味噌 じゃがいも。 小玉じゃがいもの甘辛味噌炒め煮。味噌かんぷら

小玉じゃがいもの甘辛味噌炒め煮。味噌かんぷら

味噌 じゃがいも

野菜の煮物 187品 定番 103品 肉じゃが 100品 筑前煮 1品 ポトフ 22品 ロールキャベツ・ロール白菜 3品 野菜の煮物 その他 65品 野菜の和え物 36品 定番 3品 野菜の白和え 1品 野菜の和え物 その他 35品 野菜の炒め物 124品 チンジャオロース 3品 ジャーマンポテト 20品 きのこ炒め 2品 野菜炒め 3品 なすの味噌炒め 1品 野菜の炒め物 その他 95品 野菜の炒め煮 9品 野菜の炒め煮 その他 9品 野菜の焼き物 100品 定番 2品 野菜の肉巻き 10品 野菜の焼き物 その他 91品 野菜の揚げ物 65品 ポテトコロッケ 6品 フライドポテト 38品 野菜の揚げ物 その他 21品 野菜の蒸し物 27品 野菜の蒸し物 その他 27品 野菜のきんぴら 9品 にんじんのきんぴら 1品 きんぴら その他 8品 野菜のおかず その他 25品 野菜のマリネ 5品 ゆで野菜 6品 マッシュポテト 14品 肉のおかず 牛肉 47品 定番 1品 ビーフステーキ 7品 ビーフシチュー 8品 その他 牛肉料理 33品 豚肉 85品 定番 11品 とんカツ 2品 豚の生姜焼き 1品 角煮・煮豚・チャーシュー 8品 チンジャオロース 3品 ポークソテー 13品 野菜の肉巻き 10品 その他 豚肉料理 49品 鶏肉 78品 定番 25品 チキンソテー 11品 照り焼きチキン 2品 鶏の唐揚げ・竜田揚げ 8品 その他 鶏肉料理 57品 挽肉 48品 定番 21品 ハンバーグ 15品 メンチカツ 1品 餃子 4品 麻婆春雨 1品 そぼろ 2品 肉団子 2品 ミートローフ 1品 その他 挽肉料理 22品 加工肉 49品 定番 1品 ジャーマンポテト 20品 ベーコン炒め 2品 ベーコン巻き 3品 その他 ベーコン料理 6品 ウィンナソーセージ料理 9品 コンビーフ料理 4品 スパム料理 3品 ハム料理 3品 ラム肉 1品 その他 ラム肉料理 1品 魚介のおかず 魚介の煮物 35品 定番 2品 アクアパッツァ 1品 魚介の煮物 その他 34品 魚介の焼き物・ソテー 56品 鮭のムニエル 6品 鮭のホイル焼き 1品 魚介の焼き物 その他 49品 魚介の炒め物 24品 イカ・エビの炒め物 13品 魚介の炒め物 その他 11品 魚介の揚げ物 17品 定番 1品 エビフライ 1品 魚介のフリット 4品 魚介の揚げ物 その他 12品 魚介の蒸し物 6品 あさりの酒蒸し 2品 魚介の蒸し物 その他 4品 魚介のカルパッチョ・マリネ 1品 魚介のマリネ 1品 魚介のオイル煮 1品 魚介のアヒージョ 1品 練り物 4品 ちくわ料理 2品 かまぼこ料理 1品 はんぺん料理 1品 魚介のおかず その他 6品 定番 1品 魚介のアレンジ料理 6品 魚介の缶詰 11品 定番 1品 ツナ料理 11品 ごはんもの カレー 17品 定番 3品 チキンカレー 3品 野菜カレー 2品 シーフードカレー 1品 キーマカレー 1品 スープカレー 1品 ポークカレー 3品 カレー その他 6品 ハヤシライス・ハッシュドビーフ 1品 定番 1品 ハヤシライス 1品 炒めご飯・チャーハン 1品 チャーハン その他 1品 炊き込み・混ぜご飯 4品 パエリア 2品 炊き込みご飯 その他 1品 混ぜご飯 その他 1品 どんぶり 9品 定番 1品 カツ丼 1品 天丼 1品 丼もの その他 8品 雑炊・リゾット 1品 雑炊・おじや 1品 アレンジご飯 8品 ドリア 3品 アレンジご飯 その他 5品 卵・大豆製品 じゃがいもの基本情報 じゃがいもの特徴 和・洋・中、すべての料理に欠かせない、じゃがいも。 日本へは戦国時代ごろに、ジャカトラ(現インドネシアのジャカルタ)から伝えられたといわれています。 ジャガタライモ、略してじゃがいもと呼ばれるようになったとか。 生食はあまりしませんが、ゆでたり、焼いたり、煮たり、揚げたり、とさまざまな調理方法に使われます。 おもな品種は「だんしゃく(男爵)」と「メイクイーン」。 丸く大型のだんしゃくは、粉質で、マッシュポテトやサラダなどに。 長卵形のメイクイーンは、粘質で煮くずれしにくく、煮もの、炒めもの、揚げものに。 品種によって味わいも違います。 じゃがいもの選び方ガイド 一般に、皮が薄く、中くらいの大きさのものがおいしいとされます。 表面につやと張りがあり、品種らしい形、だんしゃくであれば丸く大型のもの、メイクイーンであれば長卵形のものを。 芽と皮の一部にソラニンという有毒物質が含まれ、中毒を起こすこともあるので、芽や、緑色になった部分はていねいに取り除きましょう。

次の

じゃがいものレシピ

味噌 じゃがいも

miz様、おはようございます。 食の好みは如何ともし難い部分が多々あります・・・。 ジャガイモを嫌いなら、最初から話になりませんが、 好きでも、特定の調理方法のみ好き、嫌いというのは 別に珍しくもありませんし、一般論も存在しないです。 ジャガイモ、トマト、大根等は調理方法が特に多彩で、 拘りも非常に激しいように思われます。 ドロッとしたジャガイモを許せない!なら、汁物には あり得ません。 しかし、それを好きな人も結構居たり するから、味噌汁やカレーに入って来るのでしょう。 トマトはもっとシビアです。 生しか受け付けない人も 居れば、ケチャップだけ、ジュースだけ等、其処には どんな拘り?があるんだろうって思います。 大根もそうです。 煮物は嫌いだが、おでんの大根だけ は別!とかね。 味噌汁の具としても、ジャガイモ同様、 結構好みが分かれると思います・・・。 以上です。 長々と失礼しました。

次の

【有吉ゼミ】じゃがいもレシピまとめ、みはるのドケチクッキング!シューマイ、麻婆豆腐、サバ味噌など【5月20日】

味噌 じゃがいも

どんな効果・効能があるの? (1)甘味・旨み 玉ねぎの入ったお味噌汁は甘味が加わります。 我が家は子どもたちも主人もちょっと甘味のあるお味噌汁が好きなので、玉ねぎは必需品なんです。 もしも玉ねぎがない場合は、お味噌汁の仕上げにみりんを少し足すくらいです。 玉ねぎは火を通すことで甘味が出てくるので、お味噌汁にぴったりですよ! (2)血液がサラサラに 玉ねぎ自体が血液をサラサラにしてくれる効果がありますが、味噌汁自体が味噌の発酵効果で新陳代謝をアップさせてくれます。 だから玉ねぎを味噌汁の具材として加えることで、血の巡りがよりよくなりますよ! 冷え性の人にもおすすめです! 玉ねぎの切り方は? 玉ねぎの切り方は好みによりますが、 (1)くし切り 玉ねぎを具材としてしっかり味わいたいのであれば、くし切りにすることで具材としての玉ねぎを味わうことが出来ます。 (2)薄切り 我が家は玉ねぎを縦に薄切りにして加えます。 と言うのも、子どもたちが玉ねぎが大きいと食べてくれないということに加えて、薄切りにしてクタッとした感じと、甘味をしっかり引き出した方が子どもたちも喜んで味噌汁を飲んでくれるためです。 具材の一つと言うよりも、スープに溶けかけた感じなので、スープの一部として味わうことができますよ。 どのタイミングで入れればいいの? 我が家ではだし汁に切った玉ねぎを放り込んでから、鍋に火をつけます。 玉ねぎにしっかり火を通さないと子どもたちが食べてくれないというのもありますが、玉ねぎの甘味を出すために水から入れて火を入れていますよ。 シャキッとした玉ねぎの食感を楽しみたいのであれば、だし汁が沸騰してから玉ねぎを加えて火が通るまで煮るといいですね。 さらに美味しくする具材の組み合わせは? (1)キャベツ キャベツの甘さと玉ねぎの甘さの相乗効果でお味噌汁に旨みと優しい甘みがいっぱいのお汁になります。 もともとキャベツと味噌の相性はいいですし、炒め物やスープを作る時にもキャベツと玉ねぎがセットで入ることは多いです。 だから相性がいいですよ! (2)じゃがいも ちょっと煮崩れかかったジャガイモは、お味噌汁の中で甘さとトロミを加えてくれます。 じゃがいもも玉ねぎの甘さと重なって旨みがアップします。 カレーやシチューにしても、玉ねぎとじゃがいもはよく一緒に使われますし相性がいいことが伺えますよね。 (3)わかめ わかめと玉ねぎの相性もとってもいいです。 磯の香りのわかめと、甘みのある玉ねぎは最高です! わかめ自体がお味噌汁の人気の具材なので、そこに玉ねぎ加わると更に美味しさアップ間違いなしですよ。 (4)油揚げ お味噌汁に入れたい具材として、油揚げが欠かせません。 油揚げを加えることで、油揚げの油分がお味噌汁に溶け込んでコクが出ます。 油揚げが入っていないお味噌汁だとちょっと物足りなさを覚えちゃうくらい、私は油揚げのお味噌汁は好きですね。 油抜きをしてから加えると、しつこくなくて美味しいお味噌汁になりますよ。 玉ねぎの甘さにもすごく合うので、玉ねぎと油揚げの組み合わせのお味噌汁はとっても美味しいです。 味噌汁のお出汁にも一工夫! インスタントのお出しでも美味しく味噌汁を簡単に作れちゃいますが、時間がある時には鰹節で出汁を取るのもお勧めです。 一見面倒臭そうに思えますが、実はとっても簡単です。 (1)鰹出汁 沸騰したお湯1リットルの火をとめて、30gの鰹節を入れて3分置くだけです。 後はざるで濾したら出来上がりですよ。 平日は忙しくても、休日のちょっと美味しいお味噌汁づくりでぜひ鰹節からお出しをとってみてくださいね。 出汁を取った後の鰹節は、二番出汁として煮物にも使えますが、私は面倒なのでしません。 代わりにおかかふりかけにしちゃいます。 出汁を取った後の鰹節を刻んで、みりんや醤油、酒、砂糖と一緒に炒めて煮詰めます。 お好みで白ごまを振って出来上がりです。 おにぎりの具材にしたり、子どもたちが日中学校や幼稚園でお昼ご飯が私だけの時にはサッとご飯に手作りのおかかふりかけをかけて食べちゃいます。 大根やカブの葉っぱがある時は、手作りおかかふりかけを作る過程で、一緒に葉っぱを入れて炒めてボリュームアップさせちゃってますよ。 (2)煮干し出汁 私の実家は煮干し出汁でした。 いつも寝る前に母が鍋に水を入れて煮干しを入れておき、朝煮干しを取り出してからお味噌汁を作っていましたね。 はらわたや頭を取った方が苦みがなくていいという人もいるかと思いますが、私は頭もそのままつけたまま水につけておきます。 別に気になりません。 寝る前に水に入れておくだけなので、すごく簡単に出汁を取れますよ。 ちなみに煮干しを出汁に使った後は、フライパンで煎って、みりんや醤油、酒、砂糖で煮詰めて甘辛煮にしてしまうと、余すところなく食べられますし、カルシウムも摂取出来ます。 美味しいお出汁に、玉ねぎの甘さと旨みがたっぷり詰まったお味噌汁、ぜひ作ってみてくださいね!.

次の