吉本 興業 社長 画像。 吉本興業社長の岡本昭彦の年収・経歴がヤバイ!ダウンタウンの元マネとかまじか!

【画像】吉本興業社長・岡本昭彦の経歴や年収!ダウンタウンの元マネの権力者?|RealVoice

吉本 興業 社長 画像

なんばグランド花月ビル 本社所在地 〒542-0075 11-6 : 設立 事業内容 タレントマネジメント・並びにソフト・・及び演芸・演劇の制作・配給・興行 代表者• (代表取締役)• (代表取締役副社長) 資本金 1,000万円(3月31日時点) 売上高• 333億8,034万3,000円 (期) 営業利益• 15億1,849万2,000円 (2009年3月期) 純利益• 14億6,200万円 (2010年3月31日時点) 総資産• 120億2,900万円 (2010年3月31日時点) 従業員数• 305人 (2007年12月31日時点) 決算期 毎年 主要株主• 吉本興業(よしもとこうぎょう、:Yoshimoto Kogyo)は、・に本部(登記上の本店は大阪)を置くの芸能プロダクション・プロモーター・テレビ番組制作プロダクションである。 旧社名はよしもとクリエイティブ・エージェンシー。 この会社の設立に伴い、2007年10月1日付で同日時点在籍の旧・吉本興業所属タレント全員(約800人以上)が「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」へ継承・移管となった。 旧・吉本興業の持株会社制への移行に伴う同社の設立後も、テレビ番組の制作クレジットは(旧)吉本興業のままとなっており(ただし、スタッフ個人の所属としての名義は別。 また、「」の制作協力クレジットにも当社名の表記が見られる)、タレントの所属事務所名義においても同様のケースが見られる(「」のNHKすべり芸自慢コーナーの様に同社の名義が見られる場合もある)。 2016年3月1日、「」を吸収合併。 2019年6月、親会社の「(旧)吉本興業」が「吉本興業ホールディングス」に社名変更したのに伴い、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から「(新)吉本興業」に社名変更。 政治との関わりが強く、特に大阪維新の会との関係が深く、吉本興業の所属タレントが、選挙において大阪維新の会の候補の応援演説をすることもしばしばある。 一方、吉本興業は「住みます芸人」などが、自治体のイベント、広報紙などに登場することで、行政から多くの仕事を受注している。 所属タレント [ ].

次の

吉本興業・岡本昭彦社長の若い頃画像やWiki経歴!在京在阪5社はどこでビンタ動画とは!-shuly

吉本 興業 社長 画像

吉本興業の社長は藤原寛ではない! 吉本興業の社長は藤原寛ではありません。 闇営業問題で連日話題になっている吉本興業は1912年に吉本吉兵衛(通称:泰三)・せい夫婦が大阪の天満天神近くに寄席「第二文芸館」で寄席経営を始めたことが始まりの会社です。 当時は吉本ではなく芦辺合会社・大阪芦辺商会などという名称でした。 大正後期から寄席を買収しチェーン化に乗り出し、次々と事業を拡大していきます。 1924年に創業者である吉本泰三が逝去、1948年に吉本興業株式会社とし取締役会長に吉本せい、取締役社長に林正之助が就任し、翌年1949年5月に大阪証券取引所に上場します。 1961年には東京証券取引所に上場、1963年に林弘嵩が取締役社長に就任しました。 1970年に林正之助、1973年に橋本鐵彦、1977年に八田竹男、1986年に金澤民三、1991年に中邨秀雄、1999年に林裕章、2005年に吉野伊佐男、2009年に大﨑洋が代表取締役社長に就任しています。 吉本興業公式HPの吉本ヒストリーから歴代の代表取締役社長の名前を抜粋しましたが、歴代代表取締役社長の中に藤原寛の名前はありませんでした。 ちなみに吉本興業公式HPでは現在の 代表取締役社長は岡本昭彦になっているので、2009年以降に役員変更があったようです。 この歴代代表取締役社長は吉本興業ホールディングス㈱のものでタレントが所属する事務所としては吉本興業㈱があり(ちょっとややこしいですが)その会社の代表取締役社長は岡本昭彦、代表取締役副社長が藤原寛でした。 藤原寛が他に取締役として名を連ねている会社は㈱よしもとスポーツ、㈱よしもとアクターズがありました。 藤原寛の学歴や経歴は? 藤原寛の学歴や経歴はどんな感じなんでしょうか。 藤原寛は日本テレビ系のバラエティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 」の年末特別番組「絶対に笑ってはいけないシリーズ」の進行役としておなじみですね! メガネをかけたおかっぱ頭の人です 笑 藤原寛は1968年12月生まれの50歳、大阪府の出身です。 現在は会社役員でダウンタウン松本人志の元チーフマネージャー、よしもとの番組のプロデューサーなど多岐に亘っての仕事をしています。 藤原寛の学歴は詳しくはわかりませんでしたが、 大学は関西学院大学社会学部を卒業しているそうです。 もともとはダウンタウン松本のマネージャーで過剰なまでの気遣いエピソードが語られたりしています。 マネージャー業の他にはプロデューサー業を多数していて、さらに吉本の系列会社では複数社で取締役を務めていることから風貌に似合わず 笑 やり手で敏腕なのだと思います。 吉本興業の社長は岡本昭彦! 吉本興業の社長は岡本昭彦が務めています。 吉本興業の公式HPの役員を見ると吉本興業ホールディングス株式会社の代表取締役社長が 岡本昭彦になっていますね。 ちなみに平成29年8月の会社の登記上は大﨑洋と岡本昭彦が代表取締役として登記されています。 令和元年6月21日現在として大﨑洋が代表取締役会長、 岡本昭彦が代表取締役社長となっています。 法人の登記上は代表取締役が何人いてもいいのですが、慣例として社長とか会長とか副社長とかの呼称をつけて役職を区別している会社が多いのです(豆知識、笑 そして、令和元年6月21日現在と吉本興業ホールディングス株式会社のHPに記載されているということは、この辺りで取締役会が開かれて役員改選があったのでしょうが、登記がまだ終わっていないようなので法務局の情報から見られるものには平成29年の役員名しか載っていませんでした。 法務局の会社情報は個人でも情報料を支払えば誰でも見ることが出来るので、興味がある人は見てみると面白いですよ!(なんの宣伝?笑 吉本興業の社長・岡本昭彦の学歴や経歴は? 吉本興業の社長・岡本昭彦の学歴や経歴はどんな感じなんでしょうか。 岡本昭彦は1966年生まれの53歳です。 岡本昭彦は1991年に 天理大学外国語部インドネシア語学科を卒業して、その年に 吉本興業に入社しました。 吉本一筋30年くらいになるのですね! 岡本昭彦は吉本興業に入社後、2年後にダウンタウンのマネージャー、その後はダブルコージの東野幸治と今田耕司などのマネージャーをしてます。 おそらくですが、当時は岡本昭彦がマネージャーをする芸人は売れるというジンクスはあったでしょうね。 また「すべらない話」や「ダウンタウンDX」などのプロデューサーとしての経歴も持ち合わせてるので、ジンクスだけでなく実力もピカイチなんでしょうね。 そして、順調に出世していき2019年に吉本興業の社長になっています。 まさに次世代のエースがそのまま社長になった感じですね。 吉本興業の社長が藤原寛から岡本昭彦に変わった理由や時期はいつから? 吉本興業の社長が藤原寛から岡本昭彦に変わった理由や時期はいつからなんでしょうか。 藤原寛は吉本興業ホールディングス株式会社では現在見ることが出来る法人の情報では、平成29年6月に取締役として登記されています。 藤原寛は代表取締役ではないので社長になることは出来ません。 これはあくまでも吉本興業ホールディングス株式会社に関してであって、株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーでは藤原寛は平成27年6月以前にはすでに取締役に就任していて平成28年4月には代表取締役に就任しています。 ややこしいことこの上ないですが 笑 なので、厳密にいうと吉本興業の社長が藤原寛から 岡本昭彦に変わったという事実はなく、 岡本昭彦は吉本興業の代表取締役社長、藤原寛は株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーで代表取締役で代表取締役副社長という肩書ということになります。 吉本興業の社長の年収が凄い! 吉本興業の社長の年収が凄いんです 吉本興業に所属している芸人はほぼ全員が「ギャラが安い」とテレビなどでネタにしていますよね 笑 実際のところはどうなのかはわかりませんが「 吉本9芸人1の取り分」という話もあります 笑 芸人の数もとても多いのでギャラ9割を持っていくと会社は儲かってしょうがないのではないかと思いますが、ざっと調べても関連企業の多さと所属芸人の多さを考えると、企業としてはそこまで利益が出ているわけではないのではないか?とも思います。 ただ取締役員となれば役員報酬もあるでしょうし、なんといっても天下の吉本の社長ともなれば年収は1~2億円はあるのではないでしょうか? さすがに10億とかになると話題にもなるでしょうし高額納税者として世間に知れ渡るでしょうから、そこまで破格ではなさそうです。 大阪の会社なので節税対策もしっかりやっている気もしますが 笑 ネットの記事をいろいろと見ても大体は1~5億円くらいを予想しているものが多かったです。 やはりイメージとしては会社がギャラをたくさんもらって儲けているから社長の年収も高いのではないか?という感じですね。 自分は2億円くらいかなぁ~と思ってます笑 今回は、藤原寛について記載しました。 藤原寛は吉本興業の社長ではなくよしもとクリエイティブ・エージェンシーの社長だったんですよね。 なので、吉本興業の社長だったという経歴もありませんでした。 ただ、子会社の社長であるのは間違いないので、これから岡本昭彦に変わって藤原寛が吉本興業の社長になる日も近いかもですね! こんな記事も書いてます。

次の

吉本興業の歴代社長と経歴まとめ【画像】歴史やエピソードが凄い!

吉本 興業 社長 画像

「吉本せい」 1932年-1948年 : 16年間 「林正之助」 1948年-1963年 : 15年間 1970年-1973年 : 3年間 1986年-1991年 : 5年間 「林弘高」 1963年-1970年 : 7年間 「橋本鐵彦」 1973年-1977年 : 4年間 「八田竹男」 1977年-1986年 : 9年間 「中邨秀雄」 1991年-1999年 : 8年間 「林裕章」 1999年-2005年 : 6年間 「吉野伊佐男」 2005年-2009年 : 4年間 「大崎洋」 2009年-2019年 : 10年間 「岡本昭彦」 2019年- 参考元: なお、 初代社長の「 吉本せい」さんは、 創業者の「 吉本吉兵衛」さんの 嫁であり、 創業者の 姓から「 吉本」という 名前となりました。 さらに、「 林正之助」さんは、 通算で 20年以上も 社長を務めていますが、 初代社長の「 吉本せい」さんの 弟となります。 そのため、 2000年代前半頃までは、完全に 一族経営であったことが分かります。 「ダウンタウン」は、「吉本興業」所属のお笑いコンビであり、関西や関東の多くの芸人が、お笑い芸人となるきっかけを… 吉本興業の歴史とエピソードまとめ 「 吉本興業の歴史とエピソードまとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。 吉本興業は、 創業者の 姓を取り「 吉本」と名乗っていますが、 現在は オーナー経営ではなく、 東京・ 大阪の 主要民放局( フジテレビ・ 日本テレビ・ TBS・ テレビ朝日など)が 主要株主となっています。 なお、 2007年9月までは、 日本の芸能プロダクションの中で、 95年半の 最も古い歴史を持っており、その 歴史は、「 よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に引き継がれています。 そんな 吉本興業の 歴史とエピソードまとめについて、下記に詳しくご紹介していきます。 吉本興業の歴史まとめ 「 吉本興業の歴史まとめ」ということについて、下記にご紹介していきます。 吉本興業は、「 吉本吉兵衛」さんと「 吉本せい」さん 夫婦が大阪市北区天神橋にあった「 第二文芸館」を 買収し、 寄席経営を始めた事であり、 明治45年の 1912年4月1日に 創業されました。 そして、 1913年1月に、 現在の 大阪市中央区東心斎橋に「 吉本興行部」を設立しています。 しかし、 1924年に「 吉本吉兵衛」さんが 他界し、「 吉本せい」さんが 経営を背負うことになりましたが、 2人の弟である「 林正之助」さんと「 林弘高」さんが、 大阪と 東京で活躍しました。 その後、 1932年に「 吉本興業合名会社」となり、 戦後の 1948年に「 吉本興業株式会社」に発足されました。 なお、 吉本興業は、 経営陣の中枢を 創業者一族で固める 同族企業として出発しており、「 吉本せい」さんと「 林正之助」さんの 姉弟、「 林正之助」さんと「 林弘高」さんの 兄弟の 主導権争いを繰り広げてきました。 現在では、 2005年の「 林裕章」さんの 他界を受けて、 社長の 外部からの登用が続いています。 そして、 吉本興業といえば、「 お笑い」という イメージがあると思いますが、 戦前は、「 巨人軍」を他社と共同で設立し、 草創期の プロ野球界を支えました。 さらに、 戦後は、「 日本プロレス協会」を立ち上げて「 力道山」をスターにし、近年は スポーツ選手の マネジメントを数多く手がけるなど、 スポーツ界とのつながりも深いことで知られています。 また、元々は 全国で 寄席・ 劇場・ 映画館の 経営を手がける 興行会社であり、 戦前は、 松竹・ 東宝・ 吉本で「 三大興行資本」と称され、 東京の二大落語家団体の1つである「 落語芸術協会」の 創設者でもあります。 上記のように、 寄席経営からスタートした 吉本興業は、「 お笑い」だけに固執せず、 色々な分野に 挑戦し、 成功してきたことが分かります。 2019年には「 BSデジタル放送」への 新規参入を果たすなど、常に 先進的な取り組みをすることが 歴代社長から 脈々と受け継がれているのだと思います。 参考元: 上記の 主なエピソードより、 吉本興業は、 約1,000人近い所属タレントや社員を抱える 大きな会社なので、 色々な問題があるとは思いますが、長年に渡り「 お笑い=吉本」という概念を崩さず、常に 業界トップを守ってきたことは凄いと思います。 「極楽とんぼ」は、「加藤浩次」さんと「山本圭壱」さんは、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」所属のお笑い… 最後に【吉本興業の歴代社長と経歴まとめ!歴史やエピソードが凄い】 今回、「 吉本興業の歴代社長の経歴や歴史とエピソード」について、調べた内容の まとめを下記にご紹介していきます。 吉本興業は、 明治時代に創業した 100年を超える会社であり、東西の多くの 人気お笑い芸人を輩出してきた お笑い界・演芸界の 名門です。 さらに、 テレビ番組制作、 劇場、 芸人養成スクールを手がけ、 お笑い芸人の マネジメントでは 圧倒的強さを誇っています。 初代社長の「 吉本せい」さんは、 創業者の「 吉本吉兵衛」さんの 嫁であり、 創業者の 姓から「 吉本」という 名前となりました。 さらに、「 林正之助」さんは、 通算で 20年以上も 社長を務めていますが、 初代社長の「 吉本せい」さんの 弟であり、 2000年代前半頃までは、完全に 一族経営であったことが分かりました。 そして、 歴代社長の 経歴より、 全ての社長が入社以降、様々な 実績を残していることが分かりました。 上記のことから、 現在の 吉本興業の「 お笑いの総合商社」、「 日本最大の芸能プロ」と言われ、 芸能界における 絶対的な影響力から「 吉本なしでは、番組が作れない」と言われるまでに発展したのだと思います。 さらに、 寄席経営からスタートした 吉本興業は、「 お笑い」だけに固執せず、 色々な分野に 挑戦し、 成功してきたことが分かりました。

次の