ブロ 解 意味。 LINEでブロックした後に削除したら相手にはどう見える?

【Twitter】リムるぐらいならブロ解しろという謎の文化|さんかく△|note

ブロ 解 意味

基本的にブロックというのは、その相手との関わりを断ち切ってしまいたいときに利用するものです。 ただブロックしただけだと• フォローの強制解除• 再度のフォロー不可• ブロックされた人はブロックした人のツイートの閲覧、RT、ふぁぼ不可(ほかのフォロワーがそのユーザーのツイートをRTした場合も同様)• ブロックされた人はブロックした人のプロフィールページの閲覧不可• DMの送信不可(すべてに公開されている場合も同様)• リプライを送っても相手に通知されない• ブロックされた人はブロックした人のリストへの追加不可• 画像へのタグ付け不可(すべてのユーザーに許可している場合も同様) と、かなりの制限を受けることになります。 ブロックされた側にメリットなんてものはありません。 唯一メリットがあるとすれば関係がリセットされることかもしれませんが……。

次の

ブロ解とは?意味とやり方を画像付きで解説【Twitter用語】

ブロ 解 意味

リムるとはどのようなタイミングで使われる用語でしょうか。 よく見るシチュエーションとしては、 特定のアカウントのフォロー解除についてツイートされる時です。 「〇〇さんのアカウントをリムる」• 「大量のフォロイーをリムる」 また、下記のようにプロフィールの中であえてリムることについて記載しているアカウントもあります。 うるさいと感じたらリムってください• リムご自由に 一度フォローするとフォローを外しにくいと感じる人も多いようですので、「リムるのは自由」とプロフィールに記載することは、そういう人たちに対しての気遣いの意味もあります。 顔が見えないネット上だからこその気遣いともいえるでしょう。 このように、リムるとはフォローを解除するという意味で日常的に使われている単語です。 フォロー解除と言うよりはリムると言ったほうが意味が伝わるかもしれません。 リムられる 意味:自分がフォローを解除された 例 フォロワーだった人にリムられる リムった 意味:自分がフォローしているアカウントを解除した 例 フォロー整理で大量にリムった リムろう 意味:これからフォローしているアカウントをフォロー解除する(まだフォロー解除はしていない) 例 このアカウントはリムろう リムれ 意味:相手にフォロー解除を要求する(自分はフォロー解除しない) 例 そのアカウント、リムれよ リムるなよ? 意味:相手にフォロー解除をしないよう要求する 例 私のアカウントをリムらないでね? リム返された 意味:自分がフォローを解除した相手が自分のフォローも解除する(相互フォローだった時に使用する) 例 昨日相互フォローだった人をリムったら今日リム返された このように、 ブロックは特定のアカウントからのコンタクトを一切受け付けない機能です。 ブロックは英語のblockから来ており、「妨害する、遮断する」といった意味があります。 自分がブロック状態になるとこのようなことが起こります。 互いにフォローできない• 相手から自分のツイートが見られない• リプ・RTなどのアクションが通知されない Twitter上で自分のツイートを見てほしくないアカウントや、こちらからツイートを見たくないアカウントがあれば積極的に利用したい機能です。 引用で説明しているように「他のTwitterアカウントとのやり取りをコントロールする」という意味合いの機能なので、リムる場合よりもより強く関係を絶つことができます。 ブロ解の意味を理解したところで、再度リムるとブロック(ブロ解)の意味の違いについて見ていきましょう。 リムる:自分のフォローのみを外すこと(フォローボタンを押してフォローを解除する)• ブロック(ブロ解):自分だけでなく、同時に相手のフォローも外すこと(一度相手をブロックし、ブロックを解除することでお互いのフォロー解除) このように、リムるとは自分のみにしか影響しませんが、ブロック(ブロ解)とは自分と相手双方に影響します。 自分が相手をフォローしていることに必要性を感じなくなった時はリムる、相手のフォローを外すだけでなく、同時に相手からのフォローも外したい時はブロック(ブロ解)と使い分けるのがよいでしょう。 元々はネットの匿名掲示板において、初心者が既存ユーザーの書き込みから掲示板の使い方・ルールを学んでもらえるようにという意味で、「ROMれ」等といった書き込みがされていたことが始まりです。 ネットスラングでしたが、いつしか世間一般に浸透してTwitterを含むSNSで使用されるようになりました。 使う場所が変化したことにより、ROMの意味も少しずつ変化しているようです。 Twitterではツイートを眺めて楽しむ意味合いが強いですが、「使い方・マナーを知る」という用語の本来の意味合いでも使える言葉です。 ただし、ネットに疎い方にいきなりROMる等の言葉を送っても意味が通じないこともあるのでご注意ください。

次の

「リムブロ」の意味・よくある間違い【使い方や例文】

ブロ 解 意味

リムるとは 『リムる』とは、 相手との繋がりを絶つときに使うSNS用語です。 英語で「削除する、取り除く」を意味する「Remove(リムーブ)」が由来です。 例えばTwitterの場合、フォローしていた相手のフォローをやめる時に使います。 その他、友達登録やフレンドリストから削除するときなどに使われる用語です。 リムると同様のSNS用語 ここからは『リムる』と似た意味をもつSNS用語をご紹介します。 ブロ解(ぶろかい) TwitterやInstagramでは、自分が相手のフォローをやめる(リムる)ことはできますが、相手から自分へのフォローを勝手に外すことはできません。 とはいえ、ブロックしてしまうと相手のツイート自体を見ることができなくなってしまいますし、相手からも自分のツイートは見えなくなります。 そもそも「ブロック」とは、相手の存在を拒否することです。 ツイートを見たくないユーザーや、迷惑なユーザーとの交流を絶ちたいときに使う機能です。 そうなると、あくまで相手からのフォローを外させたいというのが目的なら、自分のツイートを見られないようにしたいというほど強い拒絶はないということになります。 そこでブロックをした後に、そのブロックを解除することでお互いが出会う前の状態に戻し、関係性をなかったことにしましょうという意思表示を暗にすることができます。 『ブロ解』とは、このように ブロックをしてお互いのフォローを外した後に、ブロックを解除する(ブロックをやめる)ことをいいます。 少しややこしいですね。 では、どんな時に使うか例を見てみましょう。 ブロ解の使用例 例えば、期間限定でチームを組んで仕事をした場合、仲間同士でお互いにフォローし合って情報を共有していたとします。 そして、プロジェクト終了後にチームが解散すると、情報を共有する必要がなくなったり欲しい情報の優先順位が変わったりしますよね。 それほど重要な情報交換はしないけど、お互い嫌いになったわけではないのでブロックはしたくない場合に、「ブロ解」をするとフォローはしていなくとも、お互いにツイートを見ることはできるし、必要であれば再度フォローすることができるのです。 ミュート ミュート(mute)とは、日本語に訳すと「音声を出さない」「無音・無言の」を意味します。 Twitter上でフォローしている特定のユーザーをミュートすると、その相手のツイートはタイムラインに表示されなくなり、見ないようにすることができます。 フォローは解除されないですし、相手にミュートをした通知も届きません。 そのためやり取りに関しては今まで通りにでき、相手に自分がミュートされたことに気付かれることもありません。 ツイートが多過ぎる相手や、自分にとって必要のないツイート、そして見たくないツイートなど、フォローを外すことができない相手に対して使うと便利な機能です。 知っておきたい他のSNS用語 この他にも良く使われるSNS用語はたくさんあります。 ここからは主にTwitterで使われる用語をご紹介しますね! リプ 『リプ』という用語は、英語の「リプライ(Reply)」の略で、「返信・返答・応答・答弁」の意味があります。 あるツイートに対して、メッセージを返信することをいいます。 「この件に関して意見のある方はリプお願いします」とツイートに書いてあったら、意見を取り交わしたいという積極的な意思があるということですね。 フォロバ 『フォロバ』とは、「フォローバック(follow back)」の略で、自分のアカウントをフォローしてくれたユーザーに対して、フォローし返すことをいいます。 お互いフォローし合っている状態のことを『相互フォロー』『ff内』ともいいます。 パクツイ 『パクツイ』は、「パクる」と「ツイート」を合わせてできた言葉で、他人のツイートをパクって自分の発信と装ってツイートすることです。 注目を浴びている、もしくは浴びそうなツイートの文言や写真などをパクツイすることで、自分のフォロワーを増やしたり「いいね」をたくさんもらったりすることが目的と考えらます。 ツイートにも著作権が認められることがあります。 場合によっては著作権法違反になることもあるかもしれないので、SNSを使う際に注意すべき行為ですね。 ちなみに『ツイパク』『パクリツ』とも呼ばれます。 FRB 『FRB』とは、「フォロー・リム・ブロック」を合わせた言葉です ・フォローとは、相手のツイートが自分のタイムラインに表示されるようにする機能 ・リム(リムる)は、フォローしていた相手をフォローから外すこと ・ブロックは、お互いのフォローを強制的に外すこと 本来、Twitterでは「フォロー・リム・ブロック」を自由に行ってもいいはずなのですが、中には「勝手にフォローしないで欲しい」「リムするときには一言欲しい」というような独自ルールを敷くユーザーもいます。 そのため、トラブルが起きないよう予めプロフィールに「FRBご自由にどうぞ」と書いている人もいるのです。 まとめ 『リムる』とは、フォローを解除する、フォロワーであることをやめるというSNS上での関係を立つ際に使われる用語です。 今後ますます発展していくと思われるSNS。 全ての用語を覚えるのは大変ですが、ご自身が使う機能の用語だけでも覚えておくと、活用の幅が広がるかもしれませんね。 関連記事リンク(外部サイト).

次の