松原 照子 ウイルス。 東京オリンピックの中止に予言!松原照子の予言した内容がヤバい

国民的議論の会⚜ペルシャンキャット

松原 照子 ウイルス

Contents• コロンが流行! コロンが中国武漢で発生し、中国国内では犠牲者の数が日増しに増えていっています。 そして、それは中国だけにとどまらず、 アジア、ヨーロッパと、徐々に徐々に拡大しつつあります。 まだまだ序章に過ぎないコロンの流行ですが、やはり日本国民にとって最も関心が高いことの一つは、東京オリンピックへの影響では無いでしょうか。 巷では、 東京五輪の中止の可能性はあるの?といった危惧が多く見受けられます。 次章では、東京オリンピック中止の危機?について、より掘り下げてまとめてみます。 東京オリンピック中止の危機?コロンの影響 この章では、コロンが東京オリンピックにもたらす影響と、中止の危機について深掘りします。 オリンピック中止の可能性はあるのでしょうか・・・ ネット上では東京五輪中止説! 2020年7月24日から開催予定の東京オリンピック、その開催が危ぶまれています。 現在、ワクチンが出来ていないコロン。 完成まで2ヶ月、それを製造するのに3ヶ月かかったとしても、世界中に配布する時間を考えれば、東京オリンピックまでに到底間に合わない・・・と、コロンの影響を重く受け止める人も多いですね。 そういった経緯から、東京オリンピックが中止になるのではないかと、ネガティブな考えになってしまう人が続出しています。 ・1916年 ベルリン五輪 ・1940年 東京五輪 ・1944年 ロンドン五輪 3件に共通するのは、いずれも 世界大戦が関係しているということで、病気などのリスクから開催中止ではありませんでした。 1916年は第一次大戦の影響で中止、1940年の東京五輪は、日中戦争という中でとても開催できる状況ではないと、開催国資格を返上しています。 その後、東京五輪からヘルシンキへと開催国が代わりましたが、第二次大戦の影響で結局開催中止。 1944年も同様の理由で開催中止となっています。 いずれも開催できる状況では無かったというものなので、2020年の東京オリンピックとはまた勝手が違います。 コロンといった病気の影響で、開催中止といった事例は過去にありませんが、果たして東京オリンピックはどうなってしまうのでしょうか・・・ コロンの終息は?いつまで続くのか コロンですが、東京オリンピックまでに終息していれば、開催に際し影響はありません。 ということで、過去の似たような事例を調べてみました。 ・ SARS 終息までに9ヶ月 期間:2002年11月1〜2003年7月31 ・ MERS 終息までに7. 5ヶ月 期間:2015年5月11日〜12月24日 終息についてはWHOの基準に基づいていますが、いぜれにせよ、 7ヶ月以上かかることになります。 今まではオリンピックイヤーでは無い年でしたが、コロンも終息までに半年以上かかるとしたら、もろに東京オリンピックとぶち当たります。 コロンがどれほどの被害や影響をもたらすのか、まだ不確定要素も多いですが、今まで以上の規模で世界的に流行したとしたら、東京オリンピック中止の可能性も、決してゼロでは無いと言えますね。 東京オリンピック中止は予言されていた?【都市伝説】 さて、新型肺炎コロナにより開催中止が危ぶまれている東京オリンピックですが、実はそれを 予言している人がいるんですよ・・・ 少し、都市伝説的な話にはなりますが、こちらの文章をまずはご確認ください。 実は、開催されない可能性があるんです。 東日本大震災の発生を予測した、松原照子さんという予言者が指摘しています。 全世界的に大混乱が起きるため、五輪どころではなくなるかもしれません」 引用元: こちらの記事は、 三上丈晴さん(ミステリー雑誌『ムー』編集長)のもので、三上さんはこれまでも数々の予言をし、的中させてきました。 (ロシアの隕石落下など) また、記事内にある 松原照子さんという方は、東日本の地震を予言した人であり、占い師として数々の本を出版されている有名な方です。 カードの画像も貼ってますので、その内容を合わせてご覧ください。 また、理屈としての開催中止以外にも、予言といった都市伝説的側面から、東京五輪開催中止についてもみてみました。 ここまでのカードが揃うと、 東京オリンピック開催中止の可能性もあるのでは・・・と思ってしまいますよね。 とにかく、一刻も早いコロンの終息、そして安全に開催される東京五輪当日を待ちたいと思います。

次の

2020東京オリンピックはない予言的中、松原照子氏│気になる情報

松原 照子 ウイルス

Sponsored Link 【松原照子】オリンピックの他に新型ウイルス大流行も予言していた! 松原照子さんはこれまでにも数々の予言を的中させているのは、とても有名な話ですが 特に2011年の東日本大震災や、トランプ大統領の当選、そして今回のオリンピックなど・・・ 2016年のとある集まりで、オリンピックの開催について聞かれ「ない」とつい答えてしまった、というエピソードが話題となっていますね。 他にもオリンピックについて予言している人は何人かいますが、殆どの予言者が「無事に開催する」と話す中、 松原さんだけは「ない」と断言していたのがとても印象的が、今回またもや松原さんの予言が的中して本当に驚くばかりです(汗) そして、今回また的中していると話題になっている予言があります。 それが「新型ウイルスの大流行」についての予言です。 今回は、その予言の内容と他の予言などについてもご紹介したいと思います! 楽天で購入 2019年2月号になるので、約1年も前に予言していたことになります(汗) 一部を引用させていただくと いつもながら原稿用紙に向かうと、ごく自然に鉛筆が動いていきます。 たとえば、こんなことも書きたくなるのです。 「 この数十年間、私たちが経験したことのなかったようなウイルスが発生し、人から人へと感染して大流行する」でも、パンデミックなどという言葉は、できれば聞きたくないものです。 免疫を持っている人がほとんどいない新型インフルエンザの感染力はとても強く、もしも日本に感染者が出たら本当に大変なことになると思われるのです。 それほど 遠くない未来、パンデミック宣言が出されて、世界中を震撼させるでしょう。 豚由来のウイルスだけではなく、その他の生物に由来するウイルスも 進化しようとしているように思います。 ぜひとも大成功を収めてほしい東京オリンピックが2020年に迫っています。 夏に発生しやすいように思えるこうした新型ウイルスが、2020年に発生しないことを願います。 松原さんには一体何が見えていたのかと聞きたくなるくらい、今現在の状況と酷似していると思ったのは私だけではないと思います。 中国の大気汚染によってウイルスも進化することや、中国の劣悪な環境下での生活がウイルスを生むというような内容が書かれています。 中国から感染が広まるということすら、松原さんには見えていたようです。 そして、 2020年オリンピックの前に新型ウイルスが大流行しパンデミックが起きるということまで予言していたということに驚きましたし、松原さんの能力が本物であることを今回の件で再認識しました。 そして、今回オリンピックを延期するだけでも、IOCとの緊急会談まで決断できなかった日本の対応を見ていて感じたのは、 「延期するだけでもこんなに大変なら、中止はもっと大変だろう。 そんなオリンピックが中止になる理由とはどんなことか?」 皆さんはどう思いますか? 私は第三次世界大戦しかない、と考えました。 それほど世界を揺るがす事態でもない限り、容易に中止にすることは不可能だと感じます。 世界の経済状況を見ても、いつ戦争が起きてもおかしくないといった状況なのは皆さんもよく知っていると思います。 世界はこれから急速に、劇的に変化していくと思いますが、その合図こそ第三次世界大戦が幕を開ける瞬間なのかも知れません。 ですが、これもあくまで私の個人的な予測に過ぎません(汗) 私は予言者でも何でもないので、 未来についてはそれぞれ今ある情報の中から未来を予測していく必要がありますね。 松原さんの予言に今後も注目しよう これだけピンポイントで未来を的中させ続けている松原さん。 今回のウイルスの予言以外ににも、たくさんの予言を毎日のように更新しています。 私も今回ブログを読者登録しましたが、この記事の中にも 今後起きるであろう出来事を読み解くヒントが書かれているはずなので、これからも1つ1つの文章を注意深く読み進めていきたいと思います! 楽天で購入 一番新しい書著も今回入手したので、こちらも読み進めてまたご紹介できればと思っていますよ! まとめ いかがでしたでしょうか。 2011年3. 11を的確に詳細に予言した松原照子さんの言葉を読み解くことで、未来に起きる災害などの大難を小難に変えることができるかもしれません。 これまで多くの予言者たちの言葉を目にしてきましたが、ここまで ピンポイントで詳細に予言を的中させ続けている偉大なる予言者の1人と言っても過言ではありませんね。 私は月刊ムーを愛読しているので、今後も気になるものについては引き続きご紹介していきたいと思います! また、ご自分でも予言をチェックしたいという方は、これを機に月刊ムーを手に取ってみるのもおすすめです。

次の

2020東京オリンピックはない予言的中、松原照子氏│気になる情報

松原 照子 ウイルス

実は、開催されない可能性があるんです。 東日本大震災の発生を予測した、松原照子さんという予言者が指摘しています。 三上氏はこれまでにも、中国の有人宇宙船が周回軌道に乗ることや、ロシアへの隕石落下などを的中させてきた。 三上氏によると、第三次世界大戦が勃発する危険が高まっているという。 「ドイツ銀行はドイツ最大の民間銀行です。 米国や中国、ロシアなどの大国と太いパイプがあり、金融派生商品などの取引総額は7500兆円を超える。 ドイツの国内総生産の19倍という、とてつもない金額です。 そんな巨艦・ドイツ銀行が深刻な経営難にあえいでいます。 住宅担保ローンの不正販売で米司法省に約8500億円の罰金の支払いを命じられ、ドイツ第二の規模のコメルツ銀行との統合が破談になり収益率が悪化。 世界同時株安で、人類史上最悪の経済恐慌を巻き起こしかねません」 第二次世界大戦の引き金となったのも世界恐慌だ。 ドイツの巨大銀行が破綻すれば、EUだけでなく米国や日本など各国への影響は計り知れない。 全世界の治安が悪化し、各地で紛争が勃発してもおかしくないだろう。 さらに三上氏が注目するのが、ブルガリア人女性ババ・ヴァンガの予言だ。 第二次世界大戦中、ヒトラーも戦略の参考にするためわざわざ彼女のもとを訪問したと言われています。 ババは同時多発テロが起きることや、米国に黒人大統領が誕生することを予測していました」 ババの予言によると、経済恐慌で最も深刻な影響を受けるのがロシアだという。 「ババは『ロシアは首を切られる』と予言しています。 EU発の大恐慌は、隣に位置し密接な関係にあるロシアを直撃するでしょう。 「2075年から英国国防総省のタイムマシンで現代にやってきたという、マイケル・フィリップスという兵士が警鐘を鳴らしています。 彼は過去の特殊偵察部隊員だそうです。 フィリップスによると、中国・ロシアの同盟勢力と英米を中心にしたグループとの間で紛争が発生。 核の使用は限定的ですが、戦争は3年間におよび全世界で数百万人の犠牲者が出ると言われています。 核戦争の影響はフィリップスのいる時代にも及び、放射能で荒れ果てた荒野が世界各地に広がるそうです」 だが、悲観的になる必要はない。 タイムトラベラーの役割は過去に舞い降りて、未来では常識になっている既成事実を覆すこと。 警鐘に耳を傾け危機感を持っていれば、悲劇を回避することもできるのだ。 「フィリップスによると、タイムトラベラーの警告により避けられた悲劇はいくつかあるそうです。 壊滅的な内戦を回避できたと言われています。 警鐘を真摯に受け止めれば、第三次世界大戦も避けられる可能性はあるでしょう」 フィリップスは、近いうちにカリフォルニアでマグニチュード10超という人類史上最大の地震が起きること。 人類初の火星着陸を成し遂げるのは、NASA(米国航空宇宙局)ではなく、民間人でテスラ社CEOのイーロン・マスクであることも指摘しているという。 筑波大学卒業後、学習研究社に入社。 入社1年目から『ムー』編集部に配属。 テレビ、ラジオ、ネット動画などでも活躍している。 撮影:山崎高資.

次の