グループ 通算 制度。 第2回 連結納税制度とグループ通算制度の比較

《速報解説》「連結納税制度」の見直しと「グループ通算制度」の創設~令和2年度税制改正大綱~

グループ 通算 制度

そんな連結納税が、変わります。 名前も「グループ通算制度」となり、新しい制度に。 新しい制度におけるキーワードは事務負担の軽減です。 つまり、グループ通算制度は事務負担の軽減を目指す。 だいぶ間がありますね。 まだのんびりしていても大丈夫? いえいえ、じつは検討すべきことが一つあります。 それは、グループ通算制度をつづけるかどうか、ということ。 今よりよくなるとはいえ、グループ通算制度は、ふつうの制度(グループ内の個々の会社がそれぞれ勝手に税金計算する制度)に比べて、その事務負担は大きい。 なので、本音をいえばやめたい。 ふつうの制度に戻りたい。 こう思っても簡単にやめさせてくれないのが今の制度。 でも、移行する2年後のタイミングで のみ、グループ通算制度をやめることができるんですね。 このブログについて *このブログは、「(以下、「当事務所」)」が開設し、管理・運営しています。 *ご利用に際し、以下のサイトポリシーをご確認いただきたくお願い申し上げます。 著作権について *このブログに掲載されている文章やイラストなどの著作権は「当事務所」または「情報提供者」にあります。 *「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。 免責事項 *このブログの情報については正確性に万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても「当事務所」及び「情報提供者」は一切の責任を負いません。 *このブログでは、わかりやすさを優先し、説明を簡略化することがあります。 また、例外規定、適用時期の違いや時の経過などにより、このブログの内容が必ずしも全ての場合にあてはまらないことをご理解いただいたうえで、実務的な判断は必ず専門家にご相談されますようお願いいたします。

次の

【税制改正大綱】グループ通算制度

グループ 通算 制度

こんにちは!市ヶ谷、九段下の税理士たちばなです。 昨年12月に公表された税制改正大綱ですが、大きなものとして「連結納税制度の見直し」という項目があり、2022年4月以降に開始する事業年度から現行の連結納税制度がグループ通算制度に移行されることになりました。 これは現在の連結納税制度がグループ企業にとってメリットのある制度であるものの、制度が複雑で事務負担が大きいといった声が多かったことから簡素な制度に変更しようというものです。 とは言っても現行の連結納税制度などの税法についてある程度の知識がある方でないと、どこが変更されるのかなかなか理解することが難しい内容ですので、現在の連結納税制度とグループ通算制度の主な違いを解説したいと思います。 ただし、税制改正大綱の内容については今後変更される可能性もある点をご留意ください。 連結納税制度とはどんな制度? 連結納税制度とは2002年度に導入された制度で、それまではたとえ100%の親子会社であったとしても法人格が別であるため、それぞれ別々に法人税の計算をしなければならなかったのですが、連結納税制度が適用されると100%の支配関係がある企業グループについてはあたかも一つの法人であるかのようにして申告・納税することになりました。 そしてこの制度の最大のメリットはと言えばグループ内での黒字の赤字を損益通算できるところにあります。 また、連結納税制度の場合、修正申告や更正などによってどこか一つの会社でも金額が変更になった場合には連結納税グループ全体に影響を及ぼすと説明しましたが、グループ通算制度ではどこかの会社で金額の変更があったとしても、原則として期限内申告で行った損益通算の金額は変更しないというルールになるため、ひとつの会社の金額が変更になったかといってグループ会社全体に影響を及ぼすことは無くなる予定です。 今回、連結納税制度からグループ通算税制への変更のポイントを解説しましたが、さらに詳しく知りたい方は税制改正大綱の本文を読んでみてください。 公開の時期については、記事の冒頭でご確認ください。

次の

《速報解説》「連結納税制度」の見直しと「グループ通算制度」の創設~令和2年度税制改正大綱~

グループ 通算 制度

Q12018年改正実務対応報告18号(金融商品関係)の概要• Q22019年改正実務対応報告18号(リース関係)の概要• Q3IFRS第16号及びTopic842の概要• Q4使用権資産の連結財務諸表における表示• Q5リース取引に係る連結財務諸表における注記• Q6IFRSや米国会計基準の改正が行われたときの会計処理・開示上の取扱い• Q7企業結合会計基準の改正の概要• Q8収益認識会計基準の早期適用• Q9収益認識会計基準の早期適用時の表示及び注記事項• Q10改正後の収益認識会計基準の表示及び注記事項の適用時期• Q11時価算定会計基準の概要• Q12時価算定会計基準の適用範囲• Q13時価算定の方法• Q14時価算定会計基準に基づく注記• Q15時価算定会計基準の適用時期、適用初年度の経過措置• Q16改正開示府令の概要• Q18監査の状況• Q19継続監査期間• Q20記述情報の開示に関する原則、記述情報の開示の好事例集• Q21その他の改正項目• Q22グループ通算制度の税効果会計への影響• Q23会社法改正の概要• Q24見積開示会計基準の概要• Q25見積開示会計基準の注記項目• Q26見積開示会計基準の個別財務諸表上の取扱い• Q27見積開示会計基準とKAMの関係• Q28改正遡及会計基準の概要• Q29見積開示会計基準及び改正遡及会計基準を早期適用しない場合の留意事項 なお、本稿の本文において、会計基準等の略称は以下を用いています。 本稿は2020年4月17日の時点の情報に基づくものです•

次の