生理 前 豆乳 ダイエット 成功。 生理前豆乳ダイエット実践者6人の結果発表!成功率は?生理が遅れる?

生理中のダイエットは軽めの運動でガマンの時!

生理 前 豆乳 ダイエット 成功

生理前のカラダの状態って? 生理前に起こる、さまざまな体調の変化は、ほとんどが「プロゲステロン」という黄体ホルモンの働きによるものだといわれています。 プロゲステロンは排卵後、妊娠や出産に向けたカラダ作りをするため、子宮を温めようとする働きがあります。 そのため、生理前は子宮に血流が集中し、手足の冷えや頭痛、下腹部の痛み、腰痛といった、さまざまなカラダの不調が現れたり、イライラや集中力の低下などの気分の変化が起こったりするのです。 さらに、このプロゲステロンには、妊娠に備えて体内に水分や栄養を溜め込もうとする働きもあります。 普段はカラダの外に排出されている老廃物や余計な水分が生理前の体内に留まることで、生理前のむくみや肌荒れの症状が現れてしまうのです。 知ってた? 豆乳のスゴい効果 体調の変化が起こりやすい生理前には、体重も増加しがち。 しかし、そんな時期でも、豆乳を飲むことでダイエット効果を高めることができるといわれています。 ここでは、豆乳に含まれる3つの成分に着目し、それぞれの働きについて紹介したいと思います。 まず、 大豆イソフラボン。 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持っているため、生理前に働きが鈍くなりがちなエストロゲンに代わって代謝を促進してくれます。 次に、 大豆サポニン。 大豆サポニンには抗酸化作用や血行促進の効果があり、小腸での脂肪吸収を抑えてくれたり、お通じをよくしてくれたりと、生理前に溜まりがちな老廃物を、カラダの外に排出する役割があります。 最後は、 大豆ペプチド。 大豆ペプチドは基礎代謝をアップさせてくれるので、生理前に溜まりがちな体脂肪の燃焼を促してくれます。 生理前のカラダにうれしい成分を、手軽に摂れる「豆乳」。 これだけの栄養が含まれているにもかかわらず、低カロリーなところも、ダイエットに一役買ってくれるポイントです。 生理前・豆乳ダイエットの方法と成功のコツ 豆乳ダイエットの方法は、生理前の1週間〜10日間、「毎日豆乳を1パック(200ml)飲むだけ」。 そんなお手軽な 豆乳ダイエットを成功させるためには、「豆乳の選び方」と「飲むタイミング」を意識することが大切。 豆乳にはさまざまな種類がありますが、大豆の栄養素を一番多くとれるのは、「 無調整豆乳」です。 無調整豆乳は砂糖や塩など、味を整えるものが入っていないので、大豆の栄養素をダイレクトにカラダに届けることが出来ます。 味に独特のクセがあり、どうしてもそのまま飲めない、という人は、豆乳とバナナをミキサーで混ぜる「バナナ豆乳」や、牛乳の代わりにすればカフェオレ感覚で飲める「コーヒー豆乳」もオススメ。 このほかにもさまざまな豆乳レシピが各所で紹介されているので、自分好みの味を見つけてみてください。 そして、豆乳を飲むタイミングは「 食前もしくは間食代わり」にするのが、ダイエット効果が高いそう。 食事をとると血糖値が上昇しますが、血糖値の急な上昇は、余分な脂肪を作る原因でもあります。 食後2時間までの間の、血液中の血糖値の上昇を示した数値に「GI値」というものがありますが、豆乳はこのGI値が低いため、食べる前に摂取することで血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。 豆乳ダイエットを行うときのポイントは、「豆乳の選び方」と「飲むタイミング」の2つ。 これらを意識しながら、無理せず生活に取り入れることのできる方法を見つけることが成功のコツです。 生理前・豆乳ダイエットの効果が出る時期は? 豆乳ダイエットは、ホルモンバランスの変化によって、体内に溜まりがちな水分や老廃物を、豆乳のチカラで体外に排出し、生理前の余分な溜め込みを抑えるものです。 そのため、ダイエット期間中は、効果が実感しづらいはず。 しかし、生理が終わると、エストロゲンが再び活発になるため自然と代謝もアップし、脂肪も燃焼してくれます。 豆乳ダイエットの効果が出るのは、生理が終わったあと。 未来の自分に少し期待して、生理前のブルーな時期を、豆乳と一緒に乗り切ってみてください。 生理前・豆乳ダイエットの注意点 簡単なのに効果が期待できる豆乳ダイエットですが、注意点もあります。 それは、 大豆イソフラボンの過剰摂取による、ホルモンバランスの乱れ。 エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂りすぎると、生理周期が乱れたり、生理痛がひどくなったりすることもあります。 通常、食品から摂取する場合は問題になることはほとんどありませんが、 ダイエット効果を期待して、過度に豆乳を摂取するのは控えましょう。 ダイエットもひとつの体調管理 生理が近づいてくると、ホルモンバランスの変化によって、カラダやココロの不調が起こりがちです。 でも、そんなときこそ、自分の健康について考えるチャンス。 今回は生理前のカラダと豆乳の関係にスポットを当ててみましたが、ホルモンバランスを整えて余分な老廃物や脂肪を溜め込まないことは、日々を楽しく過ごすための体調管理の工夫のひとつです。 生理の周期や経血量などが人それぞれなように、生理前の体調も人それぞれ。 自分のカラダと相談しながら、豆乳の効果をうまく取り入れ、デリケートな時期の、ベストな体調管理を心がけてみてくださいね。

次の

生理前の7日間だけ!豆乳を飲んで生理後に痩せる効果的なダイエット方法

生理 前 豆乳 ダイエット 成功

痩せない原因は生理周期に合ってないから?! いくらダイエットや食事制限をしても 痩せない原因は、生理周期に合ってないダイエット方法を取り入れているからかもしれません。 女性の体は生理周期によって、 体重が落ちやすい時期と落ちにくい時期があります。 生理前や生理中は体重が落ちにくい時期なので、悲しいことにダイエットしても効果はないのです。 女性の身体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つのホルモンによる働きで、日々大きくバランスを変えています。 そしてこの2つのホルモンは月経を境に約28日の周期で増減を繰り返しているのです。 生理周期に合わせたダイエットならきっと成功する! 生理の周期に合わせて、その時に必要なダイエット方法に取り組めば、きっと結果が出るはず! 女性は生理と言う特有の状態を持った生き物ですから、その状態に合わせたダイエットに取り組むことがいちばん結果を出しやすいのです。 ダイエットをするとき、この生理周期が重要なポイントになりますよ! 生理周期って何?自分の生理周期を把握していますか? 月経を境に28日前後で変化する女性ホルモンの周期変化。 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。 通常約28日のサイクルで2つの女性ホルモン増減を繰り返していますが、分泌される時期と役割が違うのです。 ホルモンの1つ「エストロゲン」が最も多く分泌されるのが、生理の直後から排卵期まで。 エストロゲンが多く分泌されている時期は、水分や老廃物が多く排出されると言われていますので 痩せやすい期間。 反対に 「プロゲステロン」が多く分泌されている時は気分がふさがりイライラしたり、体が水分を溜めこみむくみやすくなったりしますので、 痩せにくい期間です。 この「プロゲステロン」が最も多く分泌されるのが、生理の1週間前ごろ。 つまり、この二つのホルモンのバランスを上手く利用すれば痩せない!なんて落ち込んだり苛々することもなく、効率よく生理周期ダイエットができてしまうのです? 生理前のダイエット 生理前はデトックス期間といわれてます。 生理前は余計なものを溜め込みやすく、便秘やむくみなどが起きやすいのです。 また、 女性ホルモンが分泌され食欲が暴走しがちに。 誰でも体重が減りにくくなるので、1kg程増えても当然の時期です。 生理が終われば自然と水分代謝もよくなり体重も戻るので、この時期の体重の増加は気にしなくても大丈夫ですよ! 生理前はダイエットしても意味が無いので、体にたまる老廃物を排出するようにしましょう! イライラしたりストレスが溜まった時は、好きなことをして気分転換をするといいですよ。 ストレスがたまっているのに我慢すると、逆にホルモンバランスを崩してしまいます。 生理前は豆乳ダイエットがおすすめ 生理前の豆乳の嬉しいダイエット効果として、老廃物を溜めこまず、流してくれる大豆の威力がすごいのです。 大豆の中に含まれるサポニンやペプチドは脂肪の燃焼を促したり、吸収を遅らせる効果があります。 生理前に豆乳をしっかりと飲んでおくことで、ため込む必要の無い余分な老廃物・脂肪での体重増加を防ぐことができちゃうんです。 豆乳は美肌効果も? 女性ホルモンに似た豆乳のイソフラボンで美しさもキープ! また、エストロゲンが減少すると肌荒れなどのトラブルが増えてしまうことがあります。 そんなトラブルには大豆イソフラボンが極力な味方になるのです。 女性ホルモンによく似た大豆イソフラボンを積極的に摂取することで、新陳代謝を活発にし、お肌を綺麗に保ってくれるんですよ? 豆乳は生理7日~10日前がおすすめ! 老廃物引き算の法則で、豆乳は生理前1週間から10日に飲むようにしましょう! 本来ならば、体が生理前にため込んだ老廃物を生理後に排出し、プラスマイナスが0になっていきます。 しかし、 豆乳を飲んで生理前のため込みを少なくすることで、生理後さらに余分なものが脂肪が排出され、結果体重がマイナスになるのです。 豆乳は1日200mlを基準に飲みましょう。 飲みすぎると身体に悪影響を及ぼしたり、生理が不順になったりする可能性があります。 また、生理後は豆乳を飲むのをやめ、また次の生理の1週間前から再開すると毎回しっかりと効果を実感できるようです。 生理中は現状維持できればOK 体重は生理前の状態をキープできていればOK! Sponsored Link 生理中は、冷え症になったり体が重く生理痛でお腹も痛かったりとてもつらい時期。 そんな生理中は体重が落ちにくい時期でもあるので、無理に運動せずリラックスして過ごすのが正解です。 食事制限や無理な運動は逆にストレスとなってしまいますので、むりな食事制限や運動は控えて、ゆっくりとした時間を過ごしましょう。 生理中は身体を温めてリラックス&デトックスタイム 生理中はつい食欲が増して食べ過ぎてしまうことがありますので注意が必要です。 また、 生理中は基礎体温が下がり、身体が冷えやすくなりますので、なるべく暖かい飲み物や汁物を食べるようにして、体を温めましょう! 体が温まれば、体も心もきっとリラックスできるはず。 温め効果のあるほっこり温め 「ハーブティ」や 「生姜」を使えば、よりぽかぽかになれますよ。 むくみ解消となる軽い運動や、リラックス効果のあるストレッチを行いましょう。 現在の体重をキープするイメージして、ゆったり過ごして下さいね! 生理後1週間ダイエット 生理後から7日間が女性の身体が最も痩せやすい時期です。 前述した「エストロゲン」が多く分泌され、気分も良くなり、脂肪燃焼や老廃物の排出が活発に行われるようになります。 痩せやすい時期に合わせてダイエットすると、効果的に痩せることができます! 7日間集中して運動や食事制限で痩せる 体重が落ちやすい1週間だけ集中的に運動すればいいので、慢性的に運動するよりも効率よく簡単に痩せることができます。 脂肪がとても燃焼されやすくなるので、より高いダイエット効果を期待できます! 7日間は集中して、食事制限や運動に取り組みましょう。 どんな運動をすればいいの? この時期の運動にぴったりなのは、 ランニングなどの有酸素運動。 一週間集中して、有酸素運動をいつもより少しハードに行うことで、高いダイエット効果が期待できます! 生理後は脂肪分解酵素の量がどんどん増えてきますので、このタイミングで有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼がどんどん進むのです。 無酸素運動の筋肉トレーニング! 有酸素運動をするだけで効果はありますが、さらに「脂肪が燃えやすい体」にする事ができる期間です。 そのためには 有酸素運動の前に筋肉トレーニングを取り入れると、脂肪燃焼の効果が最大に発揮されて行きサイズダウンできるのです。 腹筋など1つの部位につき、20秒程度のストレッチから始めてから、少し息があがるぐらいの軽めの筋トレを1分~1分30秒行いましょう。 この組み合わせを交互行い、他の部位も同じトレーニングをします。 毎日1回合計約10~15分程度行うのがベストです。 脂肪が燃えやすい体になれば、同じ運動でもより多くの脂肪を燃焼させることが出来て効率的に痩せることが出来ます! また、脂肪が燃えやすい身体になるには、姿勢を正して骨盤と背骨の位置を整えたい所です。 そのためには体幹トレーニングを行うのがオススメです。 ゴロンと寝られるだけのスペースがあればすぐにでも誰にでも出来ますよ。 何を食べれば効果的? 糖質の取り過ぎは避け、食事をするときは最初に食物繊維を食べるようにしましょう! 野菜など副菜を食べたあとに、主催の肉や魚、そして最後に主食のご飯を食べると、血糖値がゆるやかに上がるので、太りにくくなります。 栄養バランスのいい和食がオススメです。 生理周期ダイエット方法!生理前の豆乳 生理後の運動で上手に痩せよう!まとめ 生理は体調も気分も一気に悪くなり、嫌な人は多いと思います。 けれどそんな生理を味方につければ、毎日運動しなくても痩せられる効率的なダイエットでキレイに痩せることができます。 ダイエットに最適な時期は、生理終了後から排卵日前のほんの短い間だけですので、そのタイミングさえわかれば集中してダイエットすることが可能。 生理の周期に合わせて、賢く上手なダイエットで理想的なボディを手に入れましょう!.

次の

生理前・生理中の豆乳は、ダイエットでこう飲もう!

生理 前 豆乳 ダイエット 成功

生理前のカラダの状態って? 生理前に起こる、さまざまな体調の変化は、ほとんどが「プロゲステロン」という黄体ホルモンの働きによるものだといわれています。 プロゲステロンは排卵後、妊娠や出産に向けたカラダ作りをするため、子宮を温めようとする働きがあります。 そのため、生理前は子宮に血流が集中し、手足の冷えや頭痛、下腹部の痛み、腰痛といった、さまざまなカラダの不調が現れたり、イライラや集中力の低下などの気分の変化が起こったりするのです。 さらに、このプロゲステロンには、妊娠に備えて体内に水分や栄養を溜め込もうとする働きもあります。 普段はカラダの外に排出されている老廃物や余計な水分が生理前の体内に留まることで、生理前のむくみや肌荒れの症状が現れてしまうのです。 知ってた? 豆乳のスゴい効果 体調の変化が起こりやすい生理前には、体重も増加しがち。 しかし、そんな時期でも、豆乳を飲むことでダイエット効果を高めることができるといわれています。 ここでは、豆乳に含まれる3つの成分に着目し、それぞれの働きについて紹介したいと思います。 まず、 大豆イソフラボン。 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持っているため、生理前に働きが鈍くなりがちなエストロゲンに代わって代謝を促進してくれます。 次に、 大豆サポニン。 大豆サポニンには抗酸化作用や血行促進の効果があり、小腸での脂肪吸収を抑えてくれたり、お通じをよくしてくれたりと、生理前に溜まりがちな老廃物を、カラダの外に排出する役割があります。 最後は、 大豆ペプチド。 大豆ペプチドは基礎代謝をアップさせてくれるので、生理前に溜まりがちな体脂肪の燃焼を促してくれます。 生理前のカラダにうれしい成分を、手軽に摂れる「豆乳」。 これだけの栄養が含まれているにもかかわらず、低カロリーなところも、ダイエットに一役買ってくれるポイントです。 生理前・豆乳ダイエットの方法と成功のコツ 豆乳ダイエットの方法は、生理前の1週間〜10日間、「毎日豆乳を1パック(200ml)飲むだけ」。 そんなお手軽な 豆乳ダイエットを成功させるためには、「豆乳の選び方」と「飲むタイミング」を意識することが大切。 豆乳にはさまざまな種類がありますが、大豆の栄養素を一番多くとれるのは、「 無調整豆乳」です。 無調整豆乳は砂糖や塩など、味を整えるものが入っていないので、大豆の栄養素をダイレクトにカラダに届けることが出来ます。 味に独特のクセがあり、どうしてもそのまま飲めない、という人は、豆乳とバナナをミキサーで混ぜる「バナナ豆乳」や、牛乳の代わりにすればカフェオレ感覚で飲める「コーヒー豆乳」もオススメ。 このほかにもさまざまな豆乳レシピが各所で紹介されているので、自分好みの味を見つけてみてください。 そして、豆乳を飲むタイミングは「 食前もしくは間食代わり」にするのが、ダイエット効果が高いそう。 食事をとると血糖値が上昇しますが、血糖値の急な上昇は、余分な脂肪を作る原因でもあります。 食後2時間までの間の、血液中の血糖値の上昇を示した数値に「GI値」というものがありますが、豆乳はこのGI値が低いため、食べる前に摂取することで血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのです。 豆乳ダイエットを行うときのポイントは、「豆乳の選び方」と「飲むタイミング」の2つ。 これらを意識しながら、無理せず生活に取り入れることのできる方法を見つけることが成功のコツです。 生理前・豆乳ダイエットの効果が出る時期は? 豆乳ダイエットは、ホルモンバランスの変化によって、体内に溜まりがちな水分や老廃物を、豆乳のチカラで体外に排出し、生理前の余分な溜め込みを抑えるものです。 そのため、ダイエット期間中は、効果が実感しづらいはず。 しかし、生理が終わると、エストロゲンが再び活発になるため自然と代謝もアップし、脂肪も燃焼してくれます。 豆乳ダイエットの効果が出るのは、生理が終わったあと。 未来の自分に少し期待して、生理前のブルーな時期を、豆乳と一緒に乗り切ってみてください。 生理前・豆乳ダイエットの注意点 簡単なのに効果が期待できる豆乳ダイエットですが、注意点もあります。 それは、 大豆イソフラボンの過剰摂取による、ホルモンバランスの乱れ。 エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂りすぎると、生理周期が乱れたり、生理痛がひどくなったりすることもあります。 通常、食品から摂取する場合は問題になることはほとんどありませんが、 ダイエット効果を期待して、過度に豆乳を摂取するのは控えましょう。 ダイエットもひとつの体調管理 生理が近づいてくると、ホルモンバランスの変化によって、カラダやココロの不調が起こりがちです。 でも、そんなときこそ、自分の健康について考えるチャンス。 今回は生理前のカラダと豆乳の関係にスポットを当ててみましたが、ホルモンバランスを整えて余分な老廃物や脂肪を溜め込まないことは、日々を楽しく過ごすための体調管理の工夫のひとつです。 生理の周期や経血量などが人それぞれなように、生理前の体調も人それぞれ。 自分のカラダと相談しながら、豆乳の効果をうまく取り入れ、デリケートな時期の、ベストな体調管理を心がけてみてくださいね。

次の