クレマチス 剪定。 クレマチスの育て方!剪定や挿し木、植え替えの時期と方法は?

クレマチス モンタナ系の育て方!剪定時期と方法、花が咲かない原因は?

クレマチス 剪定

クレマチスといえば丈夫なツルを伸ばして、美しい花を咲かせるツル性植物です。 別名 「ツル性植物の女王」とも呼ばれ、多くの方々に愛されています。 そんなクレマチスは実は230種以上の種類があることをご存知でしたか? そして花の付け方で大きく3つに分けることができるのです。 この分け方を正しく知らない方が意外と多くいらっしゃいます。 なぜそう思うか? というと、私のところによく来る質問にこたえは隠されています。 なぜならクレマチスの 剪定(せんてい)が分からないという内容がダントツで多い! そしてこの剪定が分からない!には理由があります。 それは花の付き方のタイプ分けを正しく理解していないからなのです。 またタイプ分けでは植える花の付く時期や、それによる植える時期の微妙なズレ込みがあります。 今回は3つのタイプ分けについてを中心に、クレマチスを紹介しますので見ていきましょう。 質問に多い剪定についても触れていきますので、ご安心くださいね。 Contents• クレマチスの育て方を正しく知るための3つのタイプ分け 最初にクレマチスの花の付き方による3つのタイプ分けを説明します。 ここを理解しないと育成工程の剪定が分からなくなってしまいます。 しっかりと押さえていきましょう。 3つのタイプとは• 旧枝咲き• 新枝咲き• 新旧枝咲き の3つに分かれます。 それぞれの特徴はまず植える時期が異なるということ。 それぞれのタイプを簡単に説明していきますね。 旧枝咲き 旧枝咲きのタイプは前年に生えたツルから花を咲かすタイプです。 植えるタイミングは2月~3月の成長期を迎える直前が適します。 新枝咲き 新枝咲きは新しく生えたツルから花を咲かします。 またこのタイプは古いツルからは花を咲かせません。 春に新しい芽を出し、夏には多くの花を付けます。 そのため1~3月頃に植えるとちょうど良く育ちますよ。 新旧枝咲き 新旧枝咲きは上の2つの性質を併せ持ちます。 どんなツルにも花を咲かすことが特徴です。 植える時期は1月中旬から3月中旬が適しています。 花の咲き方での3つのタイプ分けは押さえられましたか? 植える時期に大きな違いはありませんが、細かく見るとといったところで参考にしてください。 次はタイプ分けをしたものの代表例を、いくつか見ていきましょう。 【おすすめ記事はこちら】 クレマチスの分類別の代表例 ここでは3つにタイプ分けしたクレマチスの、それぞれの目安となる品種を紹介します。 クレマチス栽培の際にお役立てください。 旧枝咲きの品種 シルホサ系、、が含まれます。 ここの品種は早咲きな点が特徴です。 4月の終わり頃に開花をするタイプですので、覚えておきましょう。 新枝咲きの品種 、ビキセラ系、などが含まれます。 ここの品種は思い切って剪定を強めにやれば、四季咲きとしてクレマチスを楽しむことが可能です。 四季咲きと言われると1年中花を咲かせるのかと思われがちですが、そうではありません。 実際は株が充実して、開花する気温になったらいつでも咲くという条件付きです。 1年中咲きっぱなしというわけではないので、過度な期待がないよう注意しましょう。 新旧比較咲きの品種 、、ラヌギローサ系が含まれます。 ここの品種は剪定を繰り返すことで四季咲きが楽しめる品種です。 いかがでしたか? 品種もかなり多いですが、タイプごとに分ければ割と育てたい品種も見つけやすくなるかもしれません。 次からは質問に多い工程の説明です。 この説明に3つのタイプ分けの知識が必要なんです。 覚えきれてない方は先に復習してくださいね。 そしてこの部分がクレマチス栽培の初心者の方には分かりにくいようなのです。 旧枝咲きの剪定 旧枝咲きの剪定では大きくバッサリ切ることはできません。 花首(花のすぐ下)か、それより一節下の部分を切ります。 クレマチスの一節とは葉と花の間、或いは葉と葉の間です。 ここの場合は花とその下の葉の間の茎の部分となります。 そうすると切ったところから新枝が伸びます。 この新たな枝は翌年の花を付ける枝となりますので取っておきましょう。 ポイントは節の真ん中で切ることです。 葉のすぐ下で切ると芽まで枯れてしまう可能性があります。 また古い枝を切るのですが、断面が緑なら生きている枝の証ですのでそれを確認しながら作業できますよ。 新枝咲きの剪定 新枝咲きの剪定はバッサリと根元から切ってしまって問題ありません。 バッサリと剪定をした部分から脇芽が出て、それにそのまま花が付きます。 新しい枝に花が付くので、簡単に長期間で花を楽しむことができるのです。 新枝咲きのクレマチスは冬には根元の枝まで枯れます。 地中に残った部分から新芽が出るのです。 枯れてしまったところは芽を付けることはないので、切り取ってしまってください。 また冬でも残る枝が稀にあります。 そちらは芽を付ける可能性があるので切らずにおきましょう。 新旧枝咲きの剪定 新旧枝咲きの剪定は開花後に二節程度を剪定します。 こちらも節と節の真ん中を切るようにしてくださいね。 そこから脇芽が出て花を咲かせます。 新旧枝咲きの注意点は単純に新しい枝、古い枝の両方に花が付くのではない点です。 昨年の枝から今年の新しい枝が出ます。 その新枝が成長するとそこに花を付けるのです。 管理自体は新枝咲きに近いので強めの剪定にも耐えます。 ですが花後の剪定をしないと次の花を付けません。 3つのタイプごとの剪定方法はいかがでしたか? やり方から注意点まで、割と異なりましたよね。 基本的な知識がなく、剪定についてだけ調べると混乱する理由です。 剪定方法がたくさんあるのではなく、タイプによって異なるのです。 またこの剪定方法の違いで、新枝咲きタイプが初心者の方でも育てやすいタイプと言えます。 続けて冬の剪定時にやりたいツル下げについて紹介していきます。 クレマチスのツル下げについて クレマチスの新芽が出た頃の剪定とセットで、 ツル下げという言葉が登場します。 冬の剪定のやり方と併せて覚えてください。 まず冬場に行う剪定は弱剪定と呼ばれます。 この工程が必要なタイプは主に 「新旧枝咲きタイプ」です。 弱剪定は新芽が出始めた冬に実施します。 まずは枯葉を全て取り除きます。 ハサミなども使い、綺麗に取り除いてください。 次に枯れた枝を剪定します。 芽が付いていないものだけに実施しましょう。 膨らみがある部分は芽がありますので、そうした部分は切り取らないでください。 若い株だと根元近くまで剪定することもありますが、それが普通ですので心配しなくて大丈夫です。 文章だけではわかりにくければこちらの動画を参考にしてみてください。 短くわかりやすくまとまっているので見やすいですよ。 そんなに難しい作業ではないですよね? そしてこの後に「ツル下げ」をします。 ツル下げとは名前のまんまで、ツルを下に下げることです。 株元や下の方にツル(枝)を巻きつけ直す作業を指します。 この時に表面が割れても問題ありません。 中の部分まで折れないように注意して巻きつければツル下げは完了です。 ツル下げをすることで上の方だけに花を付けてしまうことを防ぐことができます。 表面が割れても問題無いのと、花を綺麗に咲かせるために必要です。 恐がらずに実施してください。 ツル下げについては理解できましたか? 比較的、クレマチスを調べると出てくる単語ですので覚えてしまいましょう。 それでは最後にまとめとおさらいです。 多くの方が花の咲き方による3つのタイプ分けを正しく理解できていなかったのです。 皆さんはもう大丈夫ですよね? またそれを理解していなかったためにクレマチス栽培の剪定の工程内容で混乱していました。 タイプ分けの説明後に、剪定の説明を見たら理解できましたよね? それぞれの剪定方法を見て、自分が育てている、あるいは育てようと思っているクレマチスの種類の確認をしてみてくださいね。 その上で正しい剪定をしてあげましょう。 また特に何も決めていない初心者の方は、新枝咲きタイプを選ぶことをおすすめしています。 自分が育てられるものをしっかりとチョイスして、「ツル生植物の女王」クレマチス栽培を楽しみましょう。 【関連記事はこちら】.

次の

【楽天市場】クレマチス ‘白雪姫’ 1年苗:おぎはら植物園

クレマチス 剪定

クレマチス フロリダは寒さに強く、日本の風土にも合う花です。 育てる場所は半日陰にしましょう。 日当たりの良い場所も好みますが、夏の直射日光が弱点です。 日が当たりすぎる場所で育てるときは日除けを施して、なおかつ風通しも良くしておきましょう。 日陰で育てると株が強くならず花付きが悪くなります。 クレマチス・フロリダの水やり クレマチス フロリダを育てている土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えます。 クレマチス・フロリダは乾燥を嫌うので、特に夏の乾燥時期は土がカラカラにならないよう毎日水やりをしてください。 乾燥して枯れ気味になると回復が難しくなります。 クレマチス・フロリダの肥料 春~秋のクレマチス フロリダの生育期には、2週間に1回のペースで液体肥料を与えます。 また、2か月に1回はゆっくりと効くタイプの置き肥料を与えます。 夏の暑い時期には肥料焼けを起こし、弱ってしまうので控えてください。

次の

プロ解説!クレマチスの育て方|栽培のコツ| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

クレマチス 剪定

こんにちは、IN NATURAL STYLE編集部です。 クレマチスは丈夫なつるを伸ばして美しい花を咲かせることで有名であり、フェンスやアーチなどの飾り付けにはぴったりです。 ただ、上手く育てるには剪定の仕方が重要になってきます。 そこで、クレマチスを育ててみたいという人のために、その剪定時期や方法について解説していきます。 クレマチスはなぜ剪定が必要? センニチソウ属に分類されるクレマチスはツル性の多年草植物です。 花が大きくて鑑賞価値が高く、英国です「慢性植物の女王」と呼ばれているほどです。 また、大きいものでは5m以上にもなるため、さまざまな飾り付けが可能である点も魅力の一つだといえます。 ただ、その反面、放おっておくとツルがあらゆる方向に向かって勢いよく伸び、形が悪くなってしまうのが難点です。 それに、つるや葉が育ちすぎると部分的に日が当たらないところが出てきたり、風通しが悪くなったりといった問題が出てきます。 もともと、クレマチスは日光を好む植物です。 そのため、元気に育てようと思えば、日当たりの確保が欠かせません。 さらに、風通しの悪い場所にクレマチスを置くとうどんこ病・葉枯病・さび病などが発生しやすくなります。 いずれも、発病すると見た目が悪くなり、最悪の場合は枯死へとつながる深刻な病気です。 また、アブラムシ・ヨトウムシ・ハダニ・ナメクジといった害虫も暗くて湿気の多い場所によく発生します。 そうした病害虫の被害からクレマチスを守るためにも、日当たりと風通しの確保は非常に重要になってきます。 ちなみに、多年草であるクレマチスの寿命は4~6年ほどです。 したがって、今年花が咲けばそれでよいというわけではなく、翌年以降もきれいな花が咲いてくれるように育てていく必要があります。 だからこそ、クレマチスを育てる際には日当たりと風通しをよくするための剪定が欠かせないというわけです。 クレマチスの剪定時期と方法は? クレマチスはその種類によって剪定に適した時期や剪定の方法などが異なるため、注意が必要です。 ちなみに、日本にはどのくらいの種類のクレマチスがあるのかというと、原種だけで約20種類です。 そして、花の形によってひと重咲き・八重咲き・ベル形などのタイプに分けることもできます。 しかし、剪定を行う際に問題となるのは花の形よりもその咲かせ方です。 花の咲かせ方でクレマチスを分類した場合は旧枝咲き・新枝咲き・新旧両枝咲きの3タイプに分かれます。 まず、旧枝咲きというのは、新しく生えたツルからは芽が出ず、前年に生えたツルだけに花が咲くタイプです。 当然、このタイプのクレマチスを開花させるには前年に伸びたツルを残しておく必要があります。 剪定時期は花が咲いた直後で、来年開花予定の芽がまだ出てきていない4~5月です。 剪定の方法としては花の下の3~5cmのところを切り取っていくのがコツです。 逆に、長めに切り取ってしまうと翌年花が咲かなくなるおそれがあります。 次に、新枝咲きは、旧枝咲きとは逆に、新しく生えたツルからしか花が咲かないタイプです。 このタイプの場合、剪定に適した時期は花が咲く前の2~3月と花が咲き終わった直後の5~8月です。 新枝咲きは春以降に生えたツルに花が咲くため、冬の剪定では長めに切り取っていきます。 目安としてはツルの生え際から約10~15cm上、節の数にして2~3節上が切断ポイントです。 思い切ってバッサリとカットすれば、脇から新しいツルが伸び始め、それが開花へとつながっていきます。 これはツル先を3~10cmほど切り揃えて全体の形を整えるのが目的です。 そして、新旧両枝咲きは、旧枝咲きと新枝咲きの両方の特徴を併せ持っており、前年に伸びたツルにも新しく生えたツルにも花が咲きます。 また、このタイプは丈夫な品種なので、年に2回の剪定を行います。 その時期は2~3月及び、5~8月です。 2~3月の剪定ではツルの先端を3~5cm切って揃えます。 なお、この時期には新芽が出てきているので、新芽の部分まで切り落とさないように注意しましょう。 5~8月の剪定では、全体の花の7~8割が咲き終わったところで、冬と同様にツルの先端を3~5cm切ります。 剪定するうえで注意が必要なこと クレマチスは咲き方のタイプによって、剪定の時期及び、切る位置が変わってきます。 そして、切るべきツルや切る位置を間違えると翌年に花が咲かない可能性が高くなってしまうのです。 そうしたアクシデントを避けるためにはまず、葉のすぐ上ではなく、節の真ん中辺りを切ることが大切になってきます。 なぜなら、節を丸ごと切ってしまうと枝が枯れ、それと一緒に芽も枯れてしまうおそれが出てくるからです。 また、最初の年の剪定ではあまり切りすぎないよう、注意しながら作業を行うのも重要なポイントです。 ポイントを押さえて剪定してみよう 同じクレマチスだからといって同様のやり方で剪定を行っていると、うまく花が咲かない場合があります。 咲き方のタイプによって、切り取るべきツルや切る位置が変わってくるため、ポイントを押さえた剪定がなにより大切です。 もし、クレマチスの剪定方法について不明な点や不安がある場合はIN NATURALへお気軽にご相談ください。 クレマチスの美しい花が無事に育つよう、精一杯お手伝いさせていただきます。

次の