植木鉢 コバエ。 植木鉢のパキラに発生した小バエの退治方法

【観葉植物がある人必見!】土に潜むコバエを確実に駆除する方法

植木鉢 コバエ

1.コバエの発生源 私たちが日常見かけるコバエには、4種類います。 コバエは、小さなハエを総称したもので、一口にコバエと言っても、それぞれ発生源が異なります。 出没しやすい順にご紹介します。 1-1.ショウジョウバエの発生源 ・生ごみ(腐った野菜、果物) ・腐った植物 ・ぬか味噌 ショウジョウバエの特徴:キッチンでよく見かけます。 目が赤色で、体は黄色みがかった茶色です。 体調は、2mmで、すばしっこいのが特徴です。 生ごみや腐った植物のにおいに誘われ、窓やドアの開閉のすきに入ってくるショウジョウバエが、生ごみなどに卵を産みつけることで発生するといわれています。 1-2.ノミバエの発生源 ・生ごみ ・腐った植物 ・動物のフン ・虫の死骸 ・肉料理 ・野菜料理 ノミバエの特徴:体長は2~3mm程度で、体は黄色みがかった茶色です。 ショウジョウバエ以上に動きが速いのが特徴です。 特に好きなのはローストビーフと野菜料理で、食べ物やごみのにおいに誘われて部屋に入ってくるといわれています。 腐った植物や生ごみ、不衛生な排水管、ペットのフンや虫の死骸などに卵を産み付けて発生する場合があります。 動きがとても速いため、ちょっとした家のドアの開閉のすきに家の中に侵入します。 ノミバエは、動物のフンや死骸から発生するものがいるため、ノミバエがたかった食器を使ったり、食べ物を食べたりすると、お腹を壊したりする可能性があります。 1-3.キノコバエ ・緑地 ・観葉植物 ・植木鉢 (発生源は詳しくわかっていません) キノコバエの特徴:体の色は黒く、体長は1~2mmで、小さなものは網戸の隙間をすり抜けることができます。 明け方から10時までの間に発生しますが、コバエの中でもあまり害がない種類だといわれています。 発生源が特定しにくく、観葉植物や植木鉢、緑地などが発生源と言われています。 部屋の明かりに誘われ、風の流れに乗って部屋に侵入します。 自分の力で飛ぶ力はありません。 1-4.チョウバエ ・排水口 ・浄化槽 ・下水 チョウバエの特徴:灰色や黒色の体で、体長は5mm程度です。 湿気が多く、薄暗い場所を好み、やトイレなどでよく見かけます。 蝶(チョウ)のように飛び、夜間に活発に活動する場合があります。 不衛生な排水口や浄化槽などの腐敗物(ヘドロ)から発生するといわれています。 2.種類別コバエを防ぐ方法 コバエによって発生源や、好む香りが異なるため、コバエの種類別に、発生を防ぐ方法をご紹介します。 2-1.ショウジョウバエを防ぐ方法 ・生ごみを放置しない ショウジョウバエは、生ごみのにおいに誘われて家の中に入ってくるので、ショウジョウバエを呼びこまないように生ごみはマメに捨てましょう。 ショウジョウバエの卵は、9日程度で成虫へと成長します。 そのため、9日以上生ごみを放置すると、一気にショウジョウバエが発生します。 ごみ箱に卵が産みつけられることもあるので、ごみを出した後は、ごみ箱を定期的に洗うようにしましょう。 ・ごみ箱にフタをつける ごみ箱にフタをすると、ショウジョウバエが部屋に入ってくるのを防ぐことができ、さらに入ってきたショウジョウバエが、生ごみに卵を産みつける確率を減らすことができます。 ・使用済みの食器はすぐ片付ける 使用済みの食器には、食べ物のカスやショウジョウバエが好むといわれる調味料のにおいなどがついているため、放置せずすぐに片付けてください。 においでショウジョウバエを呼び込んでしまいます。 ・三角コーナーを清潔にする キッチンにある三角コーナーにはフタがなく、放置されることもあるため、ショウジョウバエが増えやすい場所だといわれています。 最近では都度捨てられるタイプの生ごみ入れも販売されているので、あえて三角コーナーを使わないというのも一つの手段です。 三角コーナーを使用したい場合は、マメにごみを捨てて、熱湯をかけて消毒してください。 ・お酒の缶、ビンを放置しない アルコールのにおいは、ショウジョウバエが好むにおいだといわれています。 アルコールの入った缶やビンをそのまま放置するのはやめましょう。 よく洗って、すぐに各自治体の指定の回収日に出しましょう。 2-2.ノミバエを防ぐ方法 ショウジョウバエと同様に、生ごみを放置しない、ごみ箱にフタをつける、使用済みの食器を片付ける、三角コーナーを熱湯消毒するという方法で対策するのがおすすめです。 ・食べ物はそのまま放置しない 食べ物は、すぐにラップやフタをするか、冷蔵庫にしまうなどしてください。 食べ物のにおいに誘われて、ノミバエが家に入ってきてしまうことがあります。 ・ペットのフンはすぐ片付ける 動物のフンに卵を産みつけることがあるので、ペットのトイレはマメにきれいにしましょう。 ・枯れた植物を置きっぱなしにしない 枯れた草や花を置きっぱなしにすると、腐ったにおいに誘われてノミバエがそこに卵を産みつけます。 植物が枯れたら放置せず、すぐに片付けましょう。 2-3. キノコバエを防ぐ方法 ・発生する時間帯は窓を締める キノコバエは、朝の6~10時までの間に発生するといわれているため、この時間帯は窓を閉めきっておくことをおすすめします。 ・扇風機を使う キノコバエは、風の流れに乗って飛んでいるため、家の中から外に向かって風を起こすと、キノコバエは家の中に入れなくなります。 扇風機を使い、風の流れを変えましょう。 ・植物を家の中に置かない もともと植木鉢や観葉植物の土にキノコバエの卵があり、発生源になっていることがあります。 もし植物の近くにキノコバエを多く見かけたら、植物を家の外に出すことをおすすめします。 2-4. チョウバエを防ぐ方法 ・水回りを掃除する チョウバエが発生するのは、細菌などが集まってできたヘドロから発生するといわれているため、水回りを清潔に保つことで、防ぐことができます。 3.コバエを駆除する方法 すでに発生したコバエを駆除する方法についてお話しします。 3-1.ショウジョウバエを駆除する方法 ・めんつゆトラップを使う ショウジョウバエの駆除として有名なのが、「めんつゆトラップ」です。 めんつゆに含まれるアルコールなどは、ショウジョウバエが好きなにおいだといわれています。 家庭にあるもので作れ、お手軽なのでおすすめです。 〈材料〉 容器(ペットボトル、紙コップ、コンビニの冷やし中華の容器 など) めんつゆ(めんつゆが一番おすすめですが、ビールなども可) 適量 水 適量 台所用 数滴 〈作り方〉 めんつゆ:水=1:5の割合で、容器に入れ、その中に台所用洗剤を数滴たらします。 容器は、入り口を大きくした方が、ショウジョウバエがかかりやすくなります。 ペットボトルは、口の部分を切っておくと良いです。 めんつゆだけでは、ショウジョウバエを発生させるだけなので、必ず台所用洗剤を入れ、ショウジョウバエの動きを封じてください。 ごみ箱やキッチンなど、ショウジョウバエがかかりやすいところに置きましょう。 ・コバエがホイホイ(アース製薬)を使う コバエがホイホイは、ショウジョウバエを誘い、捕まえて出られないようにします。 働きかけは1カ月程度です。 めんつゆトラップと違い、処理も簡単で見た目もスタイリッシュです。 3-2.ノミバエを駆除する方法 ・コバエがホイホイを使う(アース製薬) コバエがホイホイは、ショウジョウバエだけでなく、ノミバエにも働きかけます。 キッチンや観葉植物の近くなどに近くに設置しましょう。 3-3.キノコバエを駆除する方法 キノコバエが発生した際は、市販の殺虫スプレーを使用しましょう。 少しの量を噴射するだけでも、十分殺すことができるといわれています。 発生源を特定するのが難しい場合は、扇風機を使うなどして、キノコバエの侵入を防ぐことをおすすめします。 3-4.チョウバエを駆除する方法 発生源と思われる場所の清掃を行い、成虫を人の手で駆除するのが難しい場合は、チョウバエ用の殺虫スプレーを利用してください。 また、成虫を駆除してもどんどんわいてくるという場合は、幼虫が掃除の手の届かないところにいる可能性があります。 4.まとめ コバエの発生源は、コバエの種類によって異なるため、ご自宅のコバエに合わせた対策を行ってください。 不衛生な場所は、コバエだけでなく、ゴキブリなどの害虫が住みつくきっかけにもなるので、家の中はできるだけ清潔に保つようにしましょう。

次の

鉢植えの土に小さいハエみたいな虫が

植木鉢 コバエ

スポンサーリンク 観葉植物のコバエ駆除に水につける 観葉植物や植木鉢を水につける場合、気を付けて欲しいのが植物の体質。 土ごと、どっぷり水に付けることで、植物の根や育成に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあります。 せっかくコバエが駆除できても、植物自体の元気がなくなってしまったら、元も子もありません。 家にある植物の種類や性質を確認したうえで、水没法を試してみてくださいね。 観葉植物のコバエを水につけるなら 水没させる場合、 鉢の中の土が全て水に浸かる必要があります。 コバエの幼虫や卵は、土の中でも 表面に近い部分(地表から2~4cm程度)にいることが多いです。 中途半端に鉢を水没させると、手間だけかかって効果ゼロという困った結果にもなりかねないので・・・ 鉢がすっぽり収まるサイズの容器(バケツなど)を用意してくださいね。 容器の中に鉢を入れたら、鉢の周りから水を流し入れていきます。 このとき、鉢が水の中で浮かないようにしてくださいね。 1時間程、水に漬けておくと、水の表面にコバエの死骸、幼虫や卵等が浮かんでくるので、それらを網などですくい取ったら完了です。 植物の状態や種類によって、水に漬ける時間は変わってくるのですが、4,5分程度の場合、コバエの成虫がしぶとく生き残っている場合があるんですよ~。 水を切った直後にコバエが出てきたら、成虫の生き残りと思ってください。 鉢を水の中から出したら、 日の当たる場所に置き、しっかり水を切ります。 中性洗剤を加えた水に、水没させる人もいます。 コバエ退治に中性洗剤を加える場合は、鉢を水から出した後、ホースなどで水をたっぷりかけて、中性洗剤を流し出してくださいね。 スポンサーリンク コバエは水の中で退治できるが 幼虫(蛆)や卵は水没では退治できないんですね。 土の中に幼虫や蛆が残っていると、また成虫となって出てきたり、土の中に再び産卵されてしまう恐れがあります。 コバエの卵や幼虫が成虫になることを防ぐためにも、2,3日置きに鉢を水に漬ける作業を、何度か繰り返すことをお勧めします。 水から鉢を取りだした後は、しっかり水切りをしてくださいね。 土の中に余計な湿気が残っている状態だと、またコバエが発生する原因にもなってしまいます。 もし、水はけが悪い土を使っている場合は、いっそのこと土そのものを変えるのも考えてみてくださいね。 まとめ 観葉植物や植木鉢の土を水没させるときは、土の表面が乾いた水やりのタイミングで行うといいですよ。 水をたっぷり吸わせた後は、太陽の下で日光浴させながら、しっかり水切りをしてくださいね。

次の

観葉植物のコバエの予防と駆除。虫嫌いでも簡単にできる方法は?|with Hana(グリーンロード運営)

植木鉢 コバエ

スポンサーリンク 植木鉢のコバエ発生原因は何? 植木鉢の土の表面あたりに小さいコバエがうろうろしている…。 場合によっては土の表面だけでなく、植木鉢の下の方で涌いていたり、受け皿にいたりします。 鬱陶しいし気持ち悪いですよね。 お店で購入してから何も触っていないのに発生してしまった場合は、生産者さん、卸業者や花市場、販売店などを渡ってくる時にどこかでついてしまった可能性も考えられると思います。 有機物が多いとコバエが好む環境になってしまいます。 ご家庭で植物が元気になる為の肥料として生ごみ処理機などで処理した堆肥や、お米のとぎ汁を使うとコバエはわきやすくなります。 また、お店で買った土には堆肥や有機質の肥料等が配合されていますが、植木鉢などの容器栽培で水遣りを頻繁にしてしまい、有機物質が常に濡れた状態にいると、ジメジメした環境が好きなコバエが湧きやすくなります。 筆者の経験からも、風通しの悪い場所に長く置かれていた観葉植物は土にコバエが湧きやすい傾向にありました。 これらはコバエだけでなく、ハダニなどの他の害虫の発生率も高かったです。 お店に入荷してきた時点で既にコバエがついた状態の時もありました。 これはお店にやってくるまでの間の環境下に問題があると推測されます。 トラックに詰め込まれて運ばれていたり、市場にしばらく置かれていたりするため、風通しも日当たりも良いとは言えません。 スポンサーリンク 植木鉢に発生するコバエ退治はこうする では発生してしまったコバエはどうやって退治するのがいいのでしょうか? やはり一番は殺虫剤を使う! 虫退治といえば真っ先に頭に浮かぶであろう殺虫剤ですが、通常版のキンチョースプレーなどの殺虫剤を植物に直にかけては植物が痛んで弱ってしまいます。 コバエ専用の園芸殺虫剤は大きめの園芸店やホームセンターじゃないとなかなか見かけないような気がします。 それにこのような殺虫剤はコバエの成虫には効果ありかと思いますが、 土が原因の場合は その土中にコバエのタマゴや幼虫もいる可能性が高いです。 私が一番おすすめなのは、園芸用殺虫剤ではかなりメジャーで効果抜群な 「オルトラン」という殺虫剤。 花屋でも虫問題が発生した時はよく使われていましたし、私の家でも植物を沢山育てていますがこれだけは常に常備しております。 顆粒タイプのものが店頭でよく売られていますよ。 私は害虫が付いたらオルトラン顆粒タイプを使うことが多いですが、使い方としては 虫が湧いている植木鉢の土の表面に適量をパラパラっと撒いて水をたっぷりと上げて数日間放置。 簡単ですよね。 水やりによって土の中に薬剤を滲み込ませ、 土中にいるであろうコバエのタマゴ&幼虫までもやっつけます。 植物本体も根っこから薬剤を吸収し茎や葉にまで有効成分をいきわたらせるので、ハダニやアブラムシ、その他の困った害虫の対処に幅広く使うことができますよ。 しかし、オルトランは少し匂いがきついのが難点。 筆者的には、たくあんに似てるようなニオイだなと感じます。 オルトランを使って暫くの間は臭いので、ベランダや玄関先などの屋外に出して、ニオイが消えるまで待ってから室内に入れてます。 もし屋外に出される場合は、直射日光が当たらない半日陰or日陰になるような場所に置いてあげてくださいね。 風通しよくする 風通しの良い場所に移動させてあげて、しばらく様子を見てみましょう。 コバエ数匹程度なら、これだけでだいぶ改善されることもあります。 移動させる場合は、直射日光の当たる場所だけは避けて下さい。 いきなり強い太陽光があたると、弱ってしまったり、葉焼けしてしまったりする可能性が高いです。 水やりにメリハリをつける 土が常に濡れている状態の場合は、水やりの頻度を今よりもぐっと減らしてみましょう。 特に室内に置かれている植木鉢は、置かれる環境によっても違いますが土の渇きが遅いことがあります。 表面は乾いているけど、土の中は湿っているということも多いです。 また、水のやりすぎは根腐れを起こす原因にもなるので注意が必要。 土が中までしっかり乾いてから、お水をたっぷりあげるというようにメリハリをつけるように変えましょう。 「水やり3年」という言葉があるように、水やりの感覚を掴むのは簡単ではありませんが、日頃から意識して植物の様子を見てあげることで段々掴めてきます。 スポンサーリンク 植木鉢の土を替えてコバエを根本から対策もあり コバエの発生原因である 土を丸ごと変えてしまうのもありです。 上記の方法をやってみてもコバエがいなくならない様子の時は、根本である土を綺麗な新しいものに変えましょう。 花屋でもコバエが居なくならない時は土替えをしていました。 土を買われる際は、100円均一や安い土はきちんと殺菌消毒されていない可能性が高く、モノによっては古い釘や廃材のようなものが入っている事もあるようなので安い土はなるべく避けましょう。 観葉植物用でなくても『室内用』と記載されている土や、きちんと焼成されている土なら清潔で安全なので虫が涌く可能性は低いです。 観葉植物の植え替えの季節はたいていの場合は、 春~夏の終わりくらいの間まで。 秋以降は、植物の成長が遅くなり、冬にはほぼ成長が止まってしまうので、植木鉢の中で根っこが十分に広がらず弱ってしまうことがあります。 暑い季節のうちにやりましょうー! まとめ コバエが湧くのは本当に気持ち悪いですが、殺虫剤を使って対策をしたり、土をまるごと入れ替える事で、ほとんどのコバエはいなくなると思います! 普段からの、水やりや風通しにも注意されてみて下さいね。 >> >>.

次の