海水 水槽 レイアウト。 初心者向け海水水槽の作り方!水族館で見たあの魚を飼おう!

海水水槽のライブロックとは!?機能と量や配置・置き方について!

海水 水槽 レイアウト

本記事で作る水槽のコンセプト まずは始めて見ようと思っている初心者向けに水槽セットを考えました。 作る上でポイントとしたのは以下の点です。 初期費用がかからない小さな水槽であること• メンテナンスが楽で水換え無しを目指せる設備であること• 育成が簡単なサンゴが飼えること• 後々本格的なサンゴ育成にチャレンジすることを想定し、初期設備が無駄にならないこと 「 無駄な器具を省略して今後の拡張も見据えた必要スペックを!」がテーマです。 低コストを意識 大きな水槽であればあるほど見応えがありますが、その分器具などのコストがかかってしまうもの。 初期費用を抑えられる小型水槽で海水水槽を作ります。 メンテナンスが楽であること 水に棲む生き物を飼うことはほぼ水換えが必須であります。 しかしながら水換えは手間がかかる作業で出来ればやりたくありません。 そこでトラブルが起こった場合などのイレギュラーを除き、 定期的な水換えをしなくていいような水槽システムで構築します。 簡単なサンゴが飼育できる デバスズメダイ 小型水槽のため 小型(5cm未満のもの)で丈夫な海水魚を飼育することができます。 例、「ルリスズメダイ」、「シリキルリスズメダイ」、「カクレクマノミ」、「デバスズメ」、「ヨスジリュウキュウスズメダイ」、「プテラポゴン・カウデルニィ」、「マンジュウイシモチ」、「ハタタテハゼ」、「スマイリーブレニー」、「テールスポットブレニー」、「バイカラードティーバック」、「ハタタテネジリンボウ」、「ニセモチノウオ」、「ロイヤルグラマ」、「キンギョハナダイ」、「イエローコリス」、「イエローヘッドジョーフィッシュ」、「ハナビラクマノミ」、「マンダリンフィッシュ」などなど・・・。 その他にも多くの種類の魚を育成することができます。 必要な設備 それでは初心者向け海水水槽を作るために必要な設備・飼育用品を見ていきましょう。 ハイタイプの水槽が無い場合は30cmキューブ水槽でもOK 30cmハイタイプは通販サイトであれば容易に入手できるのですが、通販を使わない場合は常備していないショップもあります。 少し水量が少なくなってしまうため病気になりやすいことと、高さが無いため水が蒸発すると印象が変わってしまうので 足し水をこまめにしなければらないデメリットがあります。 そのため出来ればハイタイプ(高さ35cm以上のもの)がオススメです。 外掛けで使用できる海道達磨 プロテインスキマーは泡の力で フンや食べ残しなどの汚れを除去する浄化装置です。 水換えをしないシステムを目指すため強力なベンチュリー式のプロテインスキマーである「 カミハタの海道達磨」をチョイスします。 ベンチュリー式のプロテインスキマーは強力なのですが設置には専用の水槽が必要だったりして敷居が高くなっています。 しかし海道達磨は強力なベンチュリー式ながら外掛けユニットが付属しており水槽に掛けて使えるタイプのプロテインスキマーになっていて、小型水槽にも強力なプロテインスキマーを導入することができるのです。 個人的には実際に使っていることもあり海道達磨がオススメですが、上記スキマーも魅力的なプロテインスキマーなのでネットで調べてみて下さい。 安価なプロテインスキマーではダメ? ウッドストーンを利用したエアリフト式がリーズナブルですが、 ウッドストーンを定期的に変えなければならないため手間とコストがかかります。 またベンチュリータイプのものと比べると 能力もかなり落ちるため水換えが必要になってしまったり、 飼育できる魚の数が少なくなってしまいます。 エアリフト式のものにする場合は水槽に入れる魚の数を半分にして調整して下さい。 費用 海道達磨は20,000円ほどで販売されています。 水槽の心臓部分だから一番良い奴にするのがベストだよ! ロボうぱ 照明 照明設備は「ボルクスジャパンのグラッシーレディオRX122コーラル」または同モデルの「RX122リーフ」がオススメのLEDランプです。 どちらもサンゴ育成用のフルスペクトルLEDランプで出力は24Wと30cm水槽であれば。 特に強力な照明を必要とするサンゴを除き これひとつでサンゴ飼育の照明に関してはクリアできます。 LED交換球タイプのものになりますので後からシステムLEDやメタハラに切り換えた場合でもスポット点灯として使用ができるので下手に安い照明設備を買うよりかはコスパが優れています。 RX122リーフとRX122コーラルの違い RX122コーラルは青いLEDランプで サンゴの蛍光色が反応して光るようになり非常に綺麗ですが、反面青みが強いので自然っぽさが無く魚の鑑賞には向いていません。 青みが強いと感じた場合は「RX122リーフ」を選択すると良いでしょう。 白に近いLEDランプで自然な感じになるためルリスズメダイなど青い海水魚の場合は青さに溶け込まずハッキリと見えるようになるのでこちらのほうが良いかもしれません。 (サンゴ沼に引き込んでやるんだヨ) ロボうぱ 水中ヒーター 海水魚は温暖な地域に生息している場合がほとんどで 冬の季節を過ごすことが出来ません。 そのため冬場は水中用ヒーターを使用して加温する必要があります。 熱帯魚用に売られている水中ヒーター、つまり 25度または26度に設定できるものならワット数(温めるパワー)が足りていればどのヒーターでも構いません。 30cm水槽及び30cmハイタイプの水槽の場合、100W以上であればOKです。 サーモスタットという温度調節器具に接続して使う温めるだけのヒーターもありますので、それを間違って買わないようにだけ気をつけて下さい。 本記事の水槽では「GEXのスタンディ SH120」を使用しています。 費用 2,000円ほどです。 加温が必要なのは24度を下回る寒い季節なので寒くなるまで買わないのも手です。 サンゴ育成に使われる人工海水 飼育水に用いる海水は人工海水がオススメです。 人工海水は 水道水に規定量溶かすことにより簡単に海水を作ることができます。 海水魚用の人工海水であればなんでも構いません。 栄養が必要な生体はサンゴになりますが、本セットで飼えるサンゴは栄養に対しては気を使う必要がありません。 費用 レッドシーから販売されているレッドシーソルトの210リットル(バケツ入り)は3,000円程です。 立ち上げ時だけで良い場合、少なくても大丈夫ですがある程度大きいものを購入したほうがランニングコストは安く済みます。 例えば同製品の60リットルパッケージのものは1500円程のためリットルあたりの値段が安くなってきます。 オススメは多めの徳用タイプです。 補足:フィルターは必要ない? 今回の水槽セットでは一般的に使用される飼育設備であるフィルターを使っていません。 強力なプロテインスキマーを主軸において取り残しをライブロックで浄化するシステムのためフィルターを設置する必要がありません。 もし ライブロックを使わない場合はフィルターを設置する必要がありますがライブロックでは浄化できてフィルターでは浄化できない毒素があり、フィルター主体にしてしまうとどうしても水換えが必要になってしまいます。 ライブロックを入れると見た目もグッと良くなりますのでフィルターを設置するよりかはライブロックを設置するのがオススメです。 ライブロックは少なすぎないように フィルターの代わりにライブロックで浄化しているためライブロックが少ないと浄化能力が低く汚れを浄化しきれません。 ある程度のライブロックを入れるようにしましょう。 水槽の組み立て まずは ライブロックを除いた飼育設備を用意して水槽を設置します。 セット時に最低限必要なのは以下の飼育設備です。 プロテインスキマー• 温度計• サンゴ砂• 人工海水• 比重計• 水中ヒーター 照明や魚の餌などは後からでも構いません。 水槽の設置 まずは水槽を置きたい場所に水槽を設置しましょう。 今回セットする水槽は30cmで小型水槽に属しますが、それでも 50kgの重さがあります。 特にテーブルの上や下駄箱の上、カラーボックスの上は耐えきれない場合が多いので避けたほうが無難です。 また 直射日光も避けることがポイントです。 これだけでも十分 洗ったサンゴ砂を水槽に投入していきます。 敷く厚さに関しては 1,2cm程でも十分です。 底が見えない程度で構いません。 厚く敷くと汚れがたまりやすくなってしまうため、多くてもライブロックを支えれる程度に押さえておくのが良いでしょう。 まずは薄く1~2cmぐらいに薄く敷いてライブロックを設置する際に追加して調節します。 厚くするほどライブロックは安定しますが反面病気になりやすい環境になってしまいますので注意して下さい。 各種器具のセット 次にプロテインスキマーをセットします。 設置には付属の説明書を確認して下さい。 プロテインスキマーがセットできたら温度計、ヒーター、照明設備もセットしていきましょう。 タップを使って電源周りの配線確保も行っていきます。 注水 人工海水で作った海水を投入します。 今回は立ち上げ時のため水道水で水槽を満たしてから人工海水を溶かしても良いでしょう。 入れ終わったら水槽から 水漏れがないかをチェックします。 最後に比重計を使って人工海水が適切な量溶かされているかを確認します。 比重計が「1. 020~1. 024」の値をさすように調節して下さい。 高い場合は水道水と水を入れ変えて、低い場合は少しずつ人工海水を溶かしていきます。 浅瀬スタイル 低めのライブロックをいくつか置いて砂場を多くしたレイアウトです。 空間が広く使えるため開放感がある他、底にハゼ類や穴を掘る魚などに相性が良いメリットがあります。 使うライブロックの数も少ないのもオススメのポイントです。 ライブロックの量が少なくなりがちなので大きめのライブロックで構築すると良いでしょう。 そのほかのレイアウトパターン 上記に上げたライブロックは一例です。 自分が気に入ったレイアウトが出来ればそれが一番です。 水通りだけ確保するように気をつけましょう。 ライブロックの組み方パターンを詳しく知りたい方は以下の記事でより多く紹介していますので宜しければお読み下さい。 加えてライブロック内に住んでいる水を綺麗にする微生物たちの数も大幅に減っているため、導入直後のライブロックは浄化作用どころか水を汚す存在になっているのです。 時間の経過とともに少しずつ微生物が死ぬ量が減っていき、反対に環境に馴染めた微生物たちが増えていきます。 海水水槽の立ち上げのポイントはライブロックの微生物がある程度繁茂すること、つまり ライブロックが調子を取り戻すまで待つことです。 立ち上げ8日目の亜硝酸濃度 アンモニアは検出されなかったが亜硝酸は検出されてしまっている 8日目でもまだ魚は飼える状態にはならなかったが間もなくである もちろん画像のように実際に測定してチェックするのがベストではありますが、アンモニアと亜硝酸のチェックはほぼ立ち上げ時しか行わないため測定キットを買っても使い所がありません。 そのため測定しない代わりに余裕を見て長めに待った方が良いでしょう。 本立ち上げではキュアリング済みのライブロックを使用しましたがそれでも10日ぐらいはかかってしまいました。 そのために 最低限2週間はから回しが必要で、できれば3週間~1ヵ月待った方がベターではあります。 水質の最終チェック 最終チェックとして硝酸塩濃度を測定します。 生物の死骸やフンは微生物により最終的に毒性の低い「硝酸」へと変わりますが、 無毒ではありませんため濃度が高いと魚が飼える環境ではありません。 立ち上げ2週間後の測定、10ppmで問題なし シャコのチェック 微生物が繁茂するまで待つ立ち上げ期間中はライブロックにシャコがいないかどうかをチェックしておきましょう。 シャコは持ち前のパンチで魚を襲って食べることがありライブロックに付着して水槽内に侵入する場合があります。 シャコがいると飼育している魚が襲われてしまうので必ず除去が必要です。 しばらく襲われなくてもシャコが成長して大きくなってくるとある日突然魚がいなくなってしまいます。 シャコがいる場合は晩~早朝にかけて 「パチッ、パチッ」と音がすることがあります。 これはパンチでライブロックに巣を作っている音です。 シャコが住んでいるライブロックを特定してピンセットで取り出すか巣穴に熱湯を注いで退去させます。 熱湯を注いだ部分はデスロックになってしまうのでやり過ぎには注意して下さい。 生体の投入 硝酸塩濃度に問題がなければお待ちかねの海水魚やサンゴを導入しましょう! パイロットフィッシュの導入 立ち上げ初期の水槽はライブロックが浄化能力が低く、「アンモニア・亜硝酸」を処理できるようになっても 水を浄化する能力はまだまだ本調子とは言えません。 ライブロックがフルパワーを発揮できるようになるまでは半年~1年は必要だと言われています。 水槽としても安定しきっていない状態であるため まずは1匹だけ投入して環境に問題がないかを確認します。 この最初の1匹を水槽が大丈夫かどうか確認してもらうという意味でパイロット フィッシュと呼びます。 デバスズメダイ パイロットフィッシュが2週間ぐらい飼育できましたら飼育環境に問題は無いと言えますので、海水魚を増やしていきます。 増やす際は硝酸濃度を測定して 「汚れが溜まっていってないか?」を確認しながら少しずつ魚を増やしていきます。 ライブロックがフルパワーの浄化能力を発揮するまでは最低でも半年かかるため、魚を増やすと「ライブロックによる浄化<魚の排泄」となってしまうことがあります。 この場合は硝酸塩が溜まってしまいますので硝酸塩濃度がしきい値を超えないように換水が必要になります。 そのため、 魚を追加した場合は一週間後に硝酸塩濃度を測定してライブロックの能力以上に入れていないかを確認します。 硝酸塩濃度が増えてきた結果が出た場合でも少しずつライブロックの浄化能力は上がっていきますので魚を増やすのを止めることで「ライブロックによる浄化>魚の排泄」になっていきます。 言い換えるとより魚を飼いたい場合は水換えに頼ることで魚の数を増やせるということでもあります。 完成した水槽 これから魚やサンゴを増やして楽しもう! ステップアップのために ここまでくれば後は魚を増やしつつサンゴ畑を増やしていきマリンアクアを楽しみましょう! その後より良くマリンアクアを楽しむために初心者にオススメのステップアップを紹介します。 水槽用クーラー・ウェーブポンプの導入 水槽用クーラーとウェーブポンプを導入することで特殊なサンゴを除いて 幅広いサンゴを飼育することができます。 マメスナギンチャクやディスクコーラルでは形がどうしてもバリエーション乏しくなりがち。 ナガレハナサンゴやウミアザミ、そしてナグラトサカなど様々なサンゴを飼育できることは水槽のイメージをよりよくすることが出来ます。 またウェーブポンプの導入はサンゴ飼育だけではなくプロテインスキマーの能力も上げることができ、飼育できる魚の数を増やせるメリットもあります。 5倍も広くなる 器具はそのままに45cm水槽へお引っ越しするのも良いでしょう。 (サンゴ育成を行う場合は照明も増やしましょう) 30cm水槽でしばらく飼育しているとどうしてもレイアウトに手を入れてみたくなります。 現状の水槽に手をいれるのも良いですがいっそのこと新しい水槽でレイアウトをじっくり考えるのもオススメです。 水槽が広くなることでライブロックの量も増えるので魚の数も多少は増やすことができる他、 遊泳層の高い魚を飼育できるようになるのでハギや小型ヤッコなどの魚を飼育することができます。 単純に横幅が1. 5倍になるので使えるスペースが大きくなり置いてみたいサンゴを増やしたり、イソギンチャクを入れてみるのも良いでしょう。 チリメンヤッコ オーバーフロー水槽へスペックアップ 海水水槽で行くつく飼育設備はオーバーフロー水槽です。 飼育しているとあれもこれも魚の数を増やしたくなってしまうものですがプロテインスキマーの能力が入れる魚の数と直結すると言っても過言ではありません。 オーバーフロー水槽はサンプに設置する強力なプロテインスキマーを設置することができ、外掛け式のプロテインスキマーと比べると 何倍も浄化能力が上がります。 そのため 魚の数も何倍も増やすことができるようになります。 サンプ水槽がついているためにヒーターや水温計などの器具を設置できたり、リフジウムにして浄化能力を底上げしたりプロテインスキマーの設置以外にも様々なメリットがあります。 45cmキューブまたは60cmワイドのオーバーフロー水槽が次の大きさの水槽としてはオススメです。

次の

海水水槽の立ち上げ方法をプロが解説!!

海水 水槽 レイアウト

なぜ海水魚水槽にあこがれるのか アクアリウムに興味がある方なら、一度はあこがれるのが 海水魚水槽ではないでしょうか。 海水魚は淡水魚に比べて水質や水温の管理が難しく、 様々な機器と経験が必要です。 また、海水魚などの生体も淡水魚よりも一般的に 高額なため、海水魚水槽に挑戦することに勇気と予算が出せないという方も多いでしょう。 淡水魚は河川や湖などに生息しているため、カルキ抜きした水道水で飼育が可能ですが、 海水生の生物を飼育するためには塩(えん)が入っている水が必要です。 そんな維持管理の難易度が高く、コストも高額になりがちな海水魚水槽を奇麗な状態で管理できれば、同じアクアリストからも一目置かれます。 また、サンゴやイソギンチャクなどの無脊椎動物と、クマノミなどのカラフルな海水魚が同居している海水魚水槽が自宅にあれば、見ているだけで 疲れも癒されることでしょう。 さらに、その水槽を見ながら 晩酌をしたり、インスタグラムなどの SNSに掲載するなど副次的な楽しみ方も満載です。 海水生の生物の飼育には 塩水(えんすい)が必要ですが、 食塩を入れた水では海水とは成分がまったく異なるため、海水魚やサンゴを飼育することはできません。 とは言え、海から天然の海水を大量かつ頻繁に汲んでこれる環境にある方は少ないことでしょう。 そこで 人工海水を使います。 人工海水とは天然の海水を模して、同じような成分比率になるように塩分を配合した液体のことを言い、多くの場合は「 人工海水の素」として 粉末の状態で販売されています。 現在では様々なメーカーから発売されており、種類も豊富で サンゴに必要な栄養素を強化したものや、 コストパフォーマンスを重視したものもあり、必要に応じて使い分けることが可能です。 水族館などの施設は海に面した場所に施設があるため、海から奇麗な海水を汲み上げていますが、最近では人工海水を使用している水族館や施設も増えているようです。 人工海水は水道水に塩(人工海水の素)を溶かして作成しますが、 海水とほぼ同じ塩分濃度で作らなければ海水魚やサンゴなどは死んでしまいます。 そこで、「 比重計」を使用して人工海水の塩分濃度を測定することが重要です。 海生生物にとって適した比重は 1. 023~1. 024です。 人工海水の素は商品によって、適切な比重になるように水に溶かす量が異なるので、パッケージに表記されている分量をよく確認したうえで作成してください。 水の蒸発について 飼育水は蓋をしていても 蒸発し、海水は真水が蒸発しても塩分は失われないので、そのままにしておくと、塩分濃度を表す 比重が上昇します。 前述のように、比重が上がりすぎて適正範囲を外れると海生生物は死んでしまうので、日頃のメンテナンスが必要です。 水の蒸発による比重の上昇を防ぐためには、 最初にセッティングした時の水位をチェックしておくと良いでしょう。 水位の低下(真水の蒸発)が見られたら、カルキ抜きをした水道水を継ぎ足す「 足し水」を行ってください。 塩分は蒸発によって失われないので、水位をチェックして真水を供給すれば、 いちいち比重を測定しなくても適正範囲を維持できます。 水換え 淡水魚の場合は頻度の少ないもので月に1~2回の水換えで飼育できますが、海水魚の場合は水質の悪化などの環境の変化に対する適応力が低いため、 月に最低でも2回の水換えが必要です。 水槽にたくさんの海水魚やサンゴを入れる場合には、 月に4回以上の水換えが必要になる場合もあります。 水換えをする際には、 必ず比重を測定するのと同時に、 水温にも気をつけながら行いましょう。 海水魚水槽の器具類について 海水魚やサンゴを飼育するうえで必要な器具類を以下に示します。 オーバーフロー水槽と呼ばれるろ過システムは能力が高いため、海水魚を飼育するにあたり一番望ましい形式ですが費用がかかります。 今回は自宅でも簡単にできる 外部フィルターを使った水槽機器の選定例をご紹介します。 水槽台• 外部フィルター(サンゴろ材)• 油膜取り• ヒーター• クーラー• プロテインスキマー(外掛け式)• 水流ポンプ 海水魚水槽の場合、水温調節が非常に重要です。 水質悪化を防ぐため プロテインスキマーの設置や 油膜取りを外部フィルターに付けると管理が楽になります。 結論から申し上げますと、 ライブサンドは必ずしも必要なものではありません。 ライブサンドとは、生物ろ過のための バクテリアが付着しているサンゴ砂のことです。 そのため、 水槽立ち上げ時に早期に水質を安定させる、バクテリア剤と同様の効果が期待できます。 しかし、バクテリア剤を添加しても、 含まれるバクテリアが必ずしも定着するわけではありません。 それ故に、バクテリア剤の評価はアクアリストによって分かれます。 ライブサンドに関しても、同様のことが言える点は留意しておいてください。 ライブサンドを導入する最大の利点は、 サンゴ砂を洗う手間が省けることでしょう。 サンゴ砂は販売されている状態だと、大部分の商品で かなりの量のゴミが混入しています。 これらのゴミは製造過程で混入するものがほとんどで、よく洗って除去しておかなければ 生体に悪影響を与える恐れがあり、洗浄作業はかなりの手間です。 その点ライブサンドは、バクテリアを生きたままの状態で流通させなければならないので、管理が行き届いており、洗浄せずに水槽に導入してもゴミが浮いてくるようなことはありません。 ただし、ライブサンドはその分だけサンゴ砂と比較すると 高価である点に注意してください。 そもそも、底砂を入れない方がメンテナンスが楽な生体もたくさんいるので、 底砂の必要性からよく検討したうえで導入してください。 ちなみに、ライブサンドと ライブロックは別物で、後者は一般的な海水魚水槽では 必需品です。 海水魚の投入 水槽や周辺機器の設置が完了したら、 動作確認が取れたタイミングでライブロックを導入します。 その後は 1~2週間、空回しを行って生物ろ過に必要なバクテリアが、ある程度増殖するのを待ちます。 時間がかかると思われるかもしれませんが、淡水と海水に生息しているろ過バクテリアは種類が異なります。 海水生のバクテリアの方が 繁殖速度が遅いので、淡水魚水槽の立ち上げよりも時間がかかるのが普通です。 ライブロックを投入してから1~2週間経過したら、 検査キットを用いて飼育水中の アンモニア濃度や亜硝酸塩濃度を測定しましょう。 水質に問題がなければ生体を入れていきますが、この時に入れる予定の生体を 一度に全て導入してはいけません。 なぜなら、ろ過バクテリアの数がまだまだ少ない状態なので、生体の数が多くなると発生するアンモニアなどの有害物質の分解が追い付かなくなり、 水質の急速な悪化を招くからです。 そのため、完全に新規の立ち上げの場合は、当初は海水魚の数を 1~2匹に抑えて水質の検査をしながら経過を観察し、 徐々に増やしていくようにしましょう。 海水魚水槽の価格について 海水魚水槽一式の価格とは 海水魚の飼育に必要な器具類を一式そろえた時の価格は、 水槽の大きさやろ過の形式によって大きく異なります。 例えば、前述した外部フィルターで飼育環境を管理する設備を、60cm水槽を基準にそろえると必要な初期費用は 5~6万円前後です。 ちなみに、この額は淡水魚水槽を始める時とあまり変わりません。 しかし、最高のろ過能力を持つ オーバーフロー水槽を導入しようとすると 価格は跳ね上がります。 同じ60cmクラスの設備でも、 配管加工を施した水槽だけでも5万円程度かかります。 それに加え、専用の水槽台の導入、水を循環させる十分なパワーがあるポンプの用意などで、一式そろえると 30万円を超えることも珍しくありません。 高価でもオーバーフロー水槽が推奨される理由 オーバーフロー水槽は高価ながらも、海水魚の飼育においては一般的に採用されている形式です。 なぜなら、海水魚を飼育するうえで、メリットとなる点がたくさんあるからです。 その具体例を以下に示します。 水質の維持が容易• 水位を保ちやすい• バクテリアの活動に必要な酸素を供給しやすい• ろ過槽に周辺機器を収納できる オーバーフロー水槽は 飼育水槽とろ過槽が分離しているので、ろ過槽に 大量のろ材を入れることが可能で、 ろ材の交換も海水魚がいない ろ過槽内で行えます。 そのため、 ろ過能力が高く掃除も楽なので、数あるフィルターよりも 水質の維持が容易です。 また、飼育水槽から溢れた水がろ過槽に落ちる仕組みになっているので、 水位の保持がしやすく、小まめに足し水を行わなくても 水槽内壁に塩が析出しないので、見栄えが良い状態を保てます。 水の蒸発自体は生じているので、 ろ過槽に足し水を行う必要はありますが、蓋をすることで緩和が可能です。 足し水といった 日常的なメンテナンスがろ過槽で完結でき、海水魚にストレスを与えないこともメリットの1つと言えるでしょう。 それから、海水は淡水と比較すると 酸素が溶け込みにくいので、上手く溶存酸素量を確保しなければ、 ろ過バクテリアの活動が低下する恐れがあります。 オーバーフロー水槽のろ過槽は通常は開放されており、そこに飼育水を落とすので空気と接触する機会が多く、 ろ過バクテリアに酸素を供給しやすい点もメリットです。 さらに、ろ過槽にはプロテインスキマーやヒーターなどの温調機器といった、 周辺機器を収納できるので、見た目にもすっきりとしたアクアリウムを演出することが可能です。 これらのことから、海水魚水槽にはオーバーフロー水槽が採用されやすいのですが、いかんせん高価なのでご自身がどこまでアクアリウムを続けられるか、予算を捻出できるかなどをよく考慮してから導入してください。

次の

海水水槽のレイアウトのコツを知りたい!

海水 水槽 レイアウト

わざわざ自然にあるものを採取しているから普通の岩の比べると高いんだヨ。 じゃあライブロックがもたらすメリットを解説するヨ。 ロボうぱ ライブロックの機能・役割 ライブロックにはいくつかの役割がありますが、主な機能は水の浄化作用です。 バクテリアによる浄化作用 ライブロックは多孔質の素材になっており、水を綺麗にする微生物及びバクテリアが繁茂しやすい構造になっています。 ライブロックには 複数の浄化バクテリアが付着しており、複数種類の有害物質を浄化することができます。 特に水槽立ち上げ時は浄化バクテリアがいないためライブロックから有益なバクテリアがやってくることにより水槽の浄化システムを作ることができます。 またライブロックに付着しているゴカイなどの生物は砂中の掃除を行ってくれたり、海藻が付着している場合は海藻による浄化作用も期待できます。 ライブロックを導入しないとこの浄化作用が無いため、ライブロックが海水水槽に必須だと言われているのはこのためです。 ライブロックを入れると自然の浄化作用を水槽に持ち込むことが出来るんだヨ! ロボうぱ 砂やフィルターにもある程度浄化作用がある 砂を厚めにしいたり、フィルターを設置することでも水の浄化を行うことができます。 しかしライブロックの浄化能力に比べると砂やフィルターによる浄化能力は低くなりがちなため、 ライブロックを導入するのがオススメです。 浄化できる範囲も生物濾過のみのため、ライブロックが浄化できる様々な要素(ゴカイによる砂中の浄化作用、海藻による浄化作用、嫌気バクテリアによる脱窒などなど)と比べると カバーできる範囲も劣っています。 強力なフィルター(外部式フィルター+リング状濾材など)を使用している場合でも、ライブロックが分解できる有害物質「硝酸」が分解できないためライブロックを導入するメリットがあります。 魚の隠れ家 ライブロックは入り組んだ形状をしているため組み合わせることで魚の隠れ家となることができます。 水槽にライブロックで暗いところを作るだけでも魚が安心するため 魚が受けるストレスを緩和する機能があります。 ある程度大きいライブロックは小さなくぼみがあることもあり、ハゼ類などの良い住居にもなります。 少なすぎると浄化能力が期待できないから、ある程度の量は入れるようにしよウ! ロボうぱ 多すぎないこと しかし導入するライブロックが多すぎてしまうこともいけません。 ライブロックを多く入れてしまうと水が通らない 「淀み」が多くできてしまい、水質悪化や病原菌の温床になってしまいます。 そのため水通しがあまり悪くならない量に留める必要があります。 水槽サイズに対するライブロックの費用 ライブロックは質などにもよりますが、適切な量だと30cm水槽で3,000円~10,000円程度のライブロック代になります。 60cm水槽で10,000円~30,000円ほどの費用になります。 ライブロックはそこそこ値段がするため、初心者にはあまり大きくない水槽のほうが値段が抑えられるため、ある程度大きくない水槽の方がオススメです。 良質なライブロックの選び方 質の悪いライブロックは微生物が住み着いておらず、浄化能力が低いため ある程度状態の良いライブロックを選ぶことがポイントです。 店によっては状態の悪いライブロックは販売していないショップも多いため、ホームセンターよりかは実績のありそうなショップで購入するのがオススメです。 色が紫で、白い部分が少ないこと 白い部分は微生物が付着していない証拠です。 ライブロックの紫部分は「石灰藻」と呼ばれる藻で、この石灰藻は良い環境じゃないと付かない藻です。 石灰藻が付着して 紫色及び赤色をしているということは良いライブロックだと言えます。 びっしり紫なライブロックは満点ですね。 ショップによってはSグレードと区別して売られている場合もあります。 ある程度紫色をしていれば一定の水準はクリアしていますので、全身紫じゃないとダメということはありません。 逆にほぼ白いものは死んだライブロック「デスロック」と呼ばれてライブロックとは区別され避けられています。 これだけでも8個のライブロックで構成されています ライブロックは組み合わせがしやすい形であるかどうかもポイントです。 例えば球体に近い形は組み合わせる時に使いづらい形の代表です。 ある程度形が曲がっていたり、複雑な形をしているとライブロックを組んだときに噛み合わせることができるため、安定感ができて使い勝手が良いです。 大きいライブロックだけではなくやや小振りなライブロックも購入するとレイアウトの際に活躍するでしょう。 キュアリング ライブロックは水槽に入れると、新しい環境に馴染めなかった生物が死んでしまって水を汚してしまいます。 またショップで販売されている段階で死んでしまっているのもあり、そのまま水槽に入れるのは適していません。 死んだ微生物や生体をかき出すのが「キュアリング」と呼ばれる作業です。 キュアリングの方法 バケツに海水を張り、強めのエアーレーション(ぶくぶく)を行って 水流とエアーにより汚れをかき出すようにして3日~一週間ほど放置します。 汚れてきた海水は何度か取り替えて汚れがある程度でなくなるまでキュアリングを継続します。 あまり汚れが出なくなり、匂いも臭くなくなったら水槽に投入することができます。 特にいまある水槽に追加を行う場合は、水を大量に汚してしまうことにより今ある生体に被害を与えてしまうため必ずキュアリングを行うようにしましょう。 ショップによってはキュアリング済みのものを販売している場合もあります。 新しく立ち上げる水槽なら水槽でキュアリングを行う方法もあるよ! 既存の水槽にライブロックを追加する時は必ずキュアリングが必要だヨ! ロボうぱ 水槽でのキュアリング 新しく立ち上げる水槽の場合はバケツでキュアリングをせずに、水槽に設置して設置してある水流ポンプにより汚れを吐き出してキュアリングを行う方法もあります。 バケツでキュアリングをした場合と比べ水槽の水が非常に汚れるので、 キュアリング後は硝酸塩の測定を行って硝酸塩濃度をある程度のラインまで落とすことが必要です。 シャコは取り除く ライブロックをキュアリング中、夜間に「パチッ、パチッ」と弾けるような音がする場合はシャコもしくはテッポウエビが住み着いています。 テッポウエビであればほぼ無害ですが、シャコの場合は取り除く必要があります。 シャコは強力なパンチで魚を襲って食べてしまいます。 しばらく被害が無くてもシャコが成長して大きくなってくると魚を襲うようになります。 後からシャコの存在に気づいた場合、 駆除には多大な労力がかかりますのでこの段階で取り除いてしまいましょう。 シャコがいると気づかない内に魚が食われちゃうヨ!必ず取り除こう! ロボうぱ シャコの取り除き方 ライブロックを分けていって、 音がするライブロックを特定します。 特定したライブロックを目視で確認していそうな穴に対して強力にエアーレーションを行うようにすることで、たまらずシャコが穴から出てきます。 その際ライブロックを宙吊りにするか、下にプラケースなどを置いて 出ていったシャコがライブロックに戻れないようにしましょう。 これでも取れない場合はライブロックをハンマーで砕いてシャコを取り除くか、いそうな穴に熱湯を注いであぶり出します。 熱湯を注いだ部分はデスロックになるため、ライブロックを砕いたほうが良いかはケースバイケースです。 ライブロックはハンマーで簡単に割れるので小さなライブロックが欲しい場合は割るほうがよいでしょう。 サンゴガニはサンゴと共存関係にあってサンゴを食べるオニヒトデなどからサンゴを守っているヨ!良いヤツ! ロボうぱ ライブロックの置き方・配置方法 ライブロックを設置する上でのポイントとレイアウト例を解説します。 ガラス面から隙間をあけて配置する ライブロックを壁と隙間なく設置してしまうと壁とライブロックの間は水が流れなくなってしまい、病気や汚れの温床になってしまいます。 ライブロックはガラス面及び壁からは少し離して設置し、ライブロックを囲むように水流が流れるイメージで設置しましょう。 水の流れを阻害しない置き方になっているかがポイントです。 一部分だけ壁に接触している等あまり阻害していないなら良いでしょう。 ウェーブポンプを新たに設置してライブロックを囲むような水流を起こすのも効果的です。 写真のライブロック群には後ろにウェーブポンプが置かれており、淀みがないように工夫されています。 底の設置面積は少ない方が良い あまり底を埋めるようにおいてしまっては水通しが悪くなりますので全体的に低めに設置するか、ライブロックを高く積むように設置するのがベターです。 プラスチックでできたライブロックスタンドを床に設置して、ライブロックを底から浮かせるようにする人もいるほどです。 スタンドを利用して底から離すように設置するとライブロックの下にも水の流れができるため一層淀みのできにくい環境にすることができます。 壁と離して設置することも含め、 「水通しが良いレイアウトになっているか?」がポイントになります。 ライブロックの組み方の例 ライブロックを組む上で参考となるレイアウト例をご紹介します。 山レイアウト 中央または左右に山のように積み上げていくレイアウトです。 サンゴも置きやすく使いやすいレイアウトです。 積むと迫力が出ますが 小型水槽だと圧迫感が出てしまうためある程度抑えるか、あえて浅めの山にしても良いでしょう。 大きく積むのは小さな水槽よりかは大型水槽に向いたレイアウトです。 石灰藻が増える条件はシビアで時間がかかるし、初心者だとコケまみれのデスロックができるのがオチだよ! ケチらずにちゃんとしたライブロックを用意してネ! ロボうぱ まとめ ライブロックに関するポイントを箇条書きにまとめます。 ライブロックは自然海の岩で、水槽に持ち込むことにより自然の浄化作用を持ち込むことができる。 ライブロックを選ぶポイントは「紫・赤」が多く、軽くて腐った匂いがしないものが良質なライブロックである。 ライブロックを水槽に入れる前にはキュアリングという作業が必要である。 キュアリング中シャコがいると判明した場合は必ず取り除いておくこと。 ライブロックを置く際は水通しがあまり悪くならないように、壁と少し離して設置を行うこと。 参考になれば幸いです!.

次の