バハムートなどの召喚獣もマテリアを装備することで使えるようになります。 出典: 本作のストーリーは評価がかなり高いですが、複雑でわかりにくい部分もあります。 本作「マキシマ」にはいくつか要素が追加されています。 物語の主人公はレェンとラァンの双子の姉弟。 失われた記憶にたぐりよせられ、小さな者たちが住むグリモワルという世界に誘われます。 出典: グリモワルには「ミラージュ」と呼ばれるモンスターたちが登場します。 レェンとラァンはミラージュ使いで、ミラージュを仲間にすることができます。 仲間になったミラージュは一緒に敵と戦ってくれます。 戦闘システムにはノセノセとバラバラというシステムがあります。 ノセノセでは主人公たちの頭の上にミラージュを乗せることでHPとMPが合算され、さらにアビリティの付与もされます。 バラバラではミラージュが個別の扱いになり、総合的な能力はノセノセに劣ってしまいますが敵の攻撃を分散することなどができます。 出典: 主人公もレベルアップしますが、ミラージュもレベルアップをすることで強くなっていきます。 ミラージュごとに能力や覚えるアビリティが様々なので、戦略的にミラージュを育てていきましょう。 テリーのワンダーランドなどドラゴンクエストモンスターズシリーズに近いイメージです。 出典: ゲームには歴代のFFキャラクターが登場します。 クラウドやユウナ、最新作FFXVのノクティスなどが登場します。 ストーリーの各所には歴代FFシリーズの小ネタも散りばめられ折り、シリーズファンならくすっとするようにシーンがいくつかあります。 チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ! チョコボの不思議なダンジョンシリーズをニンテンドースイッチでも遊ぶことができます。 ゲームの主人公はファイナルファンタジーシリーズに登場するチョコボ。 ローグライフRPGとしてチョコボがダンジョンを探検していきます。 不思議なダンジョンではチョコボが一回動くと周りの世界も一回動きます。 モンスターに囲まれても、慌てず一歩ずつ確実に攻略していくのが楽しい作品です。 チョコボは爪やクラなどを装備することで自身の能力を上げ敵を倒していきます。 他にも、 本を読むことで魔法を放ったり、召喚石を使うことで召喚獣を呼び出すことができます。 出典: 本作ではジョブチェンジシステムが採用されています。 最初から使えるすっぴん以外に回復魔法を操る白魔道士や防御力が高いナイト、素早い動きと忍術が特徴の忍者などがあります。 ジョブによってダンジョンの攻略難易度は大きく変わるので、ダンジョンの特性を見極め適切なジョブをセットしていきましょう。 出典: バディシステムにより、チョコボ以外にもう一体のキャラクターも同時にダンジョンにもぐることができます。 おすそ分けプレイをすれば、チョコボとバディの二人プレイをすることもできます。

次の