コロナ ウイルス 高血圧。 新型コロナウィルス感染症と高血圧

高血圧には新型コロナは致命的?高血圧をすぐに治さなければいけない理由

コロナ ウイルス 高血圧

新型コロナウイルスによる死者が日本そして世界で日々増加しています。 また、高齢者や基礎疾患がある人は、新型コロナウイルスによって、重症化するリスクが高いともいわれています。 中でも「高血圧」には特に注意が必要であることをご存知ですか?感染を防ぐために外出自粛「STAY HOME」が続けられていますが、医師の間では 自宅にいることによる二次健康被害を指摘する声もあります。 今回は、外出自粛で日々ストレスを感じている皆さんに、改めて新型コロナウィルスと基礎疾患の重症化リスクの関係性やお医者様がおすすめする、ストレス軽減にもつながるコンビニでのお買い物の仕方や、生活習慣についてご紹介します。 高血圧と新型コロナウイルス重症化の関係性 画像出典:pixabay 世界的権威のある医学論文雑誌「ランセット」「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表された中国からの論文でも「最大3倍の重症化リスクがあった」とされています。 感染者数が多い、中国(武漢市)、イタリア、アメリカ(ニューヨーク州)でも、致死率の最も高い基礎疾患の一つとして高血圧が報道されています。 イタリア国立衛生研究所の3月17日の発表によると、感染による死者のうち、3つ以上の疾患を抱えていた人は48. 全く疾患がなかった人は0・8%にとどまったと報道されています。 死者の76%は高血圧で、36%は糖尿病にかかっていました。 高血圧が最も目立ち、心臓疾患や糖尿病がそれに続いています。 外出自粛のストレスをSNSで訴える人続出 画像出典:pixabay TwitterやInstagramを見ると、芸能人やスポーツ選手が、自宅で過ごす様子や、簡単にできるトレーニングを公開しています。 楽しい動画で気分発散できるのはいいのですが、それも見慣れてくると、やはり外出できないストレスの方が勝ってきます。 一般ユーザーも前向きに取り組むために、健康に良いレシピや健康チャレンジを紹介している一方で、 イエナカ時間が増えたことのストレス、コロナ鬱、コロナ不安から生じる鬱症状や、不眠、孤独を訴えたり、コロナ離婚の危機などを訴える投稿が増えてきているのです。 テレワークや外出の自粛により、通常の生活に比べ、格段に1日の運動量が減ります。 また、家にいることで感触が増え、一日の食べ物の摂取量が増えたり、家にあるもので食事を簡単に済ませようした結果、栄養に偏りが生じやすくなります。 そのような、運動不足と栄養の偏りで基礎疾患のリスクが高まってしまうのです。 このような健康被害は中高年だけでなく、学校に通うお子さん世代も同様です。 外で遊べなくなり運動量が減る、そしてバランスのとれた給食がなくなり自宅で焼きそばやラーメンなど炭水化物が多くなる……などという状況は、肥満へのリスクが高まりやすい状況におちいります。 このような生活の継続は以降の基礎疾患のリスクを高める。 それが新型コロナウイルスにおける二次健康被害です。 また、高血圧に関して言えば、通常とは異なる状況下に置かれることによるストレスも高血圧を引き起こすリスクにも。 だからと言って決して外に出てよいわけではありません。 そこで食事や家の過ごし方に工夫をすること、少しでもストレスのない過ごし方を見つけることが、大切になってくるのです。 椎名先生のコメント「コンビニでいつもと違うお買い物でストレス軽減」 高血圧の患者さんに、 東京医科大学の椎名先生は我慢ばかりでなくコンビニで間食や嗜好品などの選び方について以下のようにアドバイスをしています。 「ちょっとしたストレス解消としてコンビニでいつも買っている食べ物を少し変えてみるのもおススメで、私も実践しています。 たとえば、甘いものが好きな人はミルクチョコではなくポリフェノール含有量の多い、いわゆる高カカオのチョコレートを選ぶ。 お酒が好きな人はビールではなく赤ワイン。 また間食にはナッツ類を選んでみる……など。 たとえば、チョコレートのカカオポリフェノールの継続摂取は高血圧の予防になることが日本で実施した実証実験でも明らかになっています。 また外出自粛などといった今おかれている状況は、非常にストレスがたまりやすい環境です。 ついつい食べ物に手が伸びてしまうからといって、無理に間食を断とうとすると、さらにストレスになってしまい、かえって体に良くありません。 無理の無い範囲でかまいません。 高カカオチョコなどは、普段 食べる機会が無い人であれば、そういった新しい刺激(ほろ苦さ)もある種の気分転換・リフレッシュにつながりますので非常におススメです。 他にも家の中の段差を上り下りする、ストレッチを行うなども取り入れるとより良いでしょう。 」 東京医科大学椎名先生 について 高カカオチョコレート 椎名先生のアドバイスにもあるように カカオポリフェノールの継続摂取は高血圧の予防つながることがわかっています。 つまり、チョコレートを食べると太る、というのは誤解。 欧米では昔からチョコレートを食べる習慣があります。 ポリフェノールの多い、高カカオチョコレートを適量である、1日に25g程度食べる習慣は、健康レベルを向上させてくれますよ! 新型コロナウィルスによる外出自粛は、もうしばらく続きそう。 新しい習慣を取り入れながら乗り切りたいですね。 参照:.

次の

コロナウイルス糖尿病や高血圧は注意 重症化リスク高く、心臓血管系の病気も

コロナ ウイルス 高血圧

新型コロナウイルスと高血圧、降圧薬のACE阻害薬とARBについて科学的根拠に基づいてまとめます。 新型コロナウイルスと高血圧・降圧薬 最近、新型コロナウイルスと高血圧や降圧剤との関係が記事化されることが増えてきました。 私もを行っていて、その件に関してよく相談されます。 まず高血圧に関してなのですが、新型コロナウイルスで亡くなった方のうち高血圧が持病である確率が比較的高いことが指摘されています。 例えば上の文献だと、生存者23%が高血圧だったのに対し、非生存者においては48%がそうだったと。 新型コロナウイルスつまりSARS-CoV-2は、人の体内のACE2受容体というところに結合することが知られています。 このACE2受容体が肺に存在するため、このウイルスは肺を好み、肺炎を起こします。 しかしACE2受容体は、するのです。 また、人の身体の中にはレニン・アンジオテンシン系という、血圧や体液量などを調節するメカニズムが存在します。 【より引用】 上の赤丸の部分を見て頂ければと思いますが、ACE2受容体はこの系統にも関係しています。 日本人にも良く使用されている血圧を下げる薬剤であるACE阻害薬やARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)は、レニン・アンギオテンシン系に作用する薬剤です。 そのため高血圧だと、あるいは降圧剤を飲んでいると新型コロナウイルスに対してどうなのかという疑問が生じます。 ただ最近続々と、との発表がなされています。 そのかいもあって、一時期よりは「降圧薬は大丈夫なのでしょうか?」という質問を受けることが減りましたが、いろいろと不安な方もおられると思います。 そのような中、信頼できる英語の情報源を見出したので紹介します。 内容は専門的なのですが、継続的に更新されていますし、英語のサイトなのですがGoogle Chromeなどの「日本語に翻訳」機能を使えば大意をつかむことはできるでしょう。 NephJCの「ACE2 and HYPERTENSION」 アメリカの腎臓内科医や循環器内科医が運営しているNephJCというジャーナルクラブ(専門家が論文などをベースに話し合う会)があります。 実は紹介が遅れてしまったので、上記ページを動画でお伝えした際に、「有名医学雑誌にも声明がすでに出ていますよ」などと意見を頂戴したのですが、このページはそれらが出る前から運用されています。 そして現在も更新され続けています。 そのため、最新の状況をつかむのに適していると言えるでしょう。 4月4日現在、上記のサイトに書かれていることをわかりやすく解説します。 新型コロナウイルスと高血圧 確かに新型コロナウイルスの重症者や亡くなった方に高血圧を持病として有する人の比率が相対的に高いのは事実です。 しかしそれをもって、高血圧があると、重症化や死のリスクが高いと現段階では結論づけるのは困難です。 それには理由があって、今回の新型コロナウイルスは高齢者でのそれらのリスクが高いことが知られています。 つまり高血圧だからリスクがあるのではなく、高齢者なのでリスクが高く、そのような方が高血圧を持っているために、高血圧の持病者がそう見えるだけかもしれないのです。 これをはっきりさせるためには、その影響を除くように工夫された研究を行う必要があります。 現状の所、高血圧を持っているために、より重症化や死のリスクがダイレクトに上がるのかどうかということは未解明です。 もちろん急に止めるほうがよほど危険なので、中止しないほうが良いです。 降圧薬には様々な種類があります。 レニン・アンジオテンシン系と関わるのは、ACE阻害薬やARBという系統の薬剤です。 一部の動物実験で、これらの薬剤がACE2受容体を増加させる(正確にはアップレギュレートする)のではないかと指摘され、そのため新型コロナの病態への影響が疑われたのでした。 ところが人での研究では、ACE阻害薬やARBがACE2受容体を増やしも減らしもしないようです。 さらには、レニン・アンジオテンシン系の亢進がSARS(新型コロナウイルスではなく以前のもの)において肺障害を強めるという動物実験があり、ARBのロサルタンを使ってそれを改善したという研究もあるのです。 そのため、も海外で計画されています。 レニン・アンジオテンシン系における有名な物質)をカンデサルタンやバルサルタンは上昇させる一方で、オルメサルタンは低下させるなど、ようです。 ただ結論としては、ACE阻害薬やARBは中止せずに、担当医ともよく相談することが勧められています。 まとめ 現状、高血圧や降圧薬と新型コロナウイルスの転帰(見通し)を強く示唆するものはありません。 ただ一般に、高血圧や降圧薬を服用されているのは、相対的にはお年を重ねている方が多いでしょう。 適度な運動や、バランスの取れた塩分が多すぎない食事、野菜の摂取などは、血圧に関してももちろんですし、体調全般に関しても良いと考えられます。 またストレスを溜めることも血圧に影響しないとも言い切れません。 引き続き心身の良いコンディションを保つように心がけて頂くのが良いでしょう。 自衛隊中央病院の報告の中で 重症化の兆しとして、という目安が示されています。 それもあって最近パルスオキシメーターが品薄になっていますが、血圧計は大丈夫なようです。 値段は安くても良いので上腕式が好適とは考えられます。

次の

Topics & 新着情報|日本高血圧学会

コロナ ウイルス 高血圧

新型コロナウイルスと高血圧、降圧薬のACE阻害薬とARBについて科学的根拠に基づいてまとめます。 新型コロナウイルスと高血圧・降圧薬 最近、新型コロナウイルスと高血圧や降圧剤との関係が記事化されることが増えてきました。 私もを行っていて、その件に関してよく相談されます。 まず高血圧に関してなのですが、新型コロナウイルスで亡くなった方のうち高血圧が持病である確率が比較的高いことが指摘されています。 例えば上の文献だと、生存者23%が高血圧だったのに対し、非生存者においては48%がそうだったと。 新型コロナウイルスつまりSARS-CoV-2は、人の体内のACE2受容体というところに結合することが知られています。 このACE2受容体が肺に存在するため、このウイルスは肺を好み、肺炎を起こします。 しかしACE2受容体は、するのです。 また、人の身体の中にはレニン・アンジオテンシン系という、血圧や体液量などを調節するメカニズムが存在します。 【より引用】 上の赤丸の部分を見て頂ければと思いますが、ACE2受容体はこの系統にも関係しています。 日本人にも良く使用されている血圧を下げる薬剤であるACE阻害薬やARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)は、レニン・アンギオテンシン系に作用する薬剤です。 そのため高血圧だと、あるいは降圧剤を飲んでいると新型コロナウイルスに対してどうなのかという疑問が生じます。 ただ最近続々と、との発表がなされています。 そのかいもあって、一時期よりは「降圧薬は大丈夫なのでしょうか?」という質問を受けることが減りましたが、いろいろと不安な方もおられると思います。 そのような中、信頼できる英語の情報源を見出したので紹介します。 内容は専門的なのですが、継続的に更新されていますし、英語のサイトなのですがGoogle Chromeなどの「日本語に翻訳」機能を使えば大意をつかむことはできるでしょう。 NephJCの「ACE2 and HYPERTENSION」 アメリカの腎臓内科医や循環器内科医が運営しているNephJCというジャーナルクラブ(専門家が論文などをベースに話し合う会)があります。 実は紹介が遅れてしまったので、上記ページを動画でお伝えした際に、「有名医学雑誌にも声明がすでに出ていますよ」などと意見を頂戴したのですが、このページはそれらが出る前から運用されています。 そして現在も更新され続けています。 そのため、最新の状況をつかむのに適していると言えるでしょう。 4月4日現在、上記のサイトに書かれていることをわかりやすく解説します。 新型コロナウイルスと高血圧 確かに新型コロナウイルスの重症者や亡くなった方に高血圧を持病として有する人の比率が相対的に高いのは事実です。 しかしそれをもって、高血圧があると、重症化や死のリスクが高いと現段階では結論づけるのは困難です。 それには理由があって、今回の新型コロナウイルスは高齢者でのそれらのリスクが高いことが知られています。 つまり高血圧だからリスクがあるのではなく、高齢者なのでリスクが高く、そのような方が高血圧を持っているために、高血圧の持病者がそう見えるだけかもしれないのです。 これをはっきりさせるためには、その影響を除くように工夫された研究を行う必要があります。 現状の所、高血圧を持っているために、より重症化や死のリスクがダイレクトに上がるのかどうかということは未解明です。 もちろん急に止めるほうがよほど危険なので、中止しないほうが良いです。 降圧薬には様々な種類があります。 レニン・アンジオテンシン系と関わるのは、ACE阻害薬やARBという系統の薬剤です。 一部の動物実験で、これらの薬剤がACE2受容体を増加させる(正確にはアップレギュレートする)のではないかと指摘され、そのため新型コロナの病態への影響が疑われたのでした。 ところが人での研究では、ACE阻害薬やARBがACE2受容体を増やしも減らしもしないようです。 さらには、レニン・アンジオテンシン系の亢進がSARS(新型コロナウイルスではなく以前のもの)において肺障害を強めるという動物実験があり、ARBのロサルタンを使ってそれを改善したという研究もあるのです。 そのため、も海外で計画されています。 レニン・アンジオテンシン系における有名な物質)をカンデサルタンやバルサルタンは上昇させる一方で、オルメサルタンは低下させるなど、ようです。 ただ結論としては、ACE阻害薬やARBは中止せずに、担当医ともよく相談することが勧められています。 まとめ 現状、高血圧や降圧薬と新型コロナウイルスの転帰(見通し)を強く示唆するものはありません。 ただ一般に、高血圧や降圧薬を服用されているのは、相対的にはお年を重ねている方が多いでしょう。 適度な運動や、バランスの取れた塩分が多すぎない食事、野菜の摂取などは、血圧に関してももちろんですし、体調全般に関しても良いと考えられます。 またストレスを溜めることも血圧に影響しないとも言い切れません。 引き続き心身の良いコンディションを保つように心がけて頂くのが良いでしょう。 自衛隊中央病院の報告の中で 重症化の兆しとして、という目安が示されています。 それもあって最近パルスオキシメーターが品薄になっていますが、血圧計は大丈夫なようです。 値段は安くても良いので上腕式が好適とは考えられます。

次の