地震 5 月。 5月11日に南海トラフ地震が来ると聞いたのですがデマですか??

4~5月に地震!? 日本は“超ヤバい”状況に!? 予言者・松原照子氏の予言!!

地震 5 月

请在下列的网站中文做日语自动翻译。 【私も可能性はあると思います。 もう、保存可能な食品が現在でも既に 店頭から軒並み品切れになっていてお察しの事とは思いますが... 】 311同様に、安倍晋三らはまたしも 1992年からずっとやってきている 米国とロシアの膨大な老朽核兵器を日本の地下で 爆破処理させて人工地震を度々起こしてきましたが 今度も、一気にそれら老朽核兵器を爆破処理して 大地震を起こして、日本人の膨大な人命を奪い 経済を壊滅させるつもりです! 少しは、怒りを表明したらどうなのですか?! この動画を見る事で それは、 2020年5月11日に地震が起きると想定して 生きる事ができる未来です。 コロナの後は、地震が起きる。 地震の後には、戦争が起きる。 という風に、僕は予測しています。 ならば、いつ地震が起きる確率が高いのか と調べたところ 2020年5月11日 この日が一番危険だ! という事がわかりました。 アメリカのテロは911 東日本大震災は311 ならば511 ここはとても危険だということに 気付いたんです 5月11日と日付を特定しているのは 行き過ぎだと思われる方も いるかもしれません。 ですが、もしそうやって想定をしておいて 本当に当たってしまったとしたら 動じること無く あなたは動けると思うんです。 もしその次に地震が来るとしたら 7月11日 そうではなければ 9月11日 という感じで 2ヶ月ごとに想定していくのが 良いと思っているので 念には念を入れて備えていきましょう。 という話をします。 今回の動画から人生を変える3つのポイント その1 コロナの後に地震が来る! 地震の後には戦争が来る! ならば、今一番備えるべきは地震だ!という事です。 戦争になるかもしれない という動画を出しました。 ですが、その前に来るのは 地震なんです。 地震に備えましょう。 その2 ゴールデンウィーク前に、1ヶ月分の備蓄をしろ! という事です。 ゴールデンウィークの前が備蓄をするには最適です。 1ヶ月分の備蓄をしていきましょう。 その3 コロナでも大地震が起きても できるビジネスを始めろ!という事です。 今回のコロナで飲食店は 9割が無くなるかもしれません。 人が集まってはいけない というのがコロナです。 そして次に来るのが大地震だとすると コロナそして 大地震が来てもいいような そんなビジネスを 今からしておく必要があります。 今回の動画は どんな人にとって有益なのかというと その1 コロナの後に地震が来たらどうしようと不安な方 その2 2020年5月11日に日本に大地震が来るという 都市伝説があって不安な人 その3 コロナでも地震でも ピンチをチャンスに変えていきたい人 です。 なぜなら悪いことは続くからです。 コロナが来たらもうすぐ後に地震が来るんです。 今までのあなたの人生も 悪い事って続いたんじゃないでしょうか。 今回はコロナが来た。 次は地震が来る。 じゃいつなのか? という事で5月11日を想定して頂きたい。 と思っています。 南海トラフかもしれませんし、 関東の大地震かもしれません。 他の場所かもしれません。 もし地震が起きなかったとしても 5月11日月曜日です。 株式の大暴落が起きる その日かもしれません。 5月11日に備える これは、タイミング的にも適切【?オイオイ】だと思っています。 多くの日本人が頭の中はコロナでいっぱいです。 そんな時に地震が来たら、 どうするんでしょうか? パニックがパニックを呼ぶと思います。 なのでこの動画を通じて 地震は来るものだ という風に思って頂けたらと思います。 今回なぜこの動画を 撮影しようかと思ったのかと言うと 11月3日に第三次世界大戦が起きる という時代予測をしていたら その前に地震が起きなければいけない。 【なんでやねん!】 起きるとしたらいつだろうか きっと5月11日 7月11日 9月11日 かなーと思って、調べていたら 5月11日に地震が起きるという 都市伝説があったんです。 しかも多くの人に支持されていました。 そしてとても信憑性があると思いました。 コロナショックがあった 2ヶ月後だからです。 【DSならやりかねません。 戦前の五輪中止前後と同じシナリオです。 私もそう思います!】 僕は決して悲観論者ではありません。 僕の時代予測っていうのは 歴史から見る時代予測です。 歴史から考えて次に起こるのは 何だろうと思って 慎重に備えていくというタイプです。 不安を煽りたいとか そういった人ではありません。 なので僕のように歴史から考えて 冷静に慎重に考えている そんな人が 5月11日は危険だぞと 言っている事を分って頂きたいなと思うんです。 ~ 首都直下型地震 巨大地震 南海トラフ地震 【人生が変わる11分】2020年5月11日の巨大地震に備えろ!? コロナの後には、南海トラフ、首都直下型地震がやってくる【禁断の動画を公開】 石井貴士 人生は変えられる.

次の

イルミナティカードがコロナウイルスや東日本を予言!5月11日の大地震も?

地震 5 月

大阪府北部地震の前日、2018年6月17日の地下天気図(メルマガ『DuMAの「地下天気図」』より) 昨年12月3日から4日かけて、茨城県南部・北部、栃木県北部など北関東で頻発した地震。 もしかしたら、大地震の前触れなのかも……。 地震予測研究の第一人者が解説。 東日本大震災規模の揺れが起こる可能性は低いですが、しばらくの間は、マグニチュード6程度の地震が起きる可能性があります。 ほかにも、大阪や紀伊半島周辺を含む近畿地方など、地下天気図で気になる場所があります」 そう警鐘を鳴らすのは、東海大学海洋研究所所長で、地震予知・火山津波研究部門長の長尾年恭教授。 長尾教授は、阪神・淡路大震災以降、地震予測の研究を重ねてきたエキスパートのひとりだ。 複雑なメカニズムで起こる地震。 いつ、どの程度の規模で起きるのかを正確に予知する方法は現状では確立されていない。 「地下天気図とは、地震の発生状況を、天気予報の気圧図になぞらえて可視化したものです。 昔から言われていることですが、大地震が起きる前には、地震活動が通常よりも減る傾向にある。 つまり、嵐の前の静けさです。 地下天気図でいう低気圧の状態が続いたあとに大きな地震が起きることが多いのです。 地下天気図で、低気圧の状態が長期間続けば続くほど、そのあとに起きる地震は大きくなる傾向にあります。 低気圧が続いている最中に地震が起きることもありますし、低気圧が解消して、地震活動が活発化し始めたあとに大きい地震がくることも多い」 図を見てほしい。 '18年6月18日の大阪府北部地震(マグニチュード6. 1)の前日である17日の地下天気図だ。 図の青色の部分が低気圧で、濃いほど強いということになる。 半年ほど前から、滋賀、京都、大阪を中心に低気圧が居座り、異常の最中に地震が起きた。 長尾教授らは、'11年にDuMAという会社を立ち上げ、こうした「地下天気図」の異常を有料メールマガジン(月220円・税込み)で配信。 収益は地震予測の研究に役立てられている。 「ただし、低気圧が近づいても100%雨が降るわけではないのは地下天気図も同じ。 あくまでも、地震予測をするために、地下で起きていることを知る第一歩だと思ってください」 そう話す長尾教授が、最近の地下天気図から「首都直下型地震より先に起きるかもしれない」と危惧するのが、北海道南東部から北方領土にそって続く千島海溝の地震だ。 「これについては、政府の地震調査委員会が'17年に警鐘を鳴らしており、今後30年以内にマグニチュード8. 8クラスの巨大地震が発生する確率が7〜40%あるとの試算も出ています」 もし、千島海溝で地震が起これば、北海道はもちろんのこと、東北地方一帯から関東地方にまで、東日本大震災級の津波が襲う可能性があるという。 「これは、東日本大震災の前から地震の国際学会などで言われていたことですが、日本で大きな地震が起きるのは、9〜10年おきなんです。 さらに9年後の887年には、南海トラフ巨大地震が起きている。 今年は東日本大震災から9年目にあたります」 現在のような精密な地震の観測データを得られるようになったのはここ25年ほどのことだという。 「長年のデータの集積によって正確な天気予報が可能になったように、地震のデータの蓄積によっていずれ正確な地震予測ができるようになるかもしれません」 長尾教授と地下天気図の挑戦はまだまだ続く。 「女性自身」2020年1月28日号 掲載 【関連記事】.

次の

千葉県北西部の地震 2020年5月6日1時57分頃発生

地震 5 月

5月17日の次に危ないのは22日? 今この記事を書いているのは 5月17日です。 最近では 2062年から来訪したと言う 未来人の2ちゃんねる書き込みが話題になっていて、次に訪れるのが 17日だったため、この日に地震が発生するとネット上を中心に話題になっています。 今の所大きな震災は起きていないので、このまま無事に一日終わってくれれば良いんですが。 こんな感じで地震予知が注目を集める事が増えて来ました。 リクエストも多かったので、今後はサイトに「 予言」カテゴリーを増設して、たまに書いて行こうと思います。 ちなみに、次に地震が来ると言われている日にちは 5月22日~になります。 熊本地震を前から注意していた人の予言 実は今年の3月から熊本地震を予言していた人がいました。 参照サイト: もっと多くの方に見てほしいです。 これから大きい地震がきます このツイートは3月にしました。 現状当たってることになっています — おひるね議長 入院しました doranobirx 【地震予知です、入院する前に残しておきます。 5月22~27、6月6日にも、東海あたり。 不謹慎ですいません。 】 — おひるね議長 入院しました doranobirx 場所は東海だそうです — おひるね議長 入院しました doranobirx この方のツイートには他にも具体的に熊本地震を示唆している物はあるので、かなり信憑性があると言えるでしょう。 ただ5月22日とピンポイントで明言している訳ではなく、厳密には 22日~27日、その次は 6月6日が怪しいと述べていますね。 実は、これ以外にも5月22日と言う日付で地震を予言していると言う物があります。 311ゆらゆら522ぐちゃぐちゃ この小見出しだけ見たら何のこっちゃと思うかもしれませんが、この「 311ゆらゆら522ぐちゃぐちゃ」と言う文言もネット上で話題になっている地震予言の一部です。 大まかな概要は、知的障害のある子供が2011年の 東日本大震災の前に「 311ゆらゆら」と言っていたと言う物ですね。 311はもちろん 3月11日の事を指しています。 ゆらゆらは揺れていると言う事ですね。 見事に予言していたと言う訳です。 その子供が、最近は「 522ぐちゃぐちゃ」と呟いていると言う事で、この日にも震災等が起きるのでは?と見られているんですね。 様々な憶測を呼び、最近再度話題になっています。 実はこの予言、先の熊本地震を的中させた人の物とは違い 噂、 都市伝説の性質が強い様ですね。 何でも去年の5月にも同様の情報が出回ったと言う事ですから、ネタと見る向きが強いです。 昔からこの手の話は多く存在し、聞く機会によっては細部のディティールが違ってたりするのが特徴です。 いわゆる根拠の無いデマの部類に入るんだと思います。 ただ、一点気になるのは5月22日と言う日付が先の予言とマッチしている事ですね。 そこだけは偶然にしても何だかゾッとします。 他にも似た様な話で21日を指摘する物や、23日と言う物もあります。 ここまで来ると何でもありという感じもしますが、実際はどうなんでしょう。 予言の地震は南海トラフ地震? 不思議な物で最近の予言に出てくる地域は東海地方や南海地方が多いです。 これは、近い将来必ず発生すると言われている 南海トラフ地震の情報が過分に交じっているからだと思います。 九州も今まではあまり地震が発生しない地域と思われていました。 しかし、そんな安全神話も吹き飛ばすような大きな震災が発生し、日本全国津々浦々どこに居ても地震が来る時は来ると言うニュアンスが浸透しましたね。 元々日本列島は地震が多い所ですから、そこかしこで大きな揺れが発生しても別段不思議では無いんですね。 それにしても南海トラフ地震に関しては科学的にも様々なデータがあったりして、大きな被害が出る事も予想されています。 あらかじめ何かしらの準備はしておいた方が良いかもしれませんね。 こんな感じで今後は予言と言う無い様でも書いて行こうと思いますが、最近の地震関連の予言、噂に関しては少し食傷気味な印象があるのも事実です。 情報を得る事は大事ですが、ある程度自分で考えそれらを取捨選択する事も重要だと言う所でしょうか。

次の