ノートン キャンベル。 【第五人格】探鉱者の性能紹介!衣装やおすすめ内在人格【IdentityV】

Twoucan

ノートン キャンベル

注:公式にはない独自解釈にもとづく設定を含みます。 *** 今日もまたゲームの開始時間に合わせて、待合室へサバイバーが集まってくる。 探鉱者のノートン・キャンベルが待合室の扉を開けたとき、すでに室内には3つの人影があった。 一番奥の席には占い師のイライ・クラーク、壊れたイスを間に挟んで隣にはカウボーイのカヴィン・アユソ、更にその隣には庭師のエマ・ウッズが座っている。 扉から比較的近くにいたエマが、扉を開けたノートンに気づいて笑顔を見せた。 「キャンベルさん、待ってたの! 」 「待たせてごめんね。 色が変わるお茶をじっくり眺めながら飲んでいたら、あっという間に時間が経っちゃってて」 ゲーム開始まで残り5分と気づいたノートンは、慌ててお茶の残りを飲み干し、片付けてから来たのだと、席に座りながら言う。 カウボーイのカヴィンが、ノートンへ何か問いたげな表情を見せる。 カヴィンは、ノートンが3色のお茶をそれぞれ眺めていたのを知っていた。 しかし、ノートンはエマと茶葉の話に気をとられ、カヴィンの表情に気づくことはなかった。 占い師のイライはそんな3人を眺めていたが、ふと相棒の片目が輝いたことに気づく。 なにか近い未来に起きる事象をイライに伝えてくるときの合図だ。 その内容を知るや否や、イライはすぐに口を開いた。 「キャンベルくん、ゲームが始まる前にはやく、」 イライがそう言いかけ、席についていた四人が瞬きをした次の瞬間、視界が白く染まった。 *** 指定の時間に待合室で待つと、ゲームの舞台へと飛ばされる。 席に座っていたはずのノートンは、一面を雪で覆われた工場跡地に立っていた。 近くには一部をトタンに覆われた木製の小屋が見える。 急に冷えた空気に包まれたノートンは、背筋をぶるりと震わせた。 「うーん、ちょっと冷えるなあ... 」 お茶をしている途中で心配してきたカヴィンには大丈夫だと言ったものの、さすがに3杯もお茶を飲んで身構える間もなく体を冷やされると、下腹部が訴えてくるものがある。 尿意だ。 「 まだゲームも始まったところだし、ちょっとそこら辺ですませよう 」 ゲームが始まるといつの間にか装着されている耳元の通信機から、各々が解読を始めたという知らせを受けつつ、ノートンは小屋の影へいそいそと移動する。 小屋の壁を前にズボンのチャックへと手をかけたとき、ノートンの心臓がドクンと大きく鳴った。 *** ノートン・キャンベルが攻撃を受けたことを、通信機がイライ・クラークへ告げる。 原型をとどめない廃墟の壁に隣接した暗号機へ触れていた占い師は指を止めた。 チェイスを始めたであろう探鉱者を守るべく、相棒の梟を空へと解き放つ。 相棒の見る視界を共有して見えたのは、ナイフを片手に獲物を追う魔トカゲと、いつもより逃げ足にキレのないノートンの姿だ。 「 やっぱりそうか 」 イライが納得すると同時に、ノートンの足がもつれる。 それをハンターが見逃すはずもない。 イライは躊躇うことなく相棒にノートンを守るよう指示を出した。 間を置かず二撃目が当たったことを知らせる鐘の音が響く。 ノートンを守り終えた梟がイライの肩へと帰ってくる。 労わるように梟の頭をひと撫でし、イライは再び解読を進めるべく、暗号機をいじり始めた。 ゲーム開始直前に見えた未来を、逆転させるために。 「 彼の膀胱が限界を迎える前に、このゲームを終わらせる! 」 *** ハンターが近くにいることを示す胸の高鳴りにノートンは焦り、ズボンのチャックに手袋を挟んでしまった。 外そうと手間取っているうちに一撃を受けてしまったのだが、その場で漏れてしまわなかったのは幸運だったとしか言いようがない。 背後で梟のするどい鳴き声がして、ノートンが受けるはずの衝撃は緩和される。 占い師の使い鳥が守ってくれたおかげで、ノートンは廃工場の近くの板場まで逃げてくることができた。 使えるようになった磁石の数はまだ1つ。 板を駆使して時間稼ぎをすることになる。 解放する気でいた尿意をどうにか抑えこみ、先に倒した板をジャンプで飛び越えてくる魔トカゲを辛うじて避ける。 煽るような魔トカゲの言葉にノートンは腹をたてるが、反論することはなかった。 冷静さを奪うための挑発なのだと分かっている。 反応してしまえば相手の思うツボだ。 障害物をへだてた心理戦に飽いたか、魔トカゲは再び跳躍してくる。 ノートンは構えた姿を見た途端、体の向きを反転させた。 今しがたようやく二つ使えるようになった磁石を、後ろを見ずに放り投げる。 着地とともに磁石が吸着した魔トカゲは、木箱へと吹き飛ばされて目をまわした。 反発しあったノートンは工場側へとはじかれる。 その勢いのまま工場の外壁をなぞるような進路で走り、窓枠を飛び越えて工場内へ侵入した。 さらに加速したノートンは、二階へ通じる階段に迷わず駆けていく。 階段の途中で磁石を一つ転がすのを忘れない。 幸運にも、工場に地下室への階段は無いようだ。 ノートンが階段を上がりきった頃、魔トカゲは階段に足をかけていた。 牽制のために置いた磁石は警戒されることなく、魔トカゲの体へ吸着する。 ノートンは立てかけられた板の影に身を寄せ、反対の極性の磁石に持ち替えた。 引き合う力が板の寄りかかる備品へと魔トカゲの体を叩きつける。 その隙にノートンは2階の通路をかけていく。 チェイスルートは2つ。 このまま直進して外へ続く道をゆくか、途中の手すりが途切れた場所から下へ飛び降りるか。 直進しては跳躍ですぐ距離を詰められてしまう。 ノートンは飛び降りるほうを選んだ。 「ぅっぐ」 着地の衝撃が腹部に響く。 どうにか漏らさぬようノートンは堪えるが、そのせいで硬直している時間がいつもよりも長かった。 上から飛び降りてきた魔トカゲの落下攻撃に当たってしまう。 「うあぁっ」 とっさに内股に力を入れ、吹き飛ばされる衝撃に耐えた。 「チッ、手間取らせやがって」 ノートンに風船を括りつけながら魔トカゲがぼやいた。 そのまま工場内にあるロケットチェアへ乱暴に降ろされ、ノートンは縄で拘束された。 それと同時に、暗号機が2つ、少し間を開けてもう1つ解読を終えたという通知が届いた。 いつもなら、どうにか縄がほどけないかと暴れるが、ノートンに今その余裕はなかった。 一か八か、ハンターが聞き入れてくれることに望みをかけてノートンは声をかける。 「ねえ」 救助にくるサバイバーを警戒する魔トカゲは、視線だけをノートンへ向ける。 「もし僕が助けてもらえたら、すこしだけ見逃してくれないかな」 「あん? 」 「なんならその後もう一回捕まってもいいよ」 ノートンの言葉に魔トカゲは顔をしかめる。 「他のヤツらを見逃せってことか?」 「ううん、そうじゃなくて... 実はさっきからすごく、」 トイレに行きたくて、と言いかけたノートンの体に新たな縄が絡まる。 またたく間に、ノートンの体は窓枠を超え、縄投げの名手、カヴィンの肩に担がれた。 カヴィンはノートンの腰をしっかり支えると一目散に廃工場から離れる。 「カヴィン! ありが、と... 」 「なぁに、これが俺の役割さ」 軽快なフットワークでカヴィンはコンテナの傍を走る。 担ぎ上げられたノートンは、当然その振動を腹で受けとめた。 座っている間に少しだけ落ち着いていた排泄欲がじわじわと戻ってくる。 「カヴィン、お願い... おろして! 」 「なに言ってるんだ。 このまま行けるとこまで逃げるぞ! 」 「逃げるのは大事なんだけど、そうじゃなくて」 カヴィンは廃墟の連なるエリアへ向かう。 担がれたノートンには、廃工場から出てきた魔トカゲが大きくジャンプして距離を詰める姿が見えた。 同時にノートンの膀胱の限界も見えつつある。 」 「この距離なら間に合う! 」 カヴィンは廃墟に残された窓枠を器用に越え、その勢いで足を加速させる。 しかし、その振動がノートンの尿意をも加速させた。 「もう、むり! しかし、結果としてそれが決め手となった。 「あ、あ」 ノートンの股間が瞬く間に濡れてゆく。 布地が吸いきれなくなった液体は、足元の白い雪に色味を加えていく。 解放された快感と、それを見られた羞恥が混ざり合った顔つきでノートンは涙を浮かべた。 「ごめ、ん。 見ないでぇ... 」 仲間の粗相する姿を目撃してしまったカヴィンは、あぁ、と返事とも溜め息ともとれる声を漏らした。 「すまん、俺のせいだな」 カヴィンは上着を素早く脱いで、うずくまって震えるノートンの膝にかける。 「お前さんがゲームの前に茶をたくさん飲んでいたのを知っていたのに、あんな姿勢で運んじまったな」 カヴィンの労りを含む言葉にノートンは首を横に振った。 「キミは悪くないよ。 僕がちゃんとトイレに行かなかったから... 」 そう話しているうちに、魔トカゲが窓枠越しに追いついて足を止める。 座りこむ探鉱者、その足元、膝にかけられたカウボーイの上着から、先ほど拘束されたノートンが言おうとしたことを理解したハンターは、気まずそうに視線をそらした。 3人とも何を言うこともできずに、その場になんとも言えない空気が流れる。 遠くのほうで、また暗号機が1台解読し終わった音が沈黙を裂いて響いた。 その音とは別に、何かに反応した魔トカゲが眉をひくりと動かし、苛立たしげに口を開く。 「チッ、さっきから通知がうるせえな。 なんだってんだ? 」 サバイバーが物音を立てたとき、ハンターへはその位置が知らされる。 たいていのサバイバーは物音を立てないよう気をつけるのだが、今日はやたらと物音がする。 その音の原因に心当たりのあるカヴィンは、口の端に挑発的な笑みを浮かべて魔トカゲに話しかけた。 「今ごろ仔猫ちゃんが近場にあるロケットチェアは全部壊しているはずだ」 「... さあ、どうする?」 魔トカゲはしばし呆然とした後、やれやれと言わんばかりに顔へ手を当て、ため息をついた。 「やめだやめだ。 こっから泥仕合する気にもならねぇ... 次は万全の状態でゲームに参加しろ。 探鉱者」 あばよと手を一振りして、ハンターは投降した。 *** ゲーム終了後、生存者たちは再び待合室のイスに座っていた。 庭師のエマが立ち上がり、万歳と両手をあげて跳びはねる。 「勝利なの! これもキャンベルさんとアユソさんがハンターを引きつけてくれたおかげなの! 」 エマの言葉にイライがうなづく。 「ウッズさんがチェアを壊してくれたのもあるね」 そう言いながらイライは、ノートンがカヴィンの上着を腰に巻きつけていることに気がついた。 「あー、チェイスを受け持ってくれた二人は汗もかいているだろうし、お風呂に入ったほうが良さそうだ。 僕も体が冷えているし、お風呂の準備に行ってくるよ」 頬を指で掻きながら告げたイライが、男湯へ足早に立ち去る。 エマも女湯の準備をすると言って、待合室から出て行った。 それを見送ってから、カヴィンがノートンへ話しかける。 「さて、まずは着替えるか」 「うん、そうだね... 」 ノートンはイスから立ち上がろうとするが、カヴィンが手でそれを制する。 「カヴィン? 」 「そのまま歩いてくと辛いだろ。 こういう時は任せときな」 カヴィンは、ノートンの膝裏と背中に両手を添えて抱き上げた。 ノートンは始めあっけにとられた顔でいたが、カヴィンの気遣いにふにゃりと笑った。 「ありがとう、カヴィン」.

次の

【第五人格】探鉱者の立ち回りと能力

ノートン キャンベル

ノートン パスワード マネージャーは業界標準の AES 暗号化と保護された TLS 接続を使用してお客様のブラウザに接続しており、データ保管庫のデータを保護します。 お客様のデータ保管庫を解錠できるのは、お客様のデータ保管庫のパスワードのみであり、このパスワードは、ファイル、Web サイト、ノートンLifeLock のシステムのどこにも送信されず、どこにも保管されません。 ノートン パスワード マネージャーはお客様のデータ保管庫パスワードを使用して、データ保管庫に保存されたすべての情報を迅速に暗号化します。 ノートンLifeLock は、お客様がノートン パスワード マネージャーを使用して保存したパスワードや個人情報を見ることはできません。 お客様が入力したデータ保管庫パスワードは、すぐに特別な数値からなる鍵に変換されて、データ保管庫のデータを暗号化された形式に変換するのに使用します。 お客様が入力したパスワードはどこにも保管されず、どこにも送信されず、ほかの誰にも使われません。 パスワードは、お客様のデバイスで動作するノートン パスワード マネージャーでのみ使われます。 ノートン パスワード マネージャーでは 2 つの異なるパスワードを使用します。 第 1 のノートン アカウントのパスワードは、お客様とお客様個人のオンラインデータ保管庫を識別するためにあります。 このパスワードで、ノートンのほかのサービスにもアクセスできます。 第 2 のデータ保管庫のパスワードは、保管庫内のデータを保護する鍵として使用します。 データ保管庫パスワードは、お客様のデータ保管庫データの保護にとって重要であるため、ノートン パスワード マネージャーはこのパスワードをファイル、Web サイト、ノートンLifeLock のシステムのどこにも保管しないように設計されています。 お客様のパスワードをデータ保管庫の鍵として使用できるのは、Web ブラウザの実行中のみです。 Web ブラウザを完全に終了してから新たに再起動した場合、データ保管庫パスワードは前回のブラウザ使用中に保管されていないので、新たに入力する必要があります。 ブラウザを終了せずに使い続ける場合、約 1 日間はパスワードの再入力が不要です。 ログイン情報の保存、編集などの作業を行うと、時間が延長されます。 弊社では、このようなノートン パスワード マネージャーの安全重視の設計によりご不便をおかけしていることを認識しており、セキュリティを確保しながらデータ保管庫を簡単に解錠する方法について現在検討中です。

次の

ノートン サポート窓口

ノートン キャンベル

しかし、彼と共に働いてた他の探鉱労働者は彼のような幸運に恵まれることはありませんでした。 その惨事は彼を殺しはしませんでしたが、彼の性格を暗く無口なものに変えてしまいました。 彼は鉱山災害時に入手した隕石磁石を使って、鉱山労働者から地質探査員へと転職しました。 スポンサードリンク 探鉱者の立ち回り方 磁石を投げて他のキャラにくっつける 探鉱者は「磁石」を携帯しており、極性をNかSに指定して好きな場所に投げることが可能です。 初期状態では、探鉱者自身も磁石も 両方N極 磁石が投げられると地面に落ちて、そこに他のサバイバーやハンターが近づくと、そのキャラクターにくっつきます。 磁石がついたキャラはN、またはSの極性を帯び、そのキャラと探鉱者が近づくことで「反発」、または「引き寄せ」の効果が発生します。 探鉱者自身に磁石はくっつきません。 探鉱者にはもともと極性が存在しており、いつでも好きなタイミングで自身の極性をNかSに切り替えることが可能です。 チェイスが得意なサバイバー 同じ極性 NとN,SとS が接近すると反発が発生 探鉱者は初期状態の極性がNのまま、ハンターにNの極性の磁石を投げつけてチェイスすれば、ハンターとの距離が一定範囲内になると自動的に「反発」が発生し、距離を離すことができます。 暗号機に近づくと移動速度1. この効果は80秒に1回使えます。 加速スピードは割れ窓理論発動時と同じです。 磁石でハンターを気絶させる 異なる極性 NとS で接近すると引き寄せが発生 「反発」や「引き寄せ」が発生した時にハンターがオブジェクトにぶつかると気絶します。 オブジェクトにぶつかるまでの移動距離が長ければ長いほど気絶時間は上昇します。 磁石は30秒経過するごとに1つ増加し、最大で3つまで所持できます。 探鉱者は磁石以外の道具を交換することも使用することもできません。 磁石の増え方やそれ以外の道具を使えない点は、祭司の「扉の鍵」と同じようなイメージですね。 負傷した仲間がいる時は、積極的に回復役に徹して治療してあげましょう。 自身の治療速度も上がっているので起死回生で早く起き上がれるのもメリットですね。 一方でスキルチェックが得意な人にとっては、完璧な調整を行うことで解読効率を上げることができるのでメリットになるかもしれませんね。 スポンサードリンク 探鉱者の外在特質 外在特質 効果 隕石磁石 探鉱者は磁石を携帯している。 タップかスワイプすることで、指定した場所に投げることができる。 磁石は周りにいるキャラクターにくっつき、対象の性質をプラス極かマイナス極にする。 持続時間20秒 同じ極性を持つ者は反発し合い、異なる極の性質を持つ者はお互いを引き寄せる。 一定距離の範囲内から離れると引力は切断される。 ハンターにも同極性の引力を切断することができる。 探鉱者は永久的に極性を持っており、自身には磁石を付けられない。 他のキャラクターの極性は、1回の反発や引き寄せの後に消える。 探鉱者はいつでも極性を切り替えることがきる。 30秒に1回、他のキャラと探鉱者の間で反発・引き寄せを発生させることができる。 磁石は探鉱者のための道具であり、他の道具は使用できない。 野外サバイバル 鉱山のトンネル内における過酷な労働環境により、探鉱者のサバイバルスキルが高まった。 磁界の強い磁力により、磁石の反発・引き寄せの最中にオブジェクトとぶつかると気絶する。 ぶつかるまでの距離が長ければ長い程気絶時間が増加する。 磁石吸引 携帯している磁石は鉄製品に引き寄せられる性質を持つ。 この効果は80秒に1回使用できる。 スポンサードリンク 探鉱者におすすめの内在人格(天賦) 危機一髪・中治り型 右下 味方と連携が取れる場合に、一番おすすめしたい内在人格です。 「危機一髪」は、救助さえ成功させればいかなる場合でも、最低20秒の時間を稼げるため非常に有用です。 「中治り」は、誰かが殴られたタイミングを見計らって終わらせることで、全員が脱出する確率をあげることができます。 割れ窓・中治り型 左右 暗号機やロッカーを利用した加速に加えて割れ窓を採用してチェイスに特化するのもおすすめです。 ハンター側から見た探鉱者の対策 現在調査中です。 対策方法がわかり次第追記します。

次の