費用弁償 源泉徴収。 [16424] 理事会の日当に源泉徴収は必要でしょうか?

委員への謝金や旅費に源泉徴収は必要?

費用弁償 源泉徴収

お世話になります。 社協の事務担当をさせていただいています。 年数回ある理事会、評議員会で、理事・評議員・監事さんに実費弁償費ということで3,000円お支払しています。 「報酬、費用弁償に関する規則」というものがあり、無報酬だが1回あたり実費弁償費として3,000円支給と規定しています。 今までは、費用弁償ということで支払い、源泉徴収事務は行ったことがありません。 が、ある書き込みで「当該謝金が給料か報酬かの判断は、委員会に出席している時間拘束し、その役務の提供への対価として日当的に支払われていると考えられるので、雇用関係がなくても給料扱いである」とあり10. 21%で計算し納めるとありました。 支払いが発生したとき、3,000円から差し引くとしても、その分法人で払うとしても、給料という扱いになるのであれば源泉徴収票を発行し、支払報告書に記載の際は、職員分に合算して報告しなければならないのでしょうか。 よろしくおねがいいたします。 お世話になります。 社協の事務担当をさせていただいています。 年数回ある理事会、員会で、理事・員・監事さんに実費弁償費ということで3,000円お支払しています。 「、弁償に関する規則」というものがあり、無だが1回あたり実費弁償費として3,000円支給と規定しています。 今までは、弁償ということで支払い、源泉徴収事務は行ったことがありません。 が、ある書き込みで「当該謝金が給料かかの判断は、に出席している時間拘束し、そのの提供への対価として的に支払われていると考えられるので、がなくても給料扱いである」とあり10. 21%で計算し納めるとありました。 支払いが発生したとき、3,000円から差し引くとしても、その分で払うとしても、給料という扱いになるのであればを発行し、支払報告書に記載の際は、職員分に合算して報告しなければならないのでしょうか。 よろしくおねがいいたします。 社協の事務担当をさせていただいています。 「、弁償に関する規則」というものがあり、無だが1回あたり実費弁償費として3,000円支給と規定しています。 今までは、弁償ということで支払い、源泉徴収事務は行ったことがありません。 が、ある書き込みで「当該謝金が給料かかの判断は、に出席している時間拘束し、そのの提供への対価として的に支払われていると考えられるので、がなくても給料扱いである」とあり10. 21%で計算し納めるとありました。 こんにちは。 で下記を見つけました。 (委員手当等) 28-7 国又は地方公共団体の各種(審議会、調査会、協議会等の名称のものを含む。 )の委員に対する謝金、手当等のは、原則として、給与等とする。 ただし、当該を設置した機関から他に支払われる給与等がなく、かつ、そのの委員として旅費その他のの弁償を受けない者に対して支給される当該謝金、手当等ので、その年中の支給額が1万円以下であるものについては、課税しなくて差し支えない。 この場合において、その支給額が1万円以下であるかどうかは、その所属する各種ごとに判定するものとする。 (平2直法6-5、直所3-6改正) (地方自治法の規定によるの弁償) 28-8 地方自治法第203条第2項 議員、弁償及び期末手当 及び同法第203条の2第3項 及び弁償 の規定により受けるの弁償は、法第9条第1項第4号に掲げる金品に該当するものその他その職務を行うために要したの弁償であることが明らかなものを除き、給与等とする。 (昭46直審(所)19、平22課個2-16、課法9-1、課審4-30改正) 1度税務署に相談されてみてはどうでしょう。 になるのかになるのか・・・今後はマイナンバーの記載も発生しますのでその観点からも確認されたほうがいいと思います。 とりあえず。 社協の事務担当をさせていただいています。 「、弁償に関する規則」というものがあり、無だが1回あたり実費弁償費として3,000円支給と規定しています。 今までは、弁償ということで支払い、源泉徴収事務は行ったことがありません。 が、ある書き込みで「当該謝金が給料かかの判断は、に出席している時間拘束し、そのの提供への対価として的に支払われていると考えられるので、がなくても給料扱いである」とあり10. 21%で計算し納めるとありました。 )の委員に対する謝金、手当等のは、原則として、給与等とする。 ただし、当該を設置した機関から他に支払われる給与等がなく、かつ、そのの委員として旅費その他のの弁償を受けない者に対して支給される当該謝金、手当等ので、その年中の支給額が1万円以下であるものについては、課税しなくて差し支えない。 この場合において、その支給額が1万円以下であるかどうかは、その所属する各種ごとに判定するものとする。 近隣社協で、税務署の調査が入り、少額の弁償費でも給与とみなされる、と追加で課税されたとの話を聞き、驚いて質問させていただきました。 マイナンバーの対応もでてきます。 所轄税務署に相談してみます。 本当にありがとうございました。 税務署に相談されるとおっしゃってますが、一応。 まずこの部分。 書き込みと書かれていたので、元のページを ググッて確認しましたが、解釈が全然違います。 同じように見えて、話は全然別物です。 それで実費弁償の話。 実際にいくらか社会福祉のを見ていて、税務調査が 入った時の事例もいくらか知っていますが、実費弁償として 払っているものに対して追徴が発生したという話は、 私が知る限りでは聞いたことがありません。 むしろ、行政監査の際に、を適切に整備して いなかったがために文書指摘を食らったとか、 整備してても実費額じゃなく定額を払うのはけしからん ということでゴチャゴチャ言われたという話の方がよく聞きます。 課税された本当の原因は、もっと別のところにあるのでは ないですか。 今一度、課税されたその詳細な 根拠を確認された方が良いのではないかと思います。 ご回答ありがとうございます。 ご意見のとおり、調査があった社協の方にもう少し状況を教えていただこうと思います。 当社協には・弁償費に関する規則と旅費規定があるので、もう一度おさらいし、それから税務署に相談してみます。 本当にありがとうございました。

次の

法第28条《給与所得》関係|国税庁

費用弁償 源泉徴収

報酬・料金等の支払者が直接ホテルや旅行会社等に支払った場合は、報酬・料金等に含めなくてもよいことになっています。 どういうことかというと、交通費を支払う側が直接交通機関や旅行会社へ支払った場合には源泉徴収はしなくて良いことになっています。 例えば ・支払う側が切符を購入し講師へ切符を渡した場合。 ・講師が切符を買う場所に同行して、支払う側が現金等で切符代金を支払った場合。 などです。 間違いやすいので注意しましょうね。 講演会の謝礼と交通費の計算式 講師へお渡しするには切りの良い金額でお渡しすることが多いと思います。 少額の金額を一覧にしましたので、上で書いた内容と見比べながらを参考にしてください。 支払額 額面 源泉所得税 10. ・法人への謝礼は源泉所得税と消費税は不要 ・謝礼額によって源泉徴収税額が変わる ・基本的には謝礼に消費税もかかる 講師へ渡す領収書や封筒の書き方はでまとめています。 合わせてご確認ください。

次の

費用弁償の支払いにおける所得税の扱いと注意点

費用弁償 源泉徴収

スポンサーリンク 交通費は源泉徴収が必要か 例えば、個人事業主の方に講演を依頼する場合、講演料の他に会場までの交通費を支払うことがあります。 この交通費は源泉徴収の対象でしょうか。 答えは、源泉徴収の対象になります。 国税庁のタックスアンサーの該当箇所を引用しましょう。 2 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。 引用元: これは、車代として報酬料金に上乗せして支払った場合が該当します。 名目は車代ということですが、実質は報酬が増えているだけなので、 その分多く報酬を払っただけに過ぎないのです。 したがって、今回の例の講演料は源泉徴収対象なので、交通費相当額も源泉徴収の対象になるわけです。 スポンサーリンク 源泉徴収をしないで交通費の支払をしたい場合は? とはいえ、これではあまりにも税務当局有利、納税者である我々が不利なのではないでしょうか!? 講師の方が立替えた交通費を、報酬と一緒に支払っただけで源泉徴収されるのはあんまりです。 でも、抜け道はあるのです。 実は同じく国税庁のタックスアンサーに源泉徴収をしなくてもよい条件が書かれています。 2 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。 しかし、報酬・料金等の支払者が、直接交通機関等へ通常必要な範囲の交通費や宿泊費などを支払った場合は、報酬・料金等に含めなくてもよいことになっています。 引用元: 後半の赤い太字の部分がそうですね。 個人の方にお支払いをするのではなく、旅行会社などと通して航空券や切符を手配するという方法です。 こうすれば個人の方への支払ではないので、源泉徴収をしなくてもよくなります。 とはいえ、無制限ではなく、 通常必要な範囲とされているのであまりにも高額だったり、直接関係のない支出だったりすると認められないでしょう。 管理人の経験では、飛行機のビジネスクラスくらいならば特段問題はないと思われます。

次の