ガス タービン エンジン。 ガスタービンエンジン

ガスタービンエンジン

ガス タービン エンジン

「MI-TECH CONCEPT」のフロントビュー(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右)(クリックで拡大) 同社 代表執行役CEOの加藤隆雄氏は「当社は、自動車の新技術を示すCASEの中でも、Eの電動化技術、特に『アウトランダーPHEV』に代表されるようにPHEV(プラグインハイブリッド車)を得意としている。 今後は、このPHEVカテゴリーのバリエーションを拡充していく」と語る。 この動きに対応して2019年3月の「ジュネーブモーターショー2019」で発表したのが、ミッドサイズSUVのPHEVコンセプト「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」だ。 そして今回の東京モーターショー2019では、スモールからコンパクトサイズまでの電動車にも適用可能なPHEVシステムを搭載するコンセプトカーとしてMI-TECH CONCEPTを投入した。 「スモールからコンパクトサイズまでの電動車は、モーターと電池だけのバッテリーEVが最適といわれているが、もっと遠くまで行きたい、これまでより一歩踏み出したいというニーズがある。 この航続距離の問題を解決するPHEVは構成要素が多く、小型車に搭載するのが難しかった。 MI-TECH CONCEPTは、この課題を解決する小型、軽量のPHEVシステムを採用した」(加藤氏)という。 かつては自動車に採用されていたガスタービンエンジン MI-TECH CONCEPTの最大の特徴なるのが、この小型、軽量をうたうPHEVシステムである。 内燃機関を発電だけに用いることを前提にして、ガソリンエンジンに替えてガスタービンエンジンを採用しているのだ。 「MI-TECH CONCEPT」のPHEVシステムなどのイメージ。 この他、4つのモーターで四輪のトルクを自在に配分できる「クワッドモーター4WD+前後デュアルモーターAYC」、電動ブレーキなどを搭載している(クリックで拡大) 出典」三菱自動車 ガスタービンエンジンは、1950〜60年ごろの自動車に量産採用されたことがあるものの、その後は試作車への採用止まりだった。 現在、丸の内エリアで運行するEVバスの発電用エンジンとして搭載されているが、これは数少ない採用事例になっている。 そんなガスタービンエンジンを、MI-TECH CONCEPTが採用する理由は4つある。 1つ目は、小型かつ軽量であることだ。 発電所や航空機に用いられていることから大型のイメージもあるガスタービンエンジンだが、同出力であればガソリンエンジンよりも小さくて済む。 「PHEVにとって、エンジンは動かさないときはただの重りにすぎない」(三菱自動車の説明員)。 2つ目は、さまざまな燃料を使用できるマルチフューエル性能である。 ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコール、LPガス、天然ガスも利用できる。 もちろん、バイオディーゼルやバイオエタノールなども活用できるので、ガソリンエンジンよりも環境対応という観点で有利だ。 3つ目は「意外と静か」(同社の説明員)なことだ。 PHEVは、モーター走行時の静粛性の高さが長所であり、発電時のエンジンの騒音はできるだけ小さくしたい。 ガソリンエンジンよりも動作時の静粛性が高いガスタービンエンジンは、この要件を満たす。 4つ目の長所は、排気ガスがクリーンであることだ。 ガソリンエンジンよりも低温で燃焼するガスタービンエンジンはススやNO xが出にくい。 モーター走行によって排気ガスを出さずに済むPHEVにとって、エンジンによる発電もクリーンに行う必要があるだろう。

次の

ガスタービン自動車

ガス タービン エンジン

ディーゼルエンジン 非常用発電機に搭載されているディーゼルエンジンは小型のものはトラクターから大型発電機になると船舶用エンジンまで、耐久性の求められる分野の幅広い産業に使われいます。 ディーゼルエンジンは多くの産業への汎用性も高くそのため丈夫で高い信頼性が特徴です。 非常用発電機(ディーゼルエンジン)のメリット 最大のメリットはコストと耐久性 エンジンの共通部品が多いため部品代は安価 エンジンの耐久性が高い 本体価格・ランニングコストとも安価 非常用発電機(ディーゼルエンジン)のデメリット 音や煙などディーゼルエンジン特有の構造的な問題 構造的にピストン運動のためエンジン音と振動が大きい 軽負荷運転に適していないので、軽い負荷運転時には黒煙など未燃焼カーボンができやすい オイル消費量が多くなる 平成30年6月の消防法改正に伴い、非常用発電機に義務付けられている負荷試験において、ガスタービンエンジンは免除されているが、ディーゼルエンジンには免除されていないため、引き続き負荷試験の実施が必要 ガスタービンエンジン発電機 非常用発電機(ガスタービンエンジン)のメリット ガスタービン 発電される電気の品質安定性と排気色 ディーゼルエンジンに比べて騒音や振動は低い 燃焼効率が高いため、黒煙は少なく、排気はクリーン 軽負荷運転にも対応でき、発電が安定している 黒煙やばい煙規制の厳しいエリアでもディーゼルに比べ設置しやすい 平成31年6月の消防法改正に伴いガスタービンの負荷試験は免除された 非常用発電機(ガスタービンエンジン)のデメリット とにかくコストが高い高級品 ガスタービン本体の価格が高い 重油・ディーゼル燃料の消費量はディーゼルエンジンの2倍 発電機本体は小さくても、燃料を貯蔵するタンクを大きくしなければならない 点検・整備コストを含む維持管理先がメーカー一択になりコスト管理が難しい 排風圧はディーゼルエンジンに比べ強く排風口は場所を選ぶ 民間施設では圧倒的にディーゼル発電機のシェアが高く、ガスタービンは少数派になります。 納入後の点検・メンテナンスの維持管理費用 非常用発電機の点検・メンテナンス ディーゼル、ガスタービンどちらも納入後に点検メンテナンスが必要となることは変わりません。 ランニングコストの比較 ディーゼルエンジン<ガスタービンエンジンとなります。 ガスタービンエンジンの非常用発電機は 導入後の維持管理コストの観点からディーゼルエンジンの非常用発電機に比べて不利になります。 ガスタービンは流通量が少なく、補修部品の供給もメーカー代理店独占となるため点検整備に掛かるコストの比較競争ができない構造になります。 ディーゼル発電機とガスタービン発電機の販売比率は9:1です。 圧倒的にディーゼル発電機の方が流通しているため 補修部品を市場から入手することができ、メーカー以外でも発電機を専門に行う修理会社へ依頼のもと整備対応できます。 反対に ガスタービンは、メーカーしか修理出来ない(補修部品を出さない)ため メーカー主導の価格となりどうしても保守や整備に掛かるランニングコストが高くなります。 また、古くなるとメーカーから修理できない回答或いは 高額修理の見積もりとなる場合、他社に修理を依頼できないことから 更新以外の修理する選択肢は無くなる形となります。 発電機・非常用発電機の点検・整備・メンテナンスのご相談承ります。

次の

ガスタービンエンジン

ガス タービン エンジン

「MI-TECH CONCEPT」のフロントビュー(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右)(クリックで拡大) 同社 代表執行役CEOの加藤隆雄氏は「当社は、自動車の新技術を示すCASEの中でも、Eの電動化技術、特に『アウトランダーPHEV』に代表されるようにPHEV(プラグインハイブリッド車)を得意としている。 今後は、このPHEVカテゴリーのバリエーションを拡充していく」と語る。 この動きに対応して2019年3月の「ジュネーブモーターショー2019」で発表したのが、ミッドサイズSUVのPHEVコンセプト「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」だ。 そして今回の東京モーターショー2019では、スモールからコンパクトサイズまでの電動車にも適用可能なPHEVシステムを搭載するコンセプトカーとしてMI-TECH CONCEPTを投入した。 「スモールからコンパクトサイズまでの電動車は、モーターと電池だけのバッテリーEVが最適といわれているが、もっと遠くまで行きたい、これまでより一歩踏み出したいというニーズがある。 この航続距離の問題を解決するPHEVは構成要素が多く、小型車に搭載するのが難しかった。 MI-TECH CONCEPTは、この課題を解決する小型、軽量のPHEVシステムを採用した」(加藤氏)という。 かつては自動車に採用されていたガスタービンエンジン MI-TECH CONCEPTの最大の特徴なるのが、この小型、軽量をうたうPHEVシステムである。 内燃機関を発電だけに用いることを前提にして、ガソリンエンジンに替えてガスタービンエンジンを採用しているのだ。 「MI-TECH CONCEPT」のPHEVシステムなどのイメージ。 この他、4つのモーターで四輪のトルクを自在に配分できる「クワッドモーター4WD+前後デュアルモーターAYC」、電動ブレーキなどを搭載している(クリックで拡大) 出典」三菱自動車 ガスタービンエンジンは、1950〜60年ごろの自動車に量産採用されたことがあるものの、その後は試作車への採用止まりだった。 現在、丸の内エリアで運行するEVバスの発電用エンジンとして搭載されているが、これは数少ない採用事例になっている。 そんなガスタービンエンジンを、MI-TECH CONCEPTが採用する理由は4つある。 1つ目は、小型かつ軽量であることだ。 発電所や航空機に用いられていることから大型のイメージもあるガスタービンエンジンだが、同出力であればガソリンエンジンよりも小さくて済む。 「PHEVにとって、エンジンは動かさないときはただの重りにすぎない」(三菱自動車の説明員)。 2つ目は、さまざまな燃料を使用できるマルチフューエル性能である。 ガソリンだけでなく軽油、灯油、アルコール、LPガス、天然ガスも利用できる。 もちろん、バイオディーゼルやバイオエタノールなども活用できるので、ガソリンエンジンよりも環境対応という観点で有利だ。 3つ目は「意外と静か」(同社の説明員)なことだ。 PHEVは、モーター走行時の静粛性の高さが長所であり、発電時のエンジンの騒音はできるだけ小さくしたい。 ガソリンエンジンよりも動作時の静粛性が高いガスタービンエンジンは、この要件を満たす。 4つ目の長所は、排気ガスがクリーンであることだ。 ガソリンエンジンよりも低温で燃焼するガスタービンエンジンはススやNO xが出にくい。 モーター走行によって排気ガスを出さずに済むPHEVにとって、エンジンによる発電もクリーンに行う必要があるだろう。

次の