市 県民 税。 扶養内の妻に市民税・県民税の申告書が送られてきた。

<申告Q3

市 県民 税

所得税(及び復興特別所得税)の確定申告(以下、確定申告)とは、前年中(1月1日~12月31日)に生じたすべての所得等とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに税務署へ確定申告書を提出して、源泉徴収された所得税や予定納税で納めた所得税などとの過不足を精算する手続きです。 1%の税率をかけて計算します。 平成25年から平成49年分までの所得税に適用され、各年分の確定申告にて所得税と併せて申告・納税することとなります。 ただし、給与収入等のあるかたで、所得税が源泉徴収されている場合は、その際に併せて徴収されています。 詳しくは、下記「公的年金等の確定申告不要制度について」をご覧ください。 市県民税申告の項目も併せてご覧ください。 確定申告の詳細については、 の国税庁のホームページをご覧いただくか、成田税務署(0476-28-5151)へお問い合わせください。 市県民税申告 市県民税申告とは、前年中(1月1日~12月31日)に生じたすべての所得等について、申告期限までに、その年の1月1日に住民登録のある市町村(市役所)へ市県民税申告書を提出する手続きです。 市県民税申告書は、市県民税を計算するための資料となります。 提出されても所得税には影響しません。 なお、確定申告をしたかたは、市県民税申告をする必要はありません。 ) ・ 前年中に収入がなく、どなたの扶養にもなっていないかた(市県民税申告書は、国民健康保険税(料)や後期高齢者医療保険料などの算定資料を兼ねているため、正しい額が算出できない場合や軽減措置を受けられない場合があります。 市県民税申告についての詳細は、市民税課(043-484-6115)へお問い合わせください。 公的年金等の確定申告不要制度について 「公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下」の場合には、 確定申告の義務はありません。 <重要>この制度により確定申告をしなかった場合でも、次に当てはまるときには、 かわりに「市県民税申告」を行う必要があります。 ・公的年金等の源泉徴収票に記載されていない控除(医療費控除や生命保険料控除など)の申告をする場合 ・公的年金等に係る雑所得以外の所得がある場合.

次の

住民税・市民税を支払った場合の勘定科目は?(個人事業主の納税)

市 県民 税

そもそも住民税とは? 引越しと住民税の関係の前に、まずは住民税について、簡単にご紹介します。 住民税…『都道府県民税』+『市区町村民税』 住民税とは、住所地の都道府県と市区町村に納める2つの地方税を合計したもの。 毎年1月1日~12月31日の1年間の所得に対して課税されますが、実際に納めるのは、翌年の6月からになります。 引越し後の住民税の納め先 住民税は、その年の1月1日に住民票がある自治体から、前年の1月1日~12月31日までの1年間の所得に対して課税されます。 そのため、1月2日に引越しをした場合でも、旧住所の自治体から、住民税を請求されることになります。 新住所の自治体に支払うのは、翌年からになります。 住民税は基本的に住民票のある自治体から請求されるため、引越し前後で市区町村が変わっていた場合でも、転出・転入届の手続きを済ませていない場合は、旧住所の自治体から請求されることになります。 そのため、引越し前後で市区町村が異なる場合は、転出・転入届を早めにおこないましょう。 引越し後の住民税の納め方 個人(事業所得者や公的年金所得者、退職者など)で住民税を納める場合は、引越し後、以前住んでいた自治体から、新住所宛てに納付書が送られてきます。 納付書に記載されている金額は、前年度の所得をもとに計算されたものになります。 市区町村役場や金融機関窓口で、指定された金額を支払いましょう。 住民税の支払い方法は、一括または4分割があります。 どちらの方法でも、損得が発生することはありません。 会社勤めをされている方は、毎月の給料から天引きされている場合がほとんどになるため、引越しの旨と新住所を勤め先に伝えるだけで構いません。 住民税の納付は国民の義務!納め忘れに注意しよう 住民税を個人で納める場合は、納め忘れに注意しましょう。 指定された納付期限が過ぎてしまった場合は、督促状が届きます。 納付期限の翌日から納めるまでの日数に応じて延滞金も発生するため、トラブルや損失を避けるためにも、住民税は決められた期限までに納めるようにしてください。 会社員の方で、住民税が給与から天引きされている場合は、滞納することはありません。 まとめ 適した税金を納めるためにも、引越し後は、転出・転入届(または転居届)の手続きを速やかにおこなうようにしましょう。 住民税を滞納し続けると、承諾なしで財産を差し押さえられてしまう場合があります。 そうした事態を避けるためにも、住民税は忘れずに納めるようにしてください。

次の

住民税が免除される条件は? [税金] All About

市 県民 税

所得税(及び復興特別所得税)の確定申告(以下、確定申告)とは、前年中(1月1日~12月31日)に生じたすべての所得等とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに税務署へ確定申告書を提出して、源泉徴収された所得税や予定納税で納めた所得税などとの過不足を精算する手続きです。 1%の税率をかけて計算します。 平成25年から平成49年分までの所得税に適用され、各年分の確定申告にて所得税と併せて申告・納税することとなります。 ただし、給与収入等のあるかたで、所得税が源泉徴収されている場合は、その際に併せて徴収されています。 詳しくは、下記「公的年金等の確定申告不要制度について」をご覧ください。 市県民税申告の項目も併せてご覧ください。 確定申告の詳細については、 の国税庁のホームページをご覧いただくか、成田税務署(0476-28-5151)へお問い合わせください。 市県民税申告 市県民税申告とは、前年中(1月1日~12月31日)に生じたすべての所得等について、申告期限までに、その年の1月1日に住民登録のある市町村(市役所)へ市県民税申告書を提出する手続きです。 市県民税申告書は、市県民税を計算するための資料となります。 提出されても所得税には影響しません。 なお、確定申告をしたかたは、市県民税申告をする必要はありません。 ) ・ 前年中に収入がなく、どなたの扶養にもなっていないかた(市県民税申告書は、国民健康保険税(料)や後期高齢者医療保険料などの算定資料を兼ねているため、正しい額が算出できない場合や軽減措置を受けられない場合があります。 市県民税申告についての詳細は、市民税課(043-484-6115)へお問い合わせください。 公的年金等の確定申告不要制度について 「公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下」の場合には、 確定申告の義務はありません。 <重要>この制度により確定申告をしなかった場合でも、次に当てはまるときには、 かわりに「市県民税申告」を行う必要があります。 ・公的年金等の源泉徴収票に記載されていない控除(医療費控除や生命保険料控除など)の申告をする場合 ・公的年金等に係る雑所得以外の所得がある場合.

次の