宮本から君へ 感想 漫画。 【宮本から君へ】最終回ネタバレ。あらすじ結末は「美沙子と結婚・妊娠?働く意味とは」

映画『宮本から君へ』のあらすじ・ネタバレ・感想

宮本から君へ 感想 漫画

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 主人公の文具メーカー営業マン宮本浩がとにかくほうぼうで喧嘩する喧嘩する。 上司と喧嘩し、同僚と喧嘩し、恋人と喧嘩し、営業相手とも喧嘩する。 その姿は何故そこまで妥協できないのかと言いたくなるほど。 しかし熱血である。 そしてたまらない。 作中にも「人は感動するために生きてっからよ」と風間裕二が言うが宮本はそれを味わいたくて生きて戦っている。 カッコよく生きることばかりがカッコイイということではなく、たまに泥水かぶって無様な姿をさらしても自分の中の納得を得るためだけにエゴ丸出しで他人に迷惑をかけるのもカッコイイなと思わせてくれる。 あまりに他人に薦めにくく、また連載当時は売れなかった作品。 しかし、自分はこの作品に出会えてつくづく良かったと思う。 作品DB内ブログ記事 1. by かぷ... で、イコールで低評価にすることはなくて パクリでも、かつ純粋にツマラナイ から低評価する場合がほとんどです。 それどころか極論かもしれませんけど 「ツマンネーもん作るくらいなら、多少パクってでも面白いの作れや! 」という考えですね その辺りで個人的に名作といえるのは「ボーイズ・オン・ザ・ラン」でしょうか。 作者本人が「 宮本 から 君 へ」に影響を... by 陣兵... 経済入門」 石ノ森章太郎先生著 【"88年】 「源氏物語」 牧美也子先生著 【"89年】 「YAWARA! 」 浦沢直樹先生著 【"90年】 「F-エフ-」 六田登先生著 【"91年】 「家族の食卓」、「あすなろ白書」 柴門ふみ先生著 【"92年】 「 宮本 から 君 へ」 新井英樹... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の

映画『宮本から君へ』のあらすじ・ネタバレ・感想

宮本から君へ 感想 漫画

エレファントカシマシの宮本浩次のファンである妻が、「スクリーンでミヤジ(宮本浩次)の新曲を聴きたい」という理由だけで観に行きたいと言うので、新宿はバルト9まで足を運んだ。 ちなみに、夫婦ともども当然ながら原作は未読、昨年放送された、映画版と同じ真利子哲也監督のドラマ版も未見である。 ただ自分は原作は少しだけ読んだことがある。 原作者である新井英樹先生の問題作『ザ・ワールド・イズ・マイン』に大いに感銘を受けて、勢いで『定本 宮本から君へ』1巻を購入して読んだのだが、続巻を購入するには至らなかった。 理由は、後半で主人公の恋人がレイプされるらしい流れになることを知ったためなんだけど、実は「恋人がレイプされるモノ」話が苦手であり、しかも新井先生の作品なので、容赦ない描写になることは明らかで、読後感が悪くなるのを恐れて最後まで読む気がしなかったのだ。 ・・・なので本当はこの映画を観るのも気が進まなかったのだが、いつもワケのわからない映画に無理やり連れて行っている妻が、珍しく自分から観たいとリクエストした作品だったので、申し訳ない気持ちもあり、いっしょに観に行く気になった次第なのだ。 原作の『宮本から君へ』は、主人公である宮本浩が営業マンとして奮起しながらサラリーマン生活を送る姿を描いた物語で、前半のヒロインは甲田美沙子、後半のヒロインは中野靖子がストーリーの中心になっている(らしい。 未読なので)。 最初、ドラマ版のダイジェストを映画にした作品だと思っていたので、映画を観始めたとき、なぜ最初から中野靖子が出てくるのか不思議だったのだが、観終わった後、実は、ドラマ版は物語の前半を描いていて、映画版では後半の中野靖子との濃い物語を描いて完結、という構成だったのを初めて知った。 ・・・・・ということで、本来なら原作を読み、ドラマを観てから映画版を観るのが本筋なんだけど、この映画版に関しては、単体で観ても十分に見応えがある作品だった。 真利子哲也監督の作品は初めて観たが、構成、演出が見事なので、ラストまでテンポよく鑑賞することが出来たし、なにより、宮本浩を演じた池松壮亮と中野靖子を演じた蒼井優、主演2人の迫力ある演技! とくにラストからの疾走感はハンパなく、もう池松壮亮の声はほぼ宮本浩次になっており完全にミヤジが憑依していて、エンドクレジットの宮本浩次『Do you remember? 』に繋がる怒涛の展開には圧倒されまくりで、観終わった後にはグッタリしてしまった。 また体当たり演技というかベッドシーンも生々しくて、蒼井優もバストトップ以外はお尻もすべてさらしての熱演で、これが相手役が山田孝之だったら、「お!蒼井優も役者根性を見せたな!ガハハハ!」くらいな気分で観れたのだけど相手が池松クンなので、「え?そんなことやあんなことまでしちゃうの?」と、観てるこちらがドギマギするほどの大胆演技。 とにかく色んな意味で衝撃的な作品ではあった。 ・・・しかし、同じく池松壮亮と蒼井優が共演した塚本晋也監督作『斬、』でも感じたが、やはり蒼井優には違和感を感じてしまう。 原作未読なので偉そうなコトは言えないのだが、原作の中野靖子の作画をみたら結構キツい表情の気が強そうなキャラクターで、蒼井優は高い演技力で気が強くてちょっとだけ「はすっぱ」な女性を演じているのだが、顔がキレイで可愛すぎるためか、どうにも無理を感じてしまうというか。 何と言うか、「私はカワイ子ちゃん女優でもお嬢さん女優でもない!」という抗いを演技から感じてしまうのは自分だけだろうか。 少なくとも、クセが強そうな中野靖子のキャラクターを蒼井優からは感じられなかった。 それにしても、ワールドカップで大盛り上がりの日本に水を差すかのような超下劣なラガーマンが出てきてワロタ! ピエール瀧もめっちゃいい演技してたけど、上映タイミングが色々と微妙で、なかなか味わい深さもある! ともかく熱量の高い凄い作品ではあったけど、とにかく濃すぎる作品なので、やはりドラマ版を改めて見たり原作を読みたいとは思わなかったなぁ。

次の

映画『宮本から君へ』あらすじネタバレと感想。ドラマの最終回後を池松壮亮×蒼井優共演で「男・宮本の生き様」をふたたび

宮本から君へ 感想 漫画

映画『宮本から君へ』のあらすじ 愛のため、絶対に勝たなきゃいけない。 とある文具メーカーで働く営業マン・宮本浩は、中野靖子と恋に落ちる。 ある日、靖子の家で過ごしていると元彼・裕二が家の窓から侵入し靖子に暴力を振るい始める。 「この女は俺が守る!」 この宮本の一言をきっかけに二人の間に幸せな時間が続いていたが、ある飲み会で知り合った巨漢の男・拓馬によって状況は一変する。 「どんなに無謀でも、絶対に勝たなきゃいけない。 」 その一心でケンカに挑んだ宮本が、遂に二人の愛に決着をつける。 映画『宮本から君へ』のキャスト・スタッフ 監督・脚本 監督・脚本は、 真利子哲也監督です。 2016年公開の『ディストラクション・ベイビーズ』で、第69回ロカルノ国際映画祭で最優秀新進監督賞を受賞、その他国内外で多数の賞を受賞し注目を浴びました。 キャスト 宮本浩 池松壮亮 中野靖子 蒼井優 風間裕二 井浦新 真淵拓馬 一ノ瀬ワタル 田島薫 柄本時生 真淵敬三 ピエール瀧 大野平八郎 佐藤二朗 神保和夫 松山ケンイチ 主演の宮本浩を 池松壮亮さん、中野靖子を 蒼井優さんが演じます。 裕二役の井浦新さん、拓馬役の一ノ瀬ワタルさんをはじめ、松山ケンイチさんやピエール瀧さんなど超豪華なキャストが集結します。 主題歌 主題歌を担当したのは、 宮本浩次さんです。 ギターに横山健さんを迎え「Do you remember? 」を書き下ろした。 【ネタバレ】映画『宮本から君へ』の感想 宮本は、極めて大きい重力を持った人間なのだと感じた。 「お前も敵だからよお」 宮本が靖子へラストで言い放つこのセリフが、極めて重要であった気がする。 それは熱量が全て自分向きだった事を指す。 宮本は拓馬との決闘に負けた。 そこには自分の頬を殴るほどの悔しさがあり、また拓馬との決闘に挑む。 この拓馬との決闘には弱さとの決別という意味があったのだろう。 宮本の強すぎる自己愛ゆえ、自身の弱さを許せないのだ。 決闘に勝つことで、宮本の弱さは壊れ自己愛が爆発する。 靖子はとんどもない熱量を持った宮本に引き付けられて結婚する。 ブラックホールのような信じられない重力を持つ宮本からは、誰も離れられない。 僕自身、こんなに嫌いな宮本に夢中になってしまっている。 さいごに うざい、嫌いだ、だけど夢中になってしまう宮本という人間の魅力が詰まっています。 こんなに熱量が込められている映画は他に観たことがありません。 気になる方は、ぜひご覧ください!.

次の