光電話 ルーター。 ソフトバンク光でルーターの設定ってどうやるの?

モデム・ルーターの交換時期は?寿命が来た時の症状やレンタルの交換法も

光電話 ルーター

ソフトバンク光ではインターネットを使いやすくするために様々なサービスの 提供が行われています。 レンタルのWi-Fiルーターサービスもその1つですが、人によっては市販のルーターを 利用したいと思っている人も多いかと。 そんなときにルーターの設定をどうすればいいのか。 ソフトバンク光のルーターの設定方法を確認してみましょう。 光BBユニットのレンタルをしていると設定はわかりやすい 最初にインターネットへの接続をする時には、インターネット回線とパソコンなどを 接続する必要があります。 ちょっと詳しく説明すると、光回線終端装置のONUとルーターにパソコン本体をつないで インターネットへの接続が出来るようになります。 まあパソコンや機械関係に詳しくない人だとこの機材接続にとても不安がある という方も多いと思います。 でもソフトバンク光では色々な機能が搭載されている光BBユニットという機材を レンタルすることができます。 こちらにはWi-Fiルーターの機能もあるので市販のルーターを購入する必要もなく 接続方法もソフトバンク光で詳しく説明してくれます。 動画などで詳しく接続の仕方を見る事ができるので、あまりこだわりがなければ 光BBユニットをレンタルすることもおすすめです。 市販のWi-Fiルーターをソフトバンク光で使うことも出来る ではソフトバンク光では光BBユニット以外のWi-Fiルーターを使う事が出来ないのか というとそうではありません。 ちゃんと市販のWi-Fiルーターも接続することができます。 接続や設定も自分で行う必要がありますが。 それとWi-Fiルーターを動かすための基本プログラムの更新、ファームウェアの更新も 自分で行う必要があるのでちょっと注意が必要です。 ソフトバンク光では特典の適応条件に光BBユニットレンタルが多い 1つ気になるのはソフトバンク光では様々なキャンペーンが展開されていますが そのキャンペーン適応条件に光BBユニットのレンタルがあることです。 例えばソフトバンクのスマホとソフトバンク光の契約者が同じ場合、おうち割 というソフトバンクスマホの割引が適応されます。 でも適応条件の中には光BBユニットのレンタルという条件があります。 つまりスマホの月額料金を割引するために有料オプション加入が必要です。 まあ条件適応のためのオプションが全て含まれたセットが月額500円で 利用することも出来るのですが。 何かと安くなる条件に光BBユニットのレンタルというのが含まれているので ソフトバンク光のユーザーでは光BBユニットを使っているという人も多いのでは。 光BBユニットを使ったソフトバンク光の接続方法 ではソフトバンク光では利用者も多いと思われる光BBユニットを使ったインターネット 接続方法を確認してみましょう。 まずはWi-Fi機能を使わずに有線接続をする場合の設定などを確認します。 というか光BBユニットの場合は基本的に設定をする必要がありません。 レンタルをするユーザーの情報が入力された状態で端末の貸し出しが行われるので 基本的には接続するだけでインターネットを使う事が出来るようになります。 ひかり電話などを使っていない場合 ひかり電話を使っていないならNTTからレンタルしているONUと光BBユニットを LANケーブルで接続するだけです。 集合住宅などで室内工事がなかった場合は光コンセントからONUまでの接続も 自分で行う必要があります。 光コンセントとONUを接続するのは光ファイバーケーブル、ONUと光BBユニットを 接続するのはLANケーブルです。 差込口の形が違うので間違うことはないと思いますが。 光ファイバーケーブルの差込口は本体カバーを開ける必要があるので注意しましょう。 光BBユニットとONUを接続するための差込口には「インターネット回線」と 書かれている差込口を使います。 パソコンと接続するのはその下にある「パソコン1~4」という差込口です。 どちらもLANケーブルを使います。 接続が終わったらパソコンでインターネットへの接続をしてみましょう。 無事につながれば接続完了です。 ひかり電話を使っている場合は機材が変わる NTTのひかり電話サービスを使っている場合、NTTからレンタルしている機材が 通常のONUではなくホームゲートウェイ、HGWという機材になっています。 こちらは光回線を使った電話のサービスを利用するために使われる機材で ソフトバンク光にしたときにも通話サービスを使えば同じ機材がレンタルされます。 ONUとHGWの違いは電話機を接続できるか、というところになります。 HGWでは電話機をつなぐための「電話1~2」という差込口があります。 それと光BBユニットとつなぐための差込口がONUのインターネット回線という 差込口ではなく「LAN1~4」というところに変わります。 パソコンとの接続は先ほどと同じ、光BBユニットの「パソコン」と書かれている 差込口です。 ただしこれはすでに電話サービスが開通している時の接続で、電話サービスが 開通するまではちょっと違う接続方法をしなければいけません。 電話が開通するまではUNIの差込口を使う 電話が開通するまでは普段カバーを掛けている「UNI」という差込口と 光BBユニットをLANケーブルで接続します。 ただしこのUNIには最初からケーブルがあります。 HGW内部から接続されているケーブルがあるのです。 それを一度抜いてからLANケーブルを光BBユニットと接続します。 電話が開通するまではUNIがインターネットという差込口のようなものになります。 そして電話が開通したら元通り、最初に差し込まれていたケーブルをUNIにさして 光BBユニットはLANの差込口につなぎます。 ひかり電話からソフトバンク光の光電話(N)への乗り換えをする場合には このような手順が必要になるので注意しましょう。 接続方法はらくらく配線ツールで説明してくれる 初心者にはこれらの配線や接続は難しいと思いますが、簡単にわかるように ソフトバンク光の公式サイトでは動画などで説明してくれます。 またスマホでも見られるようにQRコードがあるので、そちらを使えばわかりやすく 配線や接続設定をすることが出来ます。 それが「らくらく配線ツール」というもので、動画だけではなく、配線図で確認を 行うことも出来るようになっています。 レンタル器材による差込口の違いにも対応できるように、最初に機材を選んで 説明してくれるので間違いは少ないかと。 レンタル器材の型番の確認方法なども説明しているので、事前に確認をしておくと 配線時にはわかりやすいかと思います。 光BBユニットを使わない、ソフトバンク光の接続方法 光BBユニットをレンタルしない場合のソフトバンク光への接続方法も 確認してみることにします。 こちらの場合は基本的にONUなどから直接パソコンに接続することも出来るので デスクトップタイプのパソコンを使っているならこの方法という方も多いかと。 ただ光BBユニットはソフトバンクのスマホの割引適応条件でもあるので これをレンタルしていないという場合、なぜソフトバンク光を選んだのかわかりませんが。 まあ光回線の接続方法を確かめてみましょう。 ONUのUNIとパソコンのLANポートをLANケーブルでつなぐ 光BBユニットやWi-Fiルーターを使わない接続方法は単純にONUとパソコンを そのまま接続するだけです。 場合によってはONUに光ファイバーケーブルの接続も必要になりますが、基本的に ONU設置のときに回線業者がケーブル接続もしてくれると思います。 後はONUの「UNI」と書かれている差込口にLANケーブルを接続します。 そのLANケーブルをパソコンのLANコネクタにつなげば配線は完了です。 配線だけなら何も迷うことはない、と思います。 Wi-FiルーターはONUとパソコンの間につなぐ 市販のWi-Fiルーターを使いたい場合、ONUとパソコンの間に接続する事になります。 接続ケーブルはLANケーブルを使うことになります。 ONUの配線までは一緒で、ONUとWi-Fiルーターをまずつなぎます。 ONUのUNI差込口とWi-FiルーターのWANと書かれている差込口をつなぎます。 そしてパソコンとWi-FiルーターはやはりLANケーブルで、ルーターの「LAN」と 書かれている差込口とパソコンのLANコネクタをつなぎます。 このときにWi-Fiルーターは「ブリッジモード」などの回線終端機能が無いモードを 選んで使うようにしましょう。 光BBユニットを使わない場合はユーザー認証設定が必要 配線自体は簡単なのですが、光BBユニットを使わない接続の場合はインターネットの 認証設定が必要になります。 NTTからのレンタル器材がONUの場合はパソコンで。 その他の場合はHGWやWi-Fiルーターにユーザー認証設定をします。 ユーザー認証設定とは簡単に言えばインターネットへの接続許可をどこが出しているか それを確認するための設定です。 ソフトバンク光の場合、プロバイダがYahoo! BBなのでこちらのユーザーであることを 証明する設定をしてインターネットへの接続をします。 まあ設定と言ってもユーザーIDとパスワードを入力しておくだけですが。 パソコンの場合はインターネットへの接続、という設定を本体に保存します。 HGWとWi-Fiルーターではそれぞれ本体に接続設定を保存できます。 こちらの場合はパソコンなどで設定画面に入ってからの入力になります。 ユーザーIDとパスワードはソフトバンク光に加入したときに書類を受け取っている と思いますがそちらに記載があります。 S-IDとパスワードがユーザーIDとパスワードになります。 これをPPPoE接続の設定に入力すればインターネットへの接続ができるはずです。 この辺りの入力方法もソフトバンク光の公式サイトやらくらく配線ツールで 確認ができるのでわからない人はこちらを利用しましょう。 光BBユニットの設定変更も出来る 光BBユニットは最初からユーザーIDなどが入力されている状態でレンタルされます。 でも市販のWi-Fiルーターのように設定を変更することも出来ます。 設定画面はやはりこちらも市販のWi-Fiルーターと同じでパソコンのWEBブラウザに 設定画面用のアドレスを入力することで入ることが出来ます。 基本的にはファームウェアのアップデートなども光BBユニットの場合は自動で 行われるのでユーザーがすることは無いのですが。 光BBユニットの設定画面から出来ることを確認してみましょう。 光BBユニットのセットアップメニューにアクセスをする 各種設定の変更をするのはセットアップメニューという画面です。 255. ちなみにこの時、光BBユニットとパソコンは有線接続していることをおすすめします。 無線LANでつないでいると接続ができない場合もあるので有線接続をおすすめします。 設定画面に入るためにはユーザーIDとパスワードが必要です。 初期設定ではどちらもuserで設定されています。 セットアップ画面では色々な設定変更が出来ますが、多分使うのは無線LANでの接続と 無線LANのセキュリティ強化くらいだと思います。 こちらのセットアップ画面から無線LANを使った端末の接続設定が簡単に出来るので 無線LANに詳しくない、という方も安心してスマホなどをつなげると思います。 光BBユニットの型番でメニュー画面が違う 現在ソフトバンク光に申し込みをして光BBユニットをレンタルした場合は E-WMTA2. 3という型番の光BBユニットがレンタルされます。 これ以外にも2. 2と2. 1という型番の光BBユニットがあるので、レンタル契約をした 時期によって光BBユニット自体がちょっと変わります。 端末本体が変わるので当然ですがセットアップメニューも変わります。 ソフトバンク光のサポートを使う時には本体型番も確認しておくようにしましょう。 光BBユニットと市販のWi-Fiルーターはどちらの性能がいいのか ソフトバンク光でレンタルできる光BBユニットはWi-Fiルーターの機能もあるので スマホなどの端末をソフトバンク光の回線でインターネットに接続できます。 レンタル料金はかかりますが、市販のWi-Fiルーターを購入する金額と比べると 確かに安く感じるのですが・・・ 長期間使う場合は月額料金が思った以上に負担を感じるようになります。 それにWi-Fiルーターのように新製品に買い替えができるわけでもありませんし。 それと一番気になるのは光BBユニットのWi-Fiルーターとしての性能です。 市販のWi-Fiルーターとどちらがいいのでしょうか。 有線接続の場合、性能の違いを感じることはない デスクトップPCなどを有線接続でインターネットに接続している時には 市販のWi-Fiルーターとの性能の違いを感じることは無いようです。 初期の接続設定がない分だけ初心者にも使いやすいという評判もあります。 LANケーブルを使っての有線接続の場合は問題なく使えるようです。 実際に使っているユーザーの口コミ情報を見ても、本体が大きいのでそこに不満が あるという人以外は有線接続に関しては問題ないようです。 Wi-Fiの性能が市販のルーターよりも悪い ユーザーの口コミで気になったのはWi-Fiルーターとして使っている時にはWi-Fiの 性能が悪く通信速度が遅くなる、という意見が多いことです。 光BBユニットの性能を確認してみると、最新のIEEE802. 11acにも対応しているので 問題はないように思うのですが・・・ 電波の強さに問題があるのか、市販のWi-Fiルーターに比べるとスマホなどで 接続した場合の通信速度に違いが出ることが多いようです。 特に光BBユニットはひかり電話を使っている場合、HGWの近くに設置する必要があり パソコンやスマホを使う部屋と距離ができてしまうということもあります。 この状態で電波が弱いというのはやはり使いにくいと感じてしまう人が多いのも うなずけることだと思います。 市販のWi-Fiルーターを使うなら光BBユニットとパソコンの間に設置 一応光BBユニットを使っている状況でも市販のWi-Fiルーターを接続することは 十分に可能です。 接続するのは現在光BBユニットとパソコンをつないでいると思いますが その間にWi-Fiルーターを接続することになります。 またはパソコンとは別のLANポートに市販のWi-Fiルーターを接続して使う という方法もあります。 まあ光BBユニットをレンタルして、接続せずに市販のWi-Fiルーターを使う という方法が一番わかりやすいのですが。 ひかり電話などのサービスを使っておらず、スマホの割引のためだけに光BBユニットを レンタルしているなら代わりに市販のWi-Fiルーターを使うのもおすすめです。 パソコンの配線が苦手なら光BBユニットレンタルはおすすめ インターネット回線をWi-Fiルーター接続で使う場合、配線やそれぞれの接続設定が とても大変です。 パソコンなどに詳しい人なら問題ないのですが、AV機器の配線も苦手という方には インターネット回線の配線はとても難しく感じると思います。 それなら市販のWi-Fiルーターではなく、プロバイダなどからレンタルできるルーターを 利用してしまうのもおすすめです。 特にソフトバンク光はキャンペーン特典など適応するために光BBユニットのレンタルは 必要になることが多いです。 光BBユニットなら接続設定などは必要ありませんし、ソフトバンク光のサポートでも 対応してもらえます。 Wi-Fiルーターの性能をあまり気にしないならソフトバンク光で光BBユニットを レンタルするのもおすすめです。

次の

ひかり電話に対応した市販ルーターを紹介!Wi

光電話 ルーター

光回線で通話を行うひかり電話サービスは、対応のルーターを導入しなければ利用できません。 ひかり電話の対応ルーターは契約した事業者からレンタルすることが基本ですが、市販の製品も利用することができます。 しかし、バッファローをはじめとした主要メーカーのほとんどはひかり電話対応ルーターを販売していないので、選択肢はそれほど多くありません。 市販のルーターの中には無線LAN機能が内蔵されている製品もあるので利便性が高そうに見えますが、スペックはそれほど高くないのでおすすめできません。 ここでは、ひかり電話に対応した市販のルーターとその設定方法を紹介するとともに、市販かレンタルのどちらでルーターを使うべきなのか解説します。 市販のひかり電話ルーターを使おうと考えている人は是非ご覧ください。 ひかり電話ルーターは市販でも購入できる!仕組みとおすすめルーターを紹介! ひかり電話を使ううえで、対応ルーターは必須と言える役割を担っています。 ひかり電話を契約する際は事業者からルーターのレンタルをすすめられますが、市販のルーターを利用することもできます。 ひかり電話を使うにはルーターの設置が必須 そもそも、ひかり電話を使ううえでルーターは必ず設置しなければいけないのかが気になりますよね? 先に結論から話すと、ひかり電話を使う際は必ずルーターを置かなければいけません。 光回線の仕組みをもとにして、ひかり電話ルーターが必要な理由を見てみましょう。 光回線を契約する際は、ONUという機器がレンタルで提供されます。 (ONUの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) 一見、ONUがあればひかり電話を利用できそうな気がしますが、この機器には電話機を接続できる差し込み口がありません。 ONUは「光ファイバーから受信した信号を電話機やパソコンで利用できる信号に変換する」だけのものにしか過ぎないからです。 なので、ひかり電話を利用するためには、電話機が接続できる対応ルーターをONUに接続する必要があります。 ひかり電話ルーターの背面には、電話機を接続できる差し込み口が装備されています。 ひかり電話ルーターはONUが変換した信号を電話機に分配する役割をしているわけです。 ひかり電話のルーターは市販もされているが選択肢は少ない ひかり電話ルーターは契約した回線事業者から有料でレンタルすることが基本ですが、Amazonで市販されているルーターをONUに接続してひかり電話を使うこともできます。 ただ、市販されているひかり電話対応ルーターはそれほど多くないので、選択肢は限られてきます。 ヤマハが販売する「ブロードバンドVoIPルーター NVR500」は、その少ない選択肢の中でもっとも有力な市販ルーターです。 ただ、値段が39,780円(2018年7月時点のAmazonでの販売価格)と高めな点がネックです。 値段が高い理由はルーターとしての機能性にあります。 ヤマハのNVR510はフレッツ光のひかり電話だけでなく楽天のIP電話、KDDIやぷららが展開している法人限定のIP電話にも対応しています。 また、企業内の拠点間通信で用いられるVPNにも対応しているので、値段が高めに設定にされているわけです。 ひかり電話を利用することだけが目的であれば、後半で紹介するもう一つのルーターを選んだほうがいいでしょう。 ひかり電話ルーターはレンタルがしたほうがいい? 先ほど説明した通り、ひかり電話のルーターは回線の事業者からレンタルすることが基本です。 レンタルだと利用料金がかかると思いがちですが、ひかり電話ルーターは低コストで借りられるので費用を気にする必要はありません。 契約した回線事業者からひかり電話対応ルーターをレンタルする場合、利用料金はかからないことがほとんどです。 主要の光回線サービスの料金設定を見ると、ひかり電話ルーターをレンタルしても費用がかからないことは一目瞭然です。 主要光回線サービスのひかり電話ルーターレンタル料金一覧 サービス レンタル料金 フレッツ光(東日本) 0~450円 フレッツ光(西日本) 0円 ドコモ光 0円 ソフトバンク光 0~467円 auひかり 0円 NURO光 0円 契約している回線の事業者や料金プラン、ひかり電話のサービスによっては利用料金が発生することもありますが、それでも月額500円以下なので大きな負担にはなりません。 先ほど紹介したヤマハのNVR510の販売価格が30,000円以上であることを考えると、回線事業者からひかり電話ルーターを借りたほうが良いことは明らかです。 ちなみに上記のNURO光はルーターの料金が0円ですが、月額料金が安いことでも評判が高いです。 さらにネットの回線速度も他の回線の二倍でかなり人気で、おすすめです。 詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 ひかり電話を導入してWi-Fiを使う方法 これからひかり電話を導入する人の多くは、Wi-Fiも使いたいと思っているのではないでしょうか? Wi-Fiを使うにはいくつかの条件がありますが、ひかり電話とセット契約という形で利用することもできます。 ひかり電話を導入してWi-Fiをするために必要なもの2つ 自宅でWi-Fiを利用するには、ひかり電話だけでなく以下の2つも必要になります。 インターネット通信サービスの契約• 無線LANルーター Wi-Fiはインターネット回線の通信を無線化した電波なので、大もとになる固定回線を契約しなければいけません。 今からひかり電話を利用しようと思っている人のほとんどは、すでにインターネット回線を契約しているか、インターネット回線も契約しようと考えていると思いますが…。 速度が速くて安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。 これから契約する方はこちらも参考にしてみてください。 また、インターネット回線の通信を無線に変換するために、無線LANルーターという機器も必要になります。 レンタルできるひかり電話ルーターには無線LAN機能が内蔵されている 回線事業者が貸し出しているひかり電話ルーターのほとんどには、Wi-Fiを発信できる無線LAN機能が内蔵されています。 ちなみに、フレッツ光でレンタル可能なひかり電話対応ルーターでは、無線LANカードを差し込むことでWi-Fiを発信させることもできます。 光電話に内蔵されている無線LAN機能を利用する、フレッツ光で無線LANカードをレンタルするには月額料金がかかります。 といっても、利用料金はそれほど高くなく、100円から500円ほどが相場です。 先ほど紹介した市販の光電話ルーターNVR510の販売価格が39,780円であることを考えると、回線事業者からレンタルするほうがコストを安くできると感じますよね? さらに、NVR510には無線LAN機能が内蔵されていないので、Wi-Fiを使うには別で無線LANルーターを用意しなければいけません。 市販の無線LANルーターは5,000円から10,000円ほどで販売されているので、NVR510とセットで購入すると50,000円近い出費をすることになります。 無線LANルーターをレンタルするべきなのかは状況で違う Wi-Fiを使うために無線LANルーターをレンタルするべきなのかは、人それぞれの状況や考え方で変わってきます。 回線事業者からレンタルできる光電話ルーターの無線LAN機能は、最低でも最大866Mbps以上の速度に対応しているものが多く、性能は申し分ありません。 しかし、ひかり電話ルーターの無線LAN機能はWi-Fiを飛ばせる範囲に限りがあり、2階建ての戸建てや3LDK以上のマンションより広い家だとWi-Fiが利用できない場所ができてしまいます。 Wi-Fiが利用できない場所ができると、別で5,000円から8,000円ほどで販売されている中継器を購入しなければいけません。 (中継器の選び方は以下の記事を参考にしてみてください。 ) また、性能が高くない無線LANルーターをレンタルで提供している事業者も少なからず存在しています。 NURO光が無料で提供しているひかり電話ルーターは最大450Mbpsまでの速度にしか対応していないので、光回線のクオリティをフルに発揮してくれません。 自宅の広さやレンタルで提供されるルーターの性能によっては、市販のルーターを使ったほうがいいでしょう。 市販で無線LANルーターを購入する場合でもひかり電話ルーターはレンタルが吉 市販のひかり電話ルーターにも無線LAN機能が内蔵されている機種がありますが、性能は高くないのでおすすめできません。 しかし、2階建ての戸建てや3LDKのマンションより広い家に住んでいる人からすると、市販のひかり電話ルーターの性能が低いとどうすればいいのか疑問に思いますよね? 快適にWi-Fiを使うことだけを目的にするなら、ひかり電話ルーターはレンタルして無線LANルーターだけを市販で購入する方法があります。 市販のひかり電話ルーターは販売価格があまりにも高いですが、無線LAN機能だけを搭載しているルーターは10,000円から20,000円ほどで買うことができます。 2階建ての戸建てや3LDKのマンションより広い家にWi-Fiを飛ばせるルーターなら、15,000円から20,000円ほどで購入できるので、市販のひかり電話ルーターを買うよりも安くつきます。 市販ルーターを買うなら、以下の記事で選び方を解説しているので、こちらも参考にしてみてください。 ひかり電話に対応した市販のWi-Fiルーターとその設定方法 Wi-Fiが利用できる市販のひかり電話ルーターはほとんどなく、あったとしても対応している回線事業者が限られています。 対応回線を契約しているとしても、ルーターとしての性能が高くないのでおすすめできません。 市販のひかり電話対応の無線LANルーターは1種類 無線LAN機能を搭載しているひかり電話ルーターはほとんどなく、選択肢は1種類しかありません。 また、唯一の選択肢となる機種はスペックが高くないので、ひかり電話ルーターをレンタルしてスペックが高い無線LANルーターを購入したほうが良いと感じるはずです。 NECのWebCaster V130 無線LAN機能が搭載されている光電話ルーターも存在していて、NECのWebCaster V130がそれに当たります。 WebCasterV130は販売価格が20,980円となっていて、前半で紹介したヤマハのNVR500と比べてはるかに購入しやすいルーターです。 販売価格が安いうえに無線LAN機能も搭載されているとなると、市販のひかり電話ルーターはWebCasterV130一択と思うのではないでしょうか? ただ、WebCaster V130は有線と無線ともに最大速度が100Mbpsなので、最大1Gbpsの高速通信ができる光回線を活かしきれない欠点があります。 無線LAN機能のクオリティを考えると、契約している回線事業者から無線LAN内蔵のひかり電話ルーターをレンタルするか、無線LANルーターだけ別で購入したほうが無難です。 また、WebCasterV130はフレッツ光の回線にしか対応していないので、NURO光やauひかりなどの他社ではできません。 フレッツ光以外の回線を契約する場合、Wi-Fiが利用できる市販のひかり電話ルーターは無いと考えてください。 ひかり電話対応Wi-Fiルーターの設定方法 市販のひかり電話ルーターでWi-Fiを使う方法はそれほど難しくありませんが、プロバイダを契約したときに送付された書類が必要になります。 もし、市販のひかり電話ルーターを用意してWi-Fiを使うときは、前もってプロバイダから送られてきた書類を用意しておきましょう。 手順その1. ONUとひかり電話ルーター、電話機を接続する 当たり前の話ですが、市販のひかり電話ルーターを用意してWi-Fiを使うには、最初にルーター本体や電話機をネット回線に接続しなければいけません。 まず、ひかり電話ルーターをONUに接続して、ひかり電話ルーターに電話機を接続します。 ONUとひかり電話ルーターはLANケーブルでつなぎますが、ひかり電話ルーターと電話機はモジュラーケーブルでつなぎます。 貸し出されるONUの種類は契約内容によって種類が異なりますが、どのような機器を使うことになってもひかり電話ルーターと接続する際はLANケーブルを「UNIポート」に差し込みます。 間違ってONUのLANポートに接続すると、ひかり電話ルーターが機能しないので注意してください。 手順その2. デバイスをルーターに接続して設定をする 接続作業が完了すれば、その時点でひかり電話は使えるようになります。 しかし、Wi-Fiを使うためには別で設定を行わなければいけません。 Wi-Fiを利用する際は、以下の作業を上から順番に設定を行います。 デバイスをWi-Fiに接続する• Wi-Fiにつないだデバイスで設定ツールを起動する• 設定ツールをもとにユーザー名とパスワードを入力する 無線LAN機能が内蔵されているひかり電話ルーターには、SSIDとパスワードが書かれているシールが貼られています。 接続設定をする際は、書かれているSSIDとパスワードを利用してデバイスをWi-Fiに接続します。 すでにご存知の人も多いと思いますが、Wi-Fiへの接続はスマホやパソコンの設定画面にある「Wi-Fi」から行います。 Wi-Fiの接続設定が完了すれば、契約している回線のツールで設定を行います。 設定ツールの起動方法は契約している事業者によって異なりますが、今はオンラインで行える場合が多いです。 たとえば、フレッツ光ではスマホやパソコンのWebブラウザで「」か「192. 168. 1」とアクセスすれば設定ツールを起動できます。 設定ツールにある「接続先設定」でプロバイダから発行からされているユーザー名とパスワードを入力すれば、ひかり電話ルーターのWi-Fi接続設定は完了です。 入力するユーザー名とパスワードは、プロバイダを契約した際に送付された書類に記載されています。 ひかり電話ルーターを用意する前に上記の設定を行っている場合、ルーターをONUに接続するだけでWi-Fiが利用できることもあります。 しかし、必ず設定が不要になるとは限らないので、念のため上記の流れだけは覚えておきましょう。 まとめ ひかり電話を契約する際はルーターをレンタルせずに、市販製品を導入することもできます。 しかし、市販のひかり電話ルーターは販売価格があまりにも高いので、回線事業者から借りたほうが無難です。 ほとんどの回線事業者は、ひかり電話の対応ルーターを無料で貸し出しています。 Wi-Fiを使うために無線LAN機能がある市販のひかり電話ルーターを購入しようと考える人もいると思いますが、市販製品は通信速度が速くないのでおすすめできません。 Wi-Fiを使う場合でも、無線LAN機能内蔵のひかり電話ルーターをレンタルするか、ひかり電話ルーターだけをレンタルして市販の無線LANルーターを使うことをおすすめします。 なお速度が速くて安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。 これから契約する方はこちらも参考にしてみてください。

次の

ドコモ光ルーターのおすすめは?利用方法から選び方まで徹底解説

光電話 ルーター

光回線を利用する時、多くの場合ルーターが必要になります。 しかし、「ルーターって何?」「なんとなくわかるけどどんなものがいいの?」という方もいるかもしれません。 光回線に合った最適なルーターを用意したり、より良いものに買い替えたりするだけで、インターネットがこれまでより快適に利用できる場合も多くあります。 今回は、ルーターとは何か?というところから、選び方まで徹底的に解説しますので、光回線のルーターについての疑問をお持ちの方は、参考にしてみてください。 ルーターとは? ルーターとは、わかりやすく言うと家に引かれているインターネット回線をパソコンやスマホなど複数の機器につなげて共有するための機械です。 ルーターがない場合は、1つのインターネット回線に対して1台のパソコンなどの機器しか繋ぐことができません。 しかし、ルーターがあれば、1つのインターネット回線を複数の機器で使うことができます。 また、よく「ONUやモデム、回線終端装置とはどう違うの?」と疑問に感じる方がいますが、ONUやモデム、回線終端装置は、自宅までやってきた通信信号をパソコンやスマホで読み込み可能な形式に変換する装置のことで、ルータとは役割が異なります。 (ONU・モデム・回線終端装置についてはこちらのページでも詳しく解説しています。 これをサーバー機能と言います。 サーバー機能によってパソコンはインターネットの世界とやり取りをすることができるようになるのです。 かつてルーターは有線で1台のルーターに複数の機器をLANケーブルでつなげて使う方式でしたが、その後無線ルーターが普及しました。 無線LANが普及し始めた当初は、機器との相性が悪ければ、接続できず不便でしたが、世界標準の無線LANの規格に統一され、多くの機器で安定した無線通信を行うことができるようになりました。 この無線LAN世界基準に「Wi-Fi」という名前が付けられたのです。 現在はほとんど全てのパソコンやスマホなどの機器がWi-Fi規格でインターネットに無線接続することができます。 そのためルーターにWi-Fi機能をつけて複数の機器をWi-Fi方式の電波で結ぶものも登場しました。 これは、「Wi-Fiルーター」と呼ばれることもあります。 ルーターなしでも光回線は使える?必要性は? ルーターなしでも光回線は使えます。 ただしルーターなしでインターネットを使える端末は、基本的には同時に1台のみ。 昔はパソコンも高価で一家に1台でしたが、現在はスマホやタブレットが普及し、ゲームもオンラインになるなど1人数台の機器を使っているので、ルーターなしというのは現実的ではなくなってきています。 最近のテレビや掃除機、エアコンなどの家電もWi-Fiで繋がり操作できるので家庭にルーターは必須と言えるでしょう。 ちなみに光回線の接続に必須のONUについても以下のページでも解説していますので、参考にしてみてください。 機器類は、 基本的にレンタルされるようになっています。 フレッツ光東日本の場合は、フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプがwi-fi付きのプランとなっています。 これを選んだ場合、wi-fi機器レンタル料も含まれているので、新たにレンタル代を払う必要はありません。 ただし、フレッツ光に西日本の場合は、プランの料金にルーターレンタル料が入っていないので、利用するには、オプション料金が必要になります。 また、無線を利用するには、ホームゲートウェイに差す無線LANカードがレンタルされます。 これを利用することで、Wi-Fiが使えるようになります。 レンタルしたくない人は、フレッツ光のアクセス回線に対応した、他社から出ているブロードバンドルーターから選んで、 自分で用意することになります。 ひかり電話を使用する際は、ルーターが必要ですが無線機能が使えない状態での貸し出しです。 自分で機器を用意する場合は、しっかり確認して光回線に対応したものを選ぶようにしましょう。 フレッツ光の場合は、のページで確認できます。 その他の光回線の場合も、対応ルーターは事前に確認しておいた方がいいでしょう。 価格が高額になるものほど、速度が速く、たくさんの機器を繋いでも安定する傾向があります。 また簡単に接続できるなど操作性もよくなっています。 速度にこだわりがなく、ご家庭でネットや動画を見るぐらいで、速さもそこそこでよい場合は3000円ぐらいのものでよいでしょう。 標準的なものをお求めなら5,000円から8,000円くらいのものを選ぶと、操作性もよく速さや電波の強さも十分でしょう。 オンラインゲームや動画をよく見るなど品質がよいものを求める場合は1万円以上のものを選ぶとよいでしょう。 ルーター選びのポイント ルーターを選ぶ際のポイントは、無線LAN(Wi-Fi)の規格は現在6つあります。 IEEE802. 11までは同じですが、その後が古い順からb、g、a、n、ac、adとあります。 無線LANの周波数帯は2. 4GHzと5GHzがあり規格によって周波数帯や速さが違うのです。 そのため、通信機器にあった規格のルーターを選ぶとよいでしょう。 異なる周波数のものを切り替えや同時使用が可能な場合もあります。 11adが最新の規格ですが、まだ普及していません。 普及している最新規格は11acで、速さも早くて快適に使えます。 そのため、迷った時は、11acの規格に対応しているものを選ぶといいでしょう。 機器側の規格を確認 無線LANの規格が11acでも繋ぐパソコンやスマホなどの機器の、無線規格が合っていなければ意味がありません。 無線接続する機器側の規格についても確認しておきましょう。 適切な速さが出るものを選ぶ どのくらいの速さを求めるのかによって、選ぶべきルーターも変わってきます。 光回線は速くて快適ですが、ルーターの規格が古くて遅い場合は、光回線の速さに対応できません。 ネットでホームページをみたり動画を少しみたりするぐらいならば、問題ありませんが、オンラインゲームをしたり、たくさんの動画をみたりする場合は速さが速いルーターを選ぶ必要があります。 アンテナ数をチェック 最近のルーターは複数のアンテナでデータを複合することができるMIMOという技術を採用しています。 アンテナの数が多いほど速度が早くなります。 アンテナ内蔵か外付け型か アンテナが外に飛び出した形のルーターと内蔵しているルーターがあります。 外に出ているタイプは、アンテナの向きを自分で調整することができるので、より電波が入りやすいように使うことができることが利点です。 しかしデコボコしたアンテナが付いているので見た目はいまいちです。 また、突起部分があるので、お子さまがいるご家庭では危険と言えるかもしれません。 操作性の良さを確認 ルーターの操作性も重要です。 操作がややこしいと初心者には接続も難しくなります。 シンプルに操作できるものがよいでしょう。 例えば、最近はネットワーク設定もパソコンを使わずにスマホで設定できるものもあります。 アプリで簡単に使うことができるので、パソコンがなくても設定できます。 ビームフォーミング・MU-MINOなどの技術は取り入れられているか 最新技術のビームフォーミング対応ルーターは、iPhoneのWi-Fiスピードを高速化する技術で障害物が多い電波が届きにくい場所でも快適にWi-Fiが利用できます。 また、MU-MINOに対応しているルーターは、複数のアンテナで同時に高速で送受信することで同時接続が快適になります。 ルーター付き回線終端装置 光回線を家庭に引くときには、回線終端装置(ONU)が必要です。 回線終端装置は、光回線に接続され、光信号をデジタル信号にして家庭のパソコンに送るもので、これがなくてはパソコンなどをネットにつなぐことはできません。 回線終端装置は必ず必要ですので、フレッツ光などの光回線を申し込むと貸してくれて宅内に設置されます。 この時にONUとルーターが一体となったものが設置される場合もあります。 ひかり電話やフレッツテレビを申し込んだ場合は一体型を設置されるようです。 ルーター機能が回線終端装置に内蔵されている場合は、ルーターを用意しなくてもそのまま使うことができます。 機器が増えないのでスッキリシンプルに利用できますね。 一体型ではない場合は別にルーターを用意しなければなりません。 スッキリ置けてとても便利。 11acにも対応していますし、ビームフォーミングもついています。 小さなおうちではこれで十分。 コスパが非常によいと評判です。 Nintendo switchにも対応していますし、あらゆるパソコンやゲーム機スマホなどに使えます。 設定がとても簡単でだれでも使いやすいのが特徴。 1階に置くと2階では繋がらないなどの口コミもありますが、概ね安定してつながるようです。 ビームフォーミングにも対応しており、普通の広さの1戸建てで数名の家族が、一般的な使い方をするのにはおすすめです。 外付けアンテナで従来品よりもエリアが拡大します。 セキュリティもしっかりしていて、来客用のゲストポート機能もあり家庭内ネットワークに入らずに来客もWi-Fiが使えます。 またUSB3. 0ポートでハードディスクを繋いで高速NASのとしての利用も可能。 操作も楽々でスマホでも設定できます。 自分の光回線に合った規格のルーターを選ぶポイント 使用しているアクセス回線に対応しているだけではなく、周波数帯や速さも異なるため 通信機器にあった規格のルーターを選ぶ必要があります。 有線LANの場合、LANポートの数が機器の接続できる数を表しています。 光回線で契約した際の回線速度と市販のルーターが対応している速度を確認が必要です。 契約回線がルーターよりも速い場合は、ルーターの性能で使える速度でしか利用ができません。 逆にルーターの性能が高くても、光回線の契約したプランの速度がそれほど高くなければオーバースペックですので、 ただスペックが高いものを選ぶのではなく、速度が対応しているかどうかを確認しましょう。 ルーターの接続・設定の仕方 ルーターの接続方法は、まず光回線の回線終端装置(ONU)に接続します。 LANケーブルでONUをルーターのWANと書いてあるところに接続します。 それからはルーターによって、設定の方法が違うので、説明書をよく読んで作業を進めてください。 ルーターの設定ができたら今度はWi-Fiでつなぎたい機器をそれぞれ接続していきます。 たいていの場合、ボタン一つで接続に対応させることができます。 またパソコンをルーターとつなぎ、プロバイダ情報を入力して接続設定することもできます。 最近では、付属のCD-ROMを使うことが多いようです。 ひかり電話などを使う場合は、回線終端装置にルーター機能があるホームゲートウェイというものを工事の時に設置される場合もあります。 ルーター機能がついていれば、新たにルーターを接続する必要はありません。 市販のルーターでひかり電話を利用したい場合はどうすればいいの? ひかり電話を契約した際は、フレッツ光から専用のルーターが貸し出されます。 そこから、市販で販売されているルーターに取り換える際の手順を紹介します。 市販のルーターでひかり電話を利用する流れ 1. レンタルしたルーターの背の部分に「UNI」と記入された青いカバーを外す 2. UNIポート部分にLANケーブルとの接続確認 3. LANケーブルをつまみながらUNIポート部分から取り外す 4. 対応機種のWANポートに差し込まれたLANケーブルをUNIポートへ 5. LANケーブルを「UNI」と記入された青いカバー内へ 機種別の作業の流れ 自分が現在レンタルしているルーターの機種の確認します。 「PR」「RV」「RT」「RS」の頭文字で始まる4種類のルーターがあります。 ・「PR」機種の場合:背の部分にあるUNIポートを市販の対応機種に切り替え作業が必要 ・「RV」機種の場合:NTTから送られるVDSL装置とひかり電話のルーターの取り換え作業 ・「RT」機種の場合:電話ルータを対応機種に変更と回線終端装置もしくはVDSL措置の接続が必要 ・「RS」機種の場合:対応の市販機種と取り換えと回線終端装置の接続が必要 ルーターの取替作業の注意点 ・ルーターの切り替えが自分でできない場合は、派遣工事が必要となり料金が発生 ・取り換えたひかり電話のルーターを返却するために連絡が必須 ・ルーターのレンタル契約をしないまま市販ルーターを使用するとレンタル料金が発生 ・LANケーブルのカバーを取り外した際、取り付けが困難の場合は大切に保管 ルーターを2台以上(複数)繋ぐことはできる? 普通の家庭で光回線一つの場合ルーターは1台で十分です。 2台繋ぐことはできますが両方をルーターの親機として使うと、両方が干渉しあってトラブルの元になります。 ただし繋ぎたい機器が多い、有線で繋ぎたい、家が広くて電波が届きにくいなどの場合は複数台のルーターを使うとも検討されるといいでしょう。 この場合はルーターを親機としてではなく、アクセスポイントやブリッジポートとよばれる中継機として利用してください。 ルーターのスイッチを切り替えることで簡単に設定できます。 ベストな置き場所は? ルーターは、一戸建てや広い家の場合、離れすぎると電波が届かなくなることがあります。 隅の方に設置すると、逆サイドの端の方には届かない場合もあります。 ですからなるべく家の真ん中、中心におくのがよいでしょう。 ルーターのレンタルサービスってどう? 光回線サービスによっては、ルーターのレンタルを行っている場合もあります。 最適なルーターをレンタルし、設定も簡単にできるので初心者には好都合ですが、レンタル料として月額料金がかかりますし、ルーターを購入した方が安くて機能が高いものが手に入ります。 以下、各光回線契約のルーターレンタルサービスについて簡単にまとめておきます。 ソフトバンク光 光BBユニットレンタルとしてルーターがレンタルされます。 光電話やひかりテレビを使う場合は、光BBユニットが必ず必要でオプションに加入しなくてはいけません。 光BBユニットのレンタル料金は月額467円です。 無線でインターネットを楽しみたい人向けには、Wi-Fiマルチパックというサービスがあります。 Wi-Fiマルチパックの料金が月額990円。 光BBユニットもつけなければ、Wi-Fi接続ができないので、月額1457円も余分にかかります。 ただし、ソフトバンクユーザーなら、これらのオプションと光電話をセットにした「光セット割」に申し込みをすると月額500円で利用ができます。 光BBユニットは特別な設定もいらず、また速度も最適になっていて速いという評判です。 しかしながら、2年間以降は高くなるので、光電話が必要ない場合は、自分で無線LANを購入した方がいいでしょう。 市販の無線ルーターを手に入れて自分で設定すると、月額料金はかかりませんし、問題なくつながります。 ドコモ光 ドコモ光では、無線LAN機能なしのひかり電話対応ルーターは無料で使えます。 東日本エリアでは、無線LAN機能があるルーターを月額300円で、西日本エリアでは無線LANルーターを100円でレンタルしてもらえます。 フレッツ光 上でも説明した通り、NTT西日本の場合は、ひかり電話利用の場合は、無線LAN付きのホームゲートウェイが月額100円で利用できます。 電話利用でない場合は100円プラス、ホームゲートウェイ代金で250円必要です。 合わせて350円ですね。 その他のプランに契約中の方は、750円でルーター付きのホームゲートウェイとLANカードがレンタルできます。 結構お高いので、自分でルーターを買って設定した方がやはりお安いのではないでしょうか。 auひかり auひかりのルーターのレンタル料金は500円です。 ただし携帯電話やスマホとauひかりをセットにしたauスマートバリューに入ると永年無料になります。 これは結構お得ですね。 いかがでしたか?光回線でのルーターについてご紹介しました。 複数のパソコンやスマホなどの機器を利用するために、ルーターというものが必要であり、無線LANを使えばWi-Fiでインターネットを利用できるということがご理解いただけましたでしょうか。 ルーターにもいろいろの種類がありますので、必要な機能にあわせて、よりよいルーターを選び、快適なネット生活をお送りください。 おすすめ光回線を検索 住居タイプ 戸建て マンション 都道府県 重視するポイント 安い 速い お使いの携帯キャリア 指定しない.

次の