長渕わたる。 長渕剛の子供は何人?息子はRenとWataru、娘はいる?

長渕剛の子供は何人?息子の蓮と航は歌手?娘の文音が美人女優に【画像】

長渕わたる

歌手で俳優の長渕剛が25日、都内で行われた主演映画『太陽の家』 2020年公開 のキャスト発表記者会見に出席。 長渕にとっては主演映画『英二』 1999年 以来、20年ぶりの作品となる。 同作で長渕は、神業的な腕を持つ大工の棟梁を演じる。 この日はキャストも発表され、長渕の妻役を演じる飯島直子らが登場。 劇中で、飯島が長渕のほおを平手打ちするシーンがあることも明かされた。 77年に開催された第12回ポピュラーソング・コンテストで入賞し、翌年『雨の嵐山』でデビューした。 私生活では1981年8月、当時アイドル歌手だった石野真子と結婚したが、83年に離婚。 その後、87年に女優の志穂美悦子と再婚し、3児の父となった。 「石野との離婚の原因は長渕のDVにあったという説がある。 その後、『親子ゲーム』 TBS系 で長渕と共演した志穂美が撮影中にケガをし、長渕が病院に付き添い、まめに世話したという。 長渕は優しい反面、DV癖もあるようだが、志穂美はアクション女優としても活躍。 かつ極真空手の有段者であることから、力では志穂美にはかなわないという噂もあったようだ」 芸能ライター しかし、1991年にはドラマ『しゃぼん玉』 フジテレビ系 で共演した女優・清水美沙との不倫が報じられた。 さらに、1993年には同ドラマで共演した女優・国生さゆりとの不倫も発覚した。 ところが、2人が交際中の95年に大麻取締法違反で長渕が逮捕。 国生は記者会見を開き、長渕との不倫を認め、薬物とは無関係であると主張した。 実際、国生は尿検査を受けたが薬物は検出されていない。 その後、志穂美も交えて協議し、長渕との関係は清算されたとしている。 「実は、この会見を開かせたのは志穂美だという。 長渕の逮捕で女優生命が危ぶまれた国生に身の潔白を証明させ、さらには不倫を解消すると公の場で宣言させた。 長年、2人の交際を知っていた志穂美の策略は一枚上手であったようだ」 芸能関係者 会見場の裏で志穂美は仁王立ちしていた。 この記者会見は芸能史に刻まれるものとして今なお語り継がれている。 長渕は、一部ファンにとってはカリスマ的存在であるが、家庭をのぞけば志穂美の尻に敷かれ、国生との不倫以後は大人しくしていたようだ。 だが2015年3月、今度はモデル・冨永愛との不倫疑惑を『週刊文春』 文藝春秋 に報じられた。 記事によると、志穂美が足のケガで入院中、熱狂的な長渕のファンであった冨永を何度も自宅に招いていたという。 冨永は2014年、過去の複雑な家庭環境や壮絶なイジメ体験を告白した『Ai 愛なんて大っ嫌い』 ディスカヴァー・トゥエンティワン を発売。 長渕の助言のもと執筆し、さらには長渕がプロデュースを手掛けている。 冨永の長渕への信頼は厚く、同書の中でも、感謝の言葉をつづっている。 「この自著伝をもとにした舞台でも長渕は演出を担当した。 さらに、常に一緒の2人は、ホテルも同室だったという情報もあった。 長渕のツアーにまでも同行した冨永は、ケータリングの手配などの裏方仕事を引き受けていたという。 実際、長渕は弟子入り志願した冨永を故郷の鹿児島県に連れて、格闘技トレーニングを伝授したそうだ」 芸能ライター これまで、志穂美は長渕の女性関係を寛大な態度で受け流してきた。 その後、冨永との騒動では事務所の社長として、妻として、臨機応変に対応したと報じられている。 外部サイト.

次の

志穂美悦子(長渕剛の嫁)の現在!娘と息子など子供3人と結婚エピソードまとめ

長渕わたる

長渕剛の家族構成は? 長渕さんのご家族は奥さん、息子2人、娘1人の5人家族。 お子さんが3人もいらっしゃるんですね。 そして奥さんはあの元アクション女優の志穂美悦子さんです。 志穂美悦子さんといえば日本で初めて女優自らスタントを演じたとして有名ですよね。 幼少期から運動神経バツグンで、中学時代には80mハードルで岡山県歴代2位の記録を残しているそうです。 二人は1986年6月 からのドラマ「親子ゲーム」で長渕さんの妻役を演じたことがきっかけで出会います。 夫婦役から本当の夫婦になるなんて、とっても素敵ですよね! その後映画「男はつらいよ」で再び共演し、1987年めでたくゴールイン。 そして志穂美悦子さんは結婚を機に芸能界を引退。 息子2人、娘1人の子宝に恵まれます。 長女の長渕文音(あやね)さんは女優で芸名は「文音」として活躍しています。 1988年3月17日生まれで3歳からクラシックバレエをはじめ、高校ではヒップホップやジャズダンスに挑戦しました。 そこで芝居と出会い、女優を目指し始めます。 しかし父長渕剛さんは「ありえない!」と断固反対。 それでも文音さんは夢を追い続け、2008年には主演映画「三本木農業高校・馬術部」で報知映画賞新人賞を受賞しました。 その後1年間のNY留学を経て帰国後は映画から舞台、ドラマまで幅広く活躍しており、母の背中であるアクション演技にも挑戦しています。 女優の才能はしっかりと母志穂美悦子さんから受け継がれていますね! 長男の長渕航(わたる)さんはMCラッパーやサーファーとして活動しており、芸名は「WA航RU」です。 そして次男の長渕蓮(れん)さん、芸名は「ReN」です。 レーサーとして活動していましたが、現在は引退しシンガーソングライターとして活動しています。 次はこの二人の息子の現在について、もう少し詳しくみていきましょう。 長渕剛の息子wataruとReNの現在や画像、エピソードはこちら WATARU( 航 )さんは1989年2月2日生まれで、MCラッパーやサーファーとして活動しています。 マルチな才能の持ち主ですね! 実はWATARU( 航 )さん、空手の実力もあり、学生時代には極真空手の全日本大会で優勝経験もあるのです! 2007年の「第22回福島県空手道選手権大会軽量級」では他を圧倒する強さで優勝し 「第12回全日本ジュニア空手道選手権大会」の高校生の部・中量級では第3位に入賞するほどの実力です。 この運動神経も母親譲りでしょうか?素晴らしい経歴ですよね! また、WATARU( 航 )さんのファンの間ではオフィシャルサイトがカッコイイと評判のようです。 マルチな才能を持つWATARU( 航 )さんらしい自由な世界観が伝わってきますね! 一方次男のReNさんは1994年2月28日生まれで、以前はレーサーとして活躍していました。 幼少時から車好きだったことが高じてレーサーの道を選んだReNさん。 2歳のころには車のエンブレムを覚えていたそうです。 小学校の夏休みの自由研究では全ての車に関することを題材にするなど、車に対する並々ならぬ情熱が感じられますね。 12歳で1レーシングカートを始めすぐその才能が開花し、なんとデビューした年にAPGシリーズチャンピオンになったのです。 その後イギリス留学を経てベストルーキーアワードを2度も取るなど活躍がとどまるところを知りません。 しかし2014年、レース中の事故により腰椎損傷をし、治療やリハビリに励みますが2015年引退を余儀なくされました。 時速250㎞程度で長時間走るレースには耐えられない程の怪我を負ってしまったReNさんはさぞかし悔いが残ったことでしょう。 その後は7歳からギターを習っていたこともあり、シンガーソングライターとして活躍しています。 父長渕剛さん譲りの歌唱力は健在ですね! 長渕剛さんの若い頃の面影残る歌声とReNさん独特の透き通った歌声が絶妙にマッチしています。 今ではユーチューバーで有名なHIKAKINさんのYouTubeに何回か出演されたり、ONE OK ROCKのライブに出演するなど、今後の活躍にも期待ですね。 まとめ 長渕剛さんの3人の子どもたちは、それぞれの分野で活躍していましたね! 志穂美悦子さん譲りの演技を武器とする女優の文音さん、MCラッパーとサーファーでマルチに活躍するWATARU( 航 )さん、レーサーからシンガーソングライターに華麗な転身を見せたReNさん、みなさんそれぞれ素晴らしい才能で活躍の場を広げています。 長渕剛さんだけでなく、3人の子どもたちの今後の活躍も注目です!.

次の

志穂美悦子(長渕剛の嫁)の現在!娘と息子など子供3人と結婚エピソードまとめ

長渕わたる

もくじ• プロフィール 経歴 芸名 文音 本名 長渕 文音 ながぶち あやね 生年月日 1988年03月17日 31歳 出身地 東京都世田谷区 身長 163cm B83 W58 H86 血液型 A型 特技 英語 クラシックバレエ 乗馬 障害物 ダンス 資格 普通自動車免許 普通二輪免許 特殊小型船舶操縦 映画 2008年 三本木農業高校、馬術部 主演 菊池香苗役 2012年 FASHION STORY MODEL 大塚ありさ役 2014年 KIRI 職業・殺し屋。 外伝 新里類役 舞台 2010年 PU-PU JUICE公演 結婚狂想曲 シアターサンモール 大場恭子役 2011年 琉球ロマネスク テンペスト 赤坂ACTシアター ユンフイ役 テレビ 2011年 TBS開局記念ドラマ 99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜 ステファニー・さくら平松役 2011年 WOWOW コヨーテ、海へ』 デイジー役 TBS シマシマ 第三話 大塚茜役 2012年 テレビ東京『痕跡や』 西野日和役 2014 SAKURA 事件を聞く女 水沢楓役 WEB 2014年 Girls24 (海外作品) Maki役 CM 2010年 ハウス食品 北海道シチュー 受賞 2008年 第33回 報知映画賞 新人賞 2009年 日本アカデミー賞 新人賞 文音さんの本名は長渕文音といいます、苗字が長渕といえば勘がよくても良くなくても長渕剛さんと関係しているのではと思いますよね、まさにその通りで長渕剛さん長女です。 本名の文音 あやね は、長渕剛さんがあやちゃんと呼びたかったからつけたそうです、かなり意外な真実ですこういう名前の付け方もあるのですね。 3歳の頃から牧阿佐美バレエ団付属橘バレエ学校で、バレエを始めバレリーナになるのが夢だったのですが、14歳の時に怪我でバレエが出来なくなってしまいます。 凄いショックでしばらくやりたいことも見つからなかったそうですが、高校生になりヒップホップやジャズダンスを始め、高校入学後に東映のワークショップのチラシを入手して、行ってみたら芝居が面白いと思い、女優を目指す事になったそうです。 父・長渕剛さんは反対したそうです、お父さんも俳優として活動していた事もあるので、反対は俳優・女優になる厳しさを知っていたからなんでしょうかね。 2008年公開映画「三本木農業高校、馬術部」の、主役としてデビュー。 2011年に主演したドラマ「コヨーテ、海へ」のロケがニューヨーク NY で、これがきっかけとなりNYに演劇留学することになります、 大学卒業後の2012年9月ニューヨーク フィルム アカデミースクール(acting for filmコース)に、約1年半演劇留学しています。 ニューヨークに留学して学んだ事は精神力の強さで、競争が激しく精神的にタフになったそうです、精神力ってなかなか鍛えられない部分なので凄く良い経験したようです。 2014年5月に帰国し2014年9月芸名を「長渕文音」から「文音」に改名しています、芸名を長渕文音の長渕をとって文音にしたのは、帰国して再スタートするので名前を改めたそうです。 2014年10月TBSドラマ「SAKURA」で、日本での女優業を再開させています。 出身高校と大学は? 中学校は オバ・ジャパン・インターナショナルスクール中等部です。 高校は 関東国際高校外国語科英語コース、大学は 明治学院大学国際学部です。 中学・高校共に英語コースで学び、高校1年の時にはスピーチコンテストで全国大会に出場したことがあるそうです、 ドラマ「SAKURA」劇中でも流暢な英語を使っていました、あれは台本に書いてあるのかアドリブなのか気になりました 高校時代は短距離走は学年1位2位を争う早さだったとか、部活は陸上部か運動部系だったのでしょうか? さすが長渕剛さんと志穂美悦子さんのお嬢さんです、文音さんならどのスポーツもオールマイティにこなせそうですし、それにあの美貌ですから高校や大学在学中は人気も凄かったでしょうね。 Sponsored Link 家族構成は? 長渕家は文音さん両親と弟二人の五人家族です。 お父さんは歌手で俳優の長渕剛さんです。 お母さんは、 ジャパンアクションクラブ JAC 出身でかなりのアクションもこなせる女優さんで、最近はフラワーアーティストとしても活動している 志穂美悦子さんです。 芸名 志穂美 悦子 しほみ えつこ 本名 長渕 悦子 旧姓 塩見 生年月日1955年10月29日 63歳 出身地 岡山県西大寺市(現岡山市) 身長 ? 血液型 A型 文音さんの弟で、長渕家の 長男は長渕航さんです。 本名 長渕 航 ながぶち わたる 別名 WA航RU 生年月日 1989年02月02日 30歳 誕生日はわかっていたのですが、生まれた年はわからなかったのですが、ある記事に文音さんの一学年下の弟と書かれていましたので、多分1989年だと思われます。 WA航RUとして父の支援を受ける事なく、ライブを中心にインディーズで活動しているラッパーです。 学生時代に極真空手で全日本大会優勝経験を持つという猛者です、この強さは長渕剛さんと志穂美悦子さんの強さを引き継いでいます、特にお母さんでしょうか。 文音さんの弟で、 長渕家の次男は長渕蓮さんです。 長渕 蓮 ながぶち れん 生年月日 1994年02月28日 25歳 出身地 東京都世田谷区 12歳の時にF1ドライバーを目指す事に、ついにはプロのレーシングドライバーになりましたが、2014年7月の事故で腰椎を痛める怪我をしてしまい、2015年引退することになってしまいました。 引退後は幼少の頃から慣れ親しんできた音楽への道を進む事に、2016年初のアルバムを出す予定です。 長渕家みなさん凄い方ばかりです、想像ですが多分文音さんにも音楽の才能が眠っていると思いますし、 航さんや蓮さんには俳優の才能も眠っているのでしょうね、家族みんな才能の塊のです羨ましいです。 志穂美悦子さんの指導 ドラマ「SAKURA」の劇中では気が強く腕力は男に負けない設定で、アクションシーンが多かったです。 凄いアクションをする文音さんですが、意外な事に文音さんはこれまでアクションについて、昔アクション女優だった志穂美悦子さんから全く教えられたことはなかったそうです。 「SAKURA」の撮影のために志穂美悦子さんが力を貸してくれて2時間半の稽古から帰ってきてから自宅で復習と予習をする、女版ベストキッドみたいな生活をしていたと、文音さんが語っていました。 週末に実家に帰ると志穂美さんが待っていて、「今日は何をやってきたの?」「今日はこれをやるぞ!」とスパルタ教育されたそうです。 志穂美悦子さん楽しんで文音さんに指導していたのではないでしょうか?娘に教えるなんてなかなかない事ですし。 それに志穂美悦子さん来年60歳なのに体がキレッキレなんだとか、引退後もトレーニングしていたのでしょうね凄いと思います。 SAKURAの劇中でのキレのあるアクションは、アクションスターだった志穂美悦子さんとの特訓の成果だったのですね、 しかも数ヶ月の稽古と特訓で、あのアクションが出来る様になるなんてやはり文音さん運動能力かなり高いです。 志穂美悦子さん今でもかなり動けるのだったら、文音さんと母娘でアクション有りのドラマで共演とか面白そうです。 最後に 長渕家を調べたら文音さんを筆頭に凄い方ばかりで驚きました、みなさん才能溢れる方ばかりで驚きました。 ドラマ「SAKURA 事件を聞く女」以降、文音さんテレビで見かけません。 美人でスタイル良くてアクションが出来る女優さんなのですから、かなりの使い道があると思うのですが・・・ 努力していれば必ずむくわれる日が来ると思います、その日まで文音さんには頑張って欲しいです。 お父さんが有名な方の記事です 元アクション俳優の春田さんの記事です。 女子短距離界の期待の新星、エドバーさんの記事です。

次の