大腸 ポリープ 切除 後 食事。 大腸ポリープの切除後の食事いつから乳製品はOK?

大腸ポリープ切除後の食事や大腸ポリープ切除に関して

大腸 ポリープ 切除 後 食事

スポンサーリンク 大腸ポリープは、40歳代から増え始め,加齢とともに出来やすくなるとされています。 60歳代では、2人に1人が大腸ポリープを持っていると言われています。 大腸ポリープ切除後は、食事制限があります。 大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、どのような点に注意したら良いでしょうか? 大腸ポリープ切除後の最も悩ましい主食 大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、主食が、シンプルなだけに、悩ましいものになります。 推奨されるのは、お粥。 大腸ポリープ切除後の、2日目の朝食から全粥が出される病院もあります。 七分粥や八部粥でなく、全粥を用意して大丈夫です。 味付けは、薄味に。 塩分は、控えめにしましょう。 それだけに、味が素っ気ないと、食欲が湧かない人も、少なくないようです。 お粥が口に合わないようなら、うどんでも大丈夫です。 ただし、ネギを添えることは、控えましょう。 ネギは食物繊維が多いためです。 素うどんが寂しいようなら、半熟卵を添えると、ボリュームが出ます。 朝食はパンを食べるのが習慣になっているという人は、パンも大丈夫です。 ただし、 胚芽パンやライ麦パンは、避けましょう。 食物繊維が含まれているためです。 菓子パンやデニッシュ生地も控えましょう。 脂質が多く、消化が良くありません。 パンの時は、コーヒーや紅茶を飲む人が、少なくありませんが、 大腸ポリープ切除後の食事レシピからは、コーヒーや紅茶は外しましょう。 カフェインを多く含む飲み物は、血行を良くしてしまいます。 大腸ポリープ切除後は、出血を促すことを避ける必要があります。 野菜ジュースが良いでしょう。 スポンサーリンク 副菜では野菜の調理法に工夫 主菜は、脂身の少ない鶏肉や魚を使った料理にしましょう。 魚は、術後、間もない頃は、白身魚の方が無難です。 蒸す、茹でる、煮るが基本。 焼いたり揚げたりするのは、大腸ポリープ切除後、2週間くらい経ってからにしましょう。 白身魚の煮付けを作り、豆腐や高野豆腐を一緒に煮ると、胃腸に優しいメニューになります。 ボリュームをアップさせたい時には、卵でとじると良いでしょう。 副菜で使う野菜は、調理法に工夫が必要です。 ゴボウやレンコンのような、硬い食物繊維の野菜は、使用を控えます。 白菜やキャベツ、玉ねぎ、ニンジン、カリフラワー、ダイコンなどは、お腹に優しい野菜です。 ただし、皮はむきましょう。 キャベツのような、普段は生で食べる機会がある野菜も、加熱して食べます。 温野菜にしたり、圧力鍋で茹でたりするのが、オススメです。 主菜も副菜も、極力柔らかく調理します。 目安は、一度で噛み切れる程度。 一度歯を立てて、噛み切れないものは、大腸ポリープ切除後の食事レシピでは、避けるのが基本です。 今回のまとめ 大腸ポリープ切除後の食事では、消化吸収の良いものを摂ることが欠かせません。 主菜は、お粥が良く作られますが、うどんや食パンでも大丈夫です。 うどんに添えるのは、ネギではなく半熟卵、パンを食べる時に飲むのは、コーヒーや紅茶ではなく、野菜ジュースというように、一緒に摂るものを変えることが、必要です。 主菜では、タンパク質をきちんと摂りましょう。 鶏肉や白身魚がオススメ。 調理法は、蒸す、茹でる、煮る。 焼いたり揚げたりするのは、控えましょう。 特に調理法に注意したいのが、副菜の野菜です。 食物繊維が硬い野菜は、使用を避け、皮は必ずむきます。 温野菜にしたり、圧力鍋で茹でたりするのが、オススメです。 一度で噛み切れる柔らかさを目安にしましょう。 スポンサーリンク -.

次の

【医師監修】大腸ポリープ切除後の食事の注意点は?仕事や運動はいつから?

大腸 ポリープ 切除 後 食事

スポンサーリンク 日本人は戦後の西洋文化の影響によって肉を食べる機会が増加しています。 日本人の食生活の欧米化によって日本人の体質も変化をしており、大腸がんの罹病率が増加しています。 男性に限定するとがんの中での死亡原因の第一位が胃がんから大腸がんに取って代わられています。 大腸がんを予防するには食生活を野菜中心にすることが重要です。 しかしながら大腸がんは早期発見をすれば治癒率の高いがんでもあります。 定期的な健康診断によって早期発見に努めることが重要です。 大腸の検査としては潜血反応が一般的ですが、ある程度の年齢に達したら、注腸検査やファイバースコープの検査を受けることが必要です。 潜血検査では分からないことも十分考えられるからです。 注腸検査は比較的簡単にできるのですが、バリウムで造影するだけですから細部まで完全に検査できるわけではありません。 ファイバースコープで検査をすることが重要で、ポリープがあればその場で切除することが出来ます。 スポンサーリンク ファイバースコープの検査は事前下剤を飲まなければなりませんし、前日は消化の良い食事をしなければなりません。 また、当日は大量の下剤を飲んで大腸をきれいにすることで細かいところまで検査が出来ることになります。 万一大腸ポリープが見つかった場合にはその場で切除して細胞を検査する必要があります。 細胞検査によって良性か悪性かが判断されます。 大腸ポリープ切除後の食事は一般的には当日だけ刺激の少ない消化の良いものを食べれば翌日以降は通常通りで問題のないことが多くなっています。 しかしながらアルコールは血液の流れを昂進する働きがあるので摂取についてはしばらく禁止となります。 切除後の状態にもよりますが止血止めのクリップをしたような場合には一週間程度はアルコールの摂取を控える必要があります。 切除跡がきれいな場合には二、三日空ければ大丈夫です。 旅行や過激な運動なども禁止されるわけですので、大腸ポリープの切除を行った場合には医師の指示に従うことが重要です。 スポンサーリンク.

次の

大腸ポリープ切除後の食事でパンやヨーグルト・バナナ・プリンは食べて良い?

大腸 ポリープ 切除 後 食事

切除後の食事はどうすればいい? 大腸ポリープ切除後は、切除したポリープの大きさや深さなどによって食事の制約や内容が異なります。 最初は水分を少量摂るのみにとどめ、気分不快など症状が見られなければ食事が開始されます。 大腸ポリープ手術後の最初の3日間ほどは、ゼリーやヨーグルトといった流動食や消化の良い食事を摂るようにしましょう。 くず湯から始め、豆腐、プリン、うどん、そば、お粥、軟飯、パンと徐々に形状を上げていくと良いでしょう。 野菜を食べる場合には必ず火を通したものにしましょう。 肉を食べる場合には加熱した脂肪の少ない部分とし、魚は加熱した白身魚やはんぺんなどが適しています。 果物ではバナナ、リンゴ、モモ、果物の缶詰などが適しており、乳製品や卵も加熱していれば食べても構わないとされています。 手術後4~7日で通常の食事へ戻して構いませんが、 コーヒー、お酒、漬物、カレーなど強い香辛料を含むもの、こんにゃく、きのこ、海藻、脂っこいものなどの消化の悪いものは控えることをおすすめします。 特にアルコールは血管の収縮や拡張がおこってしまい、結果として血行が良くなることから術後の出血の原因にもなりかねないため控えることが望ましいです。 大腸ポリープ切除後にもおすすめのレシピはある? 大腸ポリープ切除後にはなるべく大腸の粘膜に負担がかからず消化の良い食事を心がける必要があります。 ここでは、手術後におすすめのレシピを3つご紹介しますのでぜひ参考にしてください。 卵がゆ 昆布やかつお節などで しっかり出汁をとってできるだけ塩分を減らすことがポイントです。 お好みでとった出汁を良く煮立ててご飯をお茶碗半分ほど投入します。 弱火で10~15分ほど柔らかく煮込みます。 十分な柔らかさになったら溶いた卵を回し入れて完成です。 ニンジンのポタージュスープ ビタミン類の多い野菜は消化に時間がかかるため、大腸ポリープ切除後はできれば避けたいものですが、 よく煮込んでポタージュにすれば大丈夫です。 薄切りにした玉ねぎをバターで良く炒め、あめ色になったら一旦取り出します。 同じ鍋で薄切りにしたニンジンを同じくバターで良く炒めしんなりしたら取り出しておいた玉ねぎを投入し、適量の水とコンソメキューブを入れ20分ほど弱火でコトコト煮込みます。 十分に柔らかくなったらブレンダーで撹拌し、適量の牛乳を投入して煮立たせれば完成です。 煮込みうどん うどんは炭水化物の中でも消化がよく、大腸への負担を最小限に十分な腹持ちを維持してくれる優れものレシピです。 昆布やかつお節でとった出汁にチルドうどんを入れて10分ほど良く煮込みます。 十分な柔らかさになったら溶き卵や乾燥わかめなどお好みの具材を投入すれば完成です。 野菜類は残渣が残りやすく、大腸の負担になるのでできるだけ控えましょう。 大腸ポリープ切除後、仕事や運動をしていいのはいつから? 大腸ポリープの切除後は仕事や運動といった活動にも制限があります。 基本的に手術後は安静に過ごすことが必要で、腹部にも力を入れないようにして過ごすようにします。 2~7日経てば事務仕事であれば復帰可能となりますが、重労働など身体を動かす労働は身体が熱を持ってしまい、血行が良くなることで傷口から出血するリスクが高まるため避けるようにしましょう。 重い荷物をもったり汗をかいたりといった行為も避けるようにしましょう。 8日目以降であれば、通常の生活に戻ることが可能となります。 「大腸ポリープの切除後は2週間は仕事を休むことが必要」といわれることもありますが、多くの場合、 1週間ほどで職場復帰をし、様子を見て出血などが見られるようであれば病院に行くなどの対応をとっていることが多いようです。 また、事務仕事でも自宅でできるものであれば、大腸ポリープの切除後1日目からの仕事も可能となりますが、通勤しての事務仕事は2日目以降が推奨されます。 また運動は、大腸ポリープの切除後1日目から散歩程度であれば可能です。 しかし、ウォーキングは不可となります。 3日目以降で通常の買い物レベルの外出も可能ですが、仕事と同様に重いものを持たないよう注意してください。 1週間経過したら、自転車、バイクの運転、重い荷物の運搬、水泳、ウォーキング、体操などを行うことが可能です。 さらに2週間経過したらジョギング、ゴルフ、テニスといったスポーツが、3週間経過すれば登山などをすることができるようになります。 海外旅行もポリープ切除後に控えたほうがいいの? 大腸ポリープの切除後は、飛行機に乗れないといった制限はありません。 しかし、 切除後2週間は出血のリスクがあります。 そのため飛行機の中や海外で出血を起こしてしまうと、対処が遅れたり、日本とは異なる対処がされたりして、後遺症が残るまたは命にかかわる可能性もあります。 そのため 海外旅行を検討している場合には、大腸ポリープの切除後2週間以降、出血のリスクが回避できる3週目あたりを目途とすることをおすすめします。 ただし、国内旅行であれば、大腸ポリープの切除後1週間からでも可能です。 その際に出血をした場合には、旅行先の病院をすぐに受診できるように気にかけておくようにしましょう。 おわりに:大腸ポリープの切除後は日常生活にも注意を 大腸ポリープの切除後は食事や運動、仕事や旅行など日常生活のさまざまな場面で注意をすることが必要です。 大腸ポリープの切除後2週間は出血のリスクもあり非常に危険です。 痛みもなく動けるからと手術直後から日常生活へ戻ろうとせず、手術直後は安静を保ち徐々に食事内容や仕事、運動を始めていくようにしましょう。 食事の内容や運動、仕事の内容は執刀医や主治医にしっかりと確認をとることをおすすめします。

次の