ジャズ 喫茶 ベイシー。 伝説のJazz喫茶「ベイシー」に行って来たのでレポ。

一関のジャズ喫茶「ベイシー」のマスターと熟成肉を語る

ジャズ 喫茶 ベイシー

2020年9月18日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開 【作品概要】 その男は、レコードを演奏する。 より良い音を再現するため、菅原は、開店以来使い続けるJBLのオーディオシステムに日々調整を重ねる。 故に、菅原が不在で営業したことは1日たりとも、ない。 そうして生み出された音は、聴く者に、演奏者がその場に現れたかのような錯覚を起こさせる。 本作では、菅原がかける名だたるプレイヤーのレコードを、アナログ録音の伝説的名器「ナグラ」で生収録。 菅原が再生する極上の音が、「ベイシー」の空気感も含めて収められている。 本作のために、5年にわたりのべ150時間もの映像を撮り続けたのは、本作が初監督となる星野哲也。 バーのオーナーであり、クリエイターでもある。 親交の深い彼だからこそ捉えられる菅原の素顔が収められている。 菅原正二の考える「ジャズ」、そして「ジャズな人」とは? ジャズファンはもちろん、ジャズを知らずとも、菅原自身の魅力を通して、ジャズ・オーディオの世界に引き込まれていく。

次の

一ノ関のジャズ喫茶「ベイシー」で聞いたアニタ・オデイは、ドラムのブラシが迫力だった

ジャズ 喫茶 ベイシー

そこは、ただ音楽聴ける店じゃなかった・・! 今回は趣味の旅で立ち寄ったスポットのご紹介! 2年程前、数日かけて東北をまわりました。 の〜仙台の松島あたりを中心に観光しました。 途中一関市で一泊しましたが、宿泊先のビジネスホテルの近くに何かないかと調べたところ、Jazz喫茶があることをネットで発見。 Jazz喫茶「ベイシー」です。 Jazz喫茶って?? 生まれて初めてJazz喫茶というものに行ってみたのですが、 「そもそもJazz喫茶って?」 という疑問もあったので、改めて調べてみました。 もともと日本が発祥の文化のようですね。 1929年に生まれ、1960年代に広まったジャズを聴くための喫茶スペースのことで、生演奏が聴ける店ではなく、レコードをお店の高価なオーディオ機器で聴くことが主目的だとか。 お店によると思いますが、コーヒーやなどを飲みながらジャズを聴く!というのが、当時はオーディオ機器も高かったでしょうし、手が届かない人には本場の音楽に触れられる環境だったのでしょう。 みじんこは1980年代生まれなので、かろうじてレコードは買ったことあります。 特に、父親はクラシック好きだったので、実家にはでっかいスピーカーとオーディオ機材があり、よくそこでいろんな音楽を聞いていたものです。 父親の聞いていた「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド」とか・・。 お小遣い貯めて買った「交響3」も聞きまくったな・・。 今もに入れて、たまに聞くんですけど、全く飽きませんね。 もう100回くらいは聞いています(笑 スピーカーも代替わりしました。 今はDALIというメーカーのスピーカーで、父親はすっかりおじいちゃんになりましたが、相変わらず書斎でコーヒー飲みながらクラシックを聞いています。 そんな環境で生まれ育ったので、なんとなくどういうものかはわかっていたのですが、ベイシーは予想をかなり超えました。 ベイシーは超有名店 お店の名前はから取ったとのこと。 全国的に超がつくほど有名なJazz喫茶で、1970年代から営業をされています。 一関市は古い建物がたくさん残っており、歩いているだけで楽しいのですが、このベイシーも蔵をお店にしたそうです。 お店にはびっくりするぐらいレコードが並んでいます! ズラーッと壁面一杯です! みじんこは一部のアーティスト以外は完全にデータで持つことにしていますが、やっぱりここまで音楽一色の部屋は壮観そのもの! 何時間いても飽きません。 音楽好きな人なら、絶対こういうお店に行ったほうがいいですよ! スピーカーはのヴィンテージもの 見ての通り、超巨大です。 こんなスピーカー見たことないわ・・ ちょっと写真が見えにくくてすみません。 店内は全員音楽を真正面から楽しまれてるので、それを邪魔しないように数枚撮らせていただきました。 奥の方に大きいスピーカーが見えるでしょうか? 片方のスピーカーだけでソファ2個分くらいはあるかもしれません。 なんでも、の社員や社長が音のチェックをしにお店まで足を運んだとか・・ 凄すぎます。 有名人にもファンが多く、が何度も来ていたり、さんのライブもこのお店でやるらしいです。 (写真撮るのを忘れましたが、確か、店内にライブ告知のポスターが貼ってありました。 ) そして音。 爆音です。 最近聴覚過敏気味なので、いま行って楽しめるかわかりませんが、とにかく耳で聴くというよりかは、「全身で体感する」という方が正しいと思います。 生々しいジャズ。 こんな音聞いたことない! って奥さんとふたりでテンション上がって、1杯飲んだら出るつもりが、2杯に。 少々長居してしまいました・・。 お店全体でかかってる曲を真剣に聴く。 こんな空間、ここでしか味わえません。 生演奏だったら聴くのは当たり前ですけど、かかってるのはあくまでもレコードですからね。 でも、その真剣に聴くっていうのが、聴き方が多様化している昨今、逆に新しいのかな、なんて思いました。 私は関西に住んでいるので、旅行でたまたま立ち寄ったこと自体が本当に奇跡のようなものです。 まさに縁ですね。 このお店自体、開店する日、時間がまちまちだそうですので要注意ですね。 行ったからといって、絶対に入れるわけではないようです。 みじんこは運が良かったんですね。 でも、東京近郊にお住いの方であれば、新幹線使えば比較的行きやすい場所なのではないでしょうか? 是非とも行ってください。 はるばる行く価値、絶対にありますよ。 みじんこは3月寒い季節に行ったんですけど、東北は人も少なく、少しさみしい雰囲気でしたが、それが余計に旅情感を醸し出してて良かったです。 やっぱり旅って最高! 音楽への向き合い方を改めて考えた 家に用のスピーカーがあるので、それを使ってもう少しきちんと音楽を聞きたくなりました。 どうしても通勤時などでイヤホンで聞くのは流し聴きになってしまいます。 Musicやなどのサブスクサービスも便利なんですけどね。 大人になってから、しっかり音楽に向き合うことがなくなっていることに気づきました。 小学生の時、父親の部屋で聞いたクラシックやを聞いた時のようなときめきをもう一度、味わいたい! そう思います。 本当に大事なのって、 音質でもメディアの形態でも流行ってるプレイリストでもなく、音楽に向かい合うその気持ちですよね! ベイシー行ったことでそんな風に思いました。 ちなみにみじんこはが震えるほど好きです(ジャズではありませんね・・)。 2008年にたまたまBSで聞いた「Like a Rolling Stone」を聞いて虜になりました。 最近はを受賞したのでそれでご存知の方も多いかと思います。 それからというもの、オリジナルアルバム全作ボックス買ったり、シリーズ(を公式販売するシリーズ)買ったり、ボブの音源を漁る毎日です・・。 6月に1975年のライブ音源がCDボックスセットで出るので、家ののスピーカーで聞いてみようかな、と思います! mjinkomijio.

次の

映画『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』公式サイト

ジャズ 喫茶 ベイシー

私はこの店に、旅の折りに何度か足を運んだことがある。 落ち着いた気分で音を「浴びる」 女房が旅行の直前に体調を崩した関係で、1歳になったばかりの息子と「東北二人旅」をしたこともあるが、その際にも「ベイシー」に立ち寄った。 クリフォード・ブラウンがかかると、息子が膝を叩いてリズムを取り始めたのがウケたのか、ヨックモックのチョコクッキーをサービスでいただいたりと、なかなか気の利いたお店です(笑)。 JR「一ノ関」の駅から、徒歩で10分ぐらいで辿り付ける場所にあるが、タクシーに乗り「ベイシー」と告げれば、どのタクシーも二つ返事でワンメーターで乗せていってくれる。 蔵を改造した店の二重のドアをくぐり抜けると、そこはもう異空間。 暗めの照明に、落ち着いた内装の店内。 そこで大音量でかかっているジャズを浴びれば、今まで車中で見慣れてきた田んぼや、山などの景色が一掃され、一瞬だけ、都会に引き戻された不思議な気分になる。 噂に違わず、迫力のサウンドは、すぐそこで本物の楽器が鳴っているんじゃないかと錯覚するほどの臨場感だ。 どちらかというと「聴く」というよりは、音を「浴びる」という感覚に近い。 部分照明付きの、お洒落なテーブルの前に腰かけ、遠くまで来たなぁという感慨に浸りながら、落ち着いた気分でジャズを浴びるのは至福のひと時だ。 低音がいまひとつ そんな素晴らしい店ではあるが、唯一、オーディオにはズブの素人の私が、一点だけ不満を挙げさせてもらうと、そして、多くのマニアの方から、「分かってないなぁ、お前の耳は大したことないなぁ」と指摘されることを承知で、この店の音に関して、私なり感想を言うと、「低音がこもっている」ように感じる。 これは、好みの問題が非常に大きいし、私が店にいるときにかかった音源が、たまたまそういう録音の盤だったということも十分考えられるし、座った場所の問題もあるだろうが、店を訪れるたびに、私が漠然と感じる低音の感触は、「低音」というよりは「重低音」と表現したほうが的確だ。 低い周波数帯のあらゆる音が一点に集中し、巨大な空気のカタマリとなってこちらの腹にズドン・ズドンと打ち込まれてくるような迫力がある。 この感触は中々心地が良い。 しかし、ベースを弾いていると、どうしても耳がベースを追いかけてしまいがちで、私なりの「ベース耳」でベースの音を追いかけると、音程が分かりづらく、なおかつ胴の振動ではなく、弦の震えた瞬間の空気感のようなものが感じ取れず、低い空気の塊が、4ビートのリズムに合わせて上がったり下がったりしているだけのように感じられた。 オーディオに詳しい人によると、「オーディオに全部を求めちゃダメ!」なのだそうだ。 低音も、中域も、高域も等しくリアルに再現したい、という欲望を抱いても、それは無理な相談で、自分が求める音域をもっとフォーカスしてゆかないとダメなようで。 自分はどの音域をどういう音質で聴きたいのか。 こういった「自分にとって理想のサウンド」イメージを明確に抱き、そのイメージに少しでも近づける努力と工夫と一喜一憂こそが、オーディオの楽しみなのだそうだ。 高音域が力強い そのことから考えると、あくまで私の推測だが、「ベイシー」の音作りは、高域に合わせてチューニングされているんじゃないかと思う。 高音域の音の芯の強さと迫力には筆舌に尽くしがたいものがあるからだ。 クリフォード・ブラウンのトランペットなど、まさに「金粉を撒き散らして天に飛翔するような音色」だったし、ケニー・バレルの『アット・ザ・ヴァンガード』にいたっては、ピックと弦が触れた瞬間や、音色が立ち上がる直前のピックと弦が「カサッ!」と擦れる音までもが、本当にリアルな感触で耳に響いてきた。 これには本当に驚いた。 ただ、弦の音はとても生々しい感触だったにもかかわらず、ベースの音が大きな低振動のカタマリ状態だったので、やっぱり、オーディオマニアの「全部求めちゃダメ」の格言(?)通り、高域も低域も万遍なくリアルに再現することは無理な話なのかもしれない。 ビッグバンド好きゆえ、管に合わせたチューニング? 「ベイシー」という店の名の通り、マスターは大のカウント・ベイシー好き。 マスターの著作を紐解くと、ベイシー楽団御一行が、この店にやってきたこともあるし、マスターは、ベイシー本人から「スイフティ」というニックネームも頂戴しているそうだ。 このアルバムは、ジャズ・ヴォーカルの中では、聴く頻度の高いアルバムだった。 オスカー・ピーターソンのイントロの付け方や、伴奏のセンスが光っているし、選曲が有名なスタンダードばかりだというのが大きな理由かもしれない。 しかし、「ベイシー」でかかった『アニタ・シングズ・ザ・モスト』は、普段聴いているアルバムと同じものとは思えないほど衝撃的なサウンドだった。 ドラムのブラシが凄いのだ。 スネア・ドラムの皮の上を這うブラシの音が、力強く、弾力的で、まるで生き物のようだった。 まるでブラシのワイヤーの一本一本に、生命が宿っているんじゃないかと思うほど躍動的なブラシのサウンド。 家で聴くときは、アニタの声か、ピーターソンのピアノしか聴いていなかった私にとって、この生々しいブラシの音は新発見だった。 そうか、このアルバムはブラシが凄いんだ!と旅から帰って、自宅でこのアルバムを再生したときは、まったくブラシが生きていなかった。 アニタのはるか後方で、カサコソとショボくうごめいているだけ……。 さすが、「ベイシー」だなぁと思った次第。 ちなみに、アニタ・オデイの声は、ハスキー・ボイスが特徴だが、よく聴くと、かなり粘りのある声だということにも気がつく。 「始めハスキー、あと粘り」 この歌声の魅力にハマると病みつきになること請け合い。 改めて「ベイシー」で得ることが出来た嬉しい気付きだった。

次の