花王 株価。 花王 (4452) : 株価/予想・目標株価 [Kao]

花王 (4452) : 株価予想・売買予想・株価診断 [Kao]

花王 株価

Contents• 花王とは 花王は日用品・生活用品を主力事業とする企業です。 創業は1887年と130年以上の歴史がある大企業で創業当初から石鹸などの家庭用品を製造販売しています。 いわゆるBtoC企業の代表格的存在であり、大企業ばかりの日経225銘柄の中でも特に有名な企業です。 消費者目線で製造された花王製品の多くが一般家庭に広く使用されており、ブランド力の高さがうかがえます。 時価総額は4兆円を超えており(2019年5月時点)名実ともに大企業です。 花王の事業 花王の事業は以下の6つです。 売上高は2,800億円程度です。 欧米アジアにも積極的に展開しています。 売上高は3,400億円程度です。 売上高は2,700億円程度です。 売上高は3,450億円程度となっています。 売上高は3,100億円程度となっています。 花王の過去10年の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、当期純利益) 過去10年間の売上高、営業利益、経常利益、当期純利益は下記のとおりです。 営業利益、経常利益、純利益ともにここ数年間は右肩上がりになっており業績は順調に推移しています。 2012年に落ち込んでいるように見えます。 しかし、これは決算時期を変更したことによるものです。 3月決算から12月決算に変更したことにより2012年は9カ月の決算となっているからです。 通常の決算期間である12カ月より3カ月短い決算期間となっているので当然その分業績は落ち込んでいるように見えます。 実際はその後の業績を見てもわかるように実質の業績は順調に伸びています。 また、2016年より決算書を作成する際の会計基準を国際会計基準であるIFRSに変更しています。 このように企業によっては決算期間の変更や会計基準の変更により決算数値と実質の業績が相違することがありますので注意が必要です。 投資する際には気になった点は数値をうのみにせず、何か会計上の都合などの特殊要因ではないか調べるようにしましょう。 花王の業績について、特筆すべきはサブプライムショックやリーマンショックなど世界経済が急激に落ち込んだ2009年、2010年でもしっかりと黒字になっている点です。 特に2009年は国内企業トップのトヨタやその他多くの企業でも大幅な赤字となった年であり、大不況期でも利益を出せるというのは花王の強みと言えます。 このように不況期でも強い花王は、投資の世界ではディフェンシブ銘柄と呼ばれておりその安定した業績が魅力の一つです。 9 円 1,182. 8 円 1,200. 5 円 1,120. 2 円 1,160. 0 円 1,086. 7 円 1,106. 4 円 1,197. 1 円 1,291. 5 円 1,352. 2 円 1,399. 0 円 1,397. 1 円 1,657. 8 円 1,689. 9 円 - 円 当然こちらもマイナスは一度もありません。 EPSは順調に伸びており、2010年には100円を下回っていたEPSは現在300円を上回る水準まで成長しています。 EPSの成長に伴いBPSも順調に成長しています。 特にEPSは海外投資家にも重視されている指標です。 株式の根源的な価値を示す指標であり、そのEPSが3倍以上になっているというのは成長の証です。 こちらのデータからも花王が安定的に成長していることがわかります。 単年度のEPSがいくら大きくとも翌年に赤字を出しマイナスになってしまっては意味がありません。 そういった企業は投資家に避けられがちで、株価も思うように上昇しません。 株式投資においては安定的に成長しているかという点が重要なポイントとなります。 花王のような安定成長企業は期間投資家にも好まれます。 また、EPSの伸びが高い理由として積極的に自社株買いを行っていることも影響しています。 更に花王は29期連続増配という国内企業トップの増配記録を継続している企業であり、株主還元に積極的なことで知られています。 花王の株主還元。 29期連続増配で日本唯一の配当貴族銘柄で更に自社株買の積極的実施! 花王は日本の増配の最長記録を更新している企業として有名です。 1990年から2018年まで実に29年間も配当金を増額しており日本で唯一の配当貴族銘柄となっています。 こちらを見ても2009年から2010年の世界的な金融危機があった時こそ下落しています。 しかし、その後は順調に右肩上がりとなっています。 数値もROEが20%近く、ROAが10%を超えるという高い水準であり、国内企業ではトップレベルです。 ROEは10%以上、ROAは5%以上が優秀とされる目安ですのでこの水準を両方大きく上回っている花王は収益性のかなり高い企業と言えます。 国内企業より収益力の高い欧米企業と比べても優秀な部類になる水準となっており、大企業ながら効率的な経営が行われていることがわかります。 花王の投資判断 花王の株価は2019年5月22日現在8,735円となっています。 PERは26倍程度、PBRは5倍程度の水準です。 PER、PBR共に市場平均よりは高い水準ですが、花王のような不況期にも強いディフェンシブ銘柄は投資家の評価が高くPER、PBR共に高くなる傾向があります。 以下は参考まで花王の競合他社である花王、ライオン、ユニ・チャームのPER、PBR、ROE、ROAの比較指標です。 花王 ライオン ユニ・チャーム PER 26. 8 29. 5 31. 7 PBR 5. 27 3. 21 4. 49 ROE 18. その点を踏まえれば割高でも割安でも無いという水準となっています。 前述のとおり花王は安定的に成長しており、更に29期連続増配という株主還元に積極的な企業でもあります。 従い、長期的な投資判断は「買い」です。 短期的にも、ここ半年で下値を切り上げてきており、2018年に付けた高値9,387円をうかがう水準まできています。 ただし、米中貿易問題によりここ最近の市場の大きな変動の影響を花王も受けております。 5月の値幅は8,400円~9,000円と値動きが荒くなっており注意が必要です。 短期的な勝負をするのであれば米中問題が落ち着いてからの方が良いでしょう。 安定成長しているディフェンシブ銘柄であり、増配も続ける花王は投資の主力銘柄としてもお勧めです。 しかし、PERなどが他のディフェンシブ銘柄と比べ著しく高くなった場合や成長に陰りが見えた場合などは売却の検討が必要です。 花王の株価の見通し それでは花王の株価の見通しについて見ていきましょう。

次の

【4452】花王の株価上昇理由と今後見通しを予想!安定した業績と国内最長29期増配が魅力的。

花王 株価

Contents• 花王とは 花王は日用品・生活用品を主力事業とする企業です。 創業は1887年と130年以上の歴史がある大企業で創業当初から石鹸などの家庭用品を製造販売しています。 いわゆるBtoC企業の代表格的存在であり、大企業ばかりの日経225銘柄の中でも特に有名な企業です。 消費者目線で製造された花王製品の多くが一般家庭に広く使用されており、ブランド力の高さがうかがえます。 時価総額は4兆円を超えており(2019年5月時点)名実ともに大企業です。 花王の事業 花王の事業は以下の6つです。 売上高は2,800億円程度です。 欧米アジアにも積極的に展開しています。 売上高は3,400億円程度です。 売上高は2,700億円程度です。 売上高は3,450億円程度となっています。 売上高は3,100億円程度となっています。 花王の過去10年の業績推移(売上高、営業利益、経常利益、当期純利益) 過去10年間の売上高、営業利益、経常利益、当期純利益は下記のとおりです。 営業利益、経常利益、純利益ともにここ数年間は右肩上がりになっており業績は順調に推移しています。 2012年に落ち込んでいるように見えます。 しかし、これは決算時期を変更したことによるものです。 3月決算から12月決算に変更したことにより2012年は9カ月の決算となっているからです。 通常の決算期間である12カ月より3カ月短い決算期間となっているので当然その分業績は落ち込んでいるように見えます。 実際はその後の業績を見てもわかるように実質の業績は順調に伸びています。 また、2016年より決算書を作成する際の会計基準を国際会計基準であるIFRSに変更しています。 このように企業によっては決算期間の変更や会計基準の変更により決算数値と実質の業績が相違することがありますので注意が必要です。 投資する際には気になった点は数値をうのみにせず、何か会計上の都合などの特殊要因ではないか調べるようにしましょう。 花王の業績について、特筆すべきはサブプライムショックやリーマンショックなど世界経済が急激に落ち込んだ2009年、2010年でもしっかりと黒字になっている点です。 特に2009年は国内企業トップのトヨタやその他多くの企業でも大幅な赤字となった年であり、大不況期でも利益を出せるというのは花王の強みと言えます。 このように不況期でも強い花王は、投資の世界ではディフェンシブ銘柄と呼ばれておりその安定した業績が魅力の一つです。 9 円 1,182. 8 円 1,200. 5 円 1,120. 2 円 1,160. 0 円 1,086. 7 円 1,106. 4 円 1,197. 1 円 1,291. 5 円 1,352. 2 円 1,399. 0 円 1,397. 1 円 1,657. 8 円 1,689. 9 円 - 円 当然こちらもマイナスは一度もありません。 EPSは順調に伸びており、2010年には100円を下回っていたEPSは現在300円を上回る水準まで成長しています。 EPSの成長に伴いBPSも順調に成長しています。 特にEPSは海外投資家にも重視されている指標です。 株式の根源的な価値を示す指標であり、そのEPSが3倍以上になっているというのは成長の証です。 こちらのデータからも花王が安定的に成長していることがわかります。 単年度のEPSがいくら大きくとも翌年に赤字を出しマイナスになってしまっては意味がありません。 そういった企業は投資家に避けられがちで、株価も思うように上昇しません。 株式投資においては安定的に成長しているかという点が重要なポイントとなります。 花王のような安定成長企業は期間投資家にも好まれます。 また、EPSの伸びが高い理由として積極的に自社株買いを行っていることも影響しています。 更に花王は29期連続増配という国内企業トップの増配記録を継続している企業であり、株主還元に積極的なことで知られています。 花王の株主還元。 29期連続増配で日本唯一の配当貴族銘柄で更に自社株買の積極的実施! 花王は日本の増配の最長記録を更新している企業として有名です。 1990年から2018年まで実に29年間も配当金を増額しており日本で唯一の配当貴族銘柄となっています。 こちらを見ても2009年から2010年の世界的な金融危機があった時こそ下落しています。 しかし、その後は順調に右肩上がりとなっています。 数値もROEが20%近く、ROAが10%を超えるという高い水準であり、国内企業ではトップレベルです。 ROEは10%以上、ROAは5%以上が優秀とされる目安ですのでこの水準を両方大きく上回っている花王は収益性のかなり高い企業と言えます。 国内企業より収益力の高い欧米企業と比べても優秀な部類になる水準となっており、大企業ながら効率的な経営が行われていることがわかります。 花王の投資判断 花王の株価は2019年5月22日現在8,735円となっています。 PERは26倍程度、PBRは5倍程度の水準です。 PER、PBR共に市場平均よりは高い水準ですが、花王のような不況期にも強いディフェンシブ銘柄は投資家の評価が高くPER、PBR共に高くなる傾向があります。 以下は参考まで花王の競合他社である花王、ライオン、ユニ・チャームのPER、PBR、ROE、ROAの比較指標です。 花王 ライオン ユニ・チャーム PER 26. 8 29. 5 31. 7 PBR 5. 27 3. 21 4. 49 ROE 18. その点を踏まえれば割高でも割安でも無いという水準となっています。 前述のとおり花王は安定的に成長しており、更に29期連続増配という株主還元に積極的な企業でもあります。 従い、長期的な投資判断は「買い」です。 短期的にも、ここ半年で下値を切り上げてきており、2018年に付けた高値9,387円をうかがう水準まできています。 ただし、米中貿易問題によりここ最近の市場の大きな変動の影響を花王も受けております。 5月の値幅は8,400円~9,000円と値動きが荒くなっており注意が必要です。 短期的な勝負をするのであれば米中問題が落ち着いてからの方が良いでしょう。 安定成長しているディフェンシブ銘柄であり、増配も続ける花王は投資の主力銘柄としてもお勧めです。 しかし、PERなどが他のディフェンシブ銘柄と比べ著しく高くなった場合や成長に陰りが見えた場合などは売却の検討が必要です。 花王の株価の見通し それでは花王の株価の見通しについて見ていきましょう。

次の

花王 (4452) : 株価/予想・目標株価 [Kao]

花王 株価

皮脂RNAモニタリング技術• ビオレ冷シート• VALCAN• TIFFA• SUQQU• SENSAI• SALA• RMK• Rerise• NUDY• KATE• KANEBO• EVITA• EROICA• DEW• DADA• AGT• 長瀬富郎• 長瀬商店• 鉄舟コレクション• 花王ホワイト• 花王ピュアホイップ• 紫電改• 毛先が球• ワンだふる• ワイドハイター• ロリエ• レヴュー• レディセルフ• ルナソル• リーゼ• リリーフ• リライズ• リセッシュ• リサージ• リクイール• ラファイエ• メリーズ• メリット• メディア• ミラノコレクション• マジックリン• マイペット• ホームクリーニングエマール• ホーミング• ヘルスラボ• ヘルシア• プロフィット• プリマヴィスタ• プリティア• ブローネ• ブランシール• ブラッシングケア• フレッシェル• フリープラス• フリーデイ• フェアクレア• フィトマックス• ファミリー• ファッションカラー• ファインファイバー• ピュオーラ• ビオレ• バルカン• バブ メディキュア• バイオIOS• ハローブラシ• ハミングファイン• ハミング• ハイター• ヌーディ• ニュービーズ• ニャンとも清潔トイレ• ニベア• ドルティア• トワニー• デュウ• テスティモ• ティファ• ソフィーナ• センサイ• セグレタ• スック• スタイルフィット• スタイルケア• スイサイ• シデンカイ• サニーナ• サクセス• コフレドールグラン• コフレドール• ケープ• ケイト• クリアクリーン• クイックルジョアン• クイックル Joan• クイックル• クイックパンチ• キーピング• キュレル• キュキュット• キッカ• ガードハロー• カネボウ• オリベ• エージーティー• エロイカ• エモリカ• エビータ• エッセンシャル• エスト• エコナ• エアインフィルムボトル• インプレス• アンドゥミル• アレルクリン清潔スプレー• アリィー• アフィニーク• アトリックス• アタックZERO• アタックネオ• アタックゼロ• アタック• アジエンス• めぐりズム• ふろ水ワンダー• つぶ塩• うるり• 花王のみんかぶ目標株価は「8,678円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 8,446円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 9,323円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 7,416円 と判断されています。 花王は、【紙おむつ、清掃用品、トイレタリー】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の