サーバー へ の リモート アクセス が 有効 に され てい ない。 サーバ設定ファイル(www.pathtravel.co.jpties)

リモートデスクトップ接続ができない

サーバー へ の リモート アクセス が 有効 に され てい ない

リモートアクセスとは? リモートアクセスとは、外出先や自宅など遠隔地にあるパソコンなどのデバイスから、社内のデスクトップPCや社内ネットワークに接続することです。 このリモートアクセスを活用することによって、従業員の働き方の幅が増え、企業にとっては交通費や時間を削減でき業務を効率化できます。 自社にあったリモートアクセス環境を構築するためには、リモートアクセスについて知ることが重要です。 ここからはリモートアクセスについて説明していきます。 人気の製品や気になる製品には当サイトから直接資料請求することが可能です。 具体的な導入時期や費用など簡単に問い合わせられるので、「至急導入したい!」「すぐに資料を集めたい!」とお急ぎの方はぜひ無料の資料請求をご利用ください。 デバイスから遠隔のコンピュータにネットワーク経由で接続すること リモートアクセスとは遠隔地からネットワークを経由して、コンピュータにアクセスすることです。 主に外出先や自宅でも、社内に設置しているデスクトップPCに接続することで、社外でも社内にいるように仕事をすることができます。 また、社外から社内にアクセスするのではなく、顧客の問い合わせ対応のため社内から社外のPCに接続する場合もあります。 リモートアクセスは専用のサービスを使うことで環境を構築でき、中には導入コストを抑え短期間でリモートアクセスサービスを利用できるものもあるため、導入を検討する企業が増えています。 このようなリモートアクセスを活用するためにはリモートアクセス製品を導入し、外出先からリモートアクセスサーバを経由して社内PCにアクセスをします。 事務所に出社する必要がないため便利な技術ですが、会社の外で仕事をすることは情報が漏れる危険性も高いため、セキュリティについて考える必要があります。 在宅勤務やテレワークの普及によりリモートアクセス利用が拡大 リモートアクセスやクラウド技術が発展したことにより、わざわざ事務所に出社しなくても今まで通り業務ができるため、自宅やカフェなど場所を選ばずに仕事をすることが可能になっています。 便利になるだけでなく、残業時間が長い社員の労働環境を改善できる一面もあり、リモートアクセスを活用することで外出が多い社員も事務所に戻ることなく仕事を終えられるため、業務の効率も上がっています。 他にも育児や自宅療養で出社することができなかったり、フルタイムの勤務ができない人はできる仕事が制限されていましたが、在宅勤務やテレワークの広がりによってワークスタイルが大きく変化しています。 このように、リモートアクセスはどのような企業でも抱えている課題を解決できるため、リモートアクセス環境を構築する企業が増え、利用が拡大していきました。 リモートアクセスを行う方法は? リモートアクセスを導入するときに重要なことは、自社に合った方法でリモートアクセス環境を構築することです。 リモートアクセス環境を構築する方法には大きく分けて「RAS」と「VPN」の2種類あります。 ここからはリモートアクセスを行う方法について説明していきます。 方法(1)RAS(Remote Access Service)を利用する 一般的なリモートアクセス環境を構築するにはRAS(リモートアクセスサービス)を利用します。 この方法は、自宅などのパソコンからインターネット回線を経由してRASにアクセスし、社内のネットワークやデスクトップPCに接続します。 一般的なRASは不特定多数の人が使用しているインターネット回線を使うため、セキュリティ対策を実施していないと通信情報を盗聴されるなど、セキュリティリスクが発生します。 RASを利用する場合は、セキュリティを強化したサービスを選ぶことが重要です。 方法(2)VPN(Virtual Private Network )を利用する 先程と同様にRAS(リモートアクセスサービス)を使った方法でも、VPNを構築することによってセキュリティを強化することができます。 VPNとは「Virtual Private Network」の略になり、基本的には社内ネットワークに接続する専用の通信環境を意味します。 VPNは仮想的な専用線と言われており、認証を行わないとVPNを使えないようにすることができるため、外部からのアクセスを防ぐことが可能です。 外部から社内PCやネットワークに接続できるということは、セキュリティ上の脅威になる存在も同様にアクセスできるということです。 一般的なリモートアクセスサービスでは、外出先から通常のインターネット回線を用いるため、通信データが盗聴されたり、不正アクセスされる可能性があります。 このような脅威から守るためにはVPN環境を構築することが重要です。 リモートアクセスサービスを利用するときには、VPNを使い安全な環境を利用して社内のサーバやデスクトップPCにアクセスすることが有効です。 VPNを利用したリモートアクセスの仕組みは? VPN環境を構築することで安全な通信でリモートアクセスを利用できます。 このVPNの仕組みを理解することで、リモートアクセスに必要なセキュリティ対策の基礎を知ることができます。 ここからはVPNを利用したリモートアクセスの仕組みについて説明していきます。 仕組み(1)トンネリングとカプセル化でデータを送受信する VPNはトンネリング(トンネル接続)と暗号化によって成り立っています。 VPN(Virtual Private Network)とは名前の通り、インターネット上に仮想的に構築される専用ネットワークのことです。 この専用のネットワークを構築するときには、通信でやり取りされる情報を守り、外部からアクセスできないような構造にする必要があります。 このように社内ネットワークの情報を守るために、データの送信者と受信者の間に仮想的なトンネルを作る必要があり、このトンネル構造を使った接続をトンネリングと呼びます。 このように仮想的な空間を作り一般的な通信と分離することを作ることで安全性を高めます。 仕組み(2)認証と暗号化で通信セキュリティを強化する トンネリングによるネットワークを構築しても、トンネル内に外部からアクセスされる可能性はゼロではなく、使用している通信のデータが盗聴される可能性があります。 そのため、VPNを構築するときにはネットワークを通じて行われるデータのやり取りを行うとき、お互い(データの送信者と受信者)が正しい相手であるか確認するために「認証」を行うことで、トンネル内に外部からのアクセスをブロックします。 また、仮にネットワーク内に侵入されたとしても、やり取りの内容が分からなければ情報が外に漏れることはありません。 このように通信で使われる情報に制限をかけて情報が漏れることを防ぐことを「暗号化」と呼びます。 ここまでのようにVPN接続は、トンネル接続を行って専用のネットワーク空間を作り、認証を行うことでアクセスを制限し、暗号化することで通信で使われるデータを守ります。 VPNの種類は? ここまで紹介してきたように、リモートアクセスを活用する場合は安全性を高めるためにVPNを使用することが有効です。 このVPNにもいくつか種類があるため、特徴を知り自社に適したVPNを選ぶことが大切です。 ここからはVPNの種類について説明していきます。 比較的低コストなインターネットVPN インターネットVPNは名前の通り、一般的なインターネット上の構築されたVPNのことです。 既存のインターネット回線を利用してVPN環境を構築するため、コストを抑えることが可能ですが、インターネット回線は不特定多数の人が同時に接続しているため、通信の速度が遅くなる傾向があります。 また、外部からアクセスされデータを盗聴されたり、改ざんされるリスクがあるため注意が必要です。 高品質な通信を可能にするIP-VPN VPNの中でも通信事業者が独自に構築している閉鎖的なネットワークに「IP-VPN」があります。 このIP-VPNの環境は通信事業者が構築しているため、通信速度は高くセキュリティレベルも高いです。 その分コストは高くなるため、利便性とコストのバランスを見て利用するか決めることが重要です。 暗号化にSSL技術を使用したSSL-VPN コストを抑え安全性を高くしたVPN環境に「SSL-VPN」があります。 この「SSL-VPN」は暗号化された通信である「SSL技術」を使い、VPNで接続するネットワーク内のデータを暗号化することができます。 このVPNは既に利用しているSSLを利用して安全性の高い環境を構築できるため、コストを削減に繋がります。 IP層で暗号化・認証を行うIP Sec-VPN 「IP Sec-VPN」はVPNで使用される全ての通信を全て暗号化して安全性を確保し、高い回線品質を保証するVPNです。 この「IP Sec-VPN」の環境を構築するためには通信における送信者と受信者の両者に専用のソフトをインストールする必要があります。 このように専用の環境を作ることで、利用している人数が制限され高速な通信を実現できます。 リモートアクセスを利用してビジネスを加速させよう! 今回紹介してきたように、リモートアクセスを活用することで、場所や時間を選ばずに仕事ができるため、業務効率を上げることが可能です。 しかし利便性は高いですが、同時にセキュリティのリスクが高いことに留意する必要があります。 安全にリモートアクセスを利用するにはVPNを使うことが有効です。 セキュリティ対策を行い安全性が高いリモートアクセスを利用して、業務を改善していきましょう。

次の

解決済み: アプリケーションのコンポーネントでハンドルされていない例外発生

サーバー へ の リモート アクセス が 有効 に され てい ない

「デバイスまたはリソースが応答していません」の原因は? 「デバイスまたはリソースが応答していません」と言うエラーが出てしまう原因としては、 ネットワーク関連のなんらかの不具合が考えられます。 不具合が起こりやすいポイントとしてはいくつかありますが、今回は よくある5つに絞って対処法をご紹介していきたいと思います。 エラーが表示された場合の対処法 「コンピューターは正しく構成されていますが、デバイスまたはリソースが応答していません」が表示された時の対処法を順番に確認しながら試していってください。 Webブラウザのキャッシュ削除 インターネット検索などに使用している、Webブラウザ内に キャッシュと呼ばれるデータの残りカスが蓄積しすぎることで不具合が起こっている場合が考えられます。 一度使用している Webブラウザのキャッシュ削除を行ってみてください。 使用しているWebブラウザによって操作方法は多少変わりますが、ほとんどの場合 オプションや設定内に「キャッシュの削除」や「履歴の削除」などの項目が用意されていますので探してみてください。 セキュリティソフトの停止 パソコンにインストールされている セキュリティソフト(ウィルスソフトやファイアウォールなど)がネットワーク接続に干渉してしまっている可能性が考えられます。 一度セキュリティソフトを全て停止してみることで、接続状態が改善しないかどうか確認してみてください。 セキュリティソフトの停止方法については、使っているソフトによって手順が変わりますので、公式サイトなどを参考に実施するようにお願いします。 ルーターの再起動 ルーターの不具合によって、エラーメッセージが表示されている可能性があります。 一度以下の手順で ルーターを再起動してから、再度接続を試してみてください。 「 +i」キーを同時押しして 「Windowsの設定」を開く。 「ネットワークとインターネット」をクリックする。 左のメニューから 「イーサネット」を選択する。 「アダプターのオプションを変更する」をクリックする。 ローカルエリア接続を選択し 「このネットワークデバイスを無効にする」をクリックする。 再度ローカルエリア接続を選択し 「このネットワークデバイスを有効にする」をクリックする。 「ipconfig」コマンドの実行 Windowsのコマンドプロンプト(システムに直接指令を出すことのできるツール)を使用して、 ネットワーク関連の設定値をリフレッシュすることでエラーが解決する場合があります。 以下の手順で実施してみてください。 「 」キーを押してスタートメニューを表示する。 「cmd」と入力して、 「コマンドプロンプト」を表示する。 「Ctrl+Shift」を押しながら 「Enter」キーで決定する。 (管理者として実行)• 「ユーザーアカウント制御」が表示された場合は 「はい」をクリックする。 黒い画面が表示されたら以下のコマンドを順番に入力していく。 一度、Windowsの機能 「システムの復元」を使用して、正常に動作していた時点の状態に戻してみることで改善するかどうか確認してみることをオススメします。 ただし設定によっては復元データが残っていない場合もありますし、確実な手段とは言えないかもしれません。 最後の手段としては Windows OSのインストールし直しなどもありますが、もし行う場合はデータのバックアップなどに細心の注意を払った上で実施するようにしてください。 まとめ 今回は、 「コンピューターは正しく構成されていますが、デバイスまたは、リソースが応答していません。 」といったエラーが表示された場合の対処法について詳しくまとめてみました。 ネットワーク関連のトラブルって、特に何か操作したつもりもないのにある日突然起こったりするので、ほんとに悩ましいですよね。 とは言え原因は必ずどこかに潜んでいるはずですので、ご紹介した対処法を参考にトラブル対応してみてください。

次の

よくあるご質問

サーバー へ の リモート アクセス が 有効 に され てい ない

統合Windows認証をIISで動作させるのに苦労している人々の報告が何千もあることは知っていますが、それらはすべて適用されないWebページまたは既に試したソリューションにつながるようです。 簡単に言えば、すべてがローカルマシン上で完全に動作しますが、実稼働サーバー上ではバラバラになり ます。 ローカルマシンで:• マシンはWindows 7 Ultimate、Service Pack 1、IIS 7. 5を実行しています。 IISとVS Web開発サーバーの両方を使用して、サイトは正常にテストされました。 IISサイト構成では、Windows認証 を除くすべての認証方法が無効になっ ています。 ローカルマシンはどのドメインにもありません。 設定されるプロバイダーは、ネゴシエートおよびNTLMです(ネゴシエート:Kerberosではありません)。 拡張保護はオフです。 テストされたすべてのブラウザ(IE、Firefox、Chrome)にチャレンジプロンプトが表示され、(ローカル)Windowsアカウントでローカル ホストドメインにログインできます。 テストされたすべてのブラウザは、不透明なローカルIPアドレスを使用しても機能します。 したがって、ブラウザ自体は、サイトが「ローカル」または「リモート」のどちらであるかを気にしません。 現在ログインしているユーザーを表示する表示行をWebページに追加しました。 これには、期待どおりの内容(ログインしているローカルユーザー)が表示されます。 リモートマシンで:• サーバーはWindows Server 2008 R2、IIS 7. 5を実行しています。 Webページをロードすると、 すぐに 401. 2エラーが発生 します。 認証ヘッダーが無効なため、このページを表示する権限がありません。 チャレンジプロンプトは表示されません。 IISサイト構成では、Windows認証 を除くすべての認証方法が無効になっ ています。 リモートマシンはどのドメインにもありません。 設定されるプロバイダーは、ネゴシエートおよびNTLMです(ネゴシエート:Kerberosではありません)。 拡張保護はオフです。 リモートマシン(リモートデスクトップセッション)では、ドメインが ローカルホストか外部IPアドレスかに関係なく、Internet Explorerに同じエラーが表示されます。 ローカルマシンから リモート Webサイトを表示しようとすると、エラーは401のままですが、401が少し異なります。 サブコードはなく、次のテキスト が含まれています。 無効な資格情報によりアクセスが拒否されました。 Windows認証 IISの役割機能が されてインストールされています。 WindowsAuthenticationモジュールが され(サーバー・レベルで)追加します。 Windows認証をオフにして基本認証を有効にすると、まったく同じエラーが発生します。 Windows認証を無効にし、匿名を有効にすると(明らかに)サイト は読み込まれます。 Microsoftサポートのトラブルシューティング手順のすべてを既に実行しました:• いるを既に試しました(NTLMを唯一の方法として強制するため)。 最後に大事なことを言い忘れましたが、401. 2エラーのFREBを有効にしようとしましたが、結果は何の役に立つものでもないようです。 (0x80070005)... これは、私がすでに知っていることを伝えているだけのようです(資格情報をネゴシエートするのではなく、単にリクエストを拒否しているだけです)。 NETフォローアップイベント-[残念]、興味深いエラーや警告はありません)の行があるため、WindowsAuthenticationモジュールが正しくロードされていることを示しています。 5 WWW認証:ネゴシエート WWW認証:NTLM X-Powered-By:ASP. 5 X-Powered-By:ASP. NET 日付:2011年12月17日(土)23:43:13 GMT コンテンツの長さ:1293 cache-controlのような一見重要ではないいくつかの違いは別として、主な違いは リモートサーバーがクライアントにWWW-Authenticateヘッダーを返送しないことです。 だから、私はそれを質問に絞り込むと思い ます: Windows認証がインストールされ、ロードされ、排他的に有効になっているように見えるとき、なぜIISはWWW-Authenticateヘッダーを送信しないのですか? 問題が解決しました。 最終的に、 モジュールリストを並べて比較することにしましたが、実際には1つの行方不明がありました。 次の 2つの Windows認証モジュールがあります。 サーバーには、マネージ WindowsAuthenticationモジュールがありましたが、 WindowsAuthenticationModule上記で強調表示されたネイティブモジュールはありませんでした。 そのように構成された理由は誰でも推測できますが、明らかにネイティブモジュールがロードされていない場合、マネージモジュールは快活にロードされ、静かに失敗します。 だから、この問題が発生した任意の将来の読者のために、あなたが持っている作る 両方のモジュールがロードされた IISがあるため、 警告を表示しませんそれらのいずれかが欠落している場合。

次の