不妊治療 大阪市。 大阪市の男性の不妊治療、不妊検査が可能な病院 29件 【病院なび】

大阪で不妊治療・検査が受けられるクリニック63選

不妊治療 大阪市

お知らせ 2020. 15 夏季休診のお知らせ 8月9日(日)~8月16日(日)まで休診させていただきます。 2020. 25 駐車料金・サービス時間変更のご案内 2020. 14 JISART会員施設で治療を受けていらっしゃる患者様へ 2020. 声明の内容と当院の治療方針を下記ファイル PDF に掲載しておりますので、必ずご確認ください。 2020. 30 自動予約システムがバージョンアップしました。 2019. 1 2019年10月1日より料金を改定しました。 2018. 17 不妊治療情報サイト「MedeTa」で当院が紹介されています。 2018. 3 担当医師に関するお知らせ 2018年12月より、月・金の午後診は河田由美子医師が診察を行います。 2018. 19 厚生労働省が仕事と不妊治療の両立を支援するために「不妊治療連絡カード」を作りました。 お仕事をされながら治療を受けやすくなります。 ご希望の方は、診察の際に受付でお申し出ください。 2014. 4 当クリニックでめでたく妊娠され、そして無事に赤ちゃんを出産された方よろこびの声を更新いたしました。

次の

不妊治療・体外受精専門

不妊治療 大阪市

備考: 土曜AMのみ診療。 院長学会出席等の理由により臨時休診日が発生する可能性がございます。 当クリニックは平成16年8月に開業し、平成31年時点で開業15年目となります。 当クリニックの主診療科目は泌尿器科です。 泌尿器科は男性・女性を問わず「尿」に関するトラブルについて対処するところです。 一般的に「泌尿器科に行くのは恥ずかしい・・・」というイメ ージがあると思いますが、当クリニックは老若男女さまざまな方が来院されておりますので、安心してご来院下さい。 なお、大げさなチューブや金属等で治療を行うようなイメージのある泌尿器科ですが、最近の泌尿器科の検査や治療方法は、以前の方法と比べて痛みや体への負担が非常に少ないものとなっています。 放置することで症状がひどくなる場合もありますので、なにかお悩みのことがあれば恥ずかしがらずにお早めにご相談下さい。 また最近では、性感染症やEDに悩む患者様にも数多くご来院頂いております。 泌尿器系の疾患の中でも「特に医者にかかるのが嫌な項目」ではあると思いますが、ご来院いただき適切な診察・治療を施すことで精神的にも落ち着きを取り戻せる事もあるかと思いますので、お悩みの事があればご相談下さい。 院長である後藤毅は「日本腎臓病学会認定専門医」でもあるため、泌尿器系疾患のほか、高血圧・投入病・高脂血症などに対応する一般内科診療も合わせて行っております。 泌尿器系疾患以外でもお身体の調子で気になる点がありましたら、お気軽にご相談下さい。 EDというのは非常にデリケートな問題であり、お悩みをおひとりで抱え込む方が少なくない状況です。 また最近では生活習慣病の増加、家庭や仕事環境でのストレスなどの 影響によりED患者数は増加しています。 性ホルモン、性腺機能低下症などを専門分野とした内分泌代謝科 内科 専門医、また糖尿病を中心とした生活習慣病を専門分野とした糖尿病専門医として数々のED治療を行ってきた経験、さらに難病指定医としてホルモン異常など極めてまれな疾患など様々な症例を経験してきたことを活かし、皆様のお役に立ちたいと考えています。 どのような事でも結構です、ご相談頂ければ幸いです。 当院の基本方針として何よりも患者様の満足度を上げることを第一に考え、患者様の生活が少しでも良い方向に向かうことを願っています。 医療費を抑えるために初診・再診料は無料、スタッフは男性のみ、立地も梅田、北新地、JR大阪駅直結の大阪駅前第2ビル2階 予定 とアクセス良好です。 また来院しなくてもいいように遠隔診療も行っています。 数あるクリニックの中から当院をお選び頂いたご縁に感謝し、皆様が満足いく生活が送れるよう全力でサポートさせて頂きます。 スタッフ一同、ご相談、ご来院をお待ちしております。 大阪市 の男性不妊治療の中でも、 を絞り込んで探すことも可能です。 男性不妊治療 以外にも、大阪市のアレルギー科、神経科、リハビリテーション科、歯科などのクリニックも充実。 また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

次の

大阪市:大阪市不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要領 (…>こども青少年局>要領)

不妊治療 大阪市

次の1から7全てに当てはまる方が対象になります。 詳しくはでご確認ください。 3.次に挙げる治療法ではないこと• 夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療• 代理母(夫の精子と妻以外の卵子を妻以外の子宮に医学的な方法で注入して、妊娠、出産してもらい、その子どもを当該夫婦の子どもとするもの)• 借り腹(夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して当該第三者が妻の代わりに妊娠、出産するもの) 4.申請時点(保健福祉センターに申請書等を提出する日)で大阪市内に住所を有していること 5.治療開始時点から法律上の婚姻をされているご夫婦 6.治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること。 なお、自然周期で採卵を行う場合には、投薬前の卵胞の発育モニターやホルモン検査等を実施した日が治療開始日となります。 」を、 「6.治療開始時の妻の年齢が44歳未満であること。 」として取り扱います。 通算助成回数は、初回治療開始時点の妻の年齢が40歳未満の場合は通算6回まで、40歳以上43歳未満の場合は通算3回までです。 令和元年度までに助成を受けた回数も通算します。 特定不妊治療の助成額の上限一覧 治療ステージ 治療内容 1回の治療に対する助成上限額 (初回治療に限る) 1回の治療に対する助成上限額 (2回目以降) A 新鮮胚移植を実施 30万円 15万円 B 採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施(採卵・受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために1から3周期の間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合) 30万円 15万円 C 以前に利用した胚を解凍して胚移植を実施 7. 5万円 7. 5万円 D 体調不良等により移植のめどが立たず治療終了 30万円 15万円 E 受精できず又は胚の分割停止、変性、多精子受精などの異常受精等により中止 30万円 15万円 F 採卵したが、卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止 7. 5万円 7. 申請期限を過ぎての申請受付はいたしませんので、ご注意ください。 ただし、平成31年4月1日~令和2年3月31日に治療が終了した方につきましては、令和2年6月末日まで申請期間を延長します。 「年度」とは・・・・4月1日から翌年3月31日までのことです。 (5)(6)については、原本の返却が必要な方は、申請窓口でお申し出いただければ、保健福祉センターで、原本照合した上で返却します。 医療費控除を受ける際には、 6 を税務署へ提出するのではなく、提示(送付する場合には、返戻を希望する旨の書面及び切手を貼付した返信用封筒を同封)にとどめ、 6 が手元に戻るようご留意ください。 (参考)国税庁ホームページ 「確定申告期に多いお問い合わせ事項Q&A」 の 17 医療費控除を受ける場合」 大阪市内の指定医療機関一覧(令和2年6月2日現在) No.

次の