茅ヶ崎 警察 署 免許 更新。 茅ヶ崎警察署での免許更新|運転免許証の更新手続

茅野警察署の免許更新手続の案内

茅ヶ崎 警察 署 免許 更新

駐車監視員 駐車監視員とは、警察署長の委託を受けた法人のもとで、地域を巡回し、放置車両の確認や確認標章の取付けなどの仕事を行う職員のことです。 駐車監視員となるには法律上の資格が必要とされていますが、反則告知をしたり、金銭を徴収したりすることはありません。 このような駐車監視員の活動方針は「駐車監視員活動ガイドライン」としてそれぞれの地域の警察署ごとに定められ、このなかには重点的に巡回して放置車両の確認を実施する路線、地域、時間帯が記載されています。 一般運転者講習 運転免許の更新時には運転者の区分によって講習の種類や内容が異なります。 このうち一般運転者講習に該当するのは、免許の継続期間が5年以上、かつ、有効期間の満了する日の直前の誕生日の40日前の日、前5年間において、軽微な違反行為を1回のみしたことがあり、重大違反唆し等若しくは道路外致死傷をしたことがない人です。 茅ヶ崎警察署での免許更新手続の概要 所在地・電話番号 茅ヶ崎警察署 〒253-0041 神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3-4-16 TEL : 0467-82-0110 対象者・受付日時 管内に住所を有する人 月曜日から金曜日 優良:午前8時30分~11時30分、午後1時~4時30分 それ以外:午前8時30分~12時、午後1時~5時 持ち物・必要書類• 更新連絡書(はがき)• 運転免許証• 申請用写真 1枚(申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景で鮮明なもの。 高齢者講習終了証明書(70歳以上の人のみ) 備考 2019年7月8日に茅ヶ崎警察署は交通安全協会とともに新庁舎に移転し業務を開始しました。 更新手数料・講習手数料 運転免許証を更新するにあたっては、更新手数料と講習手数料の両方がかかります。 通常は道府県の「収入証紙」(交通安全協会の窓口などで販売しています。 )を更新申請書に貼付し、一部の都府県では現金をもって納付します。 なお、金額は更新時講習の区分(優良運転者講習・一般運転者講習など)により異なります。 また、都道府県交通安全協会はドライバーの意思による任意加入のため、ここに掲げる手数料には含まれません。 更新手数料・講習手数料 講習区分 講習手数料 更新手数料 合計額 優良運転者講習 500円 2,500円 3,000円 一般運転者講習 800円 2,500円 3,300円 違反運転者講習 1,350円 2,500円 3,850円 初回講習者講習 1,350円 2,500円 3,850円 講習時間 運転免許更新にあたっては所定の更新時講習を受ける必要がありますが、その講習時間は講習区分に応じてそれぞれ異なります。 いわゆる無事故・無違反の人は「優良運転者講習」の対象とされ、講習の所要時間は他と比較して短くて済む一方で、前回更新時から今回更新までの間に交通事故や道路交通法違反を犯して「違反運転者講習」を受けることになった人は、運転適性についての診断と指導の項目が加わるため、所要時間が長くなります。 更新時講習の所要時間 講習区分 講習時間 優良運転者講習 30分 一般運転者講習 60分 違反運転者講習 120分 初回講習者講習 120分 🖿 > 🖿.

次の

神奈川県茅ケ崎警察署 各種手続き>運転免許各種手続

茅ヶ崎 警察 署 免許 更新

移転後の茅ヶ崎警察署(神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎三丁目4番16号)での免許更新(優良運転者)手続の順序は以下の通り。 1.申請用写真の準備 申請用写真を自分で準備する場合、証明写真ボックス等を利用する。 証明写真ボックスは、イオン茅ヶ崎中央4F、茅ヶ崎郵便局前、フレスポ茅ヶ崎のツルハドラッグ前に設置されているので、これを使う。 イオン茅ヶ崎中央4Fの証明写真ボックスへはイオン1F直営食品売場前のエレベーターでいく。 証明写真ボックスにかかる費用は、スタンダード撮影で800円(令和1年現在)。 ただし、写真は複数枚綴りで証明写真ボックスから出てくるので、申請用写真を切り取るために予め、ハサミを準備しておく必要がある。 ハサミで切り取って、申請用写真が準備できたら、茅ケ崎地区交通安全協会に行く。 2.証紙の購入 茅ケ崎地区交通安全協会は、イオン茅ヶ崎中央北側(茅ヶ崎中央通り沿い)の3つ目の建物に移転している。 茅ヶ崎警察署の北側隣りにある。 中に入り、免許の更新である旨を云うと、更新連絡書を見せてほしいといわれるので、これを見せる。 見せると、更新料+講習料分の証紙を準備してくれるので、この費用:3,000円(令和1年現在)を支払う。 なお、申請用写真を準備していない場合には、茅ケ崎地区交通安全協会で写真を撮影してもらうことができる。 また、更新免許証を自分で取りにいけない場合には、茅ケ崎地区交通安全協会を代理人(令和1年現在:有料1,000円)とすることで、郵送してもらうことができる。 今回は、既に、更新用写真を準備してあったので、茅ヶ崎警察署に向かう。 3.運転免許証更新申請書の作成 茅ヶ崎警察署は、茅ケ崎地区交通安全協会南側隣りに移転している。 茅ヶ崎警察署1Fに入ると、すぐ右側に運転免許証更新申請書作成用の機械が2台設置されているので、これらのいずれかに免許証を入れる。 機械の画面に表示される指示に従って、4桁の数字2組の暗証番号を入力する操作をすると、運転免許証更新申請書と、暗証番号が記載された登録カードとが機械から発行される。 また、免許証も返却される。 これらを持って、運転免許証更新申請書作成用の機械の前に設置されている運転免許証更新申請書作成スペースに移動し、そこ置いてあるボールペンを使って、運転免許証更新申請書を作成する。 運転免許証更新申請書には、氏名・住所・生年月日を記入し、証紙・申請用写真を張り付ける。 また、裏面のアンケートに記入し・署名する。 作成後、1F交通課の「免許」の標識のあるカウンターに移動する。 4.受付 1F交通課の「免許」の標識のあるカウンターで、作成した運転免許証更新申請書と、更新連絡書と、免許証とを渡す。 渡すと、更新連絡書が返却され、名前が呼ばれるまで待つように言われる。 カウンター前の椅子に座って待つ。 数分経つと、名前が呼ばれる。 5.適性検査 名前が呼ばれると、適性検査が始まる。 適性検査は、視力検査である。 これは、数分で終了する。 これが終わると、番号札を渡される。 また、カウンター向かい側の講習室で講習を受けるように言われる。 なお、適性検査にどうしても通らない場合、眼鏡等又は眼鏡のレンズ交換が必要となる。 眼鏡の購入・眼鏡のレンズ交換は、イオン茅ヶ崎中央1F「OWNDAYS」、一中通り沿い「眼鏡市場高田店」、茅ヶ崎ルミネ4F「金明堂」、茅ヶ崎ルミネ5F「Zoff」等で行うことができる。 6.講習 講習は、ビデオや講義で行われる。 講習は、カウンターでもらった番号札の番号が呼ばれると終了となり、講習室から出ることができる。 7.運転免許証交付通知書等の受領 講習室を出ると、1F交通課の「受領」の標識のあるカウンターに移動する。 そこで、免許証が返却される。 また、運転免許証交付通知書が渡される。 運転免許証交付通知書には、更新免許証の発行日が記載されている。 また、返却された免許証の裏側には、返却された免許証の有効期限がハンコで押されている。 有効期限は、運転免許証交付通知書の発行日から2か月に設定されているので、期限内に茅ヶ崎警察署まで更新免許証を取りに行く。 自分で取りにいけない場合には、交通安全協会等を代理人として届け出た上で、当該代理人に更新免許証を取りに行ってもらい、送ってもらうことができる。

次の

運転免許更新に警察署(横浜市)に行ってきた【申請の流れや所要時間は?】

茅ヶ崎 警察 署 免許 更新

茅ヶ崎警察署での免許更新(優良運転者)手続の順序は以下の通り。 1.申請用写真の準備 申請用写真を自分で準備する場合、証明写真ボックス等を利用する。 証明写真ボックスは、茅ヶ崎駅北口、ヤマダ電気近くのミニストップ向かいの日光堂写真前に設置してあるので、これを使う。 これにかかる費用は、800円(平成26年現在)。 ただし、写真は6枚綴りで証明写真ボックスから出てくるので、申請用写真を切り取るために予め、 ハサミを準備する必要がある。 ハサミで切り取って、申請用写真が準備できたら、茅ケ崎地区交通安全協会に行く。 2.証紙の購入 茅ケ崎地区交通安全協会は、茅ヶ崎郵便局の裏側、有料駐車場の隣のビルの1階に入居している。 中に入り、免許の更新である旨を云うと、更新連絡書を見せてほしいといわれるので、これを見せる。 見せると、更新料+講習料分の証紙を準備してくれるので、この費用:3,100円(平成26年現在)を支払う。 また、この際、申請用写真を持っているか否かを聞かれる。 申請用写真を茅ヶ崎地区交通安全協会で撮影してもらうと、交通安産協会員ではない場合、1,500円かかる。 申請用写真を準備していなかった場合、これを支払って、申請用写真を準備してもらうか、自分で準備する。 今回は、既に、準備してあったので、申請用写真は持っている旨を回答し、茅ヶ崎警察署に向かう。 3.運転免許証更新申請書の作成 茅ヶ崎警察署敷地内における茅ヶ崎警察署裏の建物の中に入る。 建物に入ってすぐに設置してある椅子の後ろ側に機械があるので、これに免許証を入れる。 機械の画面に表示される指示に従って、4桁の数字2組の暗証番号等を入力する操作をすると、運転免許証更新申請書と、 暗証番号が記載された登録カードとが機械から発行される。 また、免許証も返却される。 これらを持って、この建物隣に設置してある運転免許証更新申請書作成スペースに移動し、そこ置いてあるボールペンを使って、運転免許証更新申請書を作成する。 作成後、建物内に戻る。 4.受付 建物に入ってすぐ左側にある受付に、作成した運転免許証更新申請書と、証紙と、申請用写真と、更新連絡書と、免許証とを渡す。 渡すと、名前が呼ばれるまで待つように言われるので、受付前の椅子の座って待つ。 数分経つと、名前が呼ばれる。 5.適性検査 名前が呼ばれると、適性検査が始まる。 適性検査は、視力検査である。 これは、数分で終了する。 これが終わると、建物奥で講習を受けるように言われる。 6.講習 ビデオや講義を聞いて、講習を受ける。 講習が終了すると、更新連絡書と、免許証とが返却される。 また、運転免許証交付通知書が渡される。 運転免許証交付通知書には、更新免許証の発行日が記載されている。 また、返却された免許証の裏側には、更新免許証の発行期限がハンコで押されている。 発行期限は、更新免許証の発行日から2か月に設定されているので、期限内に建物まで取りに行く。 自分で取りにいけない場合には、交通安全協会等を代理人として届け出た上で、当該代理人に更新免許証を取りに行ってもらい、送ってもらう。

次の