港南台 高島屋 跡地。 「高島屋港南台店」と「タカシマヤスタイルメゾン」が2020年に営業終了へ

米子高島屋が閉店!閉店後の跡地はどうなる?

港南台 高島屋 跡地

僕は、高級ブランド品や食材をを買いたいときや、美味しい食事をするとき、毎年、親戚にお歳暮を出すときなど百貨店を利用していました。 僕のような一般庶民は、なかなか頻繁には行くことがないのが百貨店なのではないでしょうか。 ですが、いざ、百貨店がなくなってしまうと、簡単にお歳暮の品を探しに行くことも出来なくなってしまいますし、とても不便です。 港南台の最高の立地にあった、高島屋港南台店、地元民にとっては閉店するとなると、寂しいですね。 高島屋港南台は閉店後どうなってしまうのでしょうか? 引用元: 株式会社高島屋は、 2019年10月11日、経営不振のため2020年8月16日に高島屋港南台の営業を終了すると発表しました。 高島屋は同時に、ららぽーと海老名に出店しているタカシマヤスタイルメゾンについても2020年2月に営業を終了すると発表しています。 高島屋港南台店は港南台駅開業10年後の1983年10月に開店しました。 地上5階・地下1階の6フロア展開で各種ファッションから雑貨、食品まで幅広く地域住民の買い物ニーズに応える形で、港南台の発展に貢献してきました。 1990年代がピークで、1991年度は約180億円の売上を達成しました。 ただし、2014年度以降は赤字続きとなり、 2016年9月にインテリア・家具小売業の大手「ニトリ」を4階、5階に入れるなどの集客力拡大戦略を行い、 2017年度は一時黒字に回復したのもつかの間、2018年から再び赤字に陥り、 2019年2月期の売上高はピーク時の半分以下の79億7900万円となりました。 このように、閉店する原因は、 大きな損失が原因で、「ほの国百貨店」は閉店に追い込まれたということになりますね。 高島屋は営業終了の理由として、 「人口減少や高齢化といった経営環境の変化、国内消費の不透明な先行きで営業継続は困難と判断した」と答えています。 港南台は神奈川の中心横浜から電車で30分弱のところにあり、電車通勤に程よい距離のところにあり、 1980年代から1990年代にかけて、急発展を遂げて、ちょっとしたセレブの街のような感じで、庶民の憧れの場所でもありました。 でも当時に港南台に移り住んだ住民の多くは、70代、80代ですから、街もサビれてきたということかもしれません。 第2世代を港南台に留めるような工夫が、必要だったと思いますね。 大都市ではなく、郊外で街を開発するときに考慮しておかない課題を改めて浮き彫りにした事例が港南台だと思います。 横浜が近すぎるということも、港南台店の客離れの原因だと思います。 近くの横浜に行った方が、いろいろと商品を選べますからね。 港南台はベッドタウンとして徹した方が良かったのかもしれません。 そして、ここ最近は、ガラリと商業形態が変わってきました。 というのも、いわゆる「カテゴリーキラー」と呼ばれる小売店が登場し始めたことによって、そごうのような百貨店は衰退してきました。 紳士服だと「洋服の青山」や「Aoki」、軽衣服なら「ユニクロ」や「しまむら」といったこれらのお店は、単に価格の安いだけでなく「この品質でこの価格ならいいか」といった適度な価格と品質のバランスで勝負するカテゴリーキラーが一般人のニーズに合ってきたためだと思いますね。 また、電器店でいうと、「ヤマダ電機」や「ビックカメラ」「ヨドバシカメラ」、スポーツ用品は「スポーツオーソリティ」や「スーパースポーツ」などいった小売店の登場で、これらの商品は百貨店では太刀打ちできない形となりました。 ただし、百貨店でしか手に入れられないような、高級食材や高級ブラント商品などがありますので、百貨店の価値もあります。 これからの時代、百貨店は大都市にお任せするしかないということですね。 高島屋港南台店は閉店後どうなるの? さて、2020年8月に閉店する高島屋港南台店は、閉店後、一体どのようになるのでしょうか? 実のところ、まだ何も決まっていませんが、再開発の方向で、関係者の間で協議が進められている段階です。 港南台店が入居するビルは相鉄グループが所有していますが、閉店後のテナントは現時点で未定とのことです。 この高島屋の閉店は、港横浜市港南区にとっても深刻な問題だと思います。 ぜひ行政も一緒になって、港南区全体の活性化を考えて再開発を進めていただきたいと思います。 高島屋港南台店は、港南台駅前の最高の立地場所なので、また、メインとなる商業施設が入ることになると思いますが、 ここをどう再開発するかで港南台の運命が分かれるといっても過言ではないと思います。 行政は、今まで長年にわたり進めてきた再開発を見つめ直し、「港南台の真の活性化」に向けて、市民のために真剣に取り組んで頂きたいと思います。

次の

高島屋港南台店が閉店へ。いつ閉店?港南台バーズ核店舗。跡地はどうなる?

港南台 高島屋 跡地

高島屋港南台店が閉店を決定。 閉店理由は? JR根岸線港南台駅前にある、大型複合商業施設「港南台バーズ」の核テナントとして長年親しまれてきた、「高島屋港南台店」が閉店することが発表されました。 閉店の原因としては、ピーク時に約180億円あった売上高が近年では約80億円と、最盛期の半分以下に低迷していることが間接的な原因として挙げられ、周囲の人口減少が続く予想であることも考慮されたようです。 高島屋港南台店はいつ閉店?いつまで営業? 高島屋港南台店は、1983年に開業しましたが、売上高の減少などが遠因となり、2020年8月16日 日 に閉店することが発表されています。 高島屋港南台店の跡地はどうなる? 現在高島屋港南台店閉店後の後継テナント等は発表されていません。 高島屋港南台閉店後、建物を活用して新しい施設が入居する可能性と、建物の建て替えを含む再開発となる可能性も考えられます。 再開発が行われる場合、商業需要の低下の影響をくみとり、低層階のみ商業施設、中高層階は住宅等の別用途となる可能性も考えられます。 高島屋港南台店・港南台バーズの周辺地図 港南台バーズは港南台駅のロータリーを取り囲むように隣接して立地しており、交通アクセスの点では優れています。 港南区など横浜市の南側に位置する市街地やニュータウンでは、将来の人口減少が予想される点が課題となっています。 横浜の再開発情報・注目の計画 横浜市中心部の再開発情報は下記のページにまとめてあります。 横浜市内の再開発情報は下記のページにまとめてあります。 横浜・神奈川の大型商業施設オープン情報は、下記のページにまとめてあります。

次の

髙島屋が横浜・港南台店を閉鎖、米子店運営会社の株式も売却 _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

港南台 高島屋 跡地

港南台店は1983年に開業して以来、40年近くにわたり営業を継続してきた。 売場面積は8,214平方メートル、2019年2月期の売上高は79億7,900万円だった。 タカシマヤスタイルメゾンは、カジュアルファッションやファッション雑貨を含めた同社初の編集型サテライトショップ。 「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」のテナントとして、同施設の開業に合わせて2015年10月にオープンした。 売場面積は725平方メートルで、既存の高島屋業態では取り扱いのないブランドも展開してきた。 初年度の売上目標には7億円を掲げていた。 2019年2月期の売上高は3億6,500万円だった。 Eコマースの台頭などの消費環境の変化を受け、近年は百貨店業界で閉店が相次いでいる。 今年に入ってからは「」「伊勢丹相模原店」「」が営業を終了。 2020年以降は「新潟三越」「」(2020年3月閉店予定)、の閉店が発表されている。 なお高島屋は同日、同社の連結子会社で「米子高島屋」を運営する米子高島屋の株式をジョイアーバンに譲渡することを併せて発表。 株式譲渡実行日は2020年3月1日を予定している。 また、同店は2020年3月以降「JU 米子髙島屋(仮称)」として営業する。

次の