麒麟がくる 細川ガラシャ役。 【麒麟がくる】ガラシャのキャストを予想!3人の候補を挙げてみた

麒麟がくる

麒麟がくる 細川ガラシャ役

ガラシャの最期 秀吉の死後、天下統一を争う「関ケ原の戦い」が1600年に起こり、この年はガラシャにとって運命の年となるのです。 夫の忠興は徳川家康に従っていて 「自分が不在の時に妻に危険が生じればまずを妻を殺し全員切腹せよ」という言葉を置いていきます。 西軍であった石田三成は細川屋敷にいたガラシャを人質に取ろうとしますがガラシャはそれを拒否しました。 そのため、翌日、三成は細川屋敷を兵で囲み、実力行使をします。 ガラシャは屋敷内にいる侍女たちを逃亡させ、自分が人質に取られることで夫に迷いが生じてしまうのを避けるため死を決意しました。 自殺行為はキリスト教で禁止されているため家臣であった小笠原秀清に殺させ、屋敷に爆薬を仕掛けてから家臣たちも自害したのです。 38年という短い年でガラシャの生涯は幕を閉じることになりました。 ガラシャの死後 ガラシャの死は三成に衝撃を与え、この件以降、 三成は諸大名の妻子を人質に取ることをやめたのです。 ガラシャの死後、神父であるグネッキ・ソルディ・オルガンティノは細川屋敷の焼け跡を訪れガラシャの骨を拾いキリシタン墓地に葬ったと言われています。 ガラシャが洗礼を受けて激怒していた忠興ですが、ガラシャの死を悲しみグネッキ・ソルディ・オルガンティノに依頼し、キリスト教式の葬儀に参列しました。 散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ この意味は、 「花も人も散りどきを心得るからこそ美しく、花は花の美しさ、人は人の価値がある」ということになります。 気性が荒い面もあったガラシャですが、キリスト教に出会い謙虚になりました。 当時日本にいた宣教師によってガラシャの生涯が欧米まで語り継がれ、オペラにもなっています。 細川ガラシャの現代の子孫 ガラシャと忠興の間には5人の子どもがおり、その中の 長男・細川忠隆の子孫が現代に存在します。 その子孫とは、 政治評論家の細川隆元と、甥にあたる細川隆一郎です。 隆元氏は朝日新聞の記者を務めた後に衆議院議員を1期務め、政界を引退後は政治評論家となりました。 隆一郎氏はワイドショーやコメンテーターとして活躍もしました。

次の

【麒麟がくる】キャスト一覧まとめ!キャスト発表情報もあるよ

麒麟がくる 細川ガラシャ役

スポンサーリンク NHKの大河ドラマ「麒麟がくる」では女性たちが実に魅力的に描かれていますね。 第11回で登場した十兵衛の妻となる、妻木城の姫煕子を木村文乃さんが魅力的に演じていました。 子供たちとかくれんぼをして、笑顔で花びらをふりまく姿は、あふれる愛を惜しみなく与える女性であることを象徴しているのでしょう。 後に、謀反人となる光秀に嫁いだ、この女性は、この後、どのような生涯を送ったのか気になりますね。 ここでは、妻煕子がどんな生涯を送ったのか、幸せな生涯だったのか、少ない資料からほの見える、妻煕子の事をお伝えしたいと思います。 資料は少なく、多くは推測するしかありませんが、苦労の多かった夫光秀を心から愛し、尽くし、幸せな生涯を送ったのではないかと思います。 以下の三つの逸話から煕子という人を想像してみたいと思います。 ・自らの髪を売って光秀を助けた話 ・美しく気高い女性、細川ガラシャを生み、育てた話 ・光秀が重病となった時、必死に看護し、自ら病に伏せ亡くなった話 光秀と仲睦まじく幸せな生涯を送ったであろう煕子の姿を想像してみましょう。 自らの髪を売って光秀を助けた話 夫のために美しい髪を切ってお金に変える妻に、思わずオーヘンリーの「賢者の贈り物」の妻の姿を思い出す方も多いのではないでしょうか。 「賢者の贈り物」はオーヘンリーの代表作、クリスマスイブに貧しい愛し合う夫婦がお金のない中でお互いのプレゼントを贈った心暖まるお話です。 妻は美しい髪を売って、夫が大事にしている懐中時計につけるプラチナの鎖を買うために、自らの美しい髪を切ってお金に変えました。 夫は妻の美しい髪を梳かすための櫛を買う為に、大事にしていた懐中時計を売ってしまいます。 プレゼンとは役に立たないものとなってしまいますが、お互いに大事なものを犠牲にしても相手への思いやりを示すことが、物質主義を超えた本当の賢者であるとオーヘンリーは讃えています。 光秀は、美濃では小領主の主でしたが、斎藤家が滅びると浪々の身となり、越前朝倉義景のもとへ身を寄せます。 しかし当時収入は少なく、苦しい生活を送っていました。 そんな中で、光秀は連歌の会を催さなければならなくなりました。 当時貧乏していた光秀には酒宴を開くお金もなく、対応に窮していましたが、それを見かねて煕子は自らの美しい髪の毛を売ってお金に変えました。 当時の女性にとって髪の毛は大切なもの。 髪を切るという行為は出家する時など、自らの命と引き換えるような行為であり、今の時代に髪を切る行為とはまるで意味合いが異なります。 光秀に心から尽くそうとする美しく健気な覚悟が垣間見えます。 歴史は文字が残るのみ、どんな心情であったかは推し量るしかありませんが、相手に身を捧げる女性であったのでしょう。 光秀がO・ヘンリーの小説のように、懐中時計にかわる何かを妻のために売ったかどうかは定かではありませんが、光秀は妻に心から感謝しました。 煕子が亡くなるまでの間、側室を持たなかったと言われています。 この煕子の逸話は、後に江戸時代の俳人松尾芭蕉が愛しました。 月さびよ 明智が妻の 咄せん と詠んでいます。 美しく気高い女性、細川ガラシャを生み、育てた話 細川ガラシャといえば、戦国の美しい女性として有名すぎるほど有名ですね。 又、明智光秀の娘であり、実母が正妻の煕子でした。 細川ガラシャの非業の死はあまりに有名ですね。 時代は光秀も煕子も既にないずっとのち、関ヶ原前夜の話になります。 ガラシャは明智光秀の親友だった細川藤孝の息子、忠興に嫁いでいます。 関ヶ原の合戦が起きようとしていたころ、石田三成は当時大阪にいた細川ガラシャを人質に取ろうとしました。 しかし、それを拒みガラシャは屋敷に火を放ち、キリシタンであったため自害はできないので、家臣に頼み最後を遂げました。 辞世の句、「 散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ 」 戦国女性として腹が座った凛とした生涯ですね。 ガラシャがクリスチャンになった理由ははっきりとしていません。 しかしマリアのような母の存在、大事なものを犠牲にしても相手に尽くそうとした母煕子の姿が思い浮かんでなりません。 光秀が重病となった時、必死に看護し、自ら病に伏せ亡くなった話 天正4年11月7日(1576年11月27日)煕子は、亡くなります。 本能寺の変の6年前です、享年は36とも42とも46とも言われています。 夫・光秀は煕子がなくなる前、織田と石山本願寺との天王寺の戦いの後、5月に過労のため体調を崩しました。 そのため煕子は夫・光秀の回復を祈り一身に介護しました。 そのかいあって、光秀は7月になると体調は回復したといわれています。 体調を崩した光秀を懸命に看病していた煕子でしたが、その後、まもなく亡くなってしまいます。 その死因が看病疲れであったといわれています。 まさに自らの命を光秀に捧げたような生涯ですね。 光秀と前後して病となった記録は、明智光秀と親しかった公卿吉田兼見の日記『兼見卿記』に書かれています。 そこには、5月26日に光秀の妻(煕子の名前はでてきませんが)が光秀の病気平癒の祈願を依頼し、10月10日には光秀が妻の病気平癒の祈願を依頼した事がわかります。 美しい方だったようです。 織田信長が煕子のあまりの美しさに抱きついたという逸話が残っています。 妻の死は、どれほど光秀の心に大きな穴を開けたことでしょう。 まとめ 当時の女性はなかなか記録が残っていません。 亡くなった時期も『明智軍記』によれば光秀が山崎の戦いで亡くなった後、坂本城で自害したとも。 正確な史実はつかめません。 しかし、少なくとも才色兼備の素晴らしい女性であったことは事実でしょう。 光秀と共に生き、光秀に捧げた生涯はきっと幸せなものだったのではないでしょうか。 光秀は幸せな人物ですね。 明智光秀とは、こんな素敵な女性が愛するに値する人物だったのでしょう。

次の

麒麟が来る2020年大河ドラマのキャスト一覧表!|世知NOTE

麒麟がくる 細川ガラシャ役

2020年 大河ドラマ(第59作) 作 池端俊策 出演者発表第3弾! 伊呂波太夫(いろはだゆう) 尾野真千子 京の戦災孤児・駒が、東庵に引き取られる前の幼少期に預けられていた、旅芸人の女座長の娘。 今は一座の座長になっている。 全国各地を一座でまわり、諸国の有力大名や京の公家に顔のきく不思議な女性。 <尾野真千子さんコメント> 伊呂波太夫は架空の人物で、みなさんもどういう人かわからないと思いますが、今度いつ出てくるのかしら、次はどんなことをしでかすのかしら、そんな風にワクワクしてもらえるような人物になればいいなと思っています。 伊呂波太夫のテーマカラーは七色。 私も元気に、色鮮やかに舞えるよう、頑張ります。 足利義輝(あしかがよしてる) 向井理 室町幕府第13代将軍。 塚原卜伝にも師事したといわれる剣豪将軍。 父・義晴とともに、混迷する京の情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされた悲劇の将軍。 三淵藤英を通じて、光秀と知己を得る。 <向井理さんコメント> 時代劇というものに初めて出演させていただいたのは、大河ドラマ「江」でした。 着物や所作、話し方など本当にゼロから教えていただき、とても深く覚えています。 それからドラマや映画、舞台などで時代劇に出演させていただくようになりました。 また、今回の脚本の池端先生には以前「そろばん侍」というドラマでお世話になっております。 ある意味自分にとっての時代劇の原点である大河ドラマに参加出来ること。 そして池端先生の脚本に参加出来ること。 あの時の恩返しができればという思いです。 この大河ドラマの一助となれば幸いです。 徳川家康(とくがわいえやす) 風間俊介 徳川幕府の創始者。 幼少時より、駿河の今川と尾張の織田の間で人質となり、母と離れて孤独な子ども時代を過ごす。 桶狭間の戦いで今川方として参戦するも敗退。 だが、それを機に今川から独立。 のちに三河の戦国大名として織田信長と同盟を結ぶ。 <風間俊介さんコメント> 震えています。 歴史上、数々の偉人がいますが、その中でも徳川家康を演じさせて頂ける日が来るとは。 家康は、ある作品では温厚な人格者、ある作品では狡猾で残虐な男と、今も多面的に捉えられている人物なので、今回どのように描かれるのか、どのように演じられるか、今から楽しみです。 考えれば考えるほど身体と心が震えますが、これは武者震いです。 大きく息を吸い、この震えが治まった時、家康のように広い目を持って撮影に挑みたいと思います。 太原雪斎(たいげんせっさい) 伊吹吾郎 東海最強の戦国大名、今川義元の軍師。 若き頃より義元に仕え、内政・外交・軍事の全面で今川家を支え、その全盛期を築いた。 僧侶だが、大軍を率いて自ら前線で指揮をとる。 桶狭間の戦い以前に病死する。 <伊吹吾郎さんコメント> 昭和から平成そして令和と大河ドラマに出演させていただけること、誠に嬉しく思います。 この度、賜りましたお役、太原雪斎は、今川義元の参謀と周知された人物。 スタッフの皆さんと、心を合わせ力一杯演じさせていただきます。 また、久しぶりの大河ドラマ出演に、心持ち熱く、一人でも多くの方に、ご覧いただきたいと思います。 【新たなキャスト発表にあたって 制作統括 落合将】 「美濃編」「戦国武将&戦国の華」につづいて新たな出演者にお集まりいただきました。 池端作品の集大成、ともいえるラインナップです。 かつての池端脚本の名作「足尾から来た女」「夏目漱石の妻」で主役を務めた尾野さん、そして近年の作品「そろばん侍」の向井さん。 それぞれこのドラマのキーとなっていく不思議な旅芸人の女座長と、室町幕府悲劇の将軍を演じていただきます。 そしてベテランの伊吹さんにご存じ太原雪斎、いまもっとも脂がのっている風間さんに、このドラマの後半のうねりを大きく背負っていくことになる三英傑の一人、徳川家康を演じていただきます。 人が集まってたくさんに見えても、私たちはそれぞれがそれぞれの人生の主役です。 主役のために集まる脇役、という位置づけではなく、それぞれがそれぞれの登場シーンで主役として人生を生き、大きな世界をつくりあげていく、その中心に光秀がいる。 そんなドラマを我々は目指しています。 2020年 大河ドラマ『麒麟がくる』 【放送予定】 2020年1月19日から 【作】 池端俊策 【語り】 市川海老蔵 【音楽】 ジョン・グラム 【制作統括】 落合将 藤並英樹 【プロデューサー】 中野亮平 【演出】 大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の