引越し 価格。 引越し見積もり料金が一番安くなる時期を徹底調査。月別料金データと引越し代を安くするコツ|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引越し 価格

2LDKや3LDK、4LDKと部屋が大きくなっていると、多くは家族での引越しになります。 二人暮らしや三人暮らしなど、人数が多いためにそれなりに大きな部屋に住むようになるのです。 ただ、こうした部屋サイズだと当然ながら荷物量は多くなります。 荷物量が多いと、それに伴って引越し料金は高くなります。 それでは、間取りによってどれくらいの費用相場になるのでしょうか。 また、適切な引越し時期はあるのでしょうか。 作業時間はどれほど必要なのでしょうか。 家族引越しのように荷物量が人によってバラバラだったり、オプションの有無が違っていたりすると、正確な金額は訪問見積もりを受けなければわかりません。 ただ、一般的な相場は存在します。 また、安い引越しを実現する方法もあります。 ここでは、間取りが2LDK、3LDK、4LDKなど家族引越しでいくらの価格相場になり、どのように引越しを進めていけばいいのかについて解説していきます。 もくじ• 二人暮らしに最適な2DKや2LDK 人によっては1LDKというケースはあるものの、二人暮らしであると2Kや2DK、2LDKの部屋に住むのが一般的です。 2K、2DK、2LDKであると、「キッチン(リビング)と2部屋」という構図になります。 以下は2LDKの部屋ですが、このような構図になります。 私も結婚によって1LDKの部屋から、2LDKの部屋へ引越しをしました。 また、子供が生まれてからもしばらくは2LDKの部屋に住んでいました。 家族が増えると間取りが3DK、3LDK、4LDKとなる ただ、家族が増えたり、子供が成長して大きくなってきたりすると、2DK・2LDKでは足りなくなります。 3Kや3DK、3LDK、4LDKなどのように、間取りが大きくなっていきます。 3K、3DK、3LDKでは「キッチン(リビング)と3部屋」になります。 4LDKでは「キッチン・リビングと4部屋」」という間取りです。 以下は3LDKの間取りになります。 引越しをするとき、このような間取りを把握して自分の家がどれに当たるのか確認するようにしましょう。 2LDK、3LDK、4LDKの引越し料金相場 なお、引越しにおいて重要なのは間取りの大きさというよりも、荷物量になります。 たとえ2LDKの家であっても、一つの部屋が物置状態になっている場合、そのまま運び出すとなると非常に値段が高騰するようになります。 一方で3LDKや4LDKであったとしても、非常に荷物が少ない家であれば思ったほど引越し代は高くなりません。 ただ、 部屋サイズが大きくなるほど荷物が増えるのが一般的であるため、引越し代が高くなるというわけです。 それでは、一般的な料金相場としてはどのようになるのでしょうか。 間取りごとの相場としては、以下のようになります。 ・近距離引越しでの費用相場 引越し人数 2人 3人 4人 5人以上 部屋サイズ 1LDK~2LDK 2LDK~3LDK 3LDK 4LDK以上 閑散期 6~7万円 8~9万円 10~12万円 15~18万円 繁忙期 8~10万円 11~13万円 14~17万円 20~25万円 閑散期は5月から翌年2月の時期であり、繁忙期は3月と4月です。 繁忙期の時期では、どうしても値段が高騰します。 また、これらの値段は基本となる価格であり、オプションをつけるとその分だけ値段が上乗せされます。 また、上の表は近距離引越しでの値段で料金の目安を出しています。 長距離引越しとなると、それに応じて値段が高くなると考えてください。 例えば、二人の引越しで「東京-大阪:約500km」の引越しだと、閑散期でも引越し代金が10万円以上になるのは普通です。 引越し代金は荷物量や時期で価格が変動する 荷物が増えると、その分だけ依頼するトラックサイズが大きくなります。 トラックが大きければ、それに比例して引越し金額が高くなります。 例えば、 2LDKなど二人暮らしの引越しで主に活用されるトラックが以下の2tロングトラック(たたみ4. 5畳分)です。 結婚時の引越しで利用し、冷蔵庫2台、洗濯機、タンス、(妻の)化粧台などいろんなものを積み込むようになりましたが、問題なくすべて入りました。 このときは閑散期での近距離引越し(東京-横浜:約50km)だったのですが、オプション代を含めて75,000円でした。 適正価格に収めることができたわけです。 それでは、3LDKや4LDKなど間取りが大きくなり、家族の人数が多い場合はどのようになるのでしょうか。 この場合、当然ながら引越し代金はさらに高くなります。 例えば、以下は閑散期に5人家族で引越しをしたときの見積価格です。 間取りは3LDKであり、500kmほどの長距離引越しです。 いくつかの業者に見積もりを出させて比較したのですが、最安値は198,720円となりました。 3LDKなのでどうしても荷物は多くなり、長距離引越しなので値段は高めです。 そのため、こうした費用が必要になります。 ・繁忙期で荷物が多いと高額になる また、たとえ近距離引越しであったとしても、繁忙期で荷物量が多いとどうしても値段が高騰してしまいます。 例えば、以下は3LDKの4人家族で引越しをしたときの見積もりです。 洗濯機の取り付けはもちろんのこと、食洗器の取り外し・取り付けやエアコンの脱着を含めていろんなオプションを頼むことになりました。 トラックサイズが大きいだけでなく、これにオプションが加わり、繁忙期であることもあってこれだけの価格になってしまったのです。 ちなみに、このときのトラックは4tトラックであり、以下のように非常に大きなトラックを活用しての引越しでした。 このように、部屋の間取りが大きくなり、荷物量が上昇するにしたがって価格相場は当然ながら上がっていきます。 また、 繁忙期などの引越し時期も値段への影響が大きいです。 作業時間はそこまでかからない なお、引越し業者に依頼する場合はダンボールが届きます。 このときのダンボールについては、荷物量に応じて必要な数だけ届けられます。 基本的には自らダンボールに荷物を詰めて荷造りする人が多いので、引越し準備を頑張るようにしましょう。 ただ中には、引越し業者に荷造りを依頼する「おまかせパック(らくらくパック)」を利用する人もいます。 おまかせパックだと金額は2~3倍になります。 そうして引越し当日に作業となりますが、引越し時間は実はそこまでかかりません。 3LDKや4LDKなどで荷物量が多かったとしても、旧居の荷物をトラックに運び入れるまでに2~3時間ほどで終わります。 そのため、近距離で午前中から引越し作業をするのであれば、新居への搬入も含めてその日の15:00までには作業が完了します。 新居への搬入よりも、旧居から荷物を搬出する方が一般的に多くの時間がかかるため、トラックに荷物を運び込んだ後からの作業は非常に迅速になります。 引越し代を安くするコツ ただ、家族引越しでは荷物量が多く引越し代金が高くなりがちだからこそ、引越しでの初期費用が少なくなるように留意しましょう。 賃貸マンションを契約する場合であれば、初期費用として「月額家賃の5倍」のお金が出ていくようになります。 賃貸不動産だけでも初期費用が大きいのに、そこに高額な引越し代が加わるとなると家計を圧迫してしまいます。 そこで、格安引越しを実現することを考えましょう。 このとき行うべきこととして、見積もりの比較があります。 要は、 複数業者に見積もりを依頼するのです。 ・複数業者で見積もりを比較する 例えば、先ほど「閑散期に5人家族で実施した長距離引越し」の見積もりを出しましたが、このときは4社に見積もりを依頼しました。 実際の見積書が以下になります。 最高額は438,264円でしたが、最も安い業者は198,720円でした。 見積もりを比較するだけで引越し価格が半額以下になり、初期費用を大幅に抑えることができました。 見積もりを比較しなければ、それだけで大きく損をすることになります。 引越しをするとき、必ず何社もの見積もりを取るようにしましょう。 ・引越し時期や時間を考える 繁忙期に引越しをするのであれば、閑散期に引越し変更できないかを検討しましょう。 ただ、時期を動かせない場合であっても、数日ほどの日にちであれば問題なく変えることができるはずです。 引越しでは、休日(土日)や祝日ではなく、 平日の引越しにするだけで引越し価格は軽く1万円引きになります。 家族引越しで荷物量が多い場合、さらなる値引きを期待できます。 サラリーマンであったとしても、有給休暇を取得して引越し日を平日にしましょう。 それだけで、何万円もの節約になります。 また、引越し時間帯をズラしても問題ありません。 午前よりも午後の引越しの方が金額相場は低くなります。 5,000円以上の値引きがあるのは普通なので、引越し時間を変えることでどれだけ値段が変わってくるのか訪問見積もりのときに聞いてみるようにしましょう。 まったく同じ引越し内容であったとしても、価格が変動するのです。 間取りから引越し価格を考える 2LDK、3LDK、4LDKを含め、ここでは家族引越しでどのような料金相場になるのか確認してきました。 荷物量が増えるほど大きなトラックを呼ぶ必要があるため、引越しに必要な費用は大きくなります。 このとき、一般的には間取りが大きいほど荷物が増えるため、それに伴って引越し金額が上昇すると考えてください。 もちろん、たとえ大きな間取りであっても運搬する荷物が少なければトラックサイズは小さくなり、安い料金での引越しを実現できます。 そのため、引越し前に不要な家具・家電製品をできるだけ捨てるのは効果的です。 また、実際の見積書を提示してきましたが、何社もの業者に見積もりを依頼して比較するのは必ず行うようにしましょう。 それだけで引越し金額は半額以下になることもあります。 大きなお金が必要になる家族での引越しだからこそ、格安引越しが実現できるように考えましょう。 引越しのとき、必須となるのが「複数社から見積もりを取ること」です。 引越し価格には定価がなく、引越し業者によって見積もり額はバラバラです。 そのため複数の業者から見積もりを取るだけで、何万円も節約できます。 例えば、以下は5人家族の長距離引越しで見積もりを取ったとき、4社に見積もりを依頼しました。 このとき、最高額は438,264円でした。 一方、 最も安い業者は198,720円であり、半額以下の料金になりました。 複数業者へ依頼しないだけで、大きな損をすることになります。 ただ、自ら業者を探して電話をかけるのは大変です。 そこで、必要な情報を入力するだけで完了する一括見積もりを利用しましょう。 一般的に引越しの一括見積もりでは登録直後、たくさんの電話がかかってきます。 こうした電話が嫌でメールだけで完結したい場合、SUUMO引越し見積もりを利用しましょう。 SUUMO引越し見積もりでは 「電話番号の登録が任意」なので、メールだけで見積もりの日程調節が可能です。 電話が嫌な場合、リクルート社が運営するSUUMO引越し見積もりが最適です。 引越し侍ではアート、サカイ、日通、アリさんなどの大手が登録しており、入力作業は 30秒で終わります。 無料で利用できるサービスなので気軽に利用できます。 さらに大手だけでなく、中小の引越し業者も登録しているので低価格な引越しが可能になります。 最大15社まで見積依頼でき、できるだけ複数の業者の見積もりを取り、最安値で引越しをしたい人に適しています。 おすすめの人気記事 ・引越し料金を値切り、最安値の引越しを実現する時期や価格交渉術 引越し価格を安くするためには、適切な方法が存在します。 見積もりを比較するのは当然として、 例えば休日ではなく平日の引越しにするだけで、1万円以上の値引きは簡単です。 また、同じ日であっても 午前の引越しを午後にするだけでも値引きが可能です。 こうした価格交渉術について解説しています。 ただ、残念ながらこうした割引はまったく意味がありません。 引越しには定価が存在しないからです。 この事実を認識すると、なぜ引越しで何社もの見積もりを取らなければいけないのか理解できるようになります。 格安引越しをするためにも、知識をつけなければいけません。 追加料金が必要になり、非常に高額な引越しになるのです。 ただ、訪問見積もりではどのような流れになるのでしょうか。 またどう接すればいいのでしょうか。 引越し業者の営業マンが訪問に来たときの対処法について確認していきます。 そこで、 ほとんどの人が一括見積サイトを利用します。 ただ、そのような見積もり比較サイトが適切なのでしょうか。 利用方法に違いはあるのでしょうか。 これらを明らかにしていきながら、おすすめの見積もり比較サイトを紹介していきます。

次の

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引越し 価格

これから引越しされる方が最も気になるのは、 「自分の引越しにいくらの費用がかかるのか?」ということではないでしょうか。 下記の図で一覧化されるように、引越し費用の総額は大きく「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具や家電の購入費用」で構成されます。 引越しにかかる費用の内訳 このように、引越し費用は引越し業者へ支払いする料金だけでなく、マンションやアパートなどの住宅の契約費用や、新しい住まいで利用する家財や生活雑貨の購入費などが必要です。 様々な費用が発生するため、自分の引越しにかかる料金を知るには、各費用の内訳とだいたいの金額相場を把握する必要があります。 引越しには何かと出費が多いです。 このページで紹介する費用の相場や料金の目安を抑えて、引越しの見積もり依頼や新居の契約をする際の参考にしてください。 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 37,540円 平均 45,000円 平均 66,000円 - 平均 76,000円 平均 82,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 29,500円 平均 35,000円 平均 54,500円 平均 60,000円 平均 70,000円 - ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,400円 平均 35,000円 平均 64,800円 平均 65,000円 平均 100,000円 平均 120,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 40,000円 平均 57,240円 平均 73,500円 - - 平均 154,400円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 54,000円 平均 75,000円 平均 180,000円 平均 215,000円 - - 500km以上 遠距離地方程度 平均 73,000円 平均 85,000円 平均 180,000円 平均 230,000円 - 平均 0円• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,000円 平均 47,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 平均 90,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 30,000円 平均 35,000円 平均 60,000円 平均 75,050円 平均 79,000円 平均 85,000円 ~50km未満 同都道府県程度 - 平均 39,980円 平均 65,000円 平均 78,000円 平均 165,000円 平均 230,000円 ~200km未満 同一地方程度 平均 48,250円 平均 50,000円 平均 130,000円 平均 130,000円 - - ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,080円 平均 80,000円 平均 166,400円 - - 平均 0円 500km以上 遠距離地方程度 平均 76,440円 平均 88,200円 平均 183,500円 平均 230,000円 - -• 時期 単身 (荷物少ない) 単身 (荷物多い) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 35,750円 平均 48,300円 平均 71,500円 平均 90,000円 平均 90,500円 平均 100,000円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,000円 平均 32,700円 平均 64,900円 平均 87,000円 平均 88,200円 平均 91,500円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 32,750円 平均 40,525円 - - 平均 91,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 54,000円 平均 57,000円 平均 119,800円 平均 210,000円 - 平均 150,300円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 60,780円 平均 70,000円 平均 145,000円 平均 230,000円 平均 250,000円 - 500km以上 遠距離地方程度 平均 88,000円 平均 95,000円 平均 225,000円 - - 平均 300,000円• これは、マンションなどの賃貸物件を解約する日付が月末~月初に寄りやすいので、引越し業者への作業依頼が下旬に集中するためです。 また、引越し業者の最繁忙期が3月の末であることや、引越し料金が高騰しやすい祝日が下旬に集中していることも関係しています。 例外的に、最繁忙期の直後である4月や、月初めに大型連休のある5月は上旬のほうが引越しの平均価格が高くなっています。 参考: 7月の引越し料金が安い日を探す 引越し侍で見積もりした場合の、7月の引越し料金が最も安い日は7日です。 そのほか、引越し業者が7月の引越しを安く、もしくは高い値段で設定している日付は、以下の引越し料金カレンダーから探すことができます。 :安い• :やや安い• :平均値• :やや高い• :高い• 通常期(5月~2月)• 繁忙期(3、4月)• 全平均 平均 35,620円 平均 44,280円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 28,600円 平均 33,000円 平均 60,000円 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 30,610円 平均 37,210円 平均 70,000円 平均 80,000円 平均 100,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 44,000円 平均 53,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 55,040円 平均 75,000円 平均 140,000円 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 70,000円 平均 93,500円 平均 180,000円 平均 235,000円 - 平均 200,000円• 全平均 平均 54,040円 平均 75,600円 平均 104,880円 平均 120,000円 平均 140,000円 - ~15km未満 同市区町村程度 平均 38,250円 平均 48,000円 平均 85,000円 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 45,100円 平均 56,500円 平均 100,000円 平均 118,800円 平均 160,000円 - ~200km未満 同一地方程度 平均 70,000円 平均 89,000円 平均 150,000円 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 100,000円 平均 120,000円 平均 200,000円 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 100,000円 平均 150,000円 平均 300,000円 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円• 年間を通して、具体的に引越し料金相場がいつ安くなるのかを次で見ていきましょう。 引越し料金が安い時期と高い時期 世帯人数に関わらず、1年で最も引越し費用が安い月は12月~1月の年末年始です。 逆に、最も値段が高いのは月は引越し業者の繁忙期である3月と4月です。 単身者と家族別に、月別の引越し料金相場の傾向を見ていきましょう。 :平日• :土日• :祝日 同一都道府県内で引越しをする場合の相場は、曜日に関わらず単身者が約4万円、家族引越し(2~4人)であれば8万円が平均的な料金です。 祝日の引越しは別の都道府県へ移動する家族の料金相場が高騰し、18. 6万円が相場で、平日の値段からプラス3万円以上高くなります。 希望時間帯 単身者の料金相場 家族の相場 同都道府県内の引越し 平日 平均 40,465円 平均 82,765円 土日 平均 40,930円 平均 80,120円 祝日 平均 40,030円 平均 83,133円 別同都道府県への引越し 平日 平均 77,749円 平均 152,586円 土日 平均 75,385円 平均 151,921円 祝日 平均 81,304円 平均 186,000円 「引越し料金は依頼が集中する土日や祝日といった休日の方が平日より金額が高くなる」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、 少なくとも単身や短距離引越しの際は曜日による価格の差異は軽微なので気にしなくて良いです。 ただし、 引越し業者の業務が空いている日時を希望すると割引価格を適用してくれることもあるので、空き枠を狙うのであれば平日の依頼を考えるのがおすすめです。 また、県外への引越しの場合に祝日の価格が高くなるのは、主に5月のゴールデンウィークや9月のシルバーウィークといった連休が、長い距離の引越しを余裕を持ったスケジュールで行おうとする家族の依頼者に人気があるためです。 もし、 費用を抑えたいのであれば連休を利用したいのをグッと我慢して、土日と合わせて勤め先の有給休暇を取得するなどの手段でスケジュールを確保すると良いでしょう。 参考: 時間帯別の引越し料金相場• :単身• :家族 作業時間帯 単身者の料金相場 家族の料金相場 早朝~午前中 8時 平均 34,251円 平均 96,400円 9時 平均 31,938円 平均 101,933円 10時 平均 37,250円 平均 65,333円 11時 平均 27,431円 平均 59,400円 正午~午後 12時 平均 35,333円 平均 79,143円 13時 平均 44,278円 平均 67,303円 14時 平均 38,042円 平均 71,112円 15時 平均 38,524円 平均 79,720円 夕方~夜 16時 平均 40,566円 平均 64,711円 17時 平均 39,586円 平均 45,100円 18時 平均 36,692円 平均 54,920円 19時 平均 40,233円 平均 38,800円 20時 平均 37,250円 平均 35,000円 単身の引越しは所要時間が短いので、作業の時間帯を指定しない「」での希望も多く、一日を通して相場金額の上下はさほど大きくないようです。 反対に、 家族引越しは所要時間が長くかかるため、早朝からの開始を希望する方が多く、朝イチの時間帯を希望すると値段がとても高くなってしまう傾向にあります。 参考: その他の引越し料金相場 引越し侍では利用者から寄せられた膨大な口コミデータを元に、様々な引越し料金の相場データを掲載しています。 住んでいる地域別の費用相場や、自分の部屋の間取りから引越し料金の目安をつけていきましょう。 都道府県別の引越し料金相場 北海道・東北• 関東・甲信越• 東海・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 間取り別の引越し料金相場 部屋の間取りは荷物量と関係するので、部屋数が多いほど引越し業者の見積もり料金も高くなります。 単身者に多い1R~1LDKの間取りでは通常期が約4万円、春の繁忙期が約6万円が料金相場です。 特に、家族世帯に多い2LDK・3DK・3LDKといった間取りでは、閑散期の依頼でも10万円前後の予算を見越しておいたほうが良さそうです。 一人暮らしの引越しの場合は総額費用が約35万円、荷物量が多かったり県外へ引越ししたりする場合は40万円ほどの予算を見込んでおくといいでしょう。 費用 単身 家族 敷金・礼金 14万円 20万円 仲介手数料 3. 5万円 5万円 前家賃 7万円 10万円 火災保険料 2万円 2万円 鍵交換・消毒料 5万円 6万円 引越し業者への支払い料金 3. 5万円 7万円 家具・家電や日用品の購入費用 5万円 7万円 総額費用 40万円 57万円 引越し料金が決まる仕組み 引越しの業者の見積もり料金は、大きく 「運賃」「実費」「オプション料金」で構成されています。 引越し業者に支払う料金の内訳 それぞれの料金について詳しく見ていきましょう。 基礎運賃 「基礎運賃」とは、引越しで移動する距離や、かかる移動時間に応じて定められた料金です。 国土交通省の「」や引越し業者の約款(やっかん)に、引越し業者が独自に定める運賃表をもとに運賃を決めることが記されています。 また、荷物の量によって決まるトラックのサイズも基礎運賃に関わってきます。 引越し業者の基礎運賃は、以下のふたつの方式のどちらかで決定されています。 時間制運賃 引っ越しにかかる作業時間をもとにして料金を計算 「4時間」または「8時間」の2種類の基礎時間が設定されており、1時間超過するごとに追加料金が発生 距離制運賃 トラックで移動する距離をもとにして料金を計算 基礎距離を100km(軽貨物業者は30km)として、これを超過すると追加料金が発生 実費 『実費』とは、人件費や梱包資材費などにより発生する料金です。 たとえば、下記の料金などが含まれます。 人件費 必要な作業スタッフの人数分、料金が発生します。 梱包資材費 段ボール箱など、梱包に必要な資材の料金が発生します。 交通費 高速道路・有料道路などを使用する場合、利用料金が発生します。 オプションサービスの料金と相場 オプションサービス料金とは、引越しの際に付帯する作業にかかる費用です。 引越し業者が行う基本的な作業は、「大物家具・家電に荷造り、荷解き」「搬入・搬出」「荷物の運搬」の3つです。 基本作業以外の依頼は別途費用がかかり、これをオプションサービスと呼びます。 引越し業者が行う基本的な作業とオプションサービスの一覧 主なオプションサービスの料金の目安は以下の通りです。 オプションサービス 相場金額 エアコンの移設 ・取り外し工事 … 5,000~15,000円 ・取り付け工事 … 15,000円~25,000円 ピアノの運送 40,000円~50,000円 乗用車の運送 25,000円~35,000円 上記のサービス以外にも、ハウスクリーニングや荷物の一時預かり、不用品処分などを行ってくれる業者もあります。 依頼する際は別途の費用が加算されるので、事前に引越し業者に連絡して料金をチェックしておきましょう。 参考: 引越し費用を安く抑える方法 最後に、引っ越しにかかる費用や、引越し業者への支払い料金を安く済ませるために実践できるポイントを以下にまとめました。 宅急便や宅配便を利用して引越し料金を抑える 荷物が少ない方の場合、引越し業者に運搬してもらわなくても、クロネコヤマトの宅急便や宅配便の利用だけで済む場合があります。 宅急便や宅配便を用いて荷物を運んだ際の料金を見てみましょう。 この金額と比較すると、宅急便や宅配便のみを利用して引越した場合は、最大で5万円ほど安く済む計算です。 引越し料金が安い業者を探して依頼する 特に、初めて一人暮らしを始めるという方などは、 必要最低限の家財を購入するようにすれば費用を抑えることができます。 入居と同時にすべての家具や家電を揃える必要はなく、お金に余裕があるときに買い足していけば良いからです。 引越しのタイミングで購入することになる家具や家電、日用品などのおおまかな金額は下記の記事にまとまっているので、参考にしてください。 Q1 引っ越し業者への支払いにクレジットカードは使えますか? クレジットカード払いに対応している引越し業者であれば、料金を分割で支払いが可能です。 大手の引っ越し業者はクレカ払いに対応していますが、地域密着の引越し業者の場合は未対応の場合が多いので注意が必要です。 原則、クレジットカードが使えない場合は現金払いとなるので、事前に用意をしておきましょう。 Q2 トラックの大きさが変わると引越し料金にも影響する? 引越し業者の料金はトラックの大きさだけで決まることはほとんどありません。 ただし、引越し料金は依頼者の荷物量に合わせて変動するので、結果的にトラックの大小が代金の差に影響しているかのように見えます。 引越し費用を気にする方は、トラックサイズの大小よりも自身の荷物量をなるべく減らすことを心がけると良いでしょう。 Q3 引っ越し作業のスタッフにはチップを渡す必要がありますか? 引越し作業員へのチップの支払いは必須ではありません。 引越し侍がチップに関するアンケートを行ったところ、「チップを渡していない人は全体の48%」にも及びました。 Q4 転勤にかかる費用は自己負担しなければいけませんか? 転勤で引越しをする場合、「会社負担になる費用」と「自己負担になる費用」があります。 引越し業者への支払いは会社持ちですが、赴任先での実費は自己負担の場合が多いです。 会社負担になる費用については、勤め先の「就業規則」等に記載がありますので確認してみましょう。 引越し費用相場と料金総額の目安まとめ 引越し料金には定価が存在しませんが、今回ご紹介した金額の目安や相場を知っていれば、費用を概算したり業者との料金交渉をしたりと活用を頂けると思います。 最後に、このページで解説した重要なポイントのまとめです。 引越し費用は「引越し代金」+「物件契約の費用」+「家具・家電と日用品の購入費用」でトータルコストがわかる• 引越し業者に支払いする料金は、引越し時期と運送距離、家族人数、曜日や時間帯によって相場が変動する• 引越し費用で最も大きな割合を占めるのは賃貸物件の契約費用で総額の目安は「家賃の6か月分」 引越しによる住み替えの費用は数十万円の大きな出費です。 ご自身の引越し料金を事前に把握して費用を抑えることで、予算内に収まるように工夫をしていきましょう。 引越し費用と見積もりに関連するページ• 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

引越し価格ガイドの評判と口コミ。安全性の高い見積もりサイト

引越し 価格

引越し価格ガイドの2chの評判と口コミを調べてみた 引越し価格ガイドの評価はどんな感じなのか、おーぷんにちゃんねるで調査してみました。 すると残念ながら、引越し価格ガイドに関する書きこみはほとんどありませんでした。 続いてTwitterでも調べてみました、するとこんなつぶやきが…。 まさ masa1225k 引越し価格ガイドは気をつけたほうがいいですよ 小声 気を付けたほうが良い、見積もりで電話が数本かかってくることでしょうか。 いずれにしろ、にちゃんねるやTwitterで酷評されることがない引越し価格ガイドの利用者は、あなたのすぐそばにいるかもしれません。 どうしても引越しの見積もり電話が嫌な方は当サイトでもおススメしているsuumoの引越し見積もりを利用しましょう。 suumoの引越し見積もりならメールの登録のみなのでしつこい電話営業が一切ありません。 営業電話が嫌な方は下記のsuumo引越し見積もりをおすすめします。 suumoの引越し見積もりなら営業の電話が一切ありません。 詳細は以下からどうぞ 引越し価格ガイドのデメリットは営業電話でしょうか。 電話がしつこいってほんと? 見積サイトを利用するうえで気になるのが『電話のしつこさ』です。 引越し業者は1件でも多く予約を取るべく、必死に営業をかけてきます。 成約後の営業電話ほどしつこいと感じるものはありません。 しかし無視をすれば何度も電話がかかってくるものなのです。 筆者は引越し価格ガイドを何度か利用していますが、すべての電話に応えているせいかしつこいと思ったことはありません。 はじめから電話に出る事ができないと分かっている方は、時間があるときに見積依頼をしましょう。 電話に出られないのに一括見積をすると、着信履歴に驚く可能性があります。 引越し価格ガイドのメリット 引越し見積サイトが多いこのご時世、引越し価格ガイドをあえて利用するメリットはあるのでしょうか。 引越し価格ガイドを利用するメリットとして、以下の点が挙げられます。 サイトが見やすい サイトがすっきりと見やすいのがポイントの1つです。 他の引越し見積サイトは記事を読んでいる最中に「見積もりスタート!」なんてボタンが表示されて煩わしく感じます。 しかし 引越し価格ガイドは広告が少なく、無理に見積もりへ誘導することがありません。 大手見積サイトのノウハウを駆使している エイチームのノウハウが生かされているため、見積もりフォームの使いやすさや提携企業の多さは他の見積サイトとは比べ物になりません。 利用者数が多く、安心感がある点もポイントです。 また、大手だからこそできる10万円分のキャッシュバックやQUOカードのプレゼントは、ぜひ応募したいところです。 相場を知りたいなら引越し価格ガイドが一番! 引越し価格ガイドの画面左側にはリアルタイムで申し込みした人の依頼相場が表示されます。 ただし平均的な価格ではなく最安値と最高値が表示されるため、価格にかなりの幅が出ることがあるようです。 単身引越しの場合は特に最安値が参考価格になり得ます。 電話で見積もり額の交渉をする際は、引越し価格ガイドを参考に「別の業者さんでこの値段が出たんですが…お願いできませんか?」と交渉材料にしてみてくださいね。 ページのあちこちにリンク切れがあり、管理会社にエールを送りたくなります。 引っ越し達人セレクト限定の特典があるようですが、ページが2014年の限定と記載されており、現在では特典が適用されない可能性がある点に注意が必要です。 一括見積の申し込みフォームはシンプルで使いやすかったため、3位にピックアップさせていただきました。 3位『引越し価格ガイド』 利用者数の多さと価格の比較しやすさで、引越し価格ガイドを2位にピックアップしました。 『引越し業者のサービス比較リスト』は、大手引越し業者を選ぶ際に大いに役に立つことでしょう。 膨大なデータからランキング化された『月別の人気引越し業者ラインキング』は、今後引越しを考えている人の業者選びに一役買いそうですね。 2位エイチームのサイト! 不動の1位はエイチームの引越しサイトです。 筆者がエイチームの引越しサイトのリピーターという事もあり、ややひいき目で見ていることもありますが、 業者からの連絡が早く深夜にも対応してもらえるのがとても助かります。 また、安く引越したいなら タイムセールの利用もおすすめです。 提携企業数が多いため口コミの数も多く、見積もり時の参考になります。 1位『suumoの引越し見積もり』 1位はsuumoの引越し見積もりです。 suumoの引越し見積もりであれば、引越し見積もりで一番嫌な営業電話が一切ありません。 詳細は以下からどうぞ.

次の