土屋 太 鳳 ドラマ。 土屋太鳳、来春朝ドラ『まれ』ヒロイン決定 「チャンスください!」と懇願

連続テレビ小説「まれ」

土屋 太 鳳 ドラマ

2017年に公開された「」で主人公・友永ひかりを演じた広瀬。 2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校チアリーダー部「JETS」の実話をベースにした青春映画「」の世界観を引き継ぎ、「ありえない夢を追いかける」というテーマはそのままに、新たなオリジナルストーリーを展開する。 広瀬演じるひかりは、全米チアダンス選手権大会で初めて優勝を果たした初代「JETS」のセンターであり、わかばが憧れを抱く人物だ。 映画の9年後を描く本作では、母校・福井中央高校に教師として戻り、「JETS」の副顧問兼コーチとして後進の育成に力を注いでいる。 「いつかお芝居でも共演できたらいいねと話していたので、共演できると知った時は本当にうれしかったです。 実際現場で一緒にお芝居をすると、こういう風にいろんな役を演じられてきたんだなと、すごく驚いています」と土屋が喜びを爆発させると、広瀬は「今回ドラマ化すると聞いて、いろんな想像があったんですけど、(主演が)太鳳ちゃんと聞いて絶対大丈夫だなと本当に思いました」と信頼をにじませた。 役の感覚を取り戻すべく、10時間以上のダンスレッスンを敢行した広瀬に対して「ダンスシーンはないのですが、それだけの気持ちを持ってドラマの出演に準備をしてくれたことにとても感謝しています」とプロデューサー。 太鳳ちゃん頑張って!」とコメントを寄せている。 (映画. com速報)•

次の

土屋 太鳳(ツチヤ タオ)のテレビ出演番組一覧

土屋 太 鳳 ドラマ

ストーリー 1994年夏。 夢が嫌いな小学5年生の津村希(松本来夢)は、家族とともに夜逃げ同然で石川県・能登半島の小さな漁村に越してくる。 一家は、偶然の出会いから塩田を営む夫婦の家に間借りすることになる。 そして、夢ばかり語る父・徹(大泉洋)に代わって、母・藍子(常盤貴子)が希と弟の一徹(葉山奨之)を養うため、塩田で力仕事をこなしていた。 8年後。 夢を追って能登を出たまま帰ってこない父を反面教師に、希(土屋太鳳)は、輪島市役所を就職先に選んでいた。 だが、夢の大切さを気づかせてくれた同級生の紺谷圭太(山﨑賢人)や、世界的パティシエの祖母・幸枝(草笛光子)と接するうち、自分の夢だったパティシエへの思いを取り戻す。 家族の反対を押し切り、夢の原点となったバースデーケーキを作っていたという、横浜のフランス菓子店に弟子入り志願をする希。 しかし、オーナーパティシエの大悟(小日向文世)は修業を認めてくれない。 やがて希は、大悟が提示するさまざまな試練を乗り越え、お菓子作りの才能を開花させていく。 そのころ、遠距離恋愛を続けていた希と圭太は結婚を決意する。 互いの夢のため離れて暮らすふたりだが、横浜では、次第に希の作るケーキが売り上げを伸ばすようになり、大悟からパティシエとしての美的センスを磨けとフランスでの修業を言い渡される。 そんな矢先、圭太のいる能登では、輪島塗を世界に広める大きなプロジェクトが動いていた。 希は、圭太の夢を後押しするため、パティシエ業からいったん離れ、能登に戻ることを決める。 能登に戻った希は、塗師屋のおかみ修行に励む日々を送っていた。 そこに、希たち行きつけの食堂のマスターから、引退するからこの店でケーキ店をやらないかと提案される。 開業に必要な資金ぐりや塗師屋とケーキ店との仕事の両立を乗り越え、オープンにこぎつけたが、今度は妊娠が判明。 希は元気な双子を産み、育児と仕事の両立をこなしていく。 出産から7年後。 希の子どもは小学生になっていた。 店は、弟子にしてほしいと訪ねてくる人や、いつもの同級生、そしてかつての仲間が来訪する特別な場所になっていた。 2015年8月10日。 この日は、希と徹、そして希の子どもたちの誕生日。 村のみんなを集めて、未だ結婚式をしていなかった希と圭太の披露宴が行われることになった。

次の

“初代JETS”広瀬すず、土屋太鳳主演ドラマ「チア☆ダン」に特別出演! : 映画ニュース

土屋 太 鳳 ドラマ

ストーリー 1994年夏。 夢が嫌いな小学5年生の津村希(松本来夢)は、家族とともに夜逃げ同然で石川県・能登半島の小さな漁村に越してくる。 一家は、偶然の出会いから塩田を営む夫婦の家に間借りすることになる。 そして、夢ばかり語る父・徹(大泉洋)に代わって、母・藍子(常盤貴子)が希と弟の一徹(葉山奨之)を養うため、塩田で力仕事をこなしていた。 8年後。 夢を追って能登を出たまま帰ってこない父を反面教師に、希(土屋太鳳)は、輪島市役所を就職先に選んでいた。 だが、夢の大切さを気づかせてくれた同級生の紺谷圭太(山﨑賢人)や、世界的パティシエの祖母・幸枝(草笛光子)と接するうち、自分の夢だったパティシエへの思いを取り戻す。 家族の反対を押し切り、夢の原点となったバースデーケーキを作っていたという、横浜のフランス菓子店に弟子入り志願をする希。 しかし、オーナーパティシエの大悟(小日向文世)は修業を認めてくれない。 やがて希は、大悟が提示するさまざまな試練を乗り越え、お菓子作りの才能を開花させていく。 そのころ、遠距離恋愛を続けていた希と圭太は結婚を決意する。 互いの夢のため離れて暮らすふたりだが、横浜では、次第に希の作るケーキが売り上げを伸ばすようになり、大悟からパティシエとしての美的センスを磨けとフランスでの修業を言い渡される。 そんな矢先、圭太のいる能登では、輪島塗を世界に広める大きなプロジェクトが動いていた。 希は、圭太の夢を後押しするため、パティシエ業からいったん離れ、能登に戻ることを決める。 能登に戻った希は、塗師屋のおかみ修行に励む日々を送っていた。 そこに、希たち行きつけの食堂のマスターから、引退するからこの店でケーキ店をやらないかと提案される。 開業に必要な資金ぐりや塗師屋とケーキ店との仕事の両立を乗り越え、オープンにこぎつけたが、今度は妊娠が判明。 希は元気な双子を産み、育児と仕事の両立をこなしていく。 出産から7年後。 希の子どもは小学生になっていた。 店は、弟子にしてほしいと訪ねてくる人や、いつもの同級生、そしてかつての仲間が来訪する特別な場所になっていた。 2015年8月10日。 この日は、希と徹、そして希の子どもたちの誕生日。 村のみんなを集めて、未だ結婚式をしていなかった希と圭太の披露宴が行われることになった。

次の