飲める 米ぬか。 飲む一膳分|健康道場|サンスター公式通販

米糠

飲める 米ぬか

以前、健康のために 米糠(米ぬか)を食品に添加して利用する内容を当ブログにアップしました。 詳細は、「」を参照ください。 この記事のアップ以降、私は 米糠を 食用として利用してきました。 その具体的な利用法は、納豆1パックに米糠を小さじ2、又は大さじ1程を添加して混ぜ、朝食で食べるものでした。 また、味噌汁にもその日の具材を見て同程度の量を添加していました。 しかし、このような米糠の食用利用を始めてしばらくすると、体に 違和感を覚えるようになったのです。 以下は、この 違和感がおそらく 米糠の副作用かもと認識するまでの経過、そして、その後の対処法をまとめたものです。 もし、 あなたにも心当たりがあるのでしたら、ご参考として頂ければと思います。 1.体の違和感について (1)始まった時期 この違和感は、米糠の食用利用を始めて 3か月度経過した頃、 左足から始まりました。 また、その2週間後には 左手にも同様の違和感を覚えるようになりました。 (2)違和感の症状 左足の違和感は、小指側(主に外側)の足裏から甲までの範囲であり、主に、 ピリピリとする 痺れ(しびれ)であったり、時には チリチリするような 灼熱感であったりしました。 なんと言うか、まるで金属繊維で皮膚を擦られているような感覚です。 一方、左手の違和感は、左足と同様な皮膚感覚の違和感であり、その範囲は小指と薬指までの範囲の手のひらから甲、そして肘まででした。 何れも体の左側のみであり、皮膚感覚の間欠的な 違和感を覚えるようになったのです。 ただ、痺れと灼熱感といっても、機能障害があるものではなく、仕事や他の事に集中すると、あまり気にならなくなる程度のものでした。 また、座ってジッとしているよりも、立ったり歩いたりなど、何らかの作業をしている時の方が気にならないものでした。 しかし、この違和感は、左足のふくらはぎの外側と内側(真ん中は無し)、ひざ裏全体、太ももの裏側まで徐々に広がり、左手は上腕まで広がっていきました。 スポンサーリンク 2.初期の対処 (1)疑った病気や症候群 この違和感は、その部位が広がっていることもあって結構気になり始め、医療機関の受診を考えました。 手足の痺れから想定される一般的な病状の例は以下となります。 申し訳ありませんが、気になる場合は各症状名でググってみて下さい。 他にも坐骨神経痛とした理由としては、過去に3度程 ギックリ腰の経験があったこと、デスクワークのために1日の殆どを座っていることもあります。 また、左手の肘部管症候群とした理由は、PC画面を見る場合に 左肘を付く癖がある上、就寝時に 左腕をたたんで下側にする癖もあり、寝起きに左腕が痺れている症状が過去にあったからです。 そんなわけで、近所にある整形外科医院を受診して検査を受けました。 その結果、まあ端的に言いますと 確定診断は得られず、経過観察することになりました。 ただ、腰や頸椎には椎間板ヘルニアのような異常は特段見受けられなかったので、取り敢えずは一安心しました。 (3)経過観察期間の観察 経過観察中もデスクワーク中心の勤務形態、生活習慣、普段の肩こりが酷い等の理由から、左足は「 梨状筋症候群」、左手は「 胸郭出口症候群」の可能性もあると考え、ネット等で調べたストレッチ等を試してみました。 でも、ストレッチによる際立った効果を感じる事はありませんでした。 他にも、殆ど晩酌はしないのですが、飲んだ日やその次の日に特に症状の悪化傾向があることにも気が付きました。 スポンサーリンク 3.米糠の原因の可能性に至った理由 (1)同僚のアドバイス 経過観察中、ストレッチをしたりビタミン剤(B12)を摂取したりするものの、不快な違和感は一向に改善されませんでした。 そのため、他の病院への検査、又は腕の良い整体院にでも行こうかと思い始め、 健康オタクとして職場で有名なある同僚に症状などを相談してみました。 とアドバイスを頂きました。 (2)食生活の見直し このアドバイスに従い、ここ3か月間の食生活を見直してみることにしました。 普段、意識して食べているのは、妻の 花粉症改善の検証に付き合っているヨーグルト、自分の 飛蚊症改善のために摂取しているサプリメント位なものです。 それに、これらは摂取し始めて少なくとも9か月は経過しています。 なお、花粉症改善の検証のヨーグルトや飛蚊症改善のサプリメントについては、以下の記事でまとめているので、興味のある方はご参照ください。 でも、先にネットで調べた時には、どのサイトも米糠は健康に良い食品であり、 副作用はほぼ無いとされていました。 私自身も、その言説を信用しきっていて、はなっから米糠の可能性は除外していました。 しかし、原因になりそうな食品などを色々と考えてみましたが、特段、思いつかず「 米糠の副作用」に限定して調べるみることにしました。 (4)米糠のフィチン酸に辿り着く すると、米糠の ある副作用を注意喚起しているサイトに辿りつきました。 このサイトでは、米糠に含まれる フィチン酸には強力な キレート作用があることが危険視されていました。 このキレート作用とは、体内にある毒素やミネラルを良い悪いに関係なく、体外に排出してしまう作用です。 このキレート作用の結果、体に必要なカルシウムや亜鉛などを排出してしまい、 ミネラル欠乏に至ると言う説です。 ここで、カルシウム不足や亜鉛不足の症状を調べてみると、細かい症状で思い当たることが多いことに気が付きました。 例えば、カルシウム不足ならまぶたの痙攣、亜鉛不足なら味覚異常や爪の異常(二枚爪)、などです。 まさに、 想定外でした。 一方、米糠のフィチン酸(又はフィチン)は安全性に問題はなく、むしろ、 抗ガン作用、 心臓・血管疾患の予防などに効果があると明言するサイトもありました。 これらサイトが主張する何れの内容も、確定したものでは無いようなので、その詳細は省略します。 興味のある方は、「 米糠(または米ぬか)」、「 フィチン酸」をキーワードとして、ググってみてください。 スポンサーリンク 4.新たな対処法 (1)米糠の食品利用の停止 このように、米糠に含まれるフィチン酸の功罪について主張するサイトは、結構な数がありました。 どちらかと言うと、「 功」を主張する、つまり、「 米糠フィチン酸安全説」を唱えるサイトの方が多いかと思います。 また、複数のサイトの記載内容を読む限り、個人的には「米糠フィチン酸安全説」の方が、より説得力が有る印象を受けました。 (2)ミネラルのサプリ摂取 また、ミネラル欠乏になっている可能性を考慮し、マルチミネラルのサプリメント(以下、サプリ)、特にカルシウム吸収促進の補助機能があるビタミンDを含むサプリを購入して摂取し始めました。 カルシウムの摂取量については、概ね 750mg/日を目標としました。 また、亜鉛の摂取量については、概ね 15mg/日を目標としました。 加えて、サプリではありませんが、 カリウム不足も考慮して野菜ジュースを1本(200ml)を毎日飲むようにしました。 また、 鉄分を多く含む青汁を購入して毎日飲むようにしました。 (3)対処した結果 私自身、驚く程の効果を自覚することになりました。 この対処を始めて2週間ぐらいは、相変わらず違和感はありました。 しかし、3週間程経過した頃、あの不快な 違和感が改善されていることに気が付いたのです。 この不快な違和感は、元々仕事で集中したり運動中はあまり気にならないものでした。 一方、リラックスした時やボッーと座っている時は明確に自覚できたのですが、今では殆どありません。 ただ、違和感の症状が体の左側のみ出ていた点が、若干気になります。 この点とあの違和感からは、確定診断が難しいとされる「 むずむず脚症候群」、「 梨状筋症候群」、「 胸郭出口症候群」、「 線維筋痛症」の可能性も否定できません。 今後も、米糠の食品利用の停止、サプリ摂取、バランスの良い食事とあわせた 経過観察だけは続ける必要がありそうです。 しかし、その原因が健康のために食べ始めた米糠の可能性が大きいとは、ちょっと、イヤイヤ 結構ショックです。 ただ、これが米糠の副作用と言うには、個人差が大きいかと思います。 実際、私とほぼ同じ量の米糠を摂取している妻には、何らの症状も出ていませんしね。 あ、でも、カルシウム不足が原因と言われる「 物忘れ」は多くなったそうですw 年齢の影響が大きいとも思えますがw という訳で、我家の米糠の利用法としては、食用以外の方法、例えば、「 洗剤」や「 美容」関連で再度検討する必要がありそうです。 は~、ちょっと面倒くさいです orz ただ、「 糠床」としての利用は、今後も続ける予定です。 それは、糠床として利用し始めたこの2年間は、なんら問題が無かったからです。 私と同じように、米糠を摂取して同じような症状の方は、この 対処法を選択肢に入れてみては如何でしょうか。 ただし、手足の痺れには重篤な病気が原因の場合がありますので、まずはその可能性を潰してからを強くお勧めします。 ここで一句、 米糠で 想定外な 副作用 では、また。 スポンサーリンク 良かったらシェアしてください! はじめまして。 貴重な情報ありがとうございます。 わたしは米ぬか食用を始めて3日目です。 毎朝、おおさじ1杯を味噌汁にいれています。 利用を始めたきっかけは自家精米を始めたことですが、一番大きな理由は認知症の母親に飲ませているフェルガードというサプリメントの効果が素晴らしいことです。 フェルガードは米糠からとれるフェルラ酸を主成分とするサプリです。 母の回復ぶりを見て米ぬかは脳に良いことを確信しました。 しかし、米糠摂取が原因で小麦アレルギーになった友人からその危険性を教えられたので念のためにネットで調べてみようという気になり、こちらのサイトにたどり着きました。 体調に気をつけながら米糠食用を続けようと思います。 貴重な情報をありがとうございました。 のばさん、当ブログへのご訪問、そして、コメントまで頂き有難うございます。 ご指摘事項に関してですが、サプリは症状も治まった後も含めトータルで三か月ほど摂取して中止しました。 三か月とした理由は、体質改善を図る目安となる期間だからです。 ところで、サプリは検証終了後の7か月ほどした後、別な理由で再開しています。 ただ、年中摂取しているというものでなく、期間や摂取量を適宜に調整しています。 詳細は、お手数ですが、関連記事を紹介した上記の「アーモンド!食生活や体質によっては適量でも副作用がでるかも!?」、及び「静電気!1番効果的な対策は帯電体質の改善だった!」の記事をご参照頂ければと思います。

次の

米糠(米ぬか)の食用の利用で体に違和感が!これって副作用なの?

飲める 米ぬか

ダイエットも思うように進まないのでなんとか便秘だけでも解消したいとこちらの商品に行き当たりました。 基本的にはヨーグルトに混ぜて、食事の時もしくは間食にいただきます。 香ばしくて美味しいです。 どうしても間食したいときに、1口ぐらいのヨーグルトに3グラムほど入れて食べると満足できます。 結果としては、飲んだ翌日に頑張ることなく自然なまとまったお通じをいくらかいただき、 2日目以降も順調。 しかも毎日量が多くなり、5日目現在柔らかくて長ーーーーいのが出ます。 これは思った以上の効果です!この効果、本当にずっと続くのかしらと半信半疑ですが ダイエットと美肌のために続けようと思っています。 このレビューは参考になりましたか? 万能かも? まず、そのまま食べてみました。 ほんのり甘くておいしかったです。 白胡麻を擦ったような食感でお好きなものにかけて 混ぜて いただいております。 納豆、ヨーグルト、サラダにそのままかけて。 しゃぶしゃぶのごまだれに混ぜてもかなり良いかも。 ただ、麺汁とかお味噌汁のさらっとしたものには粉っぽさが多少喉に残るので違和感があるかもしれません。 けれど個人的にはお味噌汁に入れてるのが 1番スキです。 それと数年前、玄米ご飯を食べていたのですがあまり美味しく感じず断念していましたが、この黄金の米ぬかだと苦痛なく毎日いただけるので助かります。 美容に良いビタミンEも配合されているのがポイント高いです。 このレビューは参考になりましたか? 1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg?

次の

飲める米糠(神明)のCM女優│米ぬか推しのモデルの女性は誰?

飲める 米ぬか

以前、健康のために 米糠(米ぬか)を食品に添加して利用する内容を当ブログにアップしました。 詳細は、「」を参照ください。 この記事のアップ以降、私は 米糠を 食用として利用してきました。 その具体的な利用法は、納豆1パックに米糠を小さじ2、又は大さじ1程を添加して混ぜ、朝食で食べるものでした。 また、味噌汁にもその日の具材を見て同程度の量を添加していました。 しかし、このような米糠の食用利用を始めてしばらくすると、体に 違和感を覚えるようになったのです。 以下は、この 違和感がおそらく 米糠の副作用かもと認識するまでの経過、そして、その後の対処法をまとめたものです。 もし、 あなたにも心当たりがあるのでしたら、ご参考として頂ければと思います。 1.体の違和感について (1)始まった時期 この違和感は、米糠の食用利用を始めて 3か月度経過した頃、 左足から始まりました。 また、その2週間後には 左手にも同様の違和感を覚えるようになりました。 (2)違和感の症状 左足の違和感は、小指側(主に外側)の足裏から甲までの範囲であり、主に、 ピリピリとする 痺れ(しびれ)であったり、時には チリチリするような 灼熱感であったりしました。 なんと言うか、まるで金属繊維で皮膚を擦られているような感覚です。 一方、左手の違和感は、左足と同様な皮膚感覚の違和感であり、その範囲は小指と薬指までの範囲の手のひらから甲、そして肘まででした。 何れも体の左側のみであり、皮膚感覚の間欠的な 違和感を覚えるようになったのです。 ただ、痺れと灼熱感といっても、機能障害があるものではなく、仕事や他の事に集中すると、あまり気にならなくなる程度のものでした。 また、座ってジッとしているよりも、立ったり歩いたりなど、何らかの作業をしている時の方が気にならないものでした。 しかし、この違和感は、左足のふくらはぎの外側と内側(真ん中は無し)、ひざ裏全体、太ももの裏側まで徐々に広がり、左手は上腕まで広がっていきました。 スポンサーリンク 2.初期の対処 (1)疑った病気や症候群 この違和感は、その部位が広がっていることもあって結構気になり始め、医療機関の受診を考えました。 手足の痺れから想定される一般的な病状の例は以下となります。 申し訳ありませんが、気になる場合は各症状名でググってみて下さい。 他にも坐骨神経痛とした理由としては、過去に3度程 ギックリ腰の経験があったこと、デスクワークのために1日の殆どを座っていることもあります。 また、左手の肘部管症候群とした理由は、PC画面を見る場合に 左肘を付く癖がある上、就寝時に 左腕をたたんで下側にする癖もあり、寝起きに左腕が痺れている症状が過去にあったからです。 そんなわけで、近所にある整形外科医院を受診して検査を受けました。 その結果、まあ端的に言いますと 確定診断は得られず、経過観察することになりました。 ただ、腰や頸椎には椎間板ヘルニアのような異常は特段見受けられなかったので、取り敢えずは一安心しました。 (3)経過観察期間の観察 経過観察中もデスクワーク中心の勤務形態、生活習慣、普段の肩こりが酷い等の理由から、左足は「 梨状筋症候群」、左手は「 胸郭出口症候群」の可能性もあると考え、ネット等で調べたストレッチ等を試してみました。 でも、ストレッチによる際立った効果を感じる事はありませんでした。 他にも、殆ど晩酌はしないのですが、飲んだ日やその次の日に特に症状の悪化傾向があることにも気が付きました。 スポンサーリンク 3.米糠の原因の可能性に至った理由 (1)同僚のアドバイス 経過観察中、ストレッチをしたりビタミン剤(B12)を摂取したりするものの、不快な違和感は一向に改善されませんでした。 そのため、他の病院への検査、又は腕の良い整体院にでも行こうかと思い始め、 健康オタクとして職場で有名なある同僚に症状などを相談してみました。 とアドバイスを頂きました。 (2)食生活の見直し このアドバイスに従い、ここ3か月間の食生活を見直してみることにしました。 普段、意識して食べているのは、妻の 花粉症改善の検証に付き合っているヨーグルト、自分の 飛蚊症改善のために摂取しているサプリメント位なものです。 それに、これらは摂取し始めて少なくとも9か月は経過しています。 なお、花粉症改善の検証のヨーグルトや飛蚊症改善のサプリメントについては、以下の記事でまとめているので、興味のある方はご参照ください。 でも、先にネットで調べた時には、どのサイトも米糠は健康に良い食品であり、 副作用はほぼ無いとされていました。 私自身も、その言説を信用しきっていて、はなっから米糠の可能性は除外していました。 しかし、原因になりそうな食品などを色々と考えてみましたが、特段、思いつかず「 米糠の副作用」に限定して調べるみることにしました。 (4)米糠のフィチン酸に辿り着く すると、米糠の ある副作用を注意喚起しているサイトに辿りつきました。 このサイトでは、米糠に含まれる フィチン酸には強力な キレート作用があることが危険視されていました。 このキレート作用とは、体内にある毒素やミネラルを良い悪いに関係なく、体外に排出してしまう作用です。 このキレート作用の結果、体に必要なカルシウムや亜鉛などを排出してしまい、 ミネラル欠乏に至ると言う説です。 ここで、カルシウム不足や亜鉛不足の症状を調べてみると、細かい症状で思い当たることが多いことに気が付きました。 例えば、カルシウム不足ならまぶたの痙攣、亜鉛不足なら味覚異常や爪の異常(二枚爪)、などです。 まさに、 想定外でした。 一方、米糠のフィチン酸(又はフィチン)は安全性に問題はなく、むしろ、 抗ガン作用、 心臓・血管疾患の予防などに効果があると明言するサイトもありました。 これらサイトが主張する何れの内容も、確定したものでは無いようなので、その詳細は省略します。 興味のある方は、「 米糠(または米ぬか)」、「 フィチン酸」をキーワードとして、ググってみてください。 スポンサーリンク 4.新たな対処法 (1)米糠の食品利用の停止 このように、米糠に含まれるフィチン酸の功罪について主張するサイトは、結構な数がありました。 どちらかと言うと、「 功」を主張する、つまり、「 米糠フィチン酸安全説」を唱えるサイトの方が多いかと思います。 また、複数のサイトの記載内容を読む限り、個人的には「米糠フィチン酸安全説」の方が、より説得力が有る印象を受けました。 (2)ミネラルのサプリ摂取 また、ミネラル欠乏になっている可能性を考慮し、マルチミネラルのサプリメント(以下、サプリ)、特にカルシウム吸収促進の補助機能があるビタミンDを含むサプリを購入して摂取し始めました。 カルシウムの摂取量については、概ね 750mg/日を目標としました。 また、亜鉛の摂取量については、概ね 15mg/日を目標としました。 加えて、サプリではありませんが、 カリウム不足も考慮して野菜ジュースを1本(200ml)を毎日飲むようにしました。 また、 鉄分を多く含む青汁を購入して毎日飲むようにしました。 (3)対処した結果 私自身、驚く程の効果を自覚することになりました。 この対処を始めて2週間ぐらいは、相変わらず違和感はありました。 しかし、3週間程経過した頃、あの不快な 違和感が改善されていることに気が付いたのです。 この不快な違和感は、元々仕事で集中したり運動中はあまり気にならないものでした。 一方、リラックスした時やボッーと座っている時は明確に自覚できたのですが、今では殆どありません。 ただ、違和感の症状が体の左側のみ出ていた点が、若干気になります。 この点とあの違和感からは、確定診断が難しいとされる「 むずむず脚症候群」、「 梨状筋症候群」、「 胸郭出口症候群」、「 線維筋痛症」の可能性も否定できません。 今後も、米糠の食品利用の停止、サプリ摂取、バランスの良い食事とあわせた 経過観察だけは続ける必要がありそうです。 しかし、その原因が健康のために食べ始めた米糠の可能性が大きいとは、ちょっと、イヤイヤ 結構ショックです。 ただ、これが米糠の副作用と言うには、個人差が大きいかと思います。 実際、私とほぼ同じ量の米糠を摂取している妻には、何らの症状も出ていませんしね。 あ、でも、カルシウム不足が原因と言われる「 物忘れ」は多くなったそうですw 年齢の影響が大きいとも思えますがw という訳で、我家の米糠の利用法としては、食用以外の方法、例えば、「 洗剤」や「 美容」関連で再度検討する必要がありそうです。 は~、ちょっと面倒くさいです orz ただ、「 糠床」としての利用は、今後も続ける予定です。 それは、糠床として利用し始めたこの2年間は、なんら問題が無かったからです。 私と同じように、米糠を摂取して同じような症状の方は、この 対処法を選択肢に入れてみては如何でしょうか。 ただし、手足の痺れには重篤な病気が原因の場合がありますので、まずはその可能性を潰してからを強くお勧めします。 ここで一句、 米糠で 想定外な 副作用 では、また。 スポンサーリンク 良かったらシェアしてください! はじめまして。 貴重な情報ありがとうございます。 わたしは米ぬか食用を始めて3日目です。 毎朝、おおさじ1杯を味噌汁にいれています。 利用を始めたきっかけは自家精米を始めたことですが、一番大きな理由は認知症の母親に飲ませているフェルガードというサプリメントの効果が素晴らしいことです。 フェルガードは米糠からとれるフェルラ酸を主成分とするサプリです。 母の回復ぶりを見て米ぬかは脳に良いことを確信しました。 しかし、米糠摂取が原因で小麦アレルギーになった友人からその危険性を教えられたので念のためにネットで調べてみようという気になり、こちらのサイトにたどり着きました。 体調に気をつけながら米糠食用を続けようと思います。 貴重な情報をありがとうございました。 のばさん、当ブログへのご訪問、そして、コメントまで頂き有難うございます。 ご指摘事項に関してですが、サプリは症状も治まった後も含めトータルで三か月ほど摂取して中止しました。 三か月とした理由は、体質改善を図る目安となる期間だからです。 ところで、サプリは検証終了後の7か月ほどした後、別な理由で再開しています。 ただ、年中摂取しているというものでなく、期間や摂取量を適宜に調整しています。 詳細は、お手数ですが、関連記事を紹介した上記の「アーモンド!食生活や体質によっては適量でも副作用がでるかも!?」、及び「静電気!1番効果的な対策は帯電体質の改善だった!」の記事をご参照頂ければと思います。

次の