チョウセン アザミ。 アーティチョーク(Artichoke)

チョウセンアザミ Cynara scolymus

チョウセン アザミ

古くから栽培され、古代のエジプト、ギリシャ、ローマ時代にすでに食用や薬用として利用されていた。 現在は若い蕾を食用とするため、ヨーロッパやアメリカなど世界で広く野菜として栽培されている。 日本でもよく見られるが、主に観賞用に栽培されている。 学名はCynara cardunculus とされ、この園芸種である。 学名はFlora of North America による。 品種はカルドン cardoon とアーティチョーク(artichoke)に分けられ、写真はアーティチョーク。 根は直根、肉質、太い。 茎は無毛~クモ毛が密生する。 根生葉は長さ30~200㎝、1~2回羽状に深裂又は全裂し、ときに複葉になる。 裂片は楕円形~披針形、全縁~粗い歯があり、裂片の先や歯先に長さ1~30㎜の刺があり、ときに葉柄や裂片の基部の刺が束になる。 葉裏は白色~灰色の綿毛が密生し、葉表には薄くクモ毛がある。 茎葉は長さ50~82㎝、しばしば、茎に短く沿下し、刺のある翼となる。 総苞は長さ3~15㎝、幅4~15㎝、しばしば紫色を帯び、総苞片の先を外曲する。 総苞片は披針形~広卵形、基部は圧着し、先は広がり、鈍形~鋭形~尖鋭形、刺が無く、又は長さ1~9㎜の刺があり、又は切形で急に微突形で刺がなく~小さな刺がある。 花冠は青色~紫色(まれに白色)、長さ3~5㎝、花柱が長く突き出る。 痩果は長さ4~8㎜。 冠毛は剛毛、長さ2~4㎝。 2亜種がある。 Cynara cardunculus がヨーロッパで古くから栽培されてきた種であり、アメリカではglobe artichoke はこれに由来する園芸種の Cynara scolymus として以前は扱われていた。 アーティチョーク artichoke とカルドン cardoon が栽培される園芸種であり、artichoke は総苞片の基部と花托を食用とし、cardoon は茎や葉軸を食用とする。 cardon は総苞がやや小さいとされるが、これらには不明確な部分もある。 野生タイプの種 artichoke thistles は侵略的な保持力の強い雑草であり、カリフォルニア、南アメリカ、オーストラリアなどの地中海気候の地域にはびこっている。 Wiklund はCynara cardunculus に2つの亜種、subsp. cardunculus と subsp. flavescens があることを確認した。 subsp. cardunculus はartichoke と cardoon 及びいくつかの野生種を含んでいる。 subsp. flavescens は侵略的な雑草種を含むものである。 カリフォルニアの野生種の全てがsubsp. cardunculus であるわけではない。 subsp. cardunculus は園芸種を含み、葉の刺が長さ1~3㎝、刺のない園芸種もある。 中部の総苞片は先が尖り、長さ22~38㎜、刺の長さ6~9㎜。 刺の少ない園芸種は総苞片の先に刺のないものもあり、長さ1~2㎜と短いものもある。 総苞片の先の縁が黄色を帯びるものと帯びないものがある。 flavescens Wiklund はアメリカのカリフォルニア州などで野生化している。 葉の刺は長さ1~3㎝。 中部の総苞片は先が尖り、長さ10~21㎜、刺の長さ2~5 6 ㎜。 総苞片の先の縁が幅0. 5~1㎜程度、顕著に 黄色を帯びる。 [花期] 6~8月 [草丈] 0. 5~2. 5m [生活型] 多年草 [生育場所] 栽培種、まれに道端 [分布] 帰化種 地中海沿岸原産 [撮影] 豊橋市 14. 30 チョウセンアザミ属 Family Asteraceae - genus Cynara 1年草又は多年草、高さ50~250㎝、草質、クモ毛状の綿毛がある。 葉は根生葉と茎葉、葉柄があり 根生葉及び下部の茎葉 又は無柄(上部の茎葉)、葉身の縁は1~3回羽状浅裂又は全裂、ときに、本質的に複葉、刺が無く又は細い~非常に丈夫な刺が縁にあり、茎葉は上部で次第に小さく、分裂が少なくなり、最上部は苞状になり、下面は軟毛~密な灰色の綿毛があり、上面は無毛又は薄く綿毛があり、ときに腺がある。 頭花は中心小花頭花(discoid)、単生又は少数の頭花が頂生の集散花序状につく。 総苞は半球形又は卵形、ときに上部でくびれ、直径5~15㎝。 外総苞片は披針形~広卵形、革質、全縁、基部が圧着し、先の付属体が広がり、鋭形~広鈍形~切形、刺が先端にあり又は無い。 内総苞片は薄膜状。 花托は凸面~平ら~凹面、パレアは無く、密に長い剛毛がある。 小花は多数。 花冠は白色~青色~紫色、筒部は非常に細く、のど部は急に広がり、円筒形、裂片は線形。 葯の基部は長い矢じり形、縁飾りがあり、先の付属体は長楕円形。 花柱は枝があり、融合する部分は長く、円筒形、微細なパピラがあり、分離した部分は小さい。 冠毛は輪(白色又は帯褐色)になって落ち、3~7列の硬い多数の剛毛であり、基部で合着し、下部に羽毛があり、上部はしばしば刺があるだけである。 【チョウセンアザミ属の種】 Cynara algarbiensis Mariz-ポルトガル、スペイン原産 Cynara auranitica Post-イラン、イラク、イスラエル、ヨルダン、レバノン、シリア、トルコ原産 Cynara baetica Spreng. Pau-モロッコ、スペイン原産 Cynara cardunculus L. -チョウセンアザミ アーティチョーク , カルドン マカロネシア(カナリー諸島)、北アフリカ アルジェリア、リビア、モロッコ、チュニジア 、 ヨーロッパ フランス、スペイン、ポルトガル、アルバニア、クロアチア、イタリア 原産 Cynara cornigera Lindl. -キプロス原産(1997年に発見されたCynara cyrenaica類似種) Cynara syriaca Boiss - レバノン、シリア原産 Cynara tournefortii Boiss. - ポルトガル、スペイン原産 チョウセンアザミ属の主な種と園芸品種 1 Cynara cardunculus Linnaeus チョウセンアザミ(アーティチョーク)朝鮮薊 synonym Cynara cardunculus var. scolymus L. Benth. synonym Cynara scolymus L. Scolymus Group synonym Cynara sylvestris Lam. synonym Saussurea carthamoides Buch. -Ham. ex Roxb. Benth. マカロネシア(カナリー諸島)、北アフリカ アルジェリア、リビア、モロッコ、チュニジア 、 ヨーロッパ フランス、スペイン、ポルトガル、アルバニア、クロアチア、イタリア 原産。 中国名は泥胡菜 ni hu cai。 根は直根、肉質、太い。 茎は無毛~クモ毛が密生する。 根生葉は長さ30~200㎝、1~2回羽状に深裂又は全裂し、ときに複葉になる。 裂片は楕円形~披針形、全縁~粗い歯があり、裂片の先や歯先に長さ1~30㎜の刺があり、ときに葉柄や裂片の基部の刺が束になる。 葉裏は白色~灰色の綿毛が密生し、葉表には薄くクモ毛がある。 茎葉は長さ50~82㎝、しばしば、茎に短く沿下し、刺のある翼となる。 総苞は長さ3~15㎝、幅4~15㎝、しばしば紫色を帯び、総苞片の先を外曲する。 総苞片は披針形~広卵形、基部は圧着し、先は広がり、鈍形~鋭形~尖鋭形、刺が無く、又は長さ1~9㎜の刺があり、又は切形で急に微突形で刺がなく~小さな刺がある。 花冠は青色~紫色(まれに白色)、長さ3~5㎝、花柱が長く突き出る。 痩果は長さ4~8㎜。 冠毛は剛毛、長さ2~4㎝。 花期は6~8月。 2亜種がある。 1-1 Cynara cardunculus subsp. cardunculus 園芸種を含み、葉の刺が長さ1~3㎝、刺のない園芸種もある。 中総苞片先が尖り、長さ22~38㎜、刺の長さ6~9㎜。 刺の少ない園芸種は総苞片の先に刺のないものもあり、長さ1~2㎜と短いものもある。 総苞片の先の縁が黄色を帯びるものと帯びないものがある。 flavescens Wiklund アメリカのカリフォルニア州などで野生化している。 葉の刺は長さ1~3㎝。 中総苞片は先が尖り、長さ10~21㎜、刺の長さ2~5 6 ㎜。 総苞片の先の縁が幅0. 5~1㎜程度、顕著に 黄色を帯びる。 チョウセンアザミは享保年間(1716~ 1735年)に日本に輸入され、朝鮮i薊の名で画かれている。 花木真写の絵図は精細、正確である。 花木真写は京都嵯峨の陽明文庫にあり、三巻よりなり、125 図の植物の写生図が載せられている。 また、草木図説 巻15,43図版(1856)にもテウセンアザミとして図説されている。 efloras. aspx? ars-grin. aspx? u-tokyo. u-tokyo. pdf |.

次の

アーティチョーク

チョウセン アザミ

チョウセンアザミ(朝鮮薊)は、キク科チョウセンアザミ属の多年草です。 地中海沿岸が原産で、日本へは江戸時代の1868(慶応4)年にオランダから渡来したと言われています。 名の由来は、不明です。 「チョウセン」は外国産を表す程度の意味合いで、朝鮮とは関係ありません。 中国では洋薊 yangji ですから、ヨーロッパのアザミである事がよく分かります。 英名は、アーティチョーク Artichoke 、あるいはglobe artichoke。 Artichokeは、語源がアラビア語のアル・カチェフ al-kharshuf で、大きなアザミの意味。 キク科 Asteraceae Bercht. et J. Presl 1820 は、世界に約950属2万種が分布します。 日本には約70属360種があり、帰化植物は100種以上あります。 Asteraceaeは、aster(星)の意味。 保留名のCompositae Giseke, 1792は、「合成された」との意味から。 チョウセンアザミ属 Scolymus L. 1753 は、地中海沿岸を中心に約8種類あります。 と言われています。 茎は太く、叢生し、草丈は150~200cmになります。 葉はやや硬質で、長さ50~80cmで羽状に深裂し、葉裏は白い綿毛が密生します。 棘は、ほとんどありません。 小葉の先端は棘状になります。 花期は6月から9月頃。 茎の先に径8~15cmの頭状花を付けます。 管状花の集合体で、淡紫色です。 総苞片は棘になります。 学名のCynaraは、この状態を犬の歯に見立てたものです。 ヨーロッパでは、蕾の内に摘んだ総苞片の肉質部や花托を茹でて食用とします。 葉にはサポニンやセスキテルペン配糖体が含まれ、薬草として利尿・強壮・食欲増進に用いられます。 冬はロゼットで越冬します。 繁殖は主に株分けで行います。 したものですが、もっぱらどのような味だったのかに興味津々でした。 Japanese common name : Artichoke Cynara scolymus L. 茎と葉 チョウセンアザミ(朝鮮薊) 和名:アーティチョーク Artichoke キク科チョウセンアザミ属 学名: Cynara scolymus L. 花期:6月~9月 多年草 草丈:150~200cm 花径:8~15cm 【学名解説】 Cynara : cyno(犬)/チョウセンアザミ属 scolymus : 古い属名|刺の L. : Carl von Linne 1707-1778 撮影地:静岡県静岡市 葵区賎機(植栽) 2006. 少しでも生物についての興味を持って頂けたら幸いです。 興味のあるものは、天文学・理論物理学等です。 残念ながら花には深い思い入れがありません。 名前を覚えるのが苦手なので、せめて目にした野草の名前の幾つかを覚えようと観察を始めました。 もっとも、聖書に書かれている「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。 働きもせず、紡ぎもしない。 しかし、言っておく。 栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。 今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。 」(マタイ 6:28-30抜粋・新共同訳)に触発されたのが根底にあります。 【検索する】和名はカタカナ表記です。 漢字で検索しないほうが良好な結果が得られます。 【写真を拡大する】写真をクリックすると拡大されます。 その写真をクリックすると元に戻ります。 ブラウザの設定によっては動作しません。 【コメントする】記事タイトルをクリックすると「コメントする」ボタンが最下部に現れます。 パスワードは削除する時に必要なものです。 投稿者のあなたが決めて下さい。 【トラックバックする】[停止中]承認制としさせて頂いていますので、確認後に有効にさせていただきます。 問い合わせの必要はありません。 【間違いの指摘】コメント欄の「非公開コメント」にチェックを入れて書き込んで頂ければありがたいです。 【注意】民間療法、生薬などは、使い方を誤ると重大な結果を招きます。 知識無く利用する事は危険です。 専門家の指導無しに利用する事は避けてください。

次の

アーティチョーク(朝鮮薊)の花言葉と栽培方法は?食べ方は?

チョウセン アザミ

特徴 [ ] 高さは1. 5-2mで、葉は50-80cmに達し、つぼみは8-15cmに達する。 ちなみに、英米ではともと称する。 (: )とアーティチョーク(: 、)は別の種類の植物であり、エルサレムアーティチョークはキク科のヒマワリ属キクイモで、アーティチョークはキク科のチョウセンアザミ属チョウセンアザミである。 利用 [ ] 総体積に占める可食部の割合は少ない。 食用とするには、まずつぼみをなどと共に茹でるか、蒸す。 そして、花及び果実の冠毛になる繊毛を取り除き、蕚状の苞片を外から剥き、苞片基部の肉質部分を歯でしごくように食べ、最後に部分を切り分けて食用とする。 食用部分はに富んでおり、食感はに似ている。 水溶性に富む。 葉にはを含み、肝臓の解毒に効果がある。 シナリンにはの甘味受容体の働きを阻害し、アーティチョークを食べたあとに食べるものの味をなんでも甘く感じさせてしまう働きがある。 そのため、アーティチョークに上質なは合わないとされている。 やでは広く食用とされている他、インドでも二日酔いの防止のために飲酒の後に茶に混ぜて飲まれている が、日本では栽培条件が合わないこともあって野菜としてはあまり普及していない(観賞用が多い)。 ただし、近年ハーブティーとして飲まれることが増えている。 では、由来のカルチョーフィ(carciofi【複】)またはカルチョーフォ(carciofo【単】)と呼ばれ一般的な野菜として前菜などに使用される。 フランスではゆでたり詰め物をしたりして調理するが、新鮮なものを生で食べるケースもある。 ポルトガルではアーティチョークのおしべを使って凝固させるチーズがしばしば見られる。 やなどである。 なお、放屁の回数と臭いを抑える効果があるとされる。 歴史 [ ] 元は野生のアザミであったが、古代・時代以降、品種改良が進んで今日の姿となった。 近縁種の(: C. cardunculus)はとげが鋭いが、同様に食用になる(こちらは茎も食用とする)。 アザミをカルドンに改良し、さらに改良してアーティチョークになったという説もある。 本格的に栽培され始めたのは15世紀のナポリ近辺で、徐々にヨーロッパ全域に広がった。 16世紀にに輿入れしたによってフランスに伝播した。 彼女の悪評の一つとして、当時はとして考えられていたアーティチョークをの日に食べ過ぎたという逸話が残っている。 にはにから渡来した。 19世紀末からイタリア移民のグループがで大規模にアーティチョークを栽培し、のイタリア系の資金源となっていた。 1930年代、マフィアの封じ込めに力を注いでいたニューヨーク市長は市にアーティチョーク禁止令を出したが、アーティチョークの魅力に抗えず1週間後には取り下げられた。 ギャラリー [ ]• 佐々木・46P• Harold McGee『マギー キッチンサイエンス』2008年、共立出版 p. 317• 佐々木・46P• ippin. お茶ラボ. 2019年4月22日閲覧。 ippin. ぐるなび. 2019年4月21日閲覧。 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、編 『チーズ図鑑』 182巻(7版) 株式会社文藝春秋〈〉、2009年、184-186頁。 株式会社iD. 2019年4月21日閲覧。 178. CUESA 2015年5月13日閲覧 参考文献 [ ]• 『ハーブティー事典』()• バーバラ・サンティッチ; ジェフ・ブライアント、山本紀夫訳 『世界の食用植物文化図鑑』 柊風社、2010年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - アーティチョーク・ビジネスで成功したマフィアで、アーティチョーク・キングと呼ばれている。 外部リンク [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報().

次の