長渕 剛 哀川 翔。 とんぼ (テレビドラマ)

とんぼ (テレビドラマ)

長渕 剛 哀川 翔

Contents• 長渕剛映画「オルゴール」、主要登場人物など 「オルゴール」(1989年3月11日公開) 配給:東映 原案:長渕剛 監督・脚本:黒土三男 主題歌:長渕剛「激愛」 主演・神崎勇次(阿南連合に所属するヤクザ):長渕剛 神崎きよ(勇次の妹):仙道敦子 新居翔(勇次の弟分):哀川翔 阿南勝成(勇次がいる阿南連合の組長):寺田農 長渕剛はドラマで何度か主演をしていますが、映画はこの作品が初出演となっています。 黒土三男の初監督作品でもあり、ここから長渕・黒土タッグで多くの作品が作り出されました。 大ヒットドラマ「とんぼ」と役名などは違えど、世界観はかなり近く、出演者もかなり両者で共通しています。 「とんぼ」と違うところは、「オルゴール」は 家族愛を中心に、主人公周りの人間関係が描かれる点です。 阿南連合のヤクザ・勇次(長渕剛)は、刑務所に服役している間に息子が産まれていました。 しかし、離婚した母親との取り決めにより、息子と会うことはできません。 刑務所に服役している間に、勇次が仕切っていたシマを舎弟たちが仕切っているため、勇次は組長・阿南(寺田農)と交渉します。 しかし勇次の存在は、阿南にとって決して好ましいものではなく、阿南は勇次を適当にあしらうことに。 そんな中、勇次の弟分、翔(哀川翔)は、偶然勇次の息子・蓮(加藤雅典)を発見してしまいます。 しかし、翔の婚約者でもあり、勇次の妹きよ(仙道敦子)と話し、勇次にはその事実を隠すことに。 結局、勇次が息子・蓮の存在を知ったのは、組長の阿南との話し合いの中でした。 心が荒む勇次の 心の癒しとなったのは、アンティークショップに置いてあるオルゴール。 店主(大滝秀治)は、いつもオルゴールを見つめる勇次を気にかけるようになります。 勇次の荒んだ様子を見たきよは、勇次を蓮に会わせようと決意し、蓮の元へ案内します。 ついに実の息子・蓮と勇次が出会うことができますが、蓮は母親から愛情を受けず、1人で遊んでいました。 そんな蓮に、勇次は愛情を注ぎ、親子の関係を築くことができるのでしょうか。 長渕剛映画「オルゴール」ラストのネタバレ 勇次と離婚してから、蓮の母親・早苗(永島瑛子)は男と情事にふけり、息子をないがしろに。 勇次にこのことを責められますが、早苗は生活のために稼ぐ必要があるのだと主張します。 「あんたのせい」とまで言われ、それ以上早苗を追及することができない勇次。 勇次は、蓮をジープで海へ連れて行くことにし、ほんのひと時、親子2人の幸せな時間を過ごします。 しかし、勇次はヤクザ稼業の身であり、蓮と幸せに過ごせる時間は限られていました。 組長・阿南との交渉が全く進まなかったため、勇次刑務所に入る前の自分のシマを独力で奪い返します。 このことにより、阿南は完全に勇次との敵対関係を明確にすることになりました。 阿南は弟分・翔と妹のきよを拉致監禁、翔は婚約者・きよの目の前で殺されてしまいます。 可愛がっていた翔は死に、婚約者の死のショックから妹のきよは記憶喪失に。 勇次は、心の癒しとなっていたオルゴールを求めにアンティークショップに向かいます。 きよに贈ろうとしたオルゴールは、いつもあった場所にありませんでした。 しかし、オルゴールは売れてしまったわけではなく、店主は勇次のためにオルゴールをとってありました。 きよにオルゴールを捧げる勇次ですが、オルゴールの音色は悲しみを増長させるばかりです。 翔やきよの仇をとるために、昔気質のヤクザ・勇次は阿南を討つことを決意します。 日本刀を手に結婚披露宴に出席していた阿南を襲い、トイレへと追い詰める勇次。 ヤクザの組長らしからぬ命乞いをする阿南に対し、勇次は背を向けます。 しかし阿南は背を向けた勇次に発砲、勇次は足を負傷しますが、瞬時に阿南を日本刀で始末します。 翔ときよの仇をとることには成功しましたが、当然披露宴会場には警察がやってきます。 パトカーに乗せられ、警察署へ向かう勇次が車内から目にしたのは、息子・蓮の姿でした。 勇次は阿南によって撃たれた足を引きずりつつも、パトカーから飛び降り、蓮の元へ。 大事な息子・蓮を抱きしめる感動のラストシーンとなりました。 映画「オルゴール」ネタバレ感想 勇次は逮捕され、また息子とは会えなくなりますが、最後まで勇次が家族のために生き、戦ってきたことがわかりますね。 バイオレンスシーンが多い「オルゴール」ですが、やはり長渕剛のカリスマ性が目立ちます。 男気にあふれ、家族を守ろうとする勇次の姿には心打たれる方も多いのではないでしょうか。 大事な人が傷つけられ、殺された怒りで復讐を終えた後、最後に残るのはむなしさばかり。 このような物悲しい展開は、長渕剛が演じるヤクザの定番パターンです。 しかし、そんな悲哀の中でも、力強く生きようとする男の姿が、日本人の美的感覚にマッチするのではないでしょうか。 長渕剛映画「オルゴール」ネタバレまとめ 「オルゴール」は、1989年、長渕剛が役者として「旬」であった時期のドラマ。 哀川翔・石倉三郎といった、長渕作品に毎度出演する「いつものメンバー」の安心感も健在です。 もしかしたら長渕剛ドラマ映画の最高傑作かもな。 って思った。 久しぶりに25年以上ぶりにみて。 — ポー kyoheiviolencek 古い映画ですが、DVD化もされていて、今でも簡単に視聴することができます。 「とんぼ」など、他の長渕剛作品を見て、気になった方はレンタルなどで視聴してみてはいかがでしょうか。

次の

長渕剛の映画『オルゴール』ネタバレ!意外に泣けることが判明。

長渕 剛 哀川 翔

長渕剛といえば、清原和博の次に薬で逮捕されるとウワサされていましたが、実際のところどうなのでしょうか。 薬疑惑が出るのは、清原和博と兄弟のような関係を築いていたのと、1995年に一度、大麻で逮捕されているので、疑いの目が向けられているのだと思います。 また、長渕剛以外にも、芸能人で疑惑が持たれているのが哀川翔です。 哀川翔の薬物疑惑は、「激痩せ」や「ろれつが回っていない」ことがあったため、以前よりウワサされていました。 しかも、長渕剛と仲が良いことも関係しているようですね。 そもそも哀川翔と長渕剛の出会いは、共演したドラマ『とんぼ』がきっかけ。 哀川翔が役者になったのは長渕剛のおかげで、長渕がいなかったら芝居の道に入ってなかったといいます。 恩人である長渕剛に薬物疑惑がある限り、哀川自身の疑惑も消えることはなさそうです。 そこで今回は、薬疑惑が後を絶たない長渕剛と哀川翔の今現在、離婚した元嫁・石野真子の再婚相手などについてまとめてみました。 長渕剛が薬で逮捕? 長渕剛は、1995年に大麻で逮捕されましたが、処分保留で釈放され、そのまま不起訴となりました。 そして、この事件がきっかけで、国生さゆりと不倫していたことも発覚。 また、このとき、長渕剛と国生さゆりは、覚せい剤の使用についても、事情聴取を受けていますが、お互いに否認し続けたといいます。 ところが、写真週刊誌「FOCUS」は当時、長渕剛が覚せい剤を大量に購入していたことや、国生さゆりとともに薬漬けだったという記事を掲載しているのです。 以来、長渕剛に薬物疑惑の目が向けられ、後の清原逮捕で、再び注目されることになったのです。 清原といえば、現役時代、打席テーマ曲を『とんぼ』にしていたくらい、長渕剛をアニキと呼び、慕っていました。 ただ、清原は薬物疑惑が持ち上がった際、長渕剛からはあっけなく裏切られたそうです。 清原が裏切られることになったきっかけは、薬物疑惑が持ち上がったことを電話で相談すると、長渕剛から「もう、俺とかかわらないでくれ」「電話もかけないでくれ」と言われたから。 それ以来、清原は、長渕剛と絶縁しているそうです。 では、長渕剛の薬疑惑の真相はどうなのか。 清原いわく、長渕剛のために、薬の調達役を担ったこともあったといい、2人が覚せい剤を使用するときは、日比谷の帝国ホテルのスイートルームを使っていたといいます。 さらに、携帯に証拠の写真も残っていて、清原の逮捕後、その携帯は警察に押収された可能性があるそうです。 となれば、長渕剛も捜査員の目に触れて、捜査の対象になっているはず。 ですが、今のところ逮捕されていないのは、いったいなぜなのか。 ウワサによると、長渕剛は警戒心が強く、警察が捜査しているのではないかと勘繰ると、クリニックに行って、生理食塩水を点滴したり、血液クレンジングを受けて、「シャブ抜き」をしていたとか。 要するに、いつ検査されても薬物反応が出なようにしていたということですが、真偽のほどは不明です。 哀川翔の薬疑惑 哀川翔も、再三にわたり、薬物疑惑がささやかれています。 そんな哀川翔は、30代のときに心肺停止が2回あったらしいのですが、その原因は「疲労」によるものだったそうです。 ただ、哀川翔は本当に、「疲労」が原因で心肺停止に陥ったのか。 それに、心肺停止の原因は「疲労」ということなのですが、ほんとうにそこまで忙しかったのか疑問が残ります。 確かに、その頃の哀川翔はというと、「あいかわ翔」名義で監督デビューしたり、「Vシネ」なんかで活躍していた時期。 世間には「過労死」する人もいるくらいなので、「疲労」が原因で心肺停止に陥ったことも納得できるのですが、他の原因として、ウワサされている薬物に影響されたということも考えられます。 しかし、長渕剛といっしょで、ウワサばかりが先だって、一向に逮捕される気配がありません。 やはり、薬物疑惑は、単なるウワサにすぎないのかもしれませんね。 長渕剛が離婚した嫁は誰と再婚? 長渕剛は、1981年8月に石野真子と結婚しましたが、2年後の1983年に離婚。 離婚理由ですが、当時の週刊誌には、長渕剛の暴力や束縛、嫁姑問題などと書かれていましたが、ほんとうの原因なんて、当事者しかわかりません。 そして、1987年に志穂美悦子と再婚し、現在は3人の子供がいます。 一方、離婚した元嫁の石野真子は、1990年6月に俳優の広岡瞬と再婚。 石野真子と広岡瞬は、1985年に知り合い、5年の交際期間を経て結婚しました。 しかし、石野真子は広岡瞬と再婚したものの、1995年12月に離婚。 2回目の離婚理由は、広岡瞬の仕事が激減したのと、石野真子の家出が重なり、5年の結婚生活に終止符が打たれたのです。 そして、「離婚の責任は自分にある」と語った広岡瞬はその後、芸能界を引退し、ロンドンで日本料理店を経営することになったそうです。 哀川翔の嫁の元旦那は音楽プロデューサーの多賀英典 哀川翔の嫁は、ミス・ユニバース北海道代表で元女優の青地公美。 嫁の青地公美は、哀川翔とは3度目の結婚で、現在、哀川のマネージャーと所属事務所の社長を務めています。 2人の出会いは、1994年に元力士の武蔵丸の昇進パーティーに参加した際、哀川翔が一目ぼれ。 その後交際が始まり、2人は翌年の1995年に結婚したのです。 また、当時、青地公美には、元旦那、音楽プロデューサー多賀英典氏との間に授かった連れ子が3人いました。 青地公美の元旦那の多賀氏は、小椋佳や井上陽水を手がけた敏腕プロデューサー。 特に井上陽水に対する影響は大きく、楽曲「心もよう」の曲名は、多賀氏が命名したものです。 また、多賀氏と哀川翔は親交があり、結婚式にも招待するなどの仲なのだとか。 ただ、現在、多賀氏は、音楽のプロデュースに関しては、表立った活動をしていないようです。 そして、青地公美と結婚した哀川翔は、連れ子3人に加え、2人の子供をもうけていますが、実子と連れ子ともども、平等に可愛がっているということです。

次の

長渕剛、ドラマ『とんぼ』共演者と31年ぶり再会 哀川翔が当時の秘話明かす

長渕 剛 哀川 翔

とが、7月5日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に出演した。 番組で2人は、共演したドラマ『とんぼ』(1988年・TBS系)の同窓会を企画。 長渕が演じるヤクザの舎弟役で出演していた哀川が、「お久しぶりです。 ご無沙汰してます」と頭を下げて登場する。 「やっぱり存在感あるな」と声をかける長渕。 久しぶりの再会に緊張した面持ちの哀川は、「いやあそんなことないです。 とんでもないですよ」と恐縮。 これに安住紳一郎が「あれ? いつもと違いませんか?」と突っ込むと、「当たり前じゃないですか」と返す。 27歳で出演した『とんぼ』がだったという哀川。 じつは彼をキャスティングしたの長渕だったという。 長渕がこう語る。 「企画が決まったとき、相手役を探していた。 たまたま僕はライブツアーをやっていて、日本武道館で彼(哀川)がひょこっと楽屋にサングラスして『どうも』って現れた。 そのときになんとなくピーンときて、『おい、ちょっとサングラス取ってみてくれよ』と言った。 その瞬間『あ、常(役名)だ』と」 これに「緊張して最初は楽屋に入れなかったです」と当時を振り返る哀川。 「『とんぼ』という作品に長渕さんが呼んでくれてなければ(今の自分は)多分ない」と発言すると、長渕は「絶対だろ」と豪快に笑っていた。 ちなみに哀川は、2016年12月1日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、「初日は緊張しすぎて、朝まで酒飲んでベロベロで収録に臨んだ」と明かしている。 そんな哀川を救ってくれたのも長渕で、哀川がセリフ覚えに苦労していると、「覚えるんじゃなくてここなんだよ」と胸を叩いてみせたという。 最近では俳優業のみならず、バラエティ番組でも活躍する哀川。 いまだに長渕に緊張してしまうのは、それだけ恩を感じているからこそだろう。

次の