トレーニングデイ 評価。 トレーニングデイ春(大阪府大阪市東成区)[地域密着デイ]

演技合戦に痺れる|トレーニング・デイ

トレーニングデイ 評価

ぷらすです。 今回ご紹介するのは名優と、主演のスペンスアクション映画『トレーニング・デイ』ですよー! 重厚な作品での主演やヒーロー役で評価の高いが、初の悪役で赤でイー賞を取った作品ですが、それも頷ける熱量の高い演技でしたー! 画像出典元URL: あらすじと概要 2001年制作の米映画。 新人刑事の一日、トレーニングデイ(訓練日)を描いたサスペンスアクション。 ロス市警の麻薬取締課に新人刑事として配属されたジェイク()は、ベテラン刑事アロンゾ()指導のもと、トレーニングデイに望む。 撮影は本物のの協力を得て、実際に彼らの縄張りで行れていて、ロサンゼルスのストリートの様子がリアルに再現されている。 監督はストリート出身で、後に「」でもメガホンを取る。 感想 僕の中でという人は、重厚なテーマの作品で理性的でインテリな主人公をよく演じてる名優というイメージがあって、「2ガンズ」や「」などのアクション映画は正直ちょっと違和感を感じたりもしてたんですが、本作はそれどころじゃありあせんでした。 絵に書いたような幸せな家族と、幸せな日常。 そして、ジェイクと組むのは憧れの捜査官 アロンゾ()です。 待ち合わせた街の食堂で、憧れのアロンゾに会うジェイクでしたが、このアロンゾ、なんかものすごい偏屈な変わり者。 ってうか若干情緒が安定していない感じで、ジェイクも観ている僕も「あれれ?」と出鼻をくじかれたような気持ちになります。 まぁしかし、新人とベテランで変わり者の「バディムービー」はよくあるネタですし、この後、反発しながらも次第に二人は相棒になっていくんだろうと思いながら観ていると、違和感は減っていくどころか、どんどん増えていくわけです。 中盤の、ある事件を境にサスペンス展開に とにかく、このアロンゾってやつが滅茶苦茶で、麻薬を買う学生やレイプ犯、チンピラを見つけてはぶん殴って麻薬と一緒に所持金を奪い、チンピラにボスの名を聞いてそのボスが服役中だと分かると、その家に行って捜査のふりをしてお金を奪ったり。 演じる新米刑事ジェイクは、正義感の強い男なので、その度アロンゾに抗議するんですが、その度にアロンゾの口八丁にいいよう丸め込まれ、違和感を持ちながらも一緒に行動するんですね。 見ている側も、当然「バディもの」だと思いながら観ているので、でも、アロンゾの行動には何か理由あって、後半その真実が分かるんだろうと思いながら観ているんです。 そして中盤、決定的なある事件が起こり真実が判明するわけですが、ジェイクも観ている僕も「 はぁ!?」となるわけですねー。 これがまた、ほんと、なんていうか身も蓋もない理由でして。 そして後半は二人のサスペンスフルな対決へとなっていくわけです。 麻薬捜査官であることに意味がある? とはいえ、アロンゾも最初は正義と市民の安全を守ろうとする正義感の強い刑事だったことが分かるようになっています。 しかし、先輩のやりかた、理想とは真逆のスラム住民たち、キャリアを重ねるうちに手にしていく権力に、アロンゾは徐々に溺れていくわけです。 そんな彼がっていうのは、暗示的というか皮肉だなーと思ったりしました。 また、アロンゾは事あるごとに、ジェイクに向かって「お前は俺に似ている」「昔の俺を見ているようだ」と言います。 これも、映画が終わってみると、ジェイクの将来を暗示しているというか、アロンゾの姿はジェイクの未来の姿なのかも……という含みを残して物語は終わります。 画面から溢れ出る本物の迫力 本作の舞台では、LAのスラムやそこに暮らす人々が登場するんですが、実は本作では実際にスラムに入り、ギャングの縄張りで撮影しているんだそうです。 そして、エキストラやギャングも本当に現地の人たちやギャングが出演しているそうで、観ている間、なんてことないシーンでもやたらと緊張感があるなーと思っていたんですが、スラムで撮影して本当にその筋の方々が登場してるなら、それはそうだよなっていう。 逆に、そんなリアルなギャングの迫力に負けない芝居をしている、やの凄さが浮き彫りになっていくんですよね。 特にの鬼気迫る悪党っぷりは、 まさに! って感じで、ムカつきながらもどんどん引き込まれて行ってしまいましたよ! 興味のある方は是非!! aozprapurasu.

次の

トレーニング・デイ|感想・評価

トレーニングデイ 評価

トレーニング・デイ評価 トレーニング・デイ 満 足 度 71. 善と悪を表すのにデンゼル・ワシントンとイーサンホークの顔、特に目のアップなどでよくわかる。 いままでデンゼル・ワシントンの作品はは優等生な役が多くてあまり観てなかったけど悪役はとてもよかったし、イーサン・ホークは相変わらず振り回される受身の役はうまいと思った。 でもいい顔なのにちょっと抜けた顔なので刑事には見えない。 イーサンホークも!迫力、緊張感も満点!イーサンホーク、デンゼルワシントンの2人が次にどんな行動をするか?どうなるか?映画を見てる間、ずっとどきどきしてました。 彼の演技もデンゼルの演技も満足!ストーリーも満足! でもいい映画を見終わった後のなんともいえん充実感がなかったので星4つ。 イーサンの男前やけどどこか間のぬけてる顔がいつも気になる...まーそこが好きやねんけど。 髭面も似合ってた。 NO MAIL 11月 13日(火)00時05分43秒 2度目を見に行ったのですが、宣伝にある「LAコンフィデンシャル」が・・・とか、妙な期待感なしに内容も分かってるわけなので、1回目より良かったと思った。 その分良いところも見えたし、逆に悪いところも見えたかなぁと。 やっぱり脚本は良くできてる。 台詞にセンスあるし、全体的に無駄がない。 無駄がない代わりに、少し浅い気もするけど、あくまで1日を描いた映画だから仕方ないかと。 内容知ってても緊迫感があって楽しめる。 イーサン・ホークがバスタブで脅迫されるシーンなんかは分かっていってもハラハラしてしまった。 終盤の展開に多少不満があるが、2度目でも飽きずに見られるくらいなので良い。 あと、デンゼル・ワシントンの演技(特に前半)はやはり素晴らしいに尽きる。 イーサンホークにとってはいろいろありすぎの1日になってました。 あんな1日が続いたらたまんないだろうなぁ... 林完治氏が翻訳している映画はかなりいい作品が多いなとつくづく実感。 最後はどうなっていくのかドキドキしましたがまあ、良いんじゃないですか、DVDの吹き替えでまたみたいと思います。 しかしここまで警察は汚職にまみれてるの???イーサン最高! 彼までも目先の利益にまみれてしまうのかそれとも殺されてしまうのかハラハラしちゃったよ〜ん。 確かにテンゼル・ワシントンは名演技だったけど彼の世界がよくわからず、共感できなかった。 以下、ネタバレある。 Dワシントンが悪役ということは、知っていたが、どうも中途半端な悪役で、最後だけが極悪人という感じ。 本当の悪なのか見ている方に判断をつけさせないように、わざとそうしたのかもしれないが、下の人も書いているように、多くの悪人を捕まえているという事実もあり、判断に迷っているうちに誰にも感情移入できずに終わった。 とくにイーサンホークがなぜにそれほど正義にこだわるのか?出世が目的ならば、それほど正義にこだわる必要もないのではないか?と思ってしまい、どうも応援できなかった。 しかし、悪人どもの迫力には圧倒された。 バスタブに沈められそうになるシーンなど、自分であったらと想像し、かなり恐ろしい気分になった。 トランプのシーンでも、自分であったなら、とにかくものすごい勢いでトランプしたんじゃないか?前半ちょっと眠気が襲ったが、後半の迫力には星をあげたいと思う。 ただ自分はもっと善悪のスッキリした爽快な映画を期待していたので、きっと1年後には、この映画のことは話題にでないだろう。 合言葉は、「勤務中なので、ビールは飲めない」だ。 〜以下ネタばれあり〜「毒をもって毒を制す」というデンゼルに共感してしまったのが後味の悪さの原因。 確かに彼のしていることは犯罪行為だが、麻薬組織の親玉を沢山検挙してきた有能さも同時に備えている。 私は新米刑事が上司を陥れたり命を救ったりして逆に彼を操る立場に回る・・・という結末を期待していたのに、ラストで「善と悪の戦い」になってしまい、かなりがっかりした。 麻薬撲滅を目指す刑事だったら、悪人とはいえ生かしておけば今後の捜査に有効利用できそうなデンゼルを見殺しにしてしまうことに葛藤を抱くものなのではないのか?デンゼルの貴重な人脈や情報、能力を失ったことを新米刑事は後々後悔するのではないか?と考えてしまった。 デンゼル・ワシントンの強いカリスマ性とイーサン・ホーク演じる若手刑事の熱意の争いにおいて私はデンゼルに軍配を挙げてしまったので、最後はついついデンゼルを応援してしまった。 (常識からいってデンゼルが勝つエンディングが許されるわけはないのだが)だって少なくともデンゼルは無実の一般市民を殴ったり殺したりはしてないじゃん。 ああいう結末にするならもっと極悪人にしてくれないと後味悪い!刑事が主役なのに「小悪を倒して巨悪を倒さず」って終わりは納得いかない!!イーサン・ホークの職業がジャーナリストで、彼が悪なのか善なのか判断のつかない刑事(デンゼル)を取材し、刑事の悲惨な末路を描く・・・って話だったなら私は納得いったかも。 日本もそうだが警察は病んでいる。 最後までデンゼルがいい奴なのか悪いヤツなのか何度騙されたことか。 まぁ俺が単純なのかもしれないけど。 役者の演技は文句無しだし、伏線の張り方もうまいし(最初にドラッグを取り上げた連中の車の後ろに乗ってた女の子が絡んでくるもんだと思ってたけど)、何より映画全体の力強さがなんともかっこいいんだけど、半年たったら内容忘れてそう。 なんでだろう?あまり後まで心に残る映画ではない気がした。 いつかやっぱりいい人やったと言う風になるのかなーと見てしまうから。 でもイーサンはよかったし、スピード感があってまあよかったと思う。 人種差別も感じる。 死ぬのはいつも黒人。 脚本賞をもらっても良いかも。 たった一日をこんなにドラマチックに書き上げるなんて感激しました。 特にレイプしかけた女の子にあんな複線はってあるなんて思わなかったので、あれは結構やられ!ってかんじですね。 デンゼルもクリムゾンタイドの知的でハンサムな黒人のイメージから180度転換しちゃってびっくり。 彼なら主演男優賞取っても許す!イーサンホークも一皮むけたって演技で良かった。 それにしてもアメリカはこわいねえ。 だから、根は良い奴なんやから!と思っていたのを最後まで結局悪じゃん!って(笑)逆にその方が良かったのかもしれませんね。 パターン的に「最後は良い奴」じゃ評価下げてた思う。 すいません・・・管理者さん消しておいてください。 お願いします。 結構ハラハラドキドキの展開だったし、黒人刑事の悪役振りがすごかったです。 でもちょっと汚い言葉が多かったかな?あんまりああいう言葉が多い映画を女の子と見に行ったのはよくなかったのかなと思いました。 結構ハラハラドキドキの展開だったし、黒人刑事の悪役振りがすごかったです。 でもちょっと汚い言葉が多かったかな?あんまりああいう言葉が多い映画を女の子と見に行ったのはよくなかったのかなと思いました。 脚本とか凄いのこれ?アカデミー取っちゃうのコレ?デンゼルの演技は確かに迫力満点やったけど内容自体には惹かれなかった。 淡々と進んで、煮えきらぬまま終わったって感じ。 やっぱ何かものたんないよなぁ。 今年のベストワン確定か?アカデミー賞にどこまで絡んでくるのかも楽しみ。 この映画、どうやら日本では不入りらしい。 日本人の一極集中化が更に進むいま、溢れる情報を自己選択できる能力がほしい。 いい映画は「千と千尋…」以外にも沢山ある。 やっぱりなんと言ってもエンゼルマークのデンゼルさんでしょ!!演技がいい〜。 スゲー。 ますます好きになった。 NO MAIL 11月 2日(金)00時34分55秒 なかなか良かったと思います。 何と言ってもデンゼル・ワシントンですね。 この映画の中での彼は本当にすごいと思った。 一番最初のイーサン・ホークと対面するカフェでのシーンからかなりインパクト大。 最初から最後まで衰えることがなかった。 威厳のある悪役で非常に良かった。 内容的にも良質の刑事アクションだったと思う。 だんだんと汚職を行うシーンを見せて、後半に行くに従って盛り上がり、緊迫感も高まって飽きない。 無駄なシーンは少ないし、脚本もしっかりしてて良くできてると思った。 でも、何かが足りない気がした。 下にも書いていた方がいたが、「LAコンフィデンシャル」のように「この後どうなるんだろう?」思わせたり、「ユージュアル・サスペクツ」のような驚きがないのが残念。 少し期待をしすぎてしまったかなぁ・・・。 でも、刑事アクションとしては面白いし、デンゼルの熱演もあって満足はできました。 いつも善人役の多かったデンゼルワシントンの悪役っぷりもよし!!イーサンホークもかっこいい!!見終わった後なんか疲れたでもよかったー。 ただデンゼルがどうしても伝説の刑事には見えなかった。 帰りに黒人を見てなんか思わずよけてしまった。 日本とは治安が違うからよくわからないが、アメリカ人にはあの怖さがわかるんだろうなー。 今2週連続アメリカで1位だし。 何かの雑誌で見ている最中にボクシングのボディブローを徐々に食らっているような映画だと言っていたがその通りだった。 途中まで<本当は良い人なんだ>とうっかり信じてしまいそうな、気合いの入った 演技力のある? 上司です。 善と悪は表裏一体、というような薄っぺらな言葉では語り尽くせない、深みのある話を雰囲気も併せて上手く作り上げていましたね。 個人的にはどことなくチンピラ顔のイーサン・ホークが正義の味方ってのに笑えましたけど。 彼はあの後どうしたんでしょうね〜?気になるところ・・・。 最後に何か大きなオチを期待していたのがいけなかったのか?好みの問題なのか?テレビでやってる2時間ものの刑事ドラマを映画館で観た感じです。 結局、扱っている題材(の切り取りかた)&世界観の問題。 たとえばCMで比較に上げているLAコンフィデンシャルとは違い、この作品には謎がまったく存在しない。 例えば最初から、デンデル・ワシントンは悪人なまま。 トラフィックのようにラストに「アメリカにおける麻薬のありかた」を俯瞰的に開示することもない。 結局、よくできた脚本の個人ドラマを見せるにとどまっている。 ドキドキ感もあるしオチもあるし、ちゃんと映画としてまとまってたんじゃないかな 最近そういう映画少ないもんね。 実はデンゼルワシントンはあんまり好きじゃなかったのだけど、悪役ぶりはなかなかはまってたように思います。 あれで最後にジェイクを殺ってしまえばさらに良かったかも。 ってそれじゃ終わらないのか。。 自己レスになってしまいますが、トム・ベレンジャーはスタン役 と宣伝HPに書いてあった のようです。 ただ、予告や雑誌の映画評を見てから鑑賞しちゃったのでなんとなく先が読めてしまい、その点だけが残念。 何の知識もなく観てたら文句なかったのかも…。 とはいえ、結構楽しめましたので素直に4つ星評価を。 映画の性質上、ネタバレしちゃうとマズイんで、あんまり細かいところに突っ込んだ評価は書けませんが…。 とりあえず、サスペンスものの好きな方にはオススメですよ。 「大丈夫なんか?」と思って観てみると、これが大当たり!!デンゼルの初の悪役らしいけど、今引く手あまたの役者が選んだ映画って感じでしたね。 イーサンも少しずつ彼のカリスマに飲み込まれていく男を好演していました。 デンゼル・ワシントンはやっぱりうまかったし、イーサン・ホークもうまかったと思います。 素晴らしかった!! 1日のドラマでは全く惜しい素材と内容。 短すぎて残念至極。 デンゼルもイーサンもよかった。 イーサン・ホークはこれをきっかけに、さらなる飛躍ができるんではなかろうか?あと、この後に書き込む方にどーしても答えてほしいんだけど、トム・べレンジャーってどこかに出てたのですか?わかんなかった。 この映画を観た今日は、まさに私の正義が試されたトレーニング・デイ(訓練日)。 アロンゾの悪に納得、共感してしまった私にはあのラストは耐えられない・・・。 疑問が一つ。 愛人は、「窓から逃げた」と、なぜ教えたのだろう。 確かにデンゼルワシントンの演技力はよかった。 悪役を立派に演じてた。 でも、ちょっと物足りなかった。 テンポがわたし好みじゃなかったのかも。 後半はちょっとダラケ気味かな〜でも、十分に面白いですよね。 最近みたなかでは一番、、ぐらいに!ドラゴンスクリューさんはプレミアの編集か何かをなさってる方なのですか?同じ意見が掲載されていたので。。 デンゼルワシントンにはすごいのひと言、パワフルでカリスマ性にあふれ、映画をぐいぐい引っ張っていたし見入ってしまった。 内容的にはありがちなネタをここまでにしたのは彼のおかげ。 情けない役ならピカイチ(これしかできない)イーサンホークもらしくない演技でがんばってたし、満足であります。 物語の前半に比べ、後半はだらけてきた。 期待し過ぎたのか、あまり後味の良い映画ではなかった。 違う結末を自分で考えてしまった。 Aコンフィデンシャル」以来の傑作!!とCMで流れていたのでどれほどおもしろいんだろう、と思い見に行ったところ全然この映画の方が面白かった。 A」は短編的ミステリーだったけど、この作品は長編的ハードボイルド映画。 ミステリーではないでしょう。 しかしデンゼルワシントンには脱帽。 現時点で最高の俳優でしょ。 リアリティバイツの頃からずっと応援してたんだけど。 やっと時代が来た!って思いました。 デンゼルは悪役はまりすぎてて怖かった(賞とってほしいな〜)後、脇役陣がかなり豪華!!ドクタードレやスヌープドッグ、メイシーグレイなど大御所揃い、あげくサントラも渋いし、ストーリーも悪くない(所々引っ掛かったけど)いやー面白かったです。 こういう役も見事に演じきるところに彼の非凡さが垣間見える。 ストーリーはありがちな話でありがちな展開なんだけどね。 1日の出来事にしてはいろんなことがありすぎのような気がしてならないけどね。 細かいところで文句もつけたくなる映画だけど、全体とすりゃ文句ナシの出来映えです。 2人の演技勝負って感じで見ごたえがあった。 とても面白かった。 それとも予備知識アリで見ても良かったのか、今となっては分からないけどとにかく面白かった。 デンゼル・ワシントンに対する今までのイメージが強いため、結末があのようになるとは思わなかった。 終わり方、すごいかっこいい。 イーサン・ホークってあんなにかっこよかったのね。 いろいろと思考しながら見たのですが、終わってみれば、すべて納得。 映画としての完成度が高くて、楽しめて、その上、全編を観ることで問題の根幹を明らかにしているわけですから、たいしたものです。 さっき、テレ東で全米TOP20やってて、今週全米初登場1位だった。 内容のよさの割に話題が少ないのはそのためか。 夏の映画が期待はずれが多かっただけにめっちゃよかったです。

次の

トレーニング デイ の レビュー・評価・クチコミ・感想

トレーニングデイ 評価

トレーニングデイ春 トレーニングデイ春に関する情報を掲載しています。 所在地 大阪府大阪市東成区大今里南1-11-14 オリエンタル大今里102 アクセス 大阪市営地下鉄 千日前線今里駅より徒歩5分 近鉄線 今里駅より徒歩10分 事業所の運営に関する方針 要介護状態の利用者に可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、さらに利用者の社会的孤立感の解消及び心身機能の維持並びにその家族の身体的、精神的負担の軽減を図るために、必要な日常生活上の世話及び機能訓練等の介護その他必要な援助を行う。 提供サービスの特色等 機能訓練に特化しており、運動機能低下の予防から改善まで幅広く対応させていただけるように取り組んでおります。 マシントレーニングもご用意させていただいておりますが、利用者様とのお時間を大切にさせて頂きたいのでトレーニングは個別・少人数にて実施させていただいております。 運動機能のトレーニングだけでなく、生活相談員及び介護職員は「学習療法士1級」を取得しており認知症予防・改善の為の個別トレーニングもご希望される方には実施させていただいております。 実際の位置情報とは異なる場合がありますのでご注意ください。 トレーニングデイ春の詳細情報 事業所の名称 トレーニングデイ春(とれーにんぐでいはる) 事業所の所在地 〒537-0013 大阪府大阪市東成区大今里南1-11-14 オリエンタル大今里102 事業所の所在地(建物名・部屋番号等) オリエンタル大今里102 事業所の電話番号 06-6973-7707 事業所のFAX番号 06-6973-7708 事業の開始(予定)年月日 2013年8月1日 介護サービス指定年月日 2013年8月1日 介護予防サービス指定年月日 2013年8月1日 事業所までの主な利用交通手段 大阪市営地下鉄 千日前線今里駅より徒歩5分 近鉄線 今里駅より徒歩10分 事業所の運営に関する方針 要介護状態の利用者に可能な限りその居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、さらに利用者の社会的孤立感の解消及び心身機能の維持並びにその家族の身体的、精神的負担の軽減を図るために、必要な日常生活上の世話及び機能訓練等の介護その他必要な援助を行う。 介護サービスの提供内容に関する特色等(その内容) 機能訓練に特化しており、運動機能低下の予防から改善まで幅広く対応させていただけるように取り組んでおります。 マシントレーニングもご用意させていただいておりますが、利用者様とのお時間を大切にさせて頂きたいのでトレーニングは個別・少人数にて実施させていただいております。 運動機能のトレーニングだけでなく、生活相談員及び介護職員は「学習療法士1級」を取得しており認知症予防・改善の為の個別トレーニングもご希望される方には実施させていただいております。 - 同意を得るための文書に、利用者等の署名等がある。 - 利用者のプライバシー保護の取り組みにかかるマニュアル等がある。 - 利用者の家族への行事案内又は利用者の家族の参加が確認できる行事の実施記録がある。 - 入浴介助について記載されているマニュアル等がある。 - 利用者ごとに、排せつについてのチェックリスト等の記録がある。 - 排せつ介助時の、プライバシーへの配慮について記載されているマニュアル等がある。 - トイレの手すりがある。 - 利用者ごとの希望及び好み、摂取量又は嗜好の記録がある。 - 利用者ごとの希望及び食事の好みについて検討された会議記録がある。 - 利用者ごとの栄養状態に関して、アセスメント(解決すべき課題の把握)を行った記録がある。 - 利用者ごとの栄養ケア計画についての同意を得るための文書の同意欄に、利用者等の署名等がある。 - 栄養改善のためのサービスの実施記録がある。 - 利用者ごとの口腔機能についてアセスメント(解決すべき課題の把握)を行った記録がある。 - 利用者ごとの口腔機能改善計画について、同意を得るための文書に、利用者等の署名等がある。 - 口腔機能の向上のためのサービスの実施記録がある。 - 利用者の健康管理方法について記載されているマニュアル等がある。 - 介助のための人員配置が確認できる運転日誌、運転記録等がある。 - 年間のレクリエーション計画等及びその実施記録がある。 - 少人数又は利用者ごとのレクリエーション計画及び実施記録がある。 - 床の段差、急な傾斜、鋭く角張った場所、滑りやすい床等の解消について工夫している。 - 相談、苦情等対応に関する記録がある。 - ボランティア申込票、登録票、受入票等がある。 - ボランティア活動プログラム、ボランティア活動記録等がある。 - 毎年度の経営、運営方針が記載されている事業計画等がある。 - 現場の従業者と幹部が参加する業務改善会議等の記録がある。 - 非常災害時に通報する関係機関の一覧表等がある。 - サービス提供記録を開示することを明記した文書がある。 - 全ての「新任」の従業者を対象とする研修の実施記録がある。 - 全ての「現任」の従業者を対象とする研修の実施記録がある。 - 事業所全体のサービス内容を検討する会議の設置規程等がある。 [情報更新:2017年5月26日] トレーニングデイ春の口コミ情報.

次の