地上の星 コード。 地上の星/うたごえサークルおけら

スーパーマリオブラザーズ 地上BGM【特別企画第2弾】【ギター演奏・コード進行32】

地上の星 コード

概要 [ ] 『』の主題歌として作られた。 また、同番組のエンディングテーマには両A面曲の「ヘッドライト・テールライト」が起用された。 同番組の主要な視聴者である中高年を中心に、幅広い支持を得るに至った。 、中島は『プロジェクトX』の最終回に出演し、スタジオで「ヘッドライト・テールライト」を熱唱した。 この2曲は元々、アルバム『』(2000年発売)にのみ収録される予定だったが、すでに2曲がオンエアされていた『プロジェクトX』を見た(曲を聴いた)ファン等からのシングル化の要望を受け、急遽アルバムに先行する形でシングルカットが決まった経緯がある。 同アルバムの他、ベスト・アルバム『』にも収録されている。 『』の「」アンケートで紅組7位にランクインした。 調査による累計売上枚数では、に発売された「」に次ぐ、自身2番目の売り上げとなっている。 オリコン集計で100万枚を突破しているが、当時、が非加盟社であったため(後に加盟)、ゴールド等の認定は受けていない。 『』のトップ50入り週歴代1位(111週)も果たした。 には、「地上の星」がの缶コーヒーブランドである『地上の星編』のCMに起用された。 そのCMはがトンネル工事の現場監督役で、作業員に扮したと共に、『プロジェクトX』で取り上げられたでトンネル掘削工事に挑む。 建設を真似た映像になっている。 その後とには『ヘッドライト・テールライト』が『ヘッドライト・テールライト編』として起用された。 「地上の星」はテンポがBPM100程度であるため、の講習会などでは心臓マッサージの際のとりに有効な曲として紹介される事がある。 これは、心臓マッサージを1分間に100回の速さで行うことが望ましいとされているためである。 また、で『地上の星』や『ヘッドライト・テールライト』を流し、『プロジェクトX』風の演出をする場合もある。 NHK紅白歌合戦での歌唱 [ ]• の『』に中島が初出場し、極寒の地下道からの生中継で同曲を歌唱した。 ところがその際中島は、途中2番目の歌詞を一瞬ど忘れし、さらに間違えてしまうハプニングがあった。 その他、当初は「初出場にして紅組トリおよび大トリでの登場」になるのではないかとも報道された が、「締めの歌はから送りたい」(チーフプロデューサーの並木正行)という理由により、紅組トリでの出演は見送られた。 なお中島はコンサートでも歌詞を間違えることがあり、かつて放送されていたのラジオ番組『』( - )の中でも「(コンサートには)CDは聞かないで来て下さい」「あれは間違いではなく『ライブ・バージョン』です」等と言っていたが、歌詞がテロップ()で表示されるので、歌詞が違っていた事がすぐに分かってしまったのである。 側も中島が歌詞を間違えたその瞬間、テロップを慌てて消したものの、翌付のには「みゆき 歌詞間違えちゃった」の見出しが躍ることになった。 中島は「すごかったのは、(歌詞間違えをした)その瞬間、(歌詞の)テロップを消してくださったんですってね。 すごいわ、NHK」とNHKの瞬時の対応を絶賛している。 さらに、「ここまで行ったら止まって、ここまでいったら歩いて、一節歌ったらこっちを向いて、みたいな一応練習はしていたんですけど、あの少し前でハウッたんですの。 音がモニターがキーンって。 そこでちょっと血圧上がりましたね。 『やべ』って思った瞬間に、歩いてはいけないポイントで歩いてたんです、私。 止まってなきゃならないのに…。 目の前でスタッフがワラワラ後ずさっていくんです。 私、ここ止まってなきゃならないんだって思った瞬間、歌詞が…歌詞何って…って飛んだんです」と笑いながら歌詞を間違えた経緯を語っている。 また、極寒の地での歌唱で「マイクが氷のように冷たいんです。 気の毒だってんで(スタッフが)懐で暖めてくれたんですね。 ありがたいことですね」と改めてスタッフの厚意に感謝もしている。 また曲紹介時、紅組司会の(NHK)との絡みはなかった。 これについては、当の本人の「あっけらかん」さが表れるのが嫌だった、と中島本人が語っている。 この放送がきっかけでで急上昇し、下記のように1位を獲得したことを始め、様々な記録を残すこととなった。 また放送終了後しばらく、CD店でシングルCDが品切れの状態が続いた。 さらに、シングルを買えなかった人が同曲収録アルバムの『』や『』を買い求めたため、それらも同様に品切れの状態が続いていた。 オリコンシングルチャート推移・記録 [ ] 、オリコンシングルチャートに初登場で15位にランクインした。 97週目には100位になることもあったが、末に『NHK紅白歌合戦』で歌われた後のに130週目で1位を獲得し、発売以降174週連続でオリコンシングルチャート100位圏内チャートインを果たした。 『プロジェクトX』の最終回後のには、以来のオリコンシングルチャート100位圏内返り咲き(66位)を達成し 通算オリコンシングルチャート100位圏内チャートイン記録を183週に延ばした。 しかし、にの「」が通算184週のオリコンシングルチャート100位圏内チャートインを果たし、記録は破られた。 また、本作がオリコンシングルチャートで1位を獲得することで、中島はの「」()、の「」()、の「」()、「」()、そしてこの曲と、4つの西暦10年代に亘ってのオリコンシングルチャート1位という記録を達成した。 この記録を持っているのは同一名義では中島と後に達成するの2組である(異なる名義を含めばが達成している)。 オリコンシングルチャートで 本作が記録を更新した項目 本作の記録 これまでの記録保持作品 これまでの記録 初登場から1位獲得までの 100位圏内チャートイン週数 登場130週目 「」() 登場44週目 100位圏内連続チャートイン 174週 「」() 109週 100位圏内通算チャートイン 183週 「」() 147週 初登場から達成までの 100位圏内チャートイン週数 登場139週目 「」() 登場92週目 収録曲 [ ] 全曲 作詞・作曲:、編曲:• 地上の星 調:(後半はに転調)• ヘッドライト・テールライト 調:(サビは)• 地上の星()• 曲名は「Earthly Stars Unsung heroes 」 坂本冬美全曲集 歌のアルバム 「歌姫メドレー」の1曲としてカバー アニメ『』第7話エンディングテーマ Terra 千の風になって〜一期一会〜 BlahZsaMcBongBing Mr. Vocalist 3 英語詞。 ヘッドライト・テールライト TRY TRY TRY「ピアノよ歌え」スペシャル〜J-POP特集2001〜 深町純 深町純ピアノ・ワールド 中島みゆき作品集 2003年9月10日 中島みゆきトリビュート Yourself... Myself 2003年9月26日 英語詞。 曲名は「Headlight Taillight」 英語詞と日本語詞で歌唱。 配信限定 ドラマ『』挿入歌 脚注 [ ]• 系列『』や、テレビアニメ『』など。 その他のパロディやネタなどはを参照。 『スポーツニッポン』と『』が揃って12月19日付でこのように報じた。 、スポニチアネックス、2002年12月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)。 ,スポーツ報知,2016年10月29日• 放送の『』より• 、オリコン、2006年1月9日• 、ORICON NEWS、2019年9月20日 4:00。 、スポニチアネックス、2002年8月27日。 、SANSPO. COM、2003年5月19日。 「北国の春」の記録は3度にわたり100位圏外に落ちながらも達成した記録であり、「地上の星」は連続ランクインによる記録である。 COM、2003年3月17日。 Jトータルミュージック. 2016年8月6日閲覧。

次の

地上の星

地上の星 コード

スーパーマリオのメインテーマ【曲概要】 1985年:ファミリーコンピュータ(NES) メーカー:任天堂(Nintendo) タイトル名:スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros. ) 曲名:地上BGM 作曲:近藤浩治(Koji Kondo) 『スーパーマリオブラザーズ』は1985年9月に 『マリオブラザーズ』の続編として発売され、ロングヒット。 全世界で4500万本以上を売り上げるという、この時代としては空前の記録を残したモンスタータイトルです。 自分の記憶では、出たばかりのときはそれほど騒がれなかったと思いますが、翌年、ドラゴンクエストなどのキラータイトルがどんどん出てきてファミコンの普及が進むと、ファミコンといえば『スーパーマリオ』という、代表タイトル的イメージが強かったこの作品は、本体と同時購入されてどんどん売り上げを伸ばした、というイメージです。 この曲『地上BGM』はゲームスタート直後に流れる本作品のメインテーマといえる曲で、スーパーマリオの音楽といえば、ほとんどの人がこの曲をイメージするんではないでしょうか? 世界一有名な和製音楽? 音楽は近藤浩司さんの手によるもので、とくにこの世界一有名なゲーム音楽『スーパーマリオ 地上BGM』は全世界の人の記憶に刷り込まれていて、近藤さんを歴史上の人物にしそうな感じすらします。 近藤浩治さん紹介 前々回に特別企画第1弾としてとりあげた、ドラゴンクエスト『序曲』も有名ですが、ドラゴンクエストは主に日本国内で売れたのに対し、スーパーマリオは全世界規模で大ヒットしています。 ポール・マッカートニーが来日したとき、近藤さんは関係者として楽屋に行って紹介され、そのときポールがスーパーマリオの『地上BGM』を口ずさんだという話は有名です。 バラエティに富んだBGM スーパーマリオのゲーム内容や音楽に関しては、いろんなところで語り尽くされてる感がありますが、以下、自分個人の感じることを書いてみます。 まず、この時代のゲーム音楽としては非常にバラエティーに富んでいます。 この『地上BGM』は自分はカリビアンミュージックに聴こえるのですが、最初に作曲されたという『水中BGM』は舞曲風なワルツだったり、『地下BGM』は三連系のシンコペをきかせた結構変態なベースソロで、エコーがかかっていて地下っぽさを演出してました。 ファミコン音源でこれだけのことを感じさせる、って並大抵ではないですよね。 ファミコンのゲーム音楽発展の起点 演奏してみて思ったんですが『地上BGM』は、この時代としては1ループが長く、1分半くらいあります。 採譜してみて、『こんなに長かったんだ』って思いました。 スーパーマリオが発売された1985年秋は、アーケードゲームとPCはちょうどFM音源への転換期にあたり、ゲーム音楽全体が発展しはじめた時期です。 同時期のアーケードゲームの『テラクレスタ』、少し後の『スペースハリアー』もそうですが、ゲーム音楽にCメロ・大サビがつくようになって、1ループが長くなり始めたのもこの時期です。 ファミコンはいろいろハードの制約もありますが、カートリッジ側に大容量メモリや音源チップをのせることができたおかげで、音楽面でも発展することができました。 スーパーマリオブラザーズはファミコンのゲーム音楽発展の起点となった作品と思います。 アレンジは原曲キーのCメジャーをそのまま採用しましたが、ギターだとAやEでやったほうが解放弦を使えるので難易度は下がるかもしれません。 難易度的にはテクニック的には星4つ。 コード進行的には星2つくらいなので、間をとって星3つとしました。 今回も特別企画ということで、以下に採譜からコード分析、アレンジまでの手順を公開して解説いたします。 コード採譜 コードの採譜について手順を解説します。 ベースラインは結構動きますが、3コード中心でキーが簡単に推測できるので、コードをとるのは難しくないと思います。 この曲はコード採譜や分析よりアレンジ・演奏をいかにやるか、がポイントになる曲です。 3コード以外にノンダイアトニックなコードが多少絡んでくるので、ポイントはそれらの解釈ですね。 本格的転調までは行かない動きと思うので、Cメジャーキーのみで考えることができます。 以下、順を追ってみていきます。 まず、Aメロは3コードのみです。 これはドミナント代理のディミニッシュです。 これくらいの使われかただと、自分はCメジャーキー内のサブドミナントマイナーとして処理してます。 次のCメロも3コードのみです。 仮アレンジしてみる 採譜したら仮アレンジしてみて全体の難易度などを判断します。 キーを決める 今回は音域もちょうどいいので、オリジナルのCメジャーでやることにしました。 技術面で、もっとチャレンジするならAメジャーやEメジャーで解放弦フル活用してアレンジするのも有効と思います。 コードフォームを考える なるべくスタンダードなコードフォームに沿って作りました。 オープンC• オープンG、G7• 1フレットF• 3フレットC• 3フレットG、G7 これらを中心にしていますので、暗譜はしやすいと思います。 スーマリ『地上BGM』の難易度 ソロギターアレンジする上で重要になってくるのがメロディの難易度です。 前回のドラゴンクエスト『序曲』 以下ドラクエ と比べて、スーマリのほうがメロディーが細かくて数段難易度が高いです。 全てのパートを再現するのは理想ですが、原曲の雰囲気をなるべく残しつつも、ギターの良さが出る&適度な難易度にする、ということを考えていきます。 難易度が高いときは何かを優先するかわりに、何かを妥協する取捨選択をするんですが• コード• ベースライン• メロディ この3つの要素を取捨選択することになります。 このうちどういう選択をするか?は、その人のアレンジの考え方にもよります。 自分の場合 1. メロディーの順で簡略化してく場合が多いです。 コードの簡略化 1. のコード省略化ですが、押さえるのがしんどかったり、ポジション移動に無理があるコードを変えたり省略したりします。 ベース音を変える• 内声の構成を変える• 代理コードに変える• もうそこのコードは弾かない という感じになりますが、少しでも使用する指の数やポジション移動を減らして演奏に余裕が出るようにします。 そのかわりフレーズの合間に、時おりフルコードを鳴らしてやることでコード感を維持しています。 リハモで簡略化したところ Bメロ頭のCコードは本当はG7も入って細かくチェンジしてるんですが、ここは無理にやってもそんなには変わらないのでリハモで省略してます。 ハイポジションコードの使用 そのあとの、8フレットポジションのCsus4に飛ぶところはどうしようかと思いましたが、弾けない感じではないので、アクセントとしてポジション移動を入れてみました。 難しければここもオープンフォームや3フレットで弾いてもいいでしょう。 ベースラインの簡略化 このアレンジはベースラインをかなり簡略化していて、ベースはルート音中心のアレンジになっています。 演奏技術に余裕があれば原曲風にベースをリズミックにアルペジオさせてもいいと思いますが、ちょっとやってみたら難易度がかなり上がって星4つになる感じです。 今回は難易度が上がりすぎるのは避けたかったので、少し考えてベースラインを簡略化することにしました。 メロディラインの簡略化 これは毎回悩むんですが、できることならメロディーはあまり簡略化したくないんですよね。 『ゲーム音楽特有の、人の手では弾かないようなパターン』を敢えて生楽器で弾いてやろう、というのも自分にとってはゲーム音楽演奏のテーマの一つです。 人によってはベースラインのほうを重視するかもしれませんが、このへんは曲にもよるし、好みと主観と当人の技術レベルで決めればいいと思います。 ジャズのビバップフレーズもそんな作りになっていますが、この曲はコードが3コードなのでそれほどは複雑ではないです。 ジャズフレーズほど複雑ではないですが、半音使いが多いのでソロギターでベースを弾きながらだと、指が足りなくなる場面が多かったです。 アレンジの肉付け この曲はメロディが細かくビッシリ入ってるのであまり肉付けの余地もないんですが、メロの合間に人差し指のストロークとゴルペ奏法を入れて、コード感を補強すると同時にリズム的なアクセントとしています。 エンディングを考える この曲はループなので終わらせかたを考えないといけないんですが、今回はゲームオーバーのときにかかるメロディーを追加してみました。 なお、実際の演奏ではベースを細かく入れたり、ゴルペ奏法を入れたりして、リズミックにする処理をしてますが、そのへんは自分の得意なやりかたでokです。 近藤浩治さんの曲 ソロギターアレンジ ファミコンのゲーム音楽 ソロギターアレンジ.

次の

地上の星 中島みゆき 歌詞情報

地上の星 コード

概要 [ ] 『』の主題歌として作られた。 また、同番組のエンディングテーマには両A面曲の「ヘッドライト・テールライト」が起用された。 同番組の主要な視聴者である中高年を中心に、幅広い支持を得るに至った。 、中島は『プロジェクトX』の最終回に出演し、スタジオで「ヘッドライト・テールライト」を熱唱した。 この2曲は元々、アルバム『』(2000年発売)にのみ収録される予定だったが、すでに2曲がオンエアされていた『プロジェクトX』を見た(曲を聴いた)ファン等からのシングル化の要望を受け、急遽アルバムに先行する形でシングルカットが決まった経緯がある。 同アルバムの他、ベスト・アルバム『』にも収録されている。 『』の「」アンケートで紅組7位にランクインした。 調査による累計売上枚数では、に発売された「」に次ぐ、自身2番目の売り上げとなっている。 オリコン集計で100万枚を突破しているが、当時、が非加盟社であったため(後に加盟)、ゴールド等の認定は受けていない。 『』のトップ50入り週歴代1位(111週)も果たした。 には、「地上の星」がの缶コーヒーブランドである『地上の星編』のCMに起用された。 そのCMはがトンネル工事の現場監督役で、作業員に扮したと共に、『プロジェクトX』で取り上げられたでトンネル掘削工事に挑む。 建設を真似た映像になっている。 その後とには『ヘッドライト・テールライト』が『ヘッドライト・テールライト編』として起用された。 「地上の星」はテンポがBPM100程度であるため、の講習会などでは心臓マッサージの際のとりに有効な曲として紹介される事がある。 これは、心臓マッサージを1分間に100回の速さで行うことが望ましいとされているためである。 また、で『地上の星』や『ヘッドライト・テールライト』を流し、『プロジェクトX』風の演出をする場合もある。 NHK紅白歌合戦での歌唱 [ ]• の『』に中島が初出場し、極寒の地下道からの生中継で同曲を歌唱した。 ところがその際中島は、途中2番目の歌詞を一瞬ど忘れし、さらに間違えてしまうハプニングがあった。 その他、当初は「初出場にして紅組トリおよび大トリでの登場」になるのではないかとも報道された が、「締めの歌はから送りたい」(チーフプロデューサーの並木正行)という理由により、紅組トリでの出演は見送られた。 なお中島はコンサートでも歌詞を間違えることがあり、かつて放送されていたのラジオ番組『』( - )の中でも「(コンサートには)CDは聞かないで来て下さい」「あれは間違いではなく『ライブ・バージョン』です」等と言っていたが、歌詞がテロップ()で表示されるので、歌詞が違っていた事がすぐに分かってしまったのである。 側も中島が歌詞を間違えたその瞬間、テロップを慌てて消したものの、翌付のには「みゆき 歌詞間違えちゃった」の見出しが躍ることになった。 中島は「すごかったのは、(歌詞間違えをした)その瞬間、(歌詞の)テロップを消してくださったんですってね。 すごいわ、NHK」とNHKの瞬時の対応を絶賛している。 さらに、「ここまで行ったら止まって、ここまでいったら歩いて、一節歌ったらこっちを向いて、みたいな一応練習はしていたんですけど、あの少し前でハウッたんですの。 音がモニターがキーンって。 そこでちょっと血圧上がりましたね。 『やべ』って思った瞬間に、歩いてはいけないポイントで歩いてたんです、私。 止まってなきゃならないのに…。 目の前でスタッフがワラワラ後ずさっていくんです。 私、ここ止まってなきゃならないんだって思った瞬間、歌詞が…歌詞何って…って飛んだんです」と笑いながら歌詞を間違えた経緯を語っている。 また、極寒の地での歌唱で「マイクが氷のように冷たいんです。 気の毒だってんで(スタッフが)懐で暖めてくれたんですね。 ありがたいことですね」と改めてスタッフの厚意に感謝もしている。 また曲紹介時、紅組司会の(NHK)との絡みはなかった。 これについては、当の本人の「あっけらかん」さが表れるのが嫌だった、と中島本人が語っている。 この放送がきっかけでで急上昇し、下記のように1位を獲得したことを始め、様々な記録を残すこととなった。 また放送終了後しばらく、CD店でシングルCDが品切れの状態が続いた。 さらに、シングルを買えなかった人が同曲収録アルバムの『』や『』を買い求めたため、それらも同様に品切れの状態が続いていた。 オリコンシングルチャート推移・記録 [ ] 、オリコンシングルチャートに初登場で15位にランクインした。 97週目には100位になることもあったが、末に『NHK紅白歌合戦』で歌われた後のに130週目で1位を獲得し、発売以降174週連続でオリコンシングルチャート100位圏内チャートインを果たした。 『プロジェクトX』の最終回後のには、以来のオリコンシングルチャート100位圏内返り咲き(66位)を達成し 通算オリコンシングルチャート100位圏内チャートイン記録を183週に延ばした。 しかし、にの「」が通算184週のオリコンシングルチャート100位圏内チャートインを果たし、記録は破られた。 また、本作がオリコンシングルチャートで1位を獲得することで、中島はの「」()、の「」()、の「」()、「」()、そしてこの曲と、4つの西暦10年代に亘ってのオリコンシングルチャート1位という記録を達成した。 この記録を持っているのは同一名義では中島と後に達成するの2組である(異なる名義を含めばが達成している)。 オリコンシングルチャートで 本作が記録を更新した項目 本作の記録 これまでの記録保持作品 これまでの記録 初登場から1位獲得までの 100位圏内チャートイン週数 登場130週目 「」() 登場44週目 100位圏内連続チャートイン 174週 「」() 109週 100位圏内通算チャートイン 183週 「」() 147週 初登場から達成までの 100位圏内チャートイン週数 登場139週目 「」() 登場92週目 収録曲 [ ] 全曲 作詞・作曲:、編曲:• 地上の星 調:(後半はに転調)• ヘッドライト・テールライト 調:(サビは)• 地上の星()• 曲名は「Earthly Stars Unsung heroes 」 坂本冬美全曲集 歌のアルバム 「歌姫メドレー」の1曲としてカバー アニメ『』第7話エンディングテーマ Terra 千の風になって〜一期一会〜 BlahZsaMcBongBing Mr. Vocalist 3 英語詞。 ヘッドライト・テールライト TRY TRY TRY「ピアノよ歌え」スペシャル〜J-POP特集2001〜 深町純 深町純ピアノ・ワールド 中島みゆき作品集 2003年9月10日 中島みゆきトリビュート Yourself... Myself 2003年9月26日 英語詞。 曲名は「Headlight Taillight」 英語詞と日本語詞で歌唱。 配信限定 ドラマ『』挿入歌 脚注 [ ]• 系列『』や、テレビアニメ『』など。 その他のパロディやネタなどはを参照。 『スポーツニッポン』と『』が揃って12月19日付でこのように報じた。 、スポニチアネックス、2002年12月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)。 ,スポーツ報知,2016年10月29日• 放送の『』より• 、オリコン、2006年1月9日• 、ORICON NEWS、2019年9月20日 4:00。 、スポニチアネックス、2002年8月27日。 、SANSPO. COM、2003年5月19日。 「北国の春」の記録は3度にわたり100位圏外に落ちながらも達成した記録であり、「地上の星」は連続ランクインによる記録である。 COM、2003年3月17日。 Jトータルミュージック. 2016年8月6日閲覧。

次の