おーるじゃんるまとめ。 医者や医療従事者が「ジェネリック薬」を飲まないこれだけの理由

【みんなが作ってる】 コロッケソースのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

おーるじゃんるまとめ

うちはハローワークまでの足回りが悪い場所にあって 義姉は免許を持っていないので、ハローワークまでの送り迎えを頼まれる。 面倒臭いと思うけど、早く決めて早く出てって欲しい一心から引き受けた。 が、この義姉が運転できないくせに助手席からの文句が多くて煩い。 別に空けすぎってほど車間距離を空けてるわけでもないのに 「もっと詰めないと入られちゃうじゃない!」とか 右折信号で黄色になったから止まったら「今の行けたじゃない!」とか。 何度か「運転者の判断ってのがあるんだから黙ってて」 「横からあれこれ言われると気が散って危ないから黙ってて」って言ったんだけど そういうとブスッとふて腐れるわりに、同じことの繰り返し。 それでもタクシーを使えば片道3000円ぐらいかかるし 公共交通機関だとバス~電車~バスで時間がかかるから多少は可哀想だと思ってた。 でも先日は堪忍袋の緒が切れた。 路地から小ベンツが出てきて、運転手が入れてくださいねと言わんばかりに手をあげた。 なので車間を開けて入れてあげた。 ここで義姉が何故入れるんだと文句。 「私だって入れて貰うことあるし、文句あるなら降りれば?」って言った。 しばらく走ると信号が既に黄色になってたのでスピードを落としたら 義姉が「行け!」と横で叫んだが「無理無理」と言って止まった。 そしたら「あんたみたいな運転してると着くのが遅くなってまた待ち時間が長くなる。 ちんたらちんたら走らないでもっとサッサと走りなさいよ。 あんた判断力が鈍いとか言われない?」って言われた。 発進する車を追いかけてきた義姉の姿は傑作だったわ。 義姉はそのままハローワークには行かずに ローソンからタクシーで帰ってきて激しく罵倒されたけど知らん。 勝手に吠えてろ。 普段私以上に好き放題言われて好き放題されてイライラMAXだった義母は 「やるでねえか」とまさかのサムズアップw いくらなんでも嫁よりは娘の味方になって叱られるかなと覚悟してたので ちょっとビックリしたw• 名無しのおにひめちゃん• 2016年12月15日 20:47• 名無しのおにひめちゃん• 2016年12月18日 12:40• うちは、ドライブレコーダー付けてから、義兄嫁も義姉も、〇〇まで乗せて行け!とか言わなくなったよ。 まあ、義両親、義兄、旦那、義弟夫婦に暴言集を見せたからなんだけど。 ついでに、うちに来た時の状態も、Webカメラで録画してたから、家凸も無くなりましたよ。 というか、先日、義両親の還暦祝いで、全員で温泉旅行をしたのですが、その時、私と義弟嫁がビデオカメラを持っていたので、変なところを映されまいとあまり接触もして来なくて、義母に、『義兄嫁さんも、義姉も、今回の旅行はえらく静かねぇ~!私達の還暦を祝うのがそんなにイヤなの?』と言われ、義父には、『母さんもそう思った?次男夫婦と三男夫婦が計画してくれた折角のお祝い旅行なのに2人とも仏頂面だし、気分悪い。 イヤなら無理矢理参加しなくても良かったのに…。 』と言われたら、義兄嫁は速攻で姪だけ連れて帰って行きました。 義姉は夜中に義両親と喧嘩になったようで、翌日の朝帰ったそうで、朝食の時には既に居ませんでした。 今まで我儘放題だったのが、我儘が通じる相手が居なくなったから、2人とも窮屈な生活になってしまったんでしょうね。

次の

電脳天使ジブリール

おーるじゃんるまとめ

厚労省が、来年には薬全体の80%を占めるまでに増やす、としているジェネリック医薬品も、オリジナルと同じなら財布にやさしくて嬉しいかぎりである。 *** 懐にやさしいのは、だれにとっても嬉しいことだが、さりとて安かろう、悪かろうでは困る。 その点でジェネリック医薬品(後発医薬品)は理想的な存在のように見えないか。 「新薬(先発医薬品)と有効成分が同じで、同じ効き目をもつ」と宣伝されているのが本当なら、価格が新薬の7割から、安いものは2割ほどというジェネリックは、ありがたいというほかない。 日本の医薬品に占めるジェネリックの割合は、昨年9月の調査で72・6%。 来年9月までに、これを80%にすべく、現在、厚生労働省が音頭をとっている。 さるジェネリックの製薬会社のCMで流れる、「なによりも患者さんのために」というフレーズ通りに、患者ファーストの施策ということだろうか。 だが、総合内科専門医である秋津医院の秋津壽男院長は、 「ジェネリックの普及を国が推し進めているのは、保険財政の破綻を防ぐためであって、患者の健康を考えてやっていることではありません。 あくまでも財政ファーストで、患者ファーストではないのです」 と、きっぱり。 それでも結果的に、患者のためになればいいわけだが。 ジェネリックとはなんであるのか、保険財政の事情とからめて確認しておきたい。 厚労省のHPには、 〈後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と治療学的に同等であるものとして製造販売が承認され、一般的に研究開発に要する費用が低く抑えられることから、先発医薬品に比べて薬価が安くなっています。 後発医薬品を普及させることは、患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものです〉 と書かれている。 これを厚労省担当記者に、少しかみ砕いてもらおう。 「新薬は研究開発に始まって発売されるまでに、10年、15年とかかり、数百億円の投資が必要です。 だからその分を回収するために、特許を出願したら20~25年は、開発した会社が独占的に製造、販売できます。 でも特許期間が終われば、ほかの製薬会社が、同じ有効成分の薬を作って売ることができます。 これがジェネリックで、研究期間が3~5年ほどですみ、開発費が格段に抑えられるので、価格も安くできるのです」 一方、医療保険財政云々というのは、実際、のっぴきならぬ問題である。 「2018年度に医療機関に支払われた医療費総額は42兆6千億円で、そのうち約2割は薬剤費。 40年には67兆円になるという予測もあって、国家が破綻しかねないほどです。 個々の健康保険組合も6割超が赤字で、薬価を抑えなければ、われわれの生命を支える国民皆保険制度さえ、ひっくり返ってしまいかねない状況だといえます」 医療保険財政が、患者が医療を受けられなくなるほどの危機にあるのなら、「財政ファースト」も致し方あるまい。 いずれにせよ、「同じ」薬が安くなるなら、歓迎しない理由はなかろう。 医薬情報研究所SICの医薬情報部門の責任者、薬剤師の堀美智子さんも、 「医療費を削減するうえで、ジェネリックの活用はとても大切です」 と言う。 ただし、こう付け加えるのである。 「だからこそ正しい知識を持ってほしいです。 「ジェネリックは先発薬とくらべて、主成分となる原薬は同じですが、製造方法や添加物は異なります。 ハンバーグにたとえれば、肉は同じでもつなぎやこね方は異なるということ。 そのうえ原薬についても、混雑物が含まれて、安全性が疑わしい場合があります。 原薬に発がん性物質が含まれている、という問題が発生することもあります」 聞き捨てならない話である。 まずは現場の医師の声に耳を傾けることにしたい。 あわせて読みたい関連本•

次の

おーるじゃんる

おーるじゃんるまとめ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の