手間 の かからない ペット。 手がかからないペットっているの?基本あまり手がかからないペット5種

一人暮らしで飼いやすいおすすめのペット19選!猫や犬以外の小動物も紹介

手間 の かからない ペット

マンションのペット禁止事情は様々ですが、犬や猫だけではなく、 規約が生き物全般を指している場合は、小型動物や魚も不可になります。 生き物はどんなに上手に飼養することができても衛生問題は必ず付いて回るため、 近隣住民に対して問題が起こりやすいので、必ず事前にご確認ください。 マンションでは、ハムスター、モルモット、ミニウサギ、リス、フェレットが多いと聞きます。 大きな鳴き声はありませんが、相応に世話をしないとすぐに死んでしまいます。 どの小動物も寒暖の差に弱いです(夏場は特に置き去りにできません)。 ハムスターは夜行性ですので、回し車などが夜中に回るとけっこう耳に障ります。 かといって運動不足になれば寿命を縮め、ストレスから逃げ出したり、 最悪の場合は飼い主にも噛みつく可能性もあります。 噛まれた場合、ハムスターはアナフィラキーショック(急性アレルギー)を起こしたり、 他の小動物からもバクテリアを媒介し感染症が出る可能性もあります。 いずれも極めて稀な例ですが、小動物だから…という安心はありません。 事前にペットショップで見て、動物系の資格を持つ店員に飼い方を聞くか、 または実際にお飼いになっている方からお話を伺ってから決めるのも良いと思います。 獣医さんの所在も確保しておくのも必要です。 小動物でも犬や猫と変わりはありません。 ただ、近い将来、妹さんが身重になる事を考えると、 世話そのものがお辛くなる事でしょうし、生き物からの感染症は懸念材料になります。 旦那さんとも世話を共有できるか、後々の事も考えてお決めになった方が良いです。 動物は、飼えなくても、触れ合いや見学の機会は探せばあります。 関東近県にお住まいでしたら下記の動物イベントもご参考に。 参考URL: Q 初めてうさぎを飼育しようと考えています。 うさぎさん専門のペットショップで購入予定です。 ネザーランドドワーフを考えています。 初めて飼いますので、 男の子か女の子か、どっちの方が比較的飼いやすいのか、と思って、 うさぎの飼い方本やネットで調べたところ、 男の子はオシッコを飛びちらしやすい、 女の子は赤ちゃんを産まないと子宮や卵巣の病気になる確率が非常に高くなる、という内容が書かれていました。 購入予定のお店の店員さんに聞いたところ、 「男の子でも女の子でも、個体差があるから一概にどうとは言えない。 男の子か女の子かわからないで飼っている場合もある。 」と言われました。 飼育は室内のケージ飼いの予定で、飼い主は平日の日中は留守にします。 一匹で飼う予定で、今のところ、今後お見合いして赤ちゃんをつくることは考えていません。 男の子と女の子、どちらがおすすめか皆様のアドバイスをお伺いしたいです。 よろしくおねがいします。 A ベストアンサー こんばんは。 専門店の店員さんの仰った、 「男の子でも女の子でも、個体差があるから一概にどうとは言えない」 というのが正解かと思います。 「男の子か女の子かわからないで飼っている場合もある」 この言葉の意図は良く分かりませんが。 オシッコ飛ばしは主にオスに見られる行動ですが、メスでもやる子がいます。 オスは去勢することでやらなくなる子が多いようです。 メスはご存知のとおり妊娠出産しないと子宮や卵巣の病気になる確率が高いと言われています。 かといって生まれた赤ちゃんを全部面倒見る覚悟がなければ、安易に繁殖するものでもないと思います。 子宮や卵巣の病気を防いで健康に長生きしてもらいたい、繁殖のつもりがないならば1歳前後で避妊手術をすることが勧められています。 但し、去勢・避妊とも手術の際の麻酔で極々稀に命を落とす可能性もあります。 飼い主さんでメリットとデメリットを天秤に掛けて、ウサギのためにどちらが良いか判断なさるのがいいと思います。 私がいつもエサなどの買い物に行くウサギ専門店さんはブリーダーとしての登録もなさっていますが、血統と共に親ウサギの性格(穏やかで人懐っこい)も考慮して繁殖なさっているので、そこのお店出身の子はオスでもメスでも器量良しばかりです。 その辺り、dermaさんの行かれたお店ではいかがでしたか? それから、お迎えする際は生後2ヶ月以降の子がお勧めです。 生後1ヶ月くらいからお店に出されている子もいます(そういったことをするお店自体、ウサギの生態の理解が不十分と感じられ個人的にはお勧めできません)。 確かに可愛らしいですが、母ウサギから充分におっぱいをもらう前に離乳させられている可能性もあり、結果として身体の弱い子に育つ恐れがあります。 また、些細なことで突然死も多い時期です。 不測の事態に備えて、予めウサギに詳しい(強い)病院を探すこともしておいたほうがいいですよ。 ウチには去勢済みのオスのミニウサギがいます。 ロップの血もネザーの血も入った思いっきり雑種ですがオシッコを飛ばさないどころかトイレしつけバッチリで糞さえもトイレでしかしません(糞はどこででもする子がほとんどです)。 親バカを承知で言いますがとっても可愛い、いい子です。 専門店の店員さんの仰った、 「男の子でも女の子でも、個体差があるから一概にどうとは言えない」 というのが正解かと思います。 「男の子か女の子かわからないで飼っている場合もある」 この言葉の意図は良く分かりませんが。 オシッコ飛ばしは主にオスに見られる行動ですが、メスでもやる子がいます。 オスは去勢することでやらなくなる子が多いようです。 メスはご存知のとおり妊娠出産しないと子宮や卵巣の病気になる確率が高いと言われています。 かといって生まれた赤ちゃんを全部面... Q 子供の頃、親戚の庭でモルモットを屋外飼育していたのを覚えています 屋内ではハムスターやはつかねずみを飼育されていました 最近子供がハムスターやモルモットに興味を持ち始め、飼いたいと言われたのですが 屋内で飼育するのは匂いなど諸事情で却下しました 野外で飼育できるモルモットがいるからそれにしてくれと納得してもらったのですが、、、 いざ調べてみるとどのモルモットも屋外では飼育できないと書いてあります 外敵もですが温度や湿度に適温できないからだと、、、 しかし、間違いなく私が子供の時に親戚の庭で放し飼いされていました 一時的でなく通年飼育でした 庭で犬と放し飼いされていて犬小屋の下に穴を掘って巣をつくっていました 放し飼いの犬はじゃれたり噛んだりせず無視状態で家は隣接道路から擁壁で数メートル高くフェンスで囲ってある家だったので犬や環境に守られていたからです しかし温度が低いと生きれないとは知りませんでした? 特殊な種だったのでしょうか? そんな種があれば教えてください A ベストアンサー こんにちは。 アパートやマンションなど集合住宅や賃貸の場合は、 かならず、ペット可かどうかをまず確認して下さい。 他の方もおっしゃってますが、 出る際の修繕費も考慮しないといけなくなりますので。 ペットを飼うのでしたら、 手間はかかるものだという認識の方が良いです。 お魚系なら、お水の取り替えが必須です。 水槽の大きさを考慮し、自分でマメに掃除してあげられる大きさじゃないと。 お魚の種類によっても、飼いやすさの差は大きいと思いますから 知識も必要だと思います。 ハムスターやリスなどの小さい動物は、 比較的飼いやすい印象がありますが、 基本夜行性ですから、夜になると暴れます。 運動不足を解消する為の輪を入れることになりますが、 夜中、カラカラカラカラと結構音がします。 また、暑さにも弱い。 夏の間、日の当たらず、風通しが良い場所があるかどうかが大事です。 なければ、クーラーをつけたまま家を空けるくらいしないと死んじゃいます。 また、生きる年も比較的短いので、その辺をきちんと理解しないとダメですね。 ウサギは、鳴かないので人気ですが、本当に寂しがりやです。 コンセントなどをかじりますのできちんと対応しないと感電死します。 絨毯なども、穴を掘る習性があるのでホリホリしてぐちゃぐちゃにします。 きちんとした知識がなければ、ウサギちゃんのストレスになるので 飼うなら家を極力留守にしないという覚悟が必要です。 犬猫鳥は、鳴くのでアパートなどではNGです。 走り回ることも多いので、 すぐにバレるし、ニオイもしますから。 ごまかせません。 のんびりと…となるなら、亀ですかね。。。。 もちろん、衛生面をきちんと整えて、 気温なども考慮しないといけないと思いますが、 比較的、生命力は強いと思います。 ただ、種類によっては、かなり長生きするうえに、 かなり大きくなることもあるので、ちゃんと最後まで育て切り、 一生を面倒見る覚悟は必要です。 飼えなくなったから、懐かないから捨てるなんて人が増えてますが、 全部、人間のわがままと身勝手さと責任のなさの表れです。 最低ですから。 一人暮らしでペットを飼うのでしたら、 最初の予算だけではなく、月どのくらいのお世話代がかかるのかも きちんと考えておかないとキツいですよ。。。 どんなペットでも、自分1人で世話しないといけないので、 そこそこ遊びに行く事もできませんしね。 旅行なんて話になりませんから。 時間があるなら、ペットと遊んであげないと。 いざって時に、家族が預かってくれるかなども 飼う前にきちんと確認をとるなどしてから飼うようにして下さい。 こんにちは。 アパートやマンションなど集合住宅や賃貸の場合は、 かならず、ペット可かどうかをまず確認して下さい。 他の方もおっしゃってますが、 出る際の修繕費も考慮しないといけなくなりますので。 ペットを飼うのでしたら、 手間はかかるものだという認識の方が良いです。 お魚系なら、お水の取り替えが必須です。 水槽の大きさを考慮し、自分でマメに掃除してあげられる大きさじゃないと。 お魚の種類によっても、飼いやすさの差は大きいと思いますから 知識も必要だと思います。 ハムスターやリス... Q 11月下旬の1週間、海外旅行をする予定です。 ハムスター(生後1年半ぐらい)を飼っているのですが、留守中にハムちゃんを 1 ペットホテルに預ける 2 実家に預ける(うさぎを飼っている) 3 友人に預ける(皆、遅くまで働いていて、短時間しか家にいない友人ばかり) 4 家に置いておく 5 家に置いておき、ペットシッターさんに来てもらう ・・で悩んでいます。 1 がベストかな?と思っているのですが、本によると短い期間なら環境を変えないほうがストレスを与えないので良いとも書いてあります。 1週間は「短い期間」には、入らないですよね。 現在は私が毎日餌&水をあげているのですが、以前に主人が一人で飼っているときは、たっぷり餌と水を置いておけば1週間くらい放っておいても元気にしてたそうなのですが。 11月下旬なので、気温も気になります(住まいは東京です)。 ハムちゃんにとってベストなのは、どんな環境でしょうか? 上記の他、良い対策がありましたら、教えてください。 どうぞ、よろしくお願いします。 A ベストアンサー marotantanさん、はじめまして^^。 仰るように1週間は、ちょっと短期間ではありませんよね^^;。 優等生的な回答では(笑)、ペットを飼ってらっしゃる方には基本的には長期旅行をしていただきたくないのですが^^;、普通に生活していればそうはいかないことがありますよね。 そこで、その対応をどうするかということなのですが、ハムスターに限って言えば、私はペットホテルに預ける気にはなれません。 と言うのも、ハムスター専用のペットホテルならまだしも、普通のペットホテルだとハムスターにとって野性下では「敵」となり得る動物もすぐ側に居るかもしれないからです。 それ(猫&鳥などの鳴き声や羽ばたきなど)が始終しているということは、ハムスターにとってストレスが大きすぎると考えるからです。 この点は、動物病院で預かってもらうとしても同じでしょう(勿論、ハムスターと鳥や猫などとは別のスペースで預かるという病院は別ですけど)。 で、私が一番いいと思うのは、ハムスターをきちんと飼っていて(適正飼養している)信頼できる友人に預かっていただくことだと思うのですが、marotantanさんの選択肢の中にはないので、そういう方はいらっしゃらないのですよね?(もしいらっしゃるならそうしてあげてください。 一番、安心できると思います。 ) もし、そういう方がいらっしゃらないとして、marotantanさんのあげられた選択肢の中で選ぶとしたら、「実家に預ける」か、「友人に預ける」だと思うのですが、そのどちらも「きちんとハムスターの世話をしてもらえる」というのが絶対前提ですよね。 ハムスターの場合、散歩やスキンシップを必ずしも必要とはしないので(慣れていない方にしていただくのも不安ですしね^^;)、その点では在宅時間の短い方でも困らないとは思います。 ただし、餌・水やりとトイレ掃除は毎日必要になると思うので、それをしていただけるかだけは確認してくださいね。 何にしても、いきなりはやり方がわからないと思うので、marotantanさんが旅行に行かれる前に、一度ご実家へハムスターを連れて行かれて(もしくは友人にお宅へ来ていただくか)、掃除の仕方などを「こんなふうにして欲しいの」と見せられてみてはいかがでしょうか。 それを見て「それなら出来るよ」と仰ってくだされば、預けても大丈夫だと思いますよ。 それと、注意事項(噛みつく可能性もあるコト、与えてはイケナイ物があるコト、適温などなど)を伝えるのも忘れずに^^(私なら「お願いしたコト以外は一切しない&与えないでね^^;」とお願いします(爆))。 ただし預ける以上、万が一、何かあった場合でもその責任は不問という姿勢で居るべきだと思います^^;。 厳しいことを言いますが、その人を信頼して「預かっていただく」わけですから、何かあってもそれはmarotantanさんの自己責任においてなされたということで・・・・・勿論、そういう悲しいコトがないように、しっかりと預かってくださる方に基本的なコトは伝えておいてくださいね(メモ書きして渡すと良いですよ^^)。 そして、何かあった時のため、かかりつけの動物病院の連絡先なども忘れずに。 出来るだけ、家に置いていくということは避けてあげてください。 marotantanさんの仰るように気温も心配ですし、何か事故があった時(足を挟んでしまったとか)も不安ですしね。 1週間、同じお水というのもかわいそうですし^^;。 marotantanさんが安心して旅行に行けるようにしないと、せっかくの旅行も楽しくないでしょうから、万全の体制とはいかなくても、それに近い状態で旅行に行かれますように^^。 お気をつけて行ってらっしゃい&良いご旅行を^^。 marotantanさん、はじめまして^^。 仰るように1週間は、ちょっと短期間ではありませんよね^^;。 優等生的な回答では(笑)、ペットを飼ってらっしゃる方には基本的には長期旅行をしていただきたくないのですが^^;、普通に生活していればそうはいかないことがありますよね。 そこで、その対応をどうするかということなのですが、ハムスターに限って言えば、私はペットホテルに預ける気にはなれません。 と言うのも、ハムスター専用のペットホテルならまだしも、普通のペットホテルだとハムスターにとって野... Q うさぎの飼育費を安くしたいです。 現在、ロップイヤーのうさぎを一匹飼っています(5年目です)。 しかし、少し前に私自身が突然の長期の病気になり、医療費が今後沢山かかることになりました。 なので、ウサギの飼育費用を何とか工夫して減らしたいと思っています。 (もちろん自分自身の生活水準も下げています。 服を買ったり、友人と遊んだりなど、普通の人がしていることは一切しておりません。 ) 1 今、トイレにはペットシーツを適切な大きさに切ったものを引いています。 2 牧草やペレットは、ネットショップで大量に購入すると安くなるものを与えています。 ただしペレットは、バニーセレクションと言う結構高級なものです。 ここが正直ネックです。 3 雨水で、ケージやトイレを洗っています。 ペットシーツとペレットがかなりの出費なのですが…。 他に出来る工夫はないでしょうか。 どうぞ宜しくお願いいたします。 とても可愛いので、最後まで責任を持って飼い、手放したくはないと考えております。 A ベストアンサー こんにちは。 ウサギの経費削減は本当に悩ましいものですねぇ。 1 今、トイレにはペットシーツを適切な大きさに切ったものを引いています。 我が家のウサギどもがお世話になっているウサギ専門店では、トイレ全体にキッチンペーパー(或いは新聞紙)を敷いて、おしっこをする位置に砂を少し入れているみたいです。 それで経費削減と清潔を保っているみたいですよ。 キッチンペーパーなら100円均一でも売っているし、半分の切り目も入っているものもあるのでこの部分でコスト落とせそうな気がします。 2 牧草やペレットは、ネットショップで大量に購入すると安くなるものを与えています。 ただしペレットは、バニーセレクションと言う結構高級なものです。 ここが正直ネックです。 1さんが答えていらっしゃる通り、OXBOW社の「バニーベーシックスT」なら比較的経済的ではないかと思います。 それに、粗繊維のパーセンテージが高いので、富山のウサギにとても詳しいダックス先生もPUSHのペレットです。 ただ、本当に硬いのでウサギさんが気に入ってくれるかどうかですねぇ…。 我が家には、ウサギが2羽いて1羽がドワーフロップイヤー(長毛種)もう1羽がミニウサギで短毛種なんですよね。 最初はバニセレあげていたんですけれど、長毛種が毛球症になりやすくて、バニーベーシックTに切り替えました。 うちのロップイヤーは食いしん坊万歳で抵抗なく食べてくれました。 ロップイヤーは性格的におっとりしているので、切り替えもうまくいきそうな気がします。 我が家では、ウサギ専門店で1番刈り(牧草チリを落としていないものを頼むと価格がグッと安くなるのでそれをお願いしています。 )を買いますが、それ以外はだいたいネット通販で頼んでます。 時々、バーゲンみたいなのをやっていて、先日も商品購入する際にトイレの砂がどこよりも安かったのでまとめ買いしました。 上手にネットを利用すると、買いに行く時間や移動にかかる経費等省けて良いと思います。 我が家では、楽天のマペットという会社を利用しています。 1番刈り以外に2番刈りも与えているのですが、マペット社の取り扱う牧草(牧草市場というところが取り扱っている牧草でもあります)比較的安いし、サンプルも手に入り、なおかつついでにペレット等が安く手に入るので割と活用させて貰っています。 あとは、普段のウサギの経費を落としつつ、病気にさせない工夫が必要になってくるかと思います。 病気になったらウサギの治療費もかかってきますからね。 そういう意味では、ウサギにマッサージしてあげられると良いのではないかと思います。 私はマッサージ本持っていますが、定期的マッサージを行い、時々お腹の張り具合を触診で判断して、状況に応じて毛球予防クリーム(猫用でもOK)をあげたり、普段よりペレットを少なめにして牧草多めにしたりして工夫しています。 アドバイスという程のものではないですが、こんなところでしょうか。 長期の病気治療は大変ですね。 一日も早い回復と、最後までウサギさんと仲良く過ごせることもお祈りさせていただきます。 どうぞお大事になさって下さい。 こんにちは。 ウサギの経費削減は本当に悩ましいものですねぇ。 1 今、トイレにはペットシーツを適切な大きさに切ったものを引いています。 我が家のウサギどもがお世話になっているウサギ専門店では、トイレ全体にキッチンペーパー(或いは新聞紙)を敷いて、おしっこをする位置に砂を少し入れているみたいです。 それで経費削減と清潔を保っているみたいですよ。 キッチンペーパーなら100円均一でも売っているし、半分の切り目も入っているものもあるのでこの部分でコスト落とせそうな気がします。...

次の

お金がかからないペット6種

手間 の かからない ペット

「ペットを飼ってみたいけれど費用が高すぎる」と諦めていませんか? しかし、ペットの中には比較的安く飼うことのできる動物もいます。 この記事では、費用面を考慮したペットの選び方やおすすめの動物情報をご紹介します。 ペットを買いたいと思っているけれど費用面で躊躇している、という方はぜひ参考にしてみてください。 一人暮らしでペットを飼いたい人に向けて まずは一人暮らしでもペットが飼えることや、ペットを飼う際の注意点をご紹介します。 一人暮らしでも飼えるペット 一人暮らしをしているほとんどの方は、アパートやマンションにお住まいでしょう。 このような物件はペット禁止の場合も多く、ペットの飼育を諦めている方も多いのではないでしょうか。 しかし、ペット不可物件はほとんどの場合犬や猫を想定しており、小さい動物なら飼える場合があります。 もちろん大家さんや不動産屋に相談してみることは必須ですが、毛が抜けない、臭わない、など近隣への影響を考慮したうえであれば、飼育を許可してくれるケースも多いようです。 お金のかからないペットがおすすめ 動物そのものの値段だけではなく、トイレやペットフード代、保険料、病気や怪我の治療費などペットの飼育はお金がかかると考える方も多いでしょう。 しかし、できるだけ飼育費を抑えたいという方は動物選びで飼育費を抑えることができます。 本記事では、比較的お金がかからず、一人暮らしの方でも手軽に飼育できる動物たちをご紹介していきます。 ペットを飼う際の注意点 どんな動物でも、ペットを飼育するということは命を預かるということです。 飼い主にはきちんと育てる責任があります。 その動物の寿命まで責任を持って飼育する覚悟あるか、飼育する前に一度考えるようにしましょう。 また、一人暮らしの場合、出張や旅行の際、家を留守にする機会もあるでしょう。 代わりに面倒を見てくれる人の確保や、長期間の遠出は避けるなどといった工夫も必要です。 旅行で長期間家を空けることが多い場合や、出張が多い場合は、動物の負担になってしまうので飼育はあまりおすすめできません。 自分の生活スタイルを考慮した上で、飼育を検討するようにしましょう。 お金のかからない小動物ペット3選 犬や猫に比べて、比較的お金のかからないペットの飼育を検討されている方には、小動物の飼育がおすすめです。 おすすめの動物とそれぞれの特徴や価格帯、飼育費などをご紹介します。 手のひらサイズで飼育にも比較的手間がかからないので、初めて動物を飼う方や一人暮らしの方にはおすすめのペットです。 ハムスターは飼い主になつくと、声をかけるだけでケージから出てきてくれたり、手のひらの上で餌を食べてくれたりします。 また、赤ちゃんのころから飼い始めるとよりなつきやすい傾向にあるようです。 ハムスターの寿命はそれほど長くなく、2〜3年といわれています。 飼うときの注意点としては、病気防止のため飼育ケージの衛生管理を怠らないことです。 水を毎日変え、マメに掃除してあげることが長生きさせるためのポイントです。 その愛くるしいルックスや人懐っこい性格から、こちらも人気の小動物です。 ピョンピョン跳ねる動きも特徴のひとつでウサギを散歩させる「うさんぽ」が流行っていたこともあるほど。 ウサギは静かに過ごすことが多いのですが、なつくと飼い主の方に寄ってきたり、ペロペロ舐めたりとスキンシップをとります。 寿命は、5〜10年ほどで理想的な環境で育てば15年ほど生きることもあります。 うさぎはストレスを感じやすい動物なので、広々としたトイレを設置し、適度に運動させることが重要です。 そのおっとりした性格とつぶらな瞳が愛おしく、近年ペットにする方も増えています。 ハリネズミは夜行性で警戒心が強く、繊細な動物ですので、徐々に人に慣れさせることが重要です。 飼い主に慣れると、手のひらでくつろいでくれるようにもなります。 寿命は5〜10年と小動物の中では長生きです。 基本的にスキンシップを好まない動物なので、抱っこなどは適度に行い、過度なストレスを与えないことが重要です。 こちらでは、鳥類の中でも特におすすめの種類と、特徴や価格帯、飼育費などをまとめました。 近隣の迷惑になるほど大きな声で鳴くこともなく、臭いもほとんど気にならないため、マンションやアパートでも安心して飼育できます。 ヒナから育てれば、人懐っこい性格になり、ケージから出しても飼い主の肩にとまったり、手の平に乗ったりと愛情を確認することができます。 平均寿命は7〜8年ほどです。 文鳥は熱帯地方の鳥なので比較的暑さには強いのですが、寒さが苦手なので、なるべく飼育環境の温度は一定に保つ必要があります。 とても人懐っこく好奇心旺盛なので、たくさんコミュニケーションをとりたいという方にはもってこいのペットです。 また、言葉をたくさん覚えてくれるのも魅力です。 インコの平均寿命は文鳥同様7〜8年ですが、大切に育てれば10年以上生きることもあります。 インコは鳴き声によって、そのときの感情を表現します。 こういった鳴き声の変化からインコの気持ちを理解し、それに応じていくことが飼育のコツといえるでしょう。 性格的にはかなり臆病で神経質な側面がありますが、飼い続けるうちに徐々に飼い主にも慣れていくようです。 また、卵から孵化させて育てるとよりなつく傾向にあります。 ウズラは、基本的に飛ぶことはなく、地面をジャンプしながら移動するのが特徴で、ケージで飼う場合はなるべく広いものを用意してあげる必要があります。 飼育下での平均寿命は、インコ同様およそ7〜8年です。 注意点としては、うずらの鳴き声は想像以上に大きいので、壁が薄い部屋の場合だと近隣の迷惑になる可能性があります。 また、ウズラは大きな音や強い光が苦手なので、快適な生活が送れるよう、なるべく刺激の少ない環境で育てましょう。 ペットは私たちのパートナーとして、寂しい気持ちを癒してくれたり、クスッと笑わせたりしてくれるかけがえのない存在です。 ぜひ素敵なパートナーを見つけて、一緒に楽しい時間を過ごしてみてください!.

次の

ペットを飼ってみたい人必見!お金のかからないペットとは?

手間 の かからない ペット

筆者も熱帯魚を長年飼っていましたが、ヒーターを入れて温度管理はヒーターにおまかせで、時々水槽のお掃除をしてあげるぐらいで、手間が全然かかりませんでした。 金魚や熱帯魚も慣れてくると、水槽をコツコツって叩くと寄ってきたりかわいいですよ! 旅行の時などは、ゆっくりと溶ける固形の餌もありますし、水槽にセットしておけば、自動でその時間に餌をあげてくれるアイテムなどもあります。 臭いもほとんどないし、何よりも静かで、見ているだけでも癒されます。 *注意点:水温が高くなり過ぎたり、低くなり過ぎたりすると、病気になったり死んでしまったりすることもあるので、冬場はヒーター、夏場は、日陰において、室温が高くなり過ぎないようにしましょう。 鳴き声も出さないですし、餌をあげるのも簡単!回し車を回したり、餌を食べる時の可愛らしい顔も見ていて癒されますよね~。 ペット初心者にはお勧めのペットです。 *注意点:夜行性なので、夜に回し車を入れたままだと、カラカラと音がうるさい場合もあるみたいです。 温度に敏感な生き物で特に暑さが苦手なので、夏場の温度管理はしっかりしてあげたほうがいいですね。 後は、たくさん一度に同じケースで買い過ぎるとストレスで共食いなんて事もあるみたいなので、気をつけましょう。 うさぎは、お散歩の必要もないですし、人にもよく懐くと言われています。 トイレもしつけるとすぐに覚えてくれることが多いので、トイレのしつけも楽ですね。 ケージ飼いが基本ですが、ケージから出して遊ばせることが出来るもいいですね。 愛らしくて、ふわふわの毛をなでてるだけで、癒されそうですね。 *注意点 ケージから出すと、コード類をかじることがあるので、要注意! 壁紙などを歯でひっかいてしまうことがあるので、出しているときは注意をした方がいいです。 温度に敏感なので、温度管理はしっかりしてあげましょう。 大きくなるタイプのうさぎさんもいるので、ペットショップなどで事前に相談するのが いいですね。 ミシシッピニオイガメという種類のカメは、成長しても最大甲長13-4㎝にしかならないようなので、一人暮らしでも飼いやすいですね。 よく縁日で売っているミドリガメは、成長するとティッシュ箱ぐらいの大きさになるようなので、一人暮らしには、あまりおススメ出来ません。 カメもお世話は、一日一回水を変えてあげることと朝晩の餌をあげる事ぐらいです。 餌も数百円から売っているので、学生さんにもおすすめです。 慣れないのでは?と思われているカメですが、首をもちあげてこちらを見てくれたり、餌をもらえるのを覚えて反応したり、かわいいですよ~。 *注意点 餌の食べかすや糞が水の中に溜まりますので、お水は毎日変えてあげたほうがいいです。 種類によっては、ヒーターを入れたり温度管理もしないといけない種類もあるようなので、ペットショップでしっかりと相談してからの方がいいと思います。 カメはある程度大きく成長しますし、長生きするので、飼うときは最後までしっかり面倒を見てあげるという責任を持って飼ってくださいね。 雛から育てると、慣れて手に乗ってくれたりもしますし、小さくて愛らしくて、見てるだけでも癒されそうですね。 *注意点 雛を飼うなら、秋頃(10月頃)がおススメ。 ライトが明るいと眠れなくてストレスになるので、夜は布をかけるなどして暗くして あげましょう。 雛にご飯を上げる時は、専用の物を使って少しずつ与えるようにしましょう。 文鳥はくちばしがまっすぐなので、口の中に直接落とすようにしましょう。 水浴びが好きな鳥なので、水浴びが出来るように容器を入れてあげましょう。 寿命は、8-10年程度なので、飼う時は、10年以上きちんとお世話が出来るかどうかを考えて下さいね。 SponsoredLink ペットと一緒に暮らす注意点 ペットは生き物ですので、どんなペットを飼うにしても最後まできちんと面倒を見るという事が前提です。 寿命もそれぞれ違うので、自分が責任を持って飼うことが出来るかを考えて選ぶことが大切です。 ペットは、癒しを与えてくれる存在ですが、毎日のお世話もありますし、不潔にしていると人間と同じでストレスも溜まります。 家族と同じように、お世話をしてあげてくださいね。 ただ、上記で述べたように責任があります! 飼ったらしっかり面倒をみましょうね!.

次の