アジアンツアー。 新韓東海オープン

9月のアジアンツアー「マーキュリーズ台湾マスターズ」中止【アジアンツアー】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

アジアンツアー

美しいビーチが広がるバリ島、そして緑の広がるリゾート、ウブド。 田園風景からボドブドゥールなどの遺跡、伝統芸能など様々な魅力にあふれた楽園リゾートです。 最近の注目エリアはサヌール地区。 一般的に5月〜8月がバリのベストシーズンとされています。 【11月〜3月】雨季。 果物が美味しい季節。 朝・晩はスコールがありますが、日中は晴れることも多く、日が長く夕方遅くまで楽しめます。 気候と服装 高温多湿の熱帯性気候で、1年を通して夏服で過ごせます。 日差しが強いので帽子・サングラス、ホテルの冷房対策に長袖をお持ちになることをおすすめします。 プーケットに並び、タイを代表するリゾート地であるサムイ島。 ココナッツアイランドと呼ばれるように、椰子の木が生い茂り、美しいビーチが広がります。 リゾート上級者に人気の旅先です。 時差 日本より2時間遅い ベストシーズン 2〜6月 【2〜6月】乾季にあたりベストシーズンです。 特に4月は波が穏やかな上、海の透明度も増し、ダイビングなどマリンアクティビティに最適です。 【7〜10月】朝方と夕方にスコールが降りますが、気温が下がり過ごしやすくなるのでセカンドベストシーズンといえます。 【12月〜1月】雨季。 気候と服装 年間を通して夏服で過ごせますが、冷房対策や日よけのために長袖を1枚お持ちになると便利です。 ヨーロッパ• アジア• ビーチリゾート• オセアニア• 北米・中南米• 中近東・アフリカ•

次の

アジアンツアー

アジアンツアー

2020年 1月17日(金)~1月26日(日)23時59分まで 応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。 ご当選された方には2020年1月29日(水)以降、ご本人様にご連絡させていただきます。 荒天及び諸事情等の理由により開催が中止になった場合は、 本ツアーにつきましても中止させていただきます。 他日への振り替えはできませんので、予めご了承ください。 期間中に本キャンペーンサイトより、ご応募された方。 インターネット・電話投票会員様で応募期間中に、 電話投票(インターネット・携帯web投票含む)を利用して、 対象レース(全国のボートレース場で開催される全レース)を合計2,000円以上ご購入された方。 会場まで交通費自己負担でお越しいただける方。 ご当選された方には、テレボートへご登録の住所に招待状を郵送させていただきます。 郵送物の受け取りを拒否でご登録されている方は、 抽選対象外となりますのでご注意ください。 同伴者の方はテレボートの会員様でなくてもご参加いただけます。 同伴者は最大2名まで応募可能です。 未成年の方のご同伴、並びにお子様連れのご参加はご遠慮ください。 当選発表以前に、インターネット・電話投票会員を解約もしくは、 銀行口座を解約された場合は、当選を無効とさせていただきますので充分に、ご注意ください。 当選結果に関するお問い合わせはお受けいたしかねますので予めご了承ください。 本キャンペーンは予告なく、変更または中止する場合があります。 当選権利の譲渡はできません。 また、当日ご当選者様不在の場合、同伴者様のみではイベントにご参加できませんので予めご了承ください。 ピット見学等で競技区内に立ち入るため、「身分証明書」の確認をさせていただきます。 当日は、運転免許証などご本人様確認ができるものをご用意ください。 本サイトはパソコン・スマートフォン・タブレットで表示されるように作成しております。 一部フィーチャーフォン等では、表示が正しく表示されない場合がございます。

次の

レース観戦ツアー in BOAT RACE 鳴門 supported by アジアンフードフェスティバル

アジアンツアー

内容は 紙雑誌掲載当時のものですので、詳細の状況等は変わっている場合があります。 ご了承ください。 日本で行われるパナソニックオープンが3戦目に組み込まれているが、まだ楽観視できる状況ではなさそうだ。 同ツアーのコミッショナー兼CEOのチョ・ミンタン氏は「現在の渡航制限や大規模な集まりへの制限などを加味し、9月の再開は大々的というより控えめのほうが良いと考えています」と述べている。 初戦は韓国で行われるシンハンドンへオープンで、開催は9月10~13日。 続いてマーキュリーズ台湾マスターズを行い、パナソニックオープンが9月24日から日亜ツアー共催で城陽CCを舞台に開催予定。 その後は東南アジア、インドなどを回ることになる。 9月~12月に10~12試合の開催を目論むアジアンツアー。 「ソーシャルディスタンスが徐々に緩和され、世界で主要なスポーツリーグが再始動しようとしている現状はわれわれにとっても心強い。 事態が回復に向かって進んでいるので、できるだけ多くの試合を開催したい」(ミンタン氏)。 現在、同ツアーにメンバー登録している選手の国籍は25カ国を超える。 参戦するどの選手にとっても国外への移動は必須。 その都度ビザの手配や、場合によっては大会前の自主隔離が必要になりそう。 9月より前に各国の規制が大幅に緩和されていれば話は別だが、ハードルが高いと感じる選手も多いはずだ。 そこで「そういう選手のことも考え出場資格を21年まで延長するなどさまざまなオプションを水面下で話し合っています」とツアーサイドは話す。 長年当たり前だったことがコロナのせいでそうではなくなってしまった。 「受け入れ国の意向に沿って渡航人数を制限しなければならない場合もあるでしょう。 帯同キャディやサポートスタッフも場合によっては入国NGになる可能性があります」とのこと。 いかにソーシャルディスタンスを保ちながらイベントを成功させるか? どのツアーも頭の痛い問題を抱えている。 【関連記事】こちらも注目です!.

次の